ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
岡崎五朗おかざきごろう

「三菱 エクリプス クロス」三菱らしい真面目なコンパクトSUV(岡崎五朗レポート)

「三菱 エクリプス クロス」三菱らしい真面目なコンパクトSUV

この記事は、 4 分で読めます。

ホンダヴェゼルやトヨタC-HRなど人気を集めるコンパクトSUVマーケットに投入された三菱エクリプス クロス。パジェロで培ったSUV性能、ランエボの系譜に連なる高性能な4WDシステム、そしてエクリプスのようなクーペを思わせる流麗なスタイルなど、三菱の過去のレガシーを全て盛り込んだ実力車だ。岡崎五朗さんのレポートをお届けしよう。

ミツビシらしさとは?

ミツビシらしさとは?

最近「ブランド」という言葉を日本の自動車メーカーの人が口にすることが多くなった。我が社のブランドとしてはですね…とか、自社のブランドイメージをさらに明確にさせていかなければと思っております…とか。しかしこれは高級品をつくるとか、ましてや価格にバッジ代をのせて利益をあげるのが目的じゃない。むしろ逆で、もっと楽しく個性的なクルマを作るためのパラダイムシフトと捉えるのが正解だ。

ミツビシらしさとは?②

エクリプス クロスも、そんな流れの中から登場した一台だ。開発陣との会話の中でたびたび登場したのが「ミツビシらしさ」というフレーズ。他社とは違う、ミツビシらしいクルマ作りをしたかったと。ではミツビシらしさとは具体的にどういうことなのだろう。ユーザー視点からいけば、かつてパリダカで活躍したパジェロや、ラリーで活躍したランサー・エボリューションではないだろうか。そこに、ネーミングにも使われている、かつてミツビシが生産していた2ドアスポーツクーペ「エクリプス」のスポーツ性を加えたのがエクリプス クロスである。

ミツビシらしさとは?③

そう、ブランドという言葉は高級品のことではなく、自分たちにしかできない個性的なクルマを作りたい!という思いの表れなのだ。ブランドという言葉が誤解を招くのなら「DNA」と言い換えてもいいだろう。

 

SUVの伝統、高性能4WDの系譜

SUVの伝統、高性能4WDの系譜

そういう意味で、エクリプス クロスは、間違いなくミツビシらしいクルマだ。パジェロはそもそも元祖SUVだし、4WDシステムはランサー・エボリューション開発の課程で生まれた高性能タイプ。クーペライクなフォルムもSUVとしては異例だ。まさに、過去のミツビシ車のいいとこ取りである。

SUVの伝統、高性能4WDの系譜②

そして実際のところ、エクリプス クロスは素晴らしい仕上がりを見せる。舗装路では軽快に、雪路では安定した走りをみせるフットワークの仕上がりは、サスペンション性能もさることながら、リアルタイムで適切な駆動力配分を行う高度な4WDシステムに負うところが大きい。

1.5Lターボエンジンと組み合わせるのはCVTも、CVT嫌いの僕でさえ「このぐらいダイレクトなら悪くないね」と思える仕上がり。なんの予備知識もなく試乗したら、多くの人はよくできたトルコン式ATだと勘違いするだろう。人の感覚に合うよう入念な調整を繰り返したことが容易に想像できる。

 

クーペのようなスタイルと見晴らしの良い視界

クーペのようなスタイルと見晴らしの良い視界_R

クーペのようなスタイルと見晴らしの良い視界②

クーペのようなスタイルと見晴らしの良い視界③

もう一点、ミツビシらしさを感じたのが視界へのこだわりだ。クーペのようなリアエンドに組み込んだ分割型リアウィンドウはスポーティーなデザインと視界の両立を図るため。デザインと引き換えに視界を割り切ったトヨタC-HRとは対照的なアプローチである。

ミツビシはやはり真面目

ミツビシはやはり真面目

過去にはいろいろあったが、ことクルマ作りに関してミツビシのエンジニアは本当に真面目だ。意外だと思う人もいるかもしれないが、実際に会って言葉を交わしたり、議論をしたりする中で僕が皮膚感覚として感じていることである。そう、スタイリッシュな外観に身を纏ったイマドキのSUVではあるものの、そこにはミツビシらしい真面目さが間違いなく反映されている。エクリプス クロスとはそんなクルマである。

メルマガ登録

※記事の内容は2018年7月時点の情報で執筆しています。

三菱エクリプス クロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の三菱エクリプス クロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード