ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタライズ&ダイハツロッキー」洗練されたスタイルと先進安全装備が充実したコンパクトSUVのニューフェース

「トヨタライズ&ダイハツロッキー」洗練されたスタイルと先進安全装備が充実したコンパクトSUVのニューフェース

この記事は、 5 分で読めます。

ダイハツが開発・生産するコンパクトSUV

ダイハツが開発・生産するコンパクトSUV

約3年のブランクを経て、日本市場に復活したミドルサイズSUVのトヨタRAV4。2019年4月に販売を開始し、翌月には一般社団法人日本自動車販売連合会が発表する新車登録台数でいきなり7位にランクイン。改めて、現在のSUV人気の高さを示しました。最新の10月のデータでもRAV4を筆頭にホンダヴェゼル、トヨタC-HR、マツダCX-30などがベスト30に入っていて、軽自動車のスズキハスラーからフルサイズSUVのレクサスLXまでSUVはボディの大きさにかかわらず、高い人気を誇っています。

その人気の高いSUVに新たにニューモデルが加わりました。それが2019年11月5日から販売が開始されたトヨタライズとダイハツロッキーです。トヨタライズ/ダイハツロッキーは、軽自動車などスモールカーづくりに定評のあるダイハツがそのノウハウを活かして開発した全長4m以下のコンパクトSUV。ダイハツが開発・生産し、トヨタがOEM供給を受け販売しています。

5ナンバーサイズながら広い室内空間が特徴

ライズ外観

力強さと新しさを狙ったライズのフロントマスク

ロッキー外観

躍動感のあるSUVらしさがロッキーの外観の特徴

外観のデザインはライズとロッキーでは異なりますが、基本的な性能は同じとなっています。ライズ/ロッキーは2019年7月から販売されている軽スーパーハイトワゴン、タントに続き、ダイハツの新世代のクルマづくりである「DNGA」を採用した第2弾となります。「DNGA」とは次世代車への技術対応とスピーディーな商品ラインナップを同時に実現させるために「一括企画開発」の手法を取り入れて、クルマの基礎にあたるプラットフォームの構成要素を同時に刷新することです。

ライズ/ロッキーはこのDNGAによるパッケージング技術を活かし、取り回しのコンパクトな5ナンバーサイズながら、広い室内空間と5人乗車時でも369Lというラゲージ容量を確保し、高い快適性と利便性を両立しているのが特徴です。

力強く新しいライズ、躍動感のあるロッキー

ライズリアビュー

ロッキーリアビュー

フロントと異なりリアビューはほぼ同じ。上がライズ、下がロッキー

ライズの外観は「力強く!新しい!アクティブスタイル」がコンセプト。角張ったバンパーコーナー形状や台形ロアグリルにより、力強さとワイド感を表現したフロントマスクが特徴です。一方のロッキーは六角形のグリルが特徴的、安心を感じさせる厚みのあるロアボディと薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダー、そして大径タイヤで躍動感のあるSUVらしい外観デザインとなっています。

黒にシルバーの加飾がスポーティな内装デザイン

黒にシルバーの加飾がスポーティな内装デザイン

上級グレードには赤のアクセントカラーを使用

ロッキー室内

ライズ荷室

インテリアは、シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトレバーとコクピットタイプのインパネデザインにより、ワクワク感を漂わせています。上級グレードには赤のアクセントカラーを使用し、アクティブ感を強調しています。
アクティブマルチインフォメーションメーター
コックピットにはアクティブマルチインフォメーションメーターを採用。先進性、プレミア感を表現したフル液晶を想起させるメーターデザインにより、4種類のデザインをステアリングスイッチの操作で選択可能です。

スマホ連携やコネクティッド機能も用意

スマホ連携やコネクティッド機能も用意

注目のコネクティッド機能も搭載。ライズはTコネクト、ロッキーはダイハツコネクトを搭載し、クルマと社会がつながることにより、万が一の事故や故障の時にスムーズな対応を可能とするなど多彩な機能が使用できます。またスマートフォンとの連携を強化したディスプレイオーディオを採用し、スマホアプリをディスプレイ上で表示・操作可能としています。

エンジンは1Lターボのみ、4WDは全グレードに設定

ライズ/ロッキーに搭載されるエンジンは最高出力98ps、最大トルク140Nmを発生する1L直列3気筒ターボの1種類で、トランスミッションはスプリットギアを採用したCVTが組み合わされ、燃費性能と静粛性に貢献しています。

駆動方式は2WDと4WDを全グレードで用意し、4WD車にはダイナミックトルクコントロール4WDを採用。走行状態や路面状況を検知し、コンピューターが前後輪に細やかなトルク配分を行うことで、常に安定した走行性能を実現しています。燃費性能は新方式でより実燃費に近いWLTCモードで17.4〜18.6km/Lを実現しています。

ダイハツ最新の「次世代スマートアシスト」で運転サポートは多機能

ダイハツ最新の「次世代スマートアシスト」で運転サポートは多機能

安全装備はタントから採用が始まった先進の運転支援システム「次世代スマートアシスト」。衝突被害軽減ブレーキをはじめとした予防安全機能「スマートアシスト」全10機能と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17の機能を搭載しています。
ブラインドスポットモニター

リアクロストラフィックアラート
車線変更時などに後側方の迫る車両を検知し、ミラーのインジケーターの点灯によってドライバーに知らせるブラインドスポットモニターや、自車の後方を横切る車両を検知し、インジケーターとブザー音で注意喚起するリアクロストラフィックアラートも採用し、上級車に匹敵する安全装備が用意されています。

名称は異なりますが、ライズ/ロッキーともに4グレードを設定。車両本体価格はライズが167万9000円〜228万2200円、ロッキーは170万5000円〜242万2200円と異なっています。
正統派のSUXスタイルを持つライズ/ロッキー
全長4m以下で5ナンバーサイズという日本の道路事情にマッチしたボディは最小回転半径が4.9〜5.0mと非常に取り回しがラクです。ライバルはスズキクロスビーやイグニスとなりますが、より正統派のSUXスタイルを持つライズ/ロッキーは高い人気を集めそうです。

メルマガ登録

※記事の内容は2019年12月時点の情報で制作しています。

ダイハツロッキーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツロッキーの記事
トヨタライズの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタライズの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード