ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モーター・エヴァンジェリスト
宇野 智うのさとる

【画像38枚】新型トヨタ 「ノア&ヴォクシー」フルモデルチェンジのハイライトと超オラオラのモデリスタ

新型トヨタ 「ノア&ヴォクシー」フルモデルチェンジのハイライトと超オラオラのモデリスタ

2021年1月13日に発表されたトヨタの大人気ミニバン、新型 「ノア&ヴォクシー」のフルモデルチェンジのハイライトと東京オートサロンに出展された“超オラオラ”モデリスタをまとめてご覧いただきます!

先代の正常進化版としてフルモデルチェンジ

トヨタは「より快適に、より便利に、より安心なミニバンとして家族や仲間が笑顔になる時間を演出」というキャッチコピーで新型ノア&ヴォクシーを発表しました。

基本的には、先代のキープコンセプトでフルモデルチェンジ。トヨタが得意とする、先代の良いところはしっかりと伸ばした正常進化で、かゆいところにも手が届く作り込みが感じられます。

デザインはより「オラオラ系」に

デザインはより「オラオラ系」に1

ノア S-G ガソリン・2WD・7人乗り ボディカラー:グリッターブラックガラスフレーク

デザインはより「オラオラ系」に2

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:アティチュードブラックマイカ

ノア・ヴォクシーともに、迫力ある巨大なフロントグリルが印象的でアグレッシブなエクステリアデザインが印象的です。先代の「オラオラ系」はより強調されました。

最新TNGAプラットフォームを採用しボディサイズは拡大

最新TNGAプラットフォームを採用しボディサイズは拡大

ノア・ヴォクシーの高剛性ボディ

ボディサイズはノア・ヴォクシーともに、全長4,695mm・全幅1,730mm・全高1,895mm。先代と比較すると、全長は同じで、全幅は標準モデルで+35mm、エアロモデルで-5mmとなりました。先代は標準モデルに5ナンバーサイズがありましたが、新型は全車3ナンバーサイズとなりました。

全高は先代比+70mmで、このうち50mmはシャークフィンアンテナとなりますが、高さ方向でも室内空間が拡大されています。

ホイールベースは先代と変わらず2,850mm。このサイズは、クラウンやランドクルーザーというトヨタの大型モデルと同じ。室内空間をより広くした設計となっています。

プラットフォームは刷新され、重心が低く剛性の高いTNGA「GA-Cプラットフォーム」が採用されました。

室内空間を拡大

室内空間を拡大

新型ノア・ヴォクシーの左右のCピラー(ボディサイド2列目シート付近、フロントウィンドウ側から3本目の支柱)のあいだは1,295mmと先代より75mmも広げられました。

室内高は1,405mmと先代より5mm拡大。なお、2列目シートの高さは地面から先代比20mmアップされています。

2列目シートがキャプテンシートとなる7人乗りでは、2列目シートが745mmというロングスライドを実現しています。先代では、2列目シートのスライド時、いったんセンターへ寄せないと前後方向へ動かせませんでしたが、新型は後輪ホイールハウスの室内への張り出しをコンパクトにして、前後スライドレールの位置を最適化、センターへ寄せなくても前後にスライドすることができるようになりました。

8人乗り車の2列目シートは、3人掛けベンチシートタイプとなり、6:4分割チップアップシートが採用され利便性が向上しています。前後スライド量は705mmというロングタイプとなっています。

また、クラス初となるオットマンを装備、さらにシートヒーター、折りたたみ式サイドテーブルが装備されます。

注目!からくり式「ユニバーサルステップ」

注目!からくり式「ユニバーサルステップ」

からくり式の「ユニバーサルステップ」。ステップ高は2WD車が200mm、4WD車が225mm。

注目は、パワースライドドアの開閉に合わせて展開・格納する「ユニバーサルステップ」。モーターやアクチュエーターを使用する電動式より、パーツを少なくできる『からくり式』とすることで低価格も実現しています。

刷新されたパワートレインで燃費はクラストップレベルに

刷新されたパワートレインで燃費はクラストップレベルに

ノア・ヴォクシー ハイブリッド車のシャシー。 1.8L高熱効率エンジン(2ZR-FXE)+ハイブリッドシステム

パワートレインは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに刷新されました。

ハイブリッド車は、トヨタの新世代ハイブリッドシステムが採用され、エンジンを発電機としてモーターで駆動する方式と、エンジンとモーターの両方を駆動する方式を巧みに使い分ける「シリーズパラレルハイブリッド」になりました。

エンジンは1.8L直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE)、新しいモーター・バッテリーを組み合わせて、クラストップレベルのWLTCモード23.4km/L(ノア X 2WD)を達成しています。

ガソリン車は、トヨタの新世代エンジン「2.0Lダイナミックフォースエンジン(M20A-FKS)」を搭載、トランスミッションは「Direct Shift-CVT」を組み合わせています。ガソリン車のWLTCモード燃費もクラストップレベルの15.1km/L(ノア X・G/2WD)を達成しています。

なお、駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車それぞれに2WD(前輪駆動)と4WD(ハイブリッド車は後輪モーター駆動の「E-Four」)を設定しています。

トヨタ車初の安全装備・運転支援技術を複数設定

トヨタ車初の安全装備・運転支援技術を複数設定

アドバンストパーク リモート機能

衝突回避・衝突被害軽減ブレーキを備えた「プリクラッシュセーフティ」をはじめとする予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」の最新版を全車に搭載。

最新版のトヨタセーフティセンスには、歩行者の横断や人の飛び出しなどリスクの先読みを行い、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキ操作をサポートする機能と、先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」を採用、新型ノア・ヴォクシーがトヨタ車で初搭載となりました。

また、高速道路などでの渋滞時に運転をサポートする「アドバンストドライブ」、駐車と出庫をスマートフォンからリモート操作できる「アドバンストパーク」といった2つのトヨタ車初搭載となる高度運転支援技術「トヨタチームメイト」も設定されました。

グレード・価格

グレード構成が多彩なノアに対して、ヴォクシーはシンプルな2グレード体制となっています。

ノアのガソリン車が267~351万8,000円、ハイブリッド車が305~389万円。ヴォクシーのガソリン車が309~358万8,000円、ハイブリッド車が344~396万円という価格設定となっています。

東京オートサロンに出展された「モデリスタ」

2021年1月14〜16日に開催された「東京オートサロン2022」では、さっそくモデリスタがカスタムパーツを制作、新型ノア・ヴォクシーにまとわせて出展していました。両モデル、モデリスタの手にかかれば、オラオラ感マシマシです。

東京オートサロンに出展された「モデリスタ」1

ヴォクシー モデリスタ

東京オートサロンに出展された「モデリスタ」2

ヴォクシー モデリスタのリア。スポイラーの青色LEDが印象的

東京オートサロンに出展された「モデリスタ」3

ノア モデリスタ

東京オートサロンに出展された「モデリスタ」4

ノア モデリスタのドアノブ周りとスカート上部にはクロームの加飾。

画像ギャラリー

ノア

ノア1

ノア X 2WD・7人乗り ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

ノア2

ノア X 2WD・7人乗り ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

ノア3

ノア S-Z ハイブリッド・2WD ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

ノア4

ノア S-Z ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ノア5

ノア Z ハイブリッド・2WD ボディカラー:スティールブロンドメタリック

ノア6

ノア S-Z ハイブリッド・2WD ボディカラー:レッドマイカメタリック

ノア7

ノア S-Z ハイブリッド・2WD ボディカラー:メタルストリームメタリック

ノア8

ノア S-G ガソリン・2WD・7人乗り ボディカラー:グリッターブラックガラスフレーク

ノア9

ノア S-Z ハイブリッド・2WD ボディカラー:アティチュードブラックマイカ

ノア10

ノア S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ブラック

ノア11

ノア X ガソリン・2WD・7人乗り 内装色:ダークグレー

ノア12

ノア Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ダークブラウン

ノア13

ノア S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ブラック

ノア14

ノア Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ダークブラウン

ノア15

ノア S-G ガソリン・2WD・8人乗り 内装色:ブラック

ノア16

ノア G ハイブリッド・2WD・8人乗り 内装色:フロマージュ

ノア17

ノア X ガソリン・2WD・7人乗り 内装色:ダークグレー

ヴォクシー

ヴォクシー1

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:マッシブグレー

ヴォクシー2

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:マッシブグレー

ヴォクシー3

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

ヴォクシー4

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ヴォクシー5

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:グリッターブラックガラスフレーク

ヴォクシー6

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り ボディカラー:アティチュードブラックマイカ

ヴォクシー7

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ブラック

ヴォクシー8

ヴォクシー S-Z ハイブリッド・2WD・7人乗り 内装色:ブラック

ヴォクシー9

ヴォクシー S-G ガソリン・2WD・8人乗り 内装色:ブラック

共通

共通

ノア・ヴォクシー ハイブリッド車のシフトレバー

共通2

(画像:東京オートサロン「モデリスタ」は筆者、その他はトヨタ広報)

※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

トヨタヴォクシーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヴォクシーの記事
トヨタヴォクシーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヴォクシーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー