ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「スズキ スペーシア」新型は悲願の王座に届くのか?速攻テストドライブ

「スズキ スペーシア」新型は悲願の王座に届くのか?速攻テストドライブ

ホンダN-BOXの独走が続く軽自動車の人気カテゴリー・スーパーハイトワゴン。そのマーケットに2代目スズキスペーシアは道具感のある内外装デザインで乗り込んできた。もちろん独自のマイルドハイブリッドによる好燃費と先進の安全装備も注目だ。そのスペーシアの実力を探るべく、さっそく試乗テストを実施した。

気づけば軽自動車の主流はスーパーハイトワゴンに

気づけば軽自動車の主流はスーパーハイトワゴンに

全長や全幅のボディサイズや排気量などに制約がある一方、税金などランニングコストが安く抑えられるということで人気を集める軽自動車。多種多様な車種がある軽自動車の中で、現在人気なのがスーパーハイトワゴンと呼ばれるクルマたちです。このスーパーハイトワゴンは全高を上げることで軽自動車として最大級の室内空間を確保しており、そのパイオニアは2003年に登場したダイハツタントです。

停車中に子供が立ったまま着替えることができることや、チャイルドシートに子供を載せやすいといった理由で、別名“ママワゴン”と呼ばれるほど子育て世代を中心に支持されてきました。そして全国軽自動車連合会が発表した2017年1月〜12月の軽乗用車販売台数ランキングでは1位ホンダN-BOX、2位ダイハツムーヴ、3位ダイハツタント、4位日産デイズ、5位スズキワゴンRとなっていますが、ベスト5のうちワゴンR以外の4車種はスーパーハイトワゴンの設定があります。

 

脱“ママワゴン”で若者を狙う

脱“ママワゴン”で若者を狙う

今回はそんな圧倒的な人気を誇る軽スーパーハイトワゴンの中でも、2017年12月に登場したばかりの最も新しいモデル・2代目スズキスペーシアの試乗レポートをお届けしましょう。

軽自動車全体では大きなシェアを誇るスズキですが、このスーパーハイトワゴンのカテゴリーにおいてはホンダN-BOXやダイハツタントに後塵を拝する結果となっていました。しかし、新型となったスペーシアはヒットモデルであるN-BOXとは異なる魅力で新しい提案を行っているのが特徴です。

これまで軽スーパーハイトワゴンは“ママワゴン”と呼ばれていたように、子育て世代のファミリーをメインターゲットとしていました。しかしワゴンRやムーヴなどのハイトワゴンに代わって、スペーシアやN-BOXといったスーパーハイトワゴンが主力車種となった現在では、ママワゴンだけでは多様化したニーズに応えることができなくなってきています。そこで新型スペーシアは外観にルーフレールなどを装着することなどで、よりアクティブなテイストを強め、若者にもアピールを強めています。

 

スーツケースをモチーフとしたデザインで、品の良い「道具感」を狙う

スーツケースをモチーフとしたデザインで、品の良い「道具感」を狙う

またスーツケースをモチーフとしたデザインは、ジッパーをイメージさせるフロントグリルや取手のようなボディサイドなどの外観だけではなく、インテリアのアッパーボックスにも取り入れられています。品の良さと道具感のある雰囲気で、たしかにタントやN-BOXとは違いを感じさせます。また運転席前方のAピラーを立てることで、スーパーハイトワゴンらしいパッと見の大きさを感じさせることにも成功しています。

 

広くて工夫がいっぱいの室内空間

広くて工夫がいっぱいの室内空間

大きめの窓が採用され明るい室内、気になる広さはライバルたちといい勝負です。

広くて工夫がいっぱいの室内空間②

広くて工夫がいっぱいの室内空間③

コンパクトカーをしのぐリアシートの足元の広さもライバル同様、もちろんリアシートのアレンジの豊富さも十分です。

広くて工夫がいっぱいの室内空間④

広くて工夫がいっぱいの室内空間⑤

広くて工夫がいっぱいの室内空間⑥

ラゲッジルームもリアシートをスライドさせればそれなりのスペースが出現します。自転車をカーゴルームに乗せやすくするためのステップはユニークです。

広くて工夫がいっぱいの室内空間⑦

広くて工夫がいっぱいの室内空間⑧

前席と後席の間の天井にルーバー式の空調吹き出し口があったり、かっこいいグローブボックスにも開くと仕掛けがあったり、軽自動車ならではの工夫合戦を勝ち抜く努力を、スペーシアも怠っていません。

男性から人気のエアログレード「カスタム」も用意

男性から人気のエアログレード「カスタム」も用意

一方、男性から人気のダイハツタントカスタムやN-BOXカスタムに対抗するべく、スペーシアにもエアログレードのカスタムがラインナップされています。存在感を強調する大型メッキフロントグリルで、ライバルたちに負けない上質感と圧倒的な迫力を実現しています。

