寄稿記事(上級者向け)
フリーエディター
手束毅てづかつよし

「スズキ クロスビー」登場!使える広さの室内空間とユニークなスタイルのコンパクトSUV

「スズキ クロスビー」登場!使える広さの室内空間とユニークなスタイルのコンパクトSUV
クロスビー

かわいらしいスタイルとボディカラー、そして意外と広い室内空間でスマッシュヒットとなったスズキハスラー。2017年12月25日に発表されたクロスビーはそのハスラーのコンセプトをコンパクトSUVとして解釈し直した新型車だ。スズキご自慢のマイルドハイブリッドや先進安全装備など注目すべき点を紹介しよう。

ハスラーとコンパクトSUVのいいとこ取り

ハスラーとコンパクトSUVのいいとこ取り

2017年12月25日、スズキの新たな新型車のクロスビーがデビューしました。丸型ヘッドランプの親しみやすい顔つきや前後ピラーをたてたスクエアなフォルムから「軽自動車ハスラーの拡大板でしょ?」と思う方がいるかもしれません。しかしシャシーを始めたとした中身は軽自動車の拡大版ではなくコンパクトカーのイグニスがベースとなっており、スイフト、イグニス、ソリオなどともにスズキ小型車の柱となるべく開発されました。

クロスビーサイドビュー

クロスビーの開発コンセプトは『新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン』。スズキソリオが開拓し、トヨタ・タンク/ルーミー、ダイハツ・トールが参入したことで活気を帯びだした小型ハイトワゴン、その人気の秘密はスズキやダイハツが軽自動車作りの中で培った、限られたスペースのなかで居住空間の広さと使い勝手の良さを実現するノウハウが詰め込まれていること。

遊び心のあるスタイリング

クロスビーも同様に広くて使い勝手が良い車体パッケージを採用していますが、最大の特徴はハスラーで支持された遊び心のあるスタイリングを身にまとったことでしょう。加えてSUVの高い走行性能も持つことで、あらゆるシーンに適応するユーティリティとオン・オフ選ばない走りを可能とする新たなジャンル小型車となったのです。

10060_クロスビー

コンパクトなボディに広い室内空間を実現

コンパクトなボディに広い室内空間を実現

クロスビー最大の特徴は、全長4mを切るコンパクトなボディながら、大人5人と荷物をしっかりと乗せることができるパッケージでしょう。

ラゲッジスペースはゴルフバッグを3つ積載できる

ベースとなったイグニスと比較すると、室内長や前後乗員間距離は大きく上回り、ラゲッジスペースはゴルフバッグを3つ積載できる124L(リアシート後端)を確保。また、車高が高いSUVスタイルを採用したことで、見晴らしが良く広い視界を実現しました。

安く手に入れる

かわいいハスラー、力強いクロスビー

力強さの中に親しみやすさを感じるエクステリアも多くの人が注目することでしょう。スマッシュヒットとなったハスラーのイメージはフロント周りを中心に色濃く残すものの、軽自動車のボディサイズ枠では実現できない幅広さや、たくましさを強調した抑揚あるデザインを持つクロスビー。

かわいいハスラー、力強いクロスビー

実車を見ると「カワイイ」ハスラーより力強さが増しており、けっこう別物感があります。メッキがあしらわれたフロントグリル、クロスビーの特長といえるカラーパネル付きドアスプラッシュガードなど、細部にまでデザインや素材にこだわっているところも見逃せません。

ドアスプラッシュガードは、カラーパネルのコーディネートが可能

そのドアスプラッシュガードは、カラーパネルのコーディネートが可能で、サイドビューはルーフ、ボディとあわせ3トーンコーディネートが可能となっています。

10060_クロスビー

コンパクトカーの証はインテリアデザインにあり!

コンパクトカーの証はインテリアデザインにあり!

インテリアもエクステリア同様、ハスラーのイメージを継承していますが、より力強さと上質感を印象つけるデザインがされています。上下2本のパイプフレームをモチーフに構成されたダッシュボードは、たくましさだけではなく広さも表現。光が反射するとパネル内にクロスビーを象ったアイコンが現れるメーターや、シリンダーデザインが特長的なインパネセンタースイッチなど、ディーテールには遊び心がちりばめられました。

シートパイピングやシート側面のカラーアクセント オレンジシートパイピングやシート側面のカラーアクセント アイボリーシートパイピングやシート側面のカラーアクセント イエロー

また、シートパイピングやシート側面のカラーアクセントも、車体色に合わせた3色(イエロー、アイボリー、オレンジ)を用意しています。

ラゲッジスペース下に設けられたラゲッジアンダーボックスは大容量

ラゲッジスペース下に設けられたラゲッジアンダーボックスは大容量(81L/2WD車)で洗車用品などを収納するのに十分なスペースを持ちますが、ラゲッジボードを外せば荷室高が拡大し、ベビーカーなどの背が高い荷物を収納することもできます。ちなみにラゲッジアンダーボックス自体は取り外しができるため水洗いが可能。ハイブリッドMZに装備される防汚タイプラゲッジフロアとともに、レジャーやアウトドアなどのアクティブなシーンで高い利便性を備え使い勝手にこだわった作りとなっています。

スズキご自慢のマイルドハイブリッドを全グレード搭載!

スズキご自慢のマイルドハイブリッドを全グレード搭載!

あらゆるシーンでの使い勝手の良さを追求したクロスビーですが、その走りも注目ポイント。バレーノに搭載され高出力・高トルクで定評があるK10C型・直列3気筒DOHC1.0L直噴ターボエンジンに、スズキが誇るマイルドハイブリッドを組み合わせることで優れた燃費性能とハイパワーを両立。このクラスに期待される、ロングドライブを快適にこなせる動力性能を十分に確保しています。

4WDシステムも手抜かりなし

4WDシステムも手抜かりなし

もちろんSUVらしくスポーティな走りから急な下り坂や雪道・ぬかるんだ道まで安心して走行できる4つのモードを備えた4WDシステムを搭載、変化する路面状況に応じた走りも可能としています。

先進安全運転支援装置は後退時にも作動

先進安全運転支援装置は後退時にも作動

ここ数年で、ユーザーがクルマに期待する安全性能の要求が大きく変わってきましたが、クロスビーにも危険を予防し安全運転をサポートするスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が装備されています(上級グレードのMZとMXスズキ セーフティ サポートパッケージ装着車)。

デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)

後退時ブレーキサポート

後方に障害物がある状況で誤って強くアクセルを踏み込んだ際エンジン出力を抑制

クロスビーには、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などに加え、リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も採用されています。この機能は後退時に障害物との衝撃が避けられないと判断した場合、自動でブレーキが作動するシステムと、後方に障害物がある状況で誤って強くアクセルを踏み込んだ際、エンジン出力を抑制するシステムです。

全方位モニターには3Dビュー機能を搭載

全方位モニター

また、4つのカメラで自車を真上から見ているような映像を映し出す全方位モニターには3Dビュー機能を搭載。自車を斜俯瞰から見ているような映像とボディを透かして見るような映像で周囲を立体的に確認できる、発進時の周辺確認には大いに役立つ機能です。さらにエンジンを切って運転席ドアを開けると自動でヘッドランプを消灯する、ライト自動消灯システムをスズキ小型車として初めて採用しました。このように最新のクルマらしく、クロスビーの安全性能はかなり充実しています。

スズキクロスビー価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
ハイブリッドMX2WD22176万5800円
4WD20.6190万8360円
ハイブリッドMZ2WD22200万3400円
4WD20.6214万5960円

 

グレードは標準グレードMXと上級グレードMZの2種類、それぞれFFと4WDの設定があり176万5800円から214万5960円までとなっています。前述したようにMXには約10万円高でスズキ セーフティ サポートパッケージ装着車も設定されています。価格と安全性能のバランスを考えるとMXのスズキ セーフティ サポートパッケージ装着車が売れ筋となりそうです。

いままでありそうでなかった新ジャンルの小型車としてデビューしたクロスビー。ハスラー同様、多くの人に受け入れられそうなクルマです。

※記事の内容は2017年12月時点の情報で執筆しています。

スズキクロスビーの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスズキクロスビーの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー