ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「ホンダN-VAN」働く軽自動車の大本命は遊べるクルマか?

「ホンダN-VAN」働く軽自動車の大本命は遊べるクルマか?

ベストセラー・ホンダN-BOXをベースに開発された商用バンのN-VAN、その特徴は従来のキャブオーバータイプとは異なるFFベースの設計だ。助手席側センターピラーレスや数々の工夫が盛り込まれたN-VAN、早くも大ヒットモデルの呼び声が高いが、その実力をリポートしよう。

早くも大ヒットの予感

2018年7月13日に販売開始された新世代ホンダの軽バンがN-VANです。発売後約1カ月で1万4000台を受注し、早くも大ヒットモデルという呼び声もチラホラ聞かれます。

早くも大ヒットの予感

軽バンのN-VANは1999年に登場したホンダ・アクティバンやその派生車である乗用タイプのバモス、バモスホビオの後継車で、約20年振りにフルモデルチェンジを行いました。先代にあたるアクティバンは軽商用バンで主流となっているエンジンを運転席下に設置するセミキャブオーバータイプでした。しかしN-VANは軽スーパーハイトワゴンの大ヒットモデル・N-BOXと同じプラットフォームを採用し、エンジンを運転席の前に置くFF車です。ボディやエンジン位置を一新し、新時代の軽バンとして登場したN-VANのインプレッションを紹介しましょう。

 

パーソナルユース向けにバモス後継も用意

パーソナルユース向けにバモス後継も用意

試乗したのは「N-VAN+スタイル ファン・ホンダセンシング」のFF車。車両本体価格は156万600円です。N-VANにはバモスやバモスホビオの後継となるハイルーフの仕様「+スタイルファン」とロールーフ仕様「+スタイルクール」の2種類のパーソナル仕様が設定されています。またビジネスモデルのアクティバンの後継としては簡素な装備のベーシックモデルであるG、スタンダードモデルのLが用意されました。

エンジンは3気筒DOHC(NA)と3気筒DOHCターボの2種類。組み合わされるトランスミッションはNAがCVTと6速MT、ターボはCVTのみです。ちなみに6速MTは軽オープンカーS660のトランスミッションを改良したものです。駆動方式は全グレードでFFと4WDが用意され多彩なニーズに対応しています。

 

室内高とセンターピラーレスが武器

室内高とセンターピラーレスが武器

N-VANの特徴は軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率向上を実現したパッケージです。N-BOXで新規開発したプラットフォームをベースにビジネスモデル向けの専用設計となっています。従来のキャブオーバータイプに比べて室内長が短くなりましたが、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによる低床化と、エンジンをフロントに搭載するFF化によって高い室内高とフラットな荷室を実現しています。

また助手席側からのスムーズな積み降ろしを可能にするため、軽バンとして初めてセンターピラーレスを採用しています。助手席側の開口幅は1580mmを実現し、長尺物の積み降ろし作業などの使い勝手が向上。さらに移動店舗などアイデア次第で新しい用途の可能性が広がります。

FF化による弱点を補う工夫の数々

FF化による弱点を補う工夫の数々

FF化による弱点を補う工夫の数々②

室内空間には荷物を積むための工夫がたくさんあります。助手席スペースにも荷物が積めるように、リアシートに加えて助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。ダイブダウンした助手席からテールゲートにかけて段差のないフラットな荷室の床面が広がり、FF化によって短くなったリアシート格納時の荷室の長さを補っています。

秀逸なのが運転席のシート。このクラスには珍しく乗用車と同等のゆったりとしたサイズのシート骨格を使用し、シートバックのサイドにボルスターを設けて、腰をしっかりとサポート。その結果、長時間座っていても疲れにくい姿勢をキープすることができます。またFF化によって足元スペースにゆとりが生まれただけでなく、ペダル類をドライバーが正対する位置にレイアウトでき、自然な足の位置感覚でペダル操作が行えるようになっています。

働く人のための思いやり装備がもりだくさん

働く人のための思いやり装備がもりだくさん

働く人のための思いやり装備がもりだくさん②

働く人のための思いやり装備がもりだくさん③

インテリアの利便性の追求は収納スペースにも及びます。助手席側トレーはアッパーとロアーの2カ所に設けられています。ディーラーオプションのテーブルをはじめ、バインダーを保持できるスリット、ロアトレーにはアクセサリソケットも配置されています。

さらにドリンクホルダーは運転席、助手席、両フロントドアポケット、センターガーニッシュに設置。ビジネスマンが飲むことが多い500mlの紙パックを置くこともできる大きめのスペースを確保。その上、運転席側はエアコンの風が当たるように工夫されています。

NAでも十分な加速性能

NAでも十分な加速性能

試乗車に搭載されていた660cc直列3気筒DOHCエンジンは最高出力39kW、最大トルク64Nmを発生します。試乗は助手席に一人。そして荷室に100kgの荷物を積んで搭載して行いました。ビジネスモデル用に低速域からの高トルクが発生できるようにチューンされたエンジンと耐久性を強化したCVTにより、スムーズな加速を発揮します。急な坂道での加速ではやや物足りなさを感じるシーンがありましたがストレスを感じる程ではありません。

NAでも十分な加速性能②

軽バンらしくタイヤサイズは145/80R12という細いタイヤを装着していますが、カーブを曲がる際のふらつきなどはほとんどありませんでした。ただしパーソナルユースとして使うならばインチアップしたほうが走行性能はより向上するでしょう。

毎日走る商用車にこそ先進安全装備を

毎日走る商用車にこそ先進安全装備を

N-VANは毎日仕事のパートナーとして、使われる軽バンです。そういった用途のモデルに10つの機能がパッケージングされたホンダセンシングが全車標準装備されているのは、高く評価できるポイントです。軽自動車ではN-BOXとN-VAN(CVT車)だけに装備されているACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は高速道路などで前を走るクルマの速度にあわせた追従走行が可能な装備です。

それ以外でもドライバーをサポートしてくれる衝突回避軽減ブレーキや誤発進抑制機能などにより、安心・安全な走行を提供してくれます。毎日乗るビジネスモデルだから必要な充実した安全装備。そういった意識改革もN-VAN が多くの人に受け入れられているポイントでしょう。

軽自動車の商用バンとして基本設計から全面的な見直したN-VAN、N-BOXに続いてホンダの軽自動車躍進を支える一台になりそうです。

■ホンダN-VAN価格表(2018年8月現在)

グレード駆動方式トランスミッションJC08モード燃費(km/L)車両本体価格
G・ホンダセンシングFFCVT23.8126万7920円
6MT18.6
4WDCVT21.2137万7000円
6MT17.6
L・ホンダセンシングFFCVT23.8134万1360円
6MT18.6
4WDCVT21.2145万440円
6MT17.6
+スタイルファン・ホンダセンシングFFCVT23.8156万600円
6MT18.6
4WDCVT21.2169万1280円
6MT17.6
+スタイルファン・ターボ ホンダセンシングFFCVT23.6166万8600円
4WD21.2179万9280円
+スタイルクール・ホンダセンシングFFCVT23.8156万600円
6MT18.6
4WDCVT21.2169万1280円
6MT17.6
+スタイルクール・ターボ ホンダセンシングFFCVT23.6166万8600円
4WD21.2179万9280円

LINEクルマの買い方診断

※記事の内容は2018年9月時点の情報で執筆しています。

ホンダN-VANの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダN-VANの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード