ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「日産ルークス」広さと使い勝手の室内空間で、軽自動車スーパーハイトワゴンの真打ちを目指す!

「日産ルークス」広さと使い勝手の室内空間で、軽自動車スーパーハイトワゴンの真打ちを目指す!

ホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタントなど人気モデルが揃う軽自動車のスーパーハイトワゴン市場に、「最後のニューモデル」となる日産ルークスが登場しました。デイズルークス時代から好評だった広く使いやすい室内空間に磨きをかけ、先進の安全装備を満載した、新しい日産ルークスの詳細を紹介しましょう。

新世代の軽スーパーハイトワゴンの後出しジャンケン!?

新世代の軽スーパーハイトワゴンの後出しジャンケン!?

2020年2月の軽自動車の新車販売台数は、トップがホンダN-BOX、2位が日産デイズ(デイズルークス含む)、3位がダイハツタント、4位がスズキスペーシアと軽スーパーハイトワゴンと呼ばれる車種が上位を占めています。この上位4車種の中で、今後台風の目となりそうなのが2020年2月25日に発表され、3月19日より販売開始された日産ルークスです。先代モデルではハイトワゴンのデイズとスーパーハイトワゴンのデイズルークスとの合算で販売台数が発表されていましたが、新型ではデイズが取れてルークスという独立した車種に戻りました。これでホンダ、ダイハツ、スズキ、日産/三菱と現在の軽自動車の主力車種であるスーパーハイトワゴンの新世代モデルが出揃いました。

ルークスの名前で実質3代目となる日産ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVのマネージメントのもと、日産が企画、開発したモデル。家族のために、広い室内、便利で快適な使い勝手の良さ、誰もが楽しい安全な移動空間を追求しています。ルークスは2009年に登場した初代ルークス(スズキからのOEM車)から数えると累計販売台数は約61万2000台になるヒットモデルです。2013年に登場し、デイズルークスと名乗っていた2代目は便利で乗降性の良いオートスライドドアをはじめ、前方の状況をモニターし、車両や歩行者との衝突回避・被害軽減を支援するインテリジェントエマージェンシーブレーキを採用するなど、高い利便性と安全性を実現していました。しかしホンダN-BOXやスズキスペーシア、さらには元祖スーパーハイトワゴンのダイハツタントが新型に切り替わる中、存在感が低下していたのもまた事実。

今回も標準とハイウェイスターの2本立て

今回も標準とハイウェイスターの2本立て1

そんな状況を打破すべく新型ルークスは従来モデルよりさらなる全方位でさらなる進化を遂げて登場しました。先代モデル同様にルークスは標準モデルとハイウェイスターの2モデルが用意されます。外観デザインは標準モデルが上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイル、一方のハイウェイスターはワイド感と質感の高い作り込みで堂々とした存在感を演出しています。

今回も標準とハイウェイスターの2本立て2

今回も標準とハイウェイスターの2本立て3

ボディカラーはモノトーンが12色、2トーン5色という多彩なバリエーションが用意されています。

インテリアは明るさの標準系、スポーティなハイウェイスター。オプションでプレミアムバージョンも

インテリア1

インテリア2

インテリアは標準モデルがベージュ系内装色を採用し、包まれるようなリラックス感あふれる室内空間となっています。

インテリア3

インテリア4

インテリア5

インテリア6

ハイウェイスターは標準がブルー系の内装、そしてオプションのプレミアムグラデーションインテリアは特にディテールにこだわりクラスを超える品質に仕上げたことで、洗練された空間を実現しました。

伝統の広さと使い勝手にこだわった室内空間

伝統の広さと使い勝手にこだわった室内空間1

インテリアはデザインもさることながら、広さと使い勝手にこだわっているのが先代からのルークスらしいポイント。先行して発売されたハイトワゴンのデイズと同じプラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせる広い室内空間を確保しています。特にリアシートのニールームは795mmもあり、大人でもゆったりと座ることができます。後席の室内高は1400mmもあるため、小さなお子さんであれば、立ったまま着替えることも可能です。

伝統の広さと使い勝手にこだわった室内空間2

ラゲッジルームもリアシートのスライドを一番前のポジションにすると荷室床面の長さが675mmとなり、48Lのスーツケースを4個積載できる広いスペースが出現します。

ハンズフリーの設定もあるスライドドア

最大320mmスライドできるリアシートは、後ろに下げれば寝ているお子さんをチャイルドシートに座らせることも容易にできますし、最も前にスライドさせれば、運転席に座ったままでもリアシートに座っているお子さんとコミュニケーションが取れます。スライドドアの開口幅は650mmとワイドタイプ。優れた乗降性はもちろん、人気ミニバンのセレナ同様に「ハンズフリーオートスライドドア」が採用されており、キーを持っていれば、片足を車体の下にかざすだけでドアを自動開閉可能です。荷物で両手が塞がっていたり、お子さんを抱っこしていたりする場合などに非常に便利な機能です。

ハンズフリーの設定もあるスライドドア

さらに小さなお子さんや年配の人の乗り降りをサポートできるように、助手席側のリアスライドドアにオートステップをオプション設定するなど、使用するシーンや人を具体的に想定した装備が用意されています。

ターボも選べるマイルドハイブリッド仕様のエンジン

ルークスに搭載されているエンジンは、最高出力52ps、最大トルク60Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCエンジンと最高出力64ps、最大トルク100Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCターボエンジンの2種類。両エンジンには最高出力2kWを発生するモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用しています。先代モデルより、ボディ剛性を向上させ、さらに吸音材を最適配置することにより、高い静粛性も実現しました。

組み合わされるミッションはCVTで、駆動方式は全グレードに2WDと4WDを設定。燃費性能は、より実走行に近い新方式のWLTCモードでターボ車が16.4〜18.8km/L、自然吸気車が18.2〜20.8km/Lを実現しています。

プロパイロットをはじめ全方位をサポートする安全装備、SOSコールも設定

プロパイロットをはじめ全方位をサポートする安全装備、SOSコールも設定1

注目の安全装備は、全方位の先進安全技術の搭載がアピールポイント。すでにお馴染みの高速道路など同一車線でアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作してくれるプロパイロットに加えて、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合に警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」など注目の新機能が採用されています。

プロパイロットをはじめ全方位をサポートする安全装備、SOSコールも設定2

またインテリジェントエマージェンシーブレーキは、ミリ波レーダーの採用によって夜間での性能が向上しているのも見逃せないポイント。

プロパイロットをはじめ全方位をサポートする安全装備、SOSコールも設定3

それ以外にも対向車がいてもハイビームが維持できるハイビームアシストのアップデート版「アダプティブLEDヘッドライトシステム」をはじめ、3つの標識を検知する標識検知機能など充実した運転支援システムでドライバーをサポート。万が一の交通事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」もハイウェイスターに標準装備しています。

競合たちに割って入る素質あり!

競合たちに割って入る素質あり

伝統のインテリアへのこだわりに加えて、高速道路など同一車線でアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作してくれるプロパイロットを搭載し、軽自動車でもトップレベルの運転支援システムを搭載した軽スーパーハイトワゴンの日産ルークス。車両本体価格は141万5700円〜206万6900円となっており、今後軽スーパーハイトワゴンのシェア争いに食い込んでくるのは間違いないでしょう。

■日産ルークス価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格
S2WD(FF)20.81,415,700円
4WD18.21,549,900円
X2WD(FF)20.81,546,600円
4WD18.21,680,800円
ハイウェイスターX2WD(FF)20.81,734,700円
4WD18.21,868,900円
ハイウェイスターX
プロパイロットエディション
2WD(FF)20.81,843,600円
4WD18.21,977,800円
ハイウェイスターGターボ
プロパイロットエディション
2WD(FF)18.81,932,700円
4WD16.42,066,900円
AUTEC2WD(FF)-1,747,900円
4WD-1,882,100円

 

メルマガ登録

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード