新車は高くて買えない!購入価格の目安と費用を抑えてお得に新車に乗る方法

車は高くて買えない!お得に新車に乗るならカーリース
カルモくんなら新車が

この記事は、 13 分で読めます。

最近の車は機能性や安全性能が高まっていることから、新車に限らず中古車の価格も上がっています。そのため、新車を購入することに高いハードルを感じている方もいるでしょう。

しかし、新車が高くて買えないからといって、車に乗ることをあきらめる必要はありません。初期費用が不要で、月々の定額料金だけで新車に乗れるカーリースを活用すれば、理想のカーライフを実現することができます。

そこで、新車や中古車の購入価格の目安とともに、費用を抑えてお得に新車に乗れるカーリースの魅力についてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車両価格と年収が見合わない、維持費がかかるなどの理由で車を買えないケースが多い
✔車は高くて買えないという場合は、月々の定額料金だけで新車に乗れるカーリースがおすすめ
✔カーリースなら日本一安い*月額料金で利用できサービスも充実した定額カルモくんがおすすめ

日本一安い*月額料金で最新の人気車種に乗れるカーリース情報はこちら!

新車を1万円

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

新車が高くて買えない理由

新車の購入には高額な出費が伴うため、高くて買えないと考えている方は少なくありません。具体的に、どのような理由で新車購入のハードルが上がっているのか、詳しく見ていきましょう。

新車価格と年収のバランスがとれていない

新車価格の目安は、安い車種であれば軽自動車の場合は100万円台前半、普通車の場合は100万円台後半となります。それに対して、20〜30代前半の平均年収は200万円台、30代後半でも男性は328万円、女性は300万円を下回っています

さらに、40代前半でも平均年収は男性が360万円、女性は268万円です(「令和元年賃金構造基本統計調査」厚生労働省)。40代後半になるとやや平均年収は上がりますが、生活費がかかることを考えると、多くの方が新車を購入するほどの余裕は持ち合わせていないことがわかります。

審査に通らない

ローンを組んで車を購入するためには、審査に通らなければなりません。カーローンの審査では経済状況をしっかりとチェックされるため、返済能力が低いと判断されると審査に通らない可能性があります。

審査に通らない理由としては、カードローンなどほかのローンを組んでいたり、借入れをしていたりすることなどが挙げられます。また、税金を滞納していたり、信用情報機関に事故情報が残っていたりする場合もカーローンの審査に通らない可能性が高くなる要因といえます。なお、年収に対して借入希望額が高すぎることも、審査に落ちる理由のひとつです。

維持費がかかる

車は購入後も税金や車検などの維持費がかかります。車両価格以外にかかる費用についても事前に把握し、月々の出費が想定よりも上回ることのないように注意しましょう。
維持費としてかかる費用は、おもに以下のとおりです。

・自動車税(種別割)や保険料
車を購入した後も、自動車の任意保険や自動車税(種別割)、車検費用、点検費用など、車を維持していくためには意外とお金がかかるものです。例えば自動車税(種別割)は、軽自動車で年間10,800円、コンパクトカー(1.5L)で年間34,500円かかります。

・車検
車検は新車登録から3年後とそれ以降は2年ごとに受ける必要があります。費用は車種や車の状態、業者によっても異なりますが、車検1回につき、軽自動車は70,000円程度、コンパクトカー(1.5L)は10万円程度かかります。

・メンテナンス費用などのランニングコスト
車を持つには、メンテナンス費用・燃料代・駐車場代など、日々のランニングコストもかかります。特に都市部では駐車場代が高額となることも多く、先ほど挙げた税金などを含めると、軽自動車でも概算で年間30万円以上の維持費がかかり、非常に大きな負担となってしまいます。さらにローンを組んで購入した場合、月々の返済費用も加わることになります。

なお、車は高くて買えないと思っている方でも、出費を抑えて新車に乗れる方法があります。たとえ貯金0円でも初期費用を一切かけずに新車に乗れる方法はこちらからご確認ください。

カルモくんなら新車が

新車は本当に高い?最新の価格をチェック

車を買えない理由のひとつに「車の価格が高い」ということがありますが、本当に今の車は高いのでしょうか。
実際に販売されている新車価格を確認してみましょう。ボディタイプ別に例を挙げると、現在の新車の価格は以下のようになっています。

軽自動車

軽自動車の車両本体価格は130〜170万円ほどが目安で、普通車よりも安いのが魅力です。ダイハツ「ミライース」やホンダ「N-BOX」など、機能的な人気車種もそろっています。人気車種の価格や特徴を見ていきましょう。

 ダイハツ「ミライース」86万200円から

ミライース

ダイハツ「ミライース」は、低価格かつ低燃費でコストを抑えたい方から絶大な支持を集めている軽自動車です。初期費用だけでなく維持費も抑えられるため、車が高くて買えないと考えている方にもおすすめです。また、安全装備の搭載により安全運転をサポートしてくれるので、初めてのマイカーとしても多くの方に選ばれています。

10017_ミライース

ホンダ「N-BOX」142万8,900円から

N-BOX

ホンダ「N-BOX」は、ロングセラーの軽自動車です。スーパーハイトワゴンとしても人気で、コンパクトなサイズながら車内空間が広く、複数人が乗ってもゆったりとくつろげます。また、背が高いものの走行時の不安定さを解消する構造になっていて、運転が不慣れな方でも安心です。

10013_N BOX

コンパクトカー

サイズが比較的小さくエンジンの排気量が少なめのコンパクトカーは、小回りが利くため運転しやすい車を探している方から特に好評です。コンパクトカーの価格相場は110〜200万円ほどで、トヨタ「ルーミー」や日産「ノート」が人気を集めています。

トヨタ「ルーミー」155万6,500円から

ルーミー

トヨタ「ルーミー」は、コンパクトなボディながら大人5人がゆったりと乗れるゆとりのある車内空間が魅力のコンパクトハイトワゴンです。豊富なシートアレンジが可能で、大きくてかさばる荷物も難なく積み込めます。軽自動車よりひと回りほど大きいサイズなので、普通車ですが小回りが利き、運転に不慣れな方でも安心です。

10033_ルーミー

日産「ノート」202万9,500円から

ノート

スタイリッシュなデザインと高い走行性で絶大な人気を誇っているコンパクトカーが、日産「ノート」です。小さめのサイズにもかかわらず、室内は広く快適に過ごせます。

また、ガソリンエンジンとモーターを融合させたe-POWERにより、力強さやなめらかさ、静かさを実感できるのも魅力です。コンパクトなだけでなく、快適な走行を実現できる車に乗りたい方におすすめです。

10002_ノート

SUV

SUVは、日常の走行にもアウトドアにも使える万能性が魅力の車です。燃費の高さと乗り心地の良さも、高く評価されています。価格相場は200〜500万円ほどで、トヨタ「C-HR」や「ハリアー」などが特に人気を集めています。

トヨタ「C-HR」238万2,000円から

C-HR

トヨタの人気車種「プリウス」のパーツを流用したコンパクトSUVが、トヨタ「C-HR」です。プリウス譲りの燃費性能の良さと、走行性能の高さで人気を集めています。

先進の運転支援システムが全グレードに標準装備されているため、安心して運転できるのもうれしいポイントです。また、スポーティーさを感じさせる外観デザインで、見た目の格好よさにこだわりたい方も満足できるでしょう。

10003_C-HR

トヨタ「ハリアー」299万円から

ハリアー

トヨタ「ハリアー」は、SUVならではの実用性の高さに加え、見た目のスタイリッシュさにもこだわりたい方におすすめの車です。外観も内装も上質でプレミアム感を味わえるので、車に乗って優雅な時間を楽しむことができるでしょう。燃費性能に優れており、さらに雨や雪道でも難なく運転できる安定の走行性を持っているのも特徴です。

10009_ハリアー

中古車の相場はいくら?

新車と比較して、中古車の価格相場はどれくらいになるのでしょうか。先ほど挙げたホンダ「N-BOX」の中古車は、30万円台で販売されている場合もあるので、新車や形式にこだわりがなく、できるだけ費用を抑えたいという場合は、中古車を検討するのもいいでしょう

とはいえ、中古車は安全面が気になるのも事実です。価格の安い中古車ほど、車体や重要なパーツの劣化が進んでいる可能性があり、急な故障トラブルに見舞われるリスクが高くなります。

そこで、安く安全に中古車に乗れるカーリースとしておすすめしたいのが「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」です。毎月定額の分割払いで安く乗れる上、整備の行き届いた安全な中古車に乗ることができます。気になる方はこちらからチェックしてみてください。

定額カルモくん中古車

お得に新車に乗るならカーリースがおすすめ

お得に新車に乗るならカーリースがおすすめ

新車は高くて買えないと考えている方におすすめしたいのが、初期費用を一切かけずに月々の定額料金だけでお得に新車に乗れるカーリースです。

初期費用0円で頭金・ボーナス払い不要!支払いは月々の定額料金のみ

カーリースとは、毎月決まった利用料金を支払うことで新車や中古車をマイカーのように利用できるサービスです。リース会社にもよりますが、多くの場合カーリースの月額料金には、車両価格・自動車税(種別割)・自動車重量税・自賠責保険料・リサイクル料金・各種手数料などが含まれています

ローンで車を購入する場合は頭金などある程度まとまった費用が必要になりますが、カーリースなら頭金も不要で、初期費用を一切かけずに新車に乗れる点が大きなメリットといえるでしょう。

定額カルモくんなら日本一安い*月額10,000円台から新車に乗れる

カルモくん_new

カーリースの中でも特におすすめなのが、カーリースの定額カルモくん です。定額カルモくんには、車が高くて買えないと考えている方にとって、うれしいサービスが充実しています。
日本一安い*リーズナブルな料金設定も魅力の定額カルモくんの特徴について、詳しくご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

日本一安い*月額10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードから好きな車を選べます。選べる車の中には、日本一安い*月額10,000円台から乗れる新車もそろっています

例えば、人気の軽自動車としてご紹介したダイハツ「ミライース」は月額11,220円から、ホンダ「N-BOX」は月額17,320円から新車に乗れます。車が高くて買えないと悩んでいる方でも、月々の負担を抑えて無理なく新車に乗ることができるでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

7年以上の契約で走行距離制限がなくなる!さらに車をもらうことも可能

定額カルモくんでは、7年以上の契約で月々の走行距離制限をなくすことができます。さらに、月額500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に乗っていた車をそのままもらうことも可能です。

お得な料金で新車に乗りながら、最後は乗っていた車をマイカーとして手に入れられるので、車が高くて買えないと考えている方には最適のサービスだといえるでしょう。

車検代やメンテナンス費用も定額にできる

定額カルモくんでは、メンテナンスプランに加入すると、車を返却するときの原状回復費用や消耗品交換費用、車検費用なども月額料金に含めることができます。車の維持費が高くて買えないと考えている方も、月額料金だけで車のほとんどの維持費をまかなえるため、安心してカーライフを送ることができるでしょう。

また、審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」を受けることもできます。カーリース を利用してみたいけれど審査が不安という方は、こちらのバナーから試してみるといいでしょう。もちろん、本契約前であればキャンセル可能なので、とりあえず審査に通るか知りたい!という場合でも安心です。

まずは審査

車が高くて買えないとあきらめているならカーリースで決まり!

車が高くて買えないとあきらめているならカーリースで決まり!

新車価格の上昇や車の維持費の高さが理由で車を買えないという方も、カーリースを活用することで、負担を抑えて新車に乗ることができます。

車は高くて買えないと思っている方にとっては、初期費用0円で月々の定額料金だけで新車に乗れるカーリースは、理想的な選択ともいえるでしょう。車の購入を考えているけれど、あまり予算がないという方は、定額カルモくんで乗りたい車を探してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:新車はどのくらいの価格なの?

A:新車の価格は、車種によって大きく異なります。例えば、人気の軽自動車でスーパーハイトワゴンでもあるホンダ「N-BOX」の車両価格は142万8,900円から、コンパクトカーの中でも高く評価されている日産「ノート」は202万9,500円から購入可能です。

Q2:購入の場合、車両価格のほかにかかる費用とは?

A:新車の購入時には税金やナンバープレート取得費用、リサイクル料金などの初期費用がかかり、購入後は毎年の自動車税(種別割)や車検ごとに必要になる自動車重量税、自賠責保険や任意保険の費用、車検や法定点検の費用、修理・部品交換などのメンテナンス費用、燃料代、駐車場代などが維持費としてかかります。

Q3:カーリースがおすすめなのはどうして?

A:カーリースは、初期費用0円で月々の定額料金だけで新車に乗れるため、車が高くて買えないと悩んでいる方でも負担を抑えてカーライフを始められます。中でも定額カルモくんは、日本一安い*月額10,000円台から新車に乗れるため、おすすめです。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※2021年6月の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

お試し審査