男性から人気のエアログレード「カスタム」も用意②

N-BOXカスタムがやや上品な方向のデザインになったのとは対照的に、スペーシアカスタムは威圧的なルックスです。

男性から人気のエアログレード「カスタム」も用意③

黒を基調としたインテリアも男らしさをアピールしていますね。

全車マイルドハイブリッド採用でクラストップの好燃費

全車マイルドハイブリッド採用でクラストップの好燃費

新型スペーシアに搭載されるエンジンは最高出力52psを発生する660cc直列3気筒DOHCと

全車マイルドハイブリッド採用でクラストップの好燃費②

最高出力64psを発生する直列3気筒DOHCターボのライバル同様の二本立て。しかし注目はそれぞれに最高出力3.1psを発生するISGと呼ばれるモーター機能付発電機と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載していることです。その結果、JC08モード燃費は24.0〜30.0km/Lと軽スーパーハイトワゴンの中でトップの燃費性能を誇っています。これはスペーシアの大きなアドバンテージですね。

軽自動車初の後退時ブレーキサポートも

また安全装備では単眼カメラ+レーザーレーダーによる衝突軽減ブレーキをはじめとするスズキセーフティサポートを搭載。なかでもリアバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し、車両後方の障害物を検知する後退時ブレーキサポートは軽自動車初の機能です。それを全車に標準装備するなど高い安全性能を実現しています。これもスペーシアのアピールポイントです。ただし先にフルモデルチェンジしたホンダN-BOXが搭載している高速道路などで先行車追従機能の付いたアダプティブクルーズコントロール(ACC)はスペーシアには付いていません。

軽さが生み出す走りと燃費の良さ

軽さが生み出す走りと燃費の良さ

それでは、実際に新型スペーシアをテストしてみましょう。今回試乗したのは、スペーシアハイブリッドXとスペーシアカスタムハイブリッドXSターボの2台です。まずはスペーシアハイブリッドXから。

軽スーパーハイトワゴンは特徴である広い室内空間を実現させる一方で車両重量も重くなり、スムーズな走りを求めるにはパワフルなターボエンジンが必要とされてきました。しかし、新型スペーシアはクルマの基礎となる骨格から見直し、軽量・高剛性のボディを採用することで、車両重量を抑えるダイエットに成功しました。

このダイエットは走行性能と燃費性能に効果絶大です。従来の自然吸気エンジンを搭載したスペーシアだと信号待ちなどの発進加速などでアクセルペダルの操作に対して、反応が鈍いというシーンもありました。しかし、新型スペーシアでは自然吸気エンジンも電動化されたマイルドハイブリッドを搭載、発進時はエンジンの出力に加えて、モーターのアシストが加わることで、よりスムーズな加速を味わうことができます。

軽さが生み出す走りと燃費の良さ②

一方のターボ車の加速性能は文句なしです。さらに従来モデルに比べて静粛性が向上したことで小型車のコンパクトカーを超える上質な室内環境を実現しています。

軽さが生み出す走りと燃費の良さ③

またスペーシアには新機能としてパワーモードを装備。坂道や高速道路の合流など、より力強い加速が必要なシーンでこのボタンを押すと、よりパワフルな走行が可能となります。

スペーシアはモーターを搭載したマイルドハイブリッドを採用したことで、軽快な走りと低燃費を両立させています。子供の保育園・幼稚園の送り迎えや旦那さんの駅までの送迎といった街乗り中心ならば、自然吸気エンジンで不足は全くありません。もし高速道路などを使用するというのであれば、ターボエンジン搭載車のほうがパワフルなエンジンと高い静粛性能によって快適に移動できるはずです。

■スペーシア価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
ハイブリッドG2WD30133万3800円
4WD26.4145万4760円
ハイブリッドX2WD28.2146万8800円
4WD26.4158万9760円

 

■スペーシアカスタム価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
ハイブリッドGS2WD28.2157万6800円
4WD26.4169万7760円
ハイブリッドXS2WD28.2169万200円
4WD26.4181万1160円
ハイブリッドXSターボ2WD25.6178万7400円
4WD24190万8360円

 

オススメのグレードは老若男女問わずフィットするプレーンなデザインのスペーシアハイブリッドX。これにオプションのルーフレール、そしてヘッドアップディスプレイと全方位モニターを装着すれば、アクティブなイメージを強調できるともに、高い利便性を確保できます。

割安感のあるスペーシア

スペーシアの価格は133万3800円〜190万8360円。ACC機能もあるホンダセンシングを標準装備したN-BOXは138万5640〜202万6080円ですから、スペーシアのほうがやや割安になっています。マイルドハイブリッドによる高い燃費性能と走行性能を実現し割安なスペーシアと、上級車に匹敵するACCを装備しやや割高なN-BOX。アナタのカーライフにピッタリあうのはどちらでしょうか。

LINEクルマの買い方診断

※記事の内容は2018年2月時点の情報で執筆しています。

スズキスペーシアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキスペーシアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード