車を安く買う方法は?購入までの5ステップと新車のお得な購入方法を解説

車購入までの5ステップ!安く買うための方法を徹底紹介
中古車_コミコミ1万円バナー

初めて車を購入しようと思っている方の中には、「買うまでの流れを知りたい」「何を準備すべきかわからない」という方もいるのではないでしょうか。そのような方のために、ここでは車を購入するまでの流れを5ステップで解説。また、安く買う方法も併せてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車選びの際は事前に使用目的を明確にしておくことが大切
✔車に安く乗るには買う以外にカーリースを選ぶという方法もある
✔カーリースなら日本一安くて*選べる車種も豊富な定額カルモくんがおすすめ

初期費用0円!月々10,000円台から新車に乗れる方法はこちらのバナーをチェック!

月々10000円台で新車

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値(2021年3月カルモ調べ)

車を購入するための5つのステップ

車購入までの5ステップ!安く買うための方法を徹底紹介

車を購入する際には、車を選んだ後に見積りを取ったり必要書類を準備したりと、やらなくてはいけないことがいくつかあります。納車手続きまでスムーズに行うためにも、どんな手順で進めていくのかを知っておくと安心です。ここでは、以下の5つのステップで車選びから納車までの順序をご紹介します。

<5つのステップ>

ステップ1.使用目的に合う車を選ぶ

車を買う前には、まず車選びをしなくてはいけません。そこで、無駄な出費を避けるためにも、使用目的に合う車を選ぶことが大切です。使用目的に合う車の選び方について詳しく見ていきましょう。

1. 自分に合う車の種類を知る

車には、「軽自動車」や「ミニバン」などさまざまな種類があります。それぞれのタイプには、以下のような特徴があるため、自分に合うのはどのような種類なのか確認しておきましょう。

車の種類特徴こんな方におすすめ
軽自動車・コンパクトカー・小回りが利く
・税金面で優遇される(軽自動車)
・通勤用に車を使う
・普段の買い物で使う
・セカンドカーが欲しい
ミニバン・室内が広い(最大8人乗り)
・運転しやすい
・家族のお出掛けに使いたい
ステーションワゴン・収納力に優れている・荷物をたくさん積みたい
SUV・悪路や雪道でも快適に走れる
・スタイリッシュなデザイン
・アウトドアやスポーツ、レジャーを楽しみたい
・見た目にもこだわりたい
セダン・静粛性に優れている・高級車が欲しい
スポーツ・走行性能が優れている
・ボディ剛性に優れている
・アップダウンが多い道や高速道路を頻繁に使用する

 

2. 新車か中古車かを選ぶ

自分に合う車の種類がわかったら、新車と中古車のどちらにするかを選びましょう。
新車と中古車の違いやそれぞれおすすめの方は以下のとおりです。

 新車中古車
メリット・保証期間が長い
・オプションやグレードを自由に選択できる
・高性能な車に乗れる
・過去に販売されていた車種に乗れる
・新車に比べて納車が早い
デメリット・購入価格が高い
・納車に時間がかかる
・車の状態に不安がある
・好きな色やオプションを選べない
・新車に比べて保証期間が短い
こんな方におすすめ・最新の車種に乗りたい
・同じ車に長く乗りたい
・減税制度を利用してお得に買いたい
・購入価格を抑えたい
・少しでも納車期間を短くしたい

 

3. グレードを決める

③グレードを決める

車のグレードは車種ごとに用意されており、性能や装備などの「等級」を表すものです。また、「L」や「X」のようにアルファベットで表記されるのが主流となっています。
グレードによる違いやそれぞれおすすめの方は以下のとおりです。

グレードの高さ特徴こんな方におすすめ
グレードが高い車・性能が良い
・価格が高い
・予算に余裕があり、装備を充実させたい
・車を売るときに高く売りたい
グレードが低い車・最低限の装備や性能
・価格が安い
・予算を抑えたい
・必要最低限の装備で十分

 

4. 店頭で気になる車を試乗する

実際に欲しい車種やグレードが決まったら、購入前に試乗しておくことをおすすめします。なお、試乗は予約が必要な場合が多いので、事前に電話かインターネットで予約をしておくとスムーズです。

できれば複数の車に試乗して比較すると、より納得した車選びができるでしょう。また、試乗する際は以下の点について確認しておくと安心です。

  • 運転席からの視野は十分かどうか
  • 右折や左折の際の見やすさはどうか
  • シートのクッション性などの乗り心地はどうか

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードから自分の好きな新車を選んで乗ることができます。月々10,000円台で乗れる軽自動車から憧れの高級車まで、豊富なラインナップの中から自分に最適の1台を見つけることができるでしょう。

ステップ2.見積りを取る

自分に合う車を選んだら、見積りを取りましょう。見積りを確認する際には、不要なオプションがついていないかチェックしておくことで、無駄な出費を避けることができます

また、以下の基本的にかかる費用以外で見積額に上乗せされている項目があれば、担当者に確認して、不要なものは省いてもらいましょう。

〈基本的にかかる費用〉

  • 車両価格
  • 消費税
  • 環境性能割
  • 自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • リサイクル料金
  • 自賠責保険料
  • 登録代行費用
  • 車庫証明代行手数料
  • 預かり法定費用
  • 納車費用
  • ナンバープレート取得費用

定額カルモくんでは、これらの費用が最初から月額料金に含まれています。車を購入した場合は、車両価格とは別に支払わなければならない費用も月額料金でまかなえるため、家計のコントロールがしやすく、想定外の出費に頭を悩ます必要もありません。

さらに、メンテナンスプランを適用することで、定期的に発生する車検費用やメンテナンス費用も月額料金に含めることができます。

ステップ3.契約に必要な書類を準備する

見積りの内容や費用に問題がなければ契約に進みます。
なお、契約の際には一般的に以下の書類が必要となります。事前に準備しておきましょう。

必要書類枚数交付元
実印(軽自動車の場合は印鑑でも可)1本
印鑑登録証明書(軽自動車の場合は不要)1枚市区町村の役所
車庫証明書1枚警察署
車検証1枚販売店が用意する
自賠責保険証1枚販売店が用意する
販売店に手続きを委託するための委任状1枚販売店が用意する
住民票(軽自動車のみ)1枚市区町村の役所

 

ステップ4.車の購入費用を支払う

ステップ4.車の購入費用を支払う

契約後に、車の購入費用を支払います。なお、車を購入する方法には、現金での一括払いとローンがあり、それぞれに以下のようなメリットとデメリットがあります。クレジットカードでの支払いの可否は販売店によって異なるため、直接確認してみましょう。

支払いの種類メリットデメリット
現金一括払い・金利がかからない
・所有権を得られる
・まとまったお金が必要
ローン・現金がなくても購入できる
・経済状況に合わせて月々の支払額を決められる
・金利がかかる
・車の所有権が得られない場合がある

 

カーローンには大きく分けて「ディーラーローン」「銀行系ローン」「販売店の自社ローン」の3種類があります。それぞれメリットとデメリットが異なるため、自分に合うローンの種類を選びましょう。

カーローンの種類メリットデメリット
ディーラーローン・審査に通りやすい・金利が高い
・返済中に車が全損した場合、残額の一括返済を求められる可能性がある
銀行系ローン・金利が低い
・同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合、優遇金利が受けられる
・比較的審査が厳しい
・保証料や事務手数料が発生することがある
販売店の自社ローン
(中古車のみ)
・審査に通りやすい
・店頭で審査などの手続きができる
・金利が高い
・返済中に車の売却や買替えをしたい場合には一括返済する必要がある

 

ステップ5.納車手続きをする

支払手続きを終えたら、いよいよ納車です。納車時は販売店のスタッフと一緒に現車確認ができる最後のチャンスとなるので、以下の点についてしっかりチェックしておきましょう。

  • 傷やへこみの有無
  • 希望のオプションが装備されているか
  • 車検証に不備はないか
  • ウインカーやヘッドライト、ワイパーなどが正常に作動するか

など

定額カルモくんでは、ネットと郵送だけで車選びから料金シミュレーション、審査申込み、審査通過後の契約手続き、さらには契約後の納車まで完結させることができます。

審査も運転免許証1点だけで申込みができるため、車に乗り始めるまでの手間と時間を最小限に抑えながら、スピーディーに手続きを進められます。

車を安く買うための工夫とは?

工夫3.車を下取りに出す、売却する

車は、人生の中でも大きな買い物のひとつです。ある程度の出費は見込んでいるとはいえ、できるだけ安く車を買いたいと思う方が多いでしょう。そこでここでは、購入前に知っておきたい車を安く買う5つの工夫をご紹介します。

工夫1.決算時期である3月か9月に購入する

自動車販売店では決算月の3月、半期決算月の9月になると業績向上のために車を安く販売し、販売台数を伸ばそうとする傾向があります。そのため、ほかの月に比べて交渉がしやすく、値引き額も大きい傾向があるため、コストを抑えたい方は、3月か9月に車を購入することをおすすめします

工夫2.金利の低いローンを選ぶ

ローンを利用する場合、金利が1〜2%上がるだけでも、支払金額に数万円の差が生じます。一般的には、銀行系ローンが年1〜2%と金利が低い傾向がありますが、審査が厳しかったり手続きが複雑だったりする場合があるため、事前に審査基準や手続き方法を確認しておくと安心です。

工夫3.車を下取りに出す、売却する

すでに車を所有している場合は、車を買う前に今所有している車を下取りに出したり売却したりして、新しい車の購入資金に回すのもおすすめです。

工夫4.残価設定ローンを利用する

残価設定ローンは、ローン契約時に設定した残価(将来の車の価格)を最終回の返済に据え置いて、残価を除いた残りの金額を契約月数で分割する返済方法です。車の購入金額から、下取りに出す際の車の残価を据え置いた金額を分割返済するため、通常のローンよりも月々の返済額を抑えられるというメリットがあります。

工夫5.定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討する

車を所有することにこだわらない方は、カーリースであればコストを抑えられる場合があります。カーリースとは、月々決まった額をリース会社に支払うことで車を利用できるサービスのことです。

リース会社によって料金形態は異なりますが、一般的に車を購入するよりもお得に新車に乗ることができます

カーリースでは契約満了時の車の下取り価格である残価をあらかじめ車両価格から差し引き、契約月数で割って月額料金を算出します。車両価格から残価が引かれるため、車両価格の全額を支払う必要がある一括購入やカーローンよりも、月々の支払額を安く抑えることができるのです。

日本一安い*定額カルモくんは頭金・ボーナス払い・初期費用不要!

カルモくん_new

負担を抑えて新車に乗れるのはカーリースの大きな魅力ですが、おトクにマイカー 定額カルモくん」では、日本一安い*月額料金でさらにお得にカーライフを楽しむことができます

頭金やボーナス払いも不要のため、出費を最小限に抑えて新車に乗り始めることができるでしょう。

さらに月額料金には、車両価格のほかに自動車税(種別割)や環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料、事務手数料などの諸費用も含まれているため、車にかかる費用のほとんどを月額料金だけでまかなうことが可能です。

人気車種の新車にも月額10,000円台から乗れるため、車にかけられる予算が少ないという方でも、無理なくカーライフをスタートできるでしょう。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値(2021年3月カルモ調べ)

業界最安値のカーリース

理想のカーライフを叶えるためにも、納得して車を買おう!

さまざまな工夫を凝らすことで車を安く買える可能性は高まりますが、購入するとなると、ある程度の初期費用はどうしても必要になります。また、購入後も車の維持費が発生し続けることは念頭に置いておかなければなりません。

その点、定額カルモくんは日本一安い*月額料金に各種税金や自賠責保険料などが含まれており、最初から最後までリーズナブルにカーライフを送ることができます。

車種のラインナップも豊富で、マイカー感覚で自分の好きな新車に乗れるため、車の所有にこだわらないという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値(2021年3月カルモ調べ)

よくある質問

Q1:車を買う前に準備しておくべきことはありますか?

A:車を購入する前には、「自分の使用目的に合う車を選ぶ」「見積りを取る」「必要書類を準備する」「支払方法を決める」などを考えておきましょう。

Q2:車を購入する際に必要な書類を教えてください

A:実印(軽自動車の場合は認め印でも可)、印鑑登録証明書(軽自動車の場合は不要)、車庫証明書、車検証、自賠責保険証、委任状、住民票(軽自動車の場合)などが必要ですが、車検証や自賠責保険証、委任状は販売店が用意してくれるのが一般的です。

Q3:車を安く買う方法はありますか?

A:3月や9月などの決算時期に買ったり金利の低いローンを選んだり、車を下取りに出したり売却したりすることで車をより安く購入できるでしょう。また、定額制で車に乗れるカーリースを利用するという方法もあります。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー