ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

社用車とは?導入のメリットやおすすめ車種を紹介

社用車とはどのような車か、メリット・デメリットに加え、おすすめの車種やお得な利用方法について解説する記事であることを示すタイトル下画像
社用車とはどのような車か、メリット・デメリットに加え、おすすめの車種やお得な利用方法について解説する記事であることを示すタイトル下画像

企業の成長や効率化を図るためには、社員が迅速かつ効率的に移動したり、荷物を運搬したりできる環境を整えることが重要です。その一環として、社員が業務を遂行する際に利用するために企業が所有する「社用車」の導入が考えられます。

しかし、社用車のメリットやデメリットを知らずに導入するのは不安です。また、実際にどのような車種が社用車としておすすめなのでしょうか。
そこで、社用車導入のメリットやデメリット、おすすめの社用車モデルについて解説します。また、社用車をお得に利用する方法についてもご紹介します。

  • 社用車は社員の移動や、荷物の運搬に用いられる
  • 社用車には、経費精算の手間の削減や、移動の効率化などのメリットがある
  • 社用車を購入せずに、お得に利用する方法がある

社用車とは?営業車や商用車との違い

社用車とは、企業が業務を効率的に進めるために所有する車両のことを指し、おもに社員の移動や顧客訪問のほか、荷物の配送などに用いられ、車種も目的によって異なります。なお、タクシーやバスなどは含まれません。

似たような言葉として、営業車や商用車がありますが、これらは意味が異なります。営業車は営業活動に特化した車で、商用車は営業車と社用車のほか、タクシーやバスなども含む言葉です。

社用車を導入するメリット

社用車を導入するか判断するうえで、どのようなメリットがあるか知っておくことが重要です。 具体的に見てみましょう。

効率的に移動できる

社用車を利用することで、社員は公共交通機関の時間を気にせず、効率的に目的地へ移動することができます。特に地方や交通の便が悪い地域での営業活動や、複数の現場を回る必要がある業務が多いケースでは重宝するでしょう。

重い荷物頻繁に積み降ろししなくていい

社用車を利用することで、重い荷物や大量の資料を頻繁に積み降ろしする手間が省けます。これにより、社員の負担が軽減されるだけでなく、業務の効率化が図れます。特に営業や配送業務において、重要なメリットとなるでしょう。

費用の精算の手間が減る

社用車を利用することで、個人の交通費を立て替える必要がなくなり、社員の交通費の申請手続きや経理部門の処理の負担が軽減されます。また、ガソリン代やメンテナンス費用を一括管理できるため、コスト管理もしやすくなります。

社用車のデメリット

社用車の導入には、メリットだけでなくデメリットも存在します。 車両の購入費用や維持費がかかること、駐車スペースの確保が必要なこと、また車の管理に手間がかかることなどが挙げられます。
実際にいくらかかるかなどの見積もりを行い、実情に合わせた判断が求められます。

おすすめの社用車

社用車を導入する場合、どのような車を選択するといいのでしょうか。
ここでは社用車としてよく利用されるおすすめの車種をご紹介します。

スズキ「エブリイワゴン」

車種画像バナー

スズキ「エブリイワゴン」は、小型で取り回しが良く、都市部での営業活動に最適な社用車です。コンパクトながらも広い荷室を備えており、多様な荷物の積載に対応できます。また、燃費性能も優れているため、コストパフォーマンスに優れた選択肢となります。

ダイハツ「ミライース」

車種画像バナー

ダイハツの「ミライース」は、シンプルなフォルムかつ、低燃費で、高い安全性も兼ね備えた軽自動車です。車両本体価格も安く、導入コストを抑えたい場合に最適です。 マイカーやセカンドカーとしても人気がありますが、社用車や営業車としても使われることの多い車種です。

日産「ノート」

車種画像バナー

日産のノートは、コンパクトカーながらも快適な乗り心地と高い燃費性能を誇ります。社用車としての使用においても、狭い駐車スペースでも取り回しがしやすく、都市部での営業活動や短距離移動に適しています。最新の安全装備も充実しており、安心して使用できる点も魅力です。

社用車にお得に乗れる方法

社用車の導入コストを抑えるためには、カーリースが効果的です。初期費用を抑えることができ、月額料金にメンテナンス費用や保険も含まれるため、予算管理がしやすくなります。また、月額料金を経費処理することも可能*¹なので、節税につながるうえ、処理の手間も抑えられるでしょう。

カーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準*²の料金設定となっており、社用車として利用できる車でも月額10,000円台から利用可能なので、個人事業主でも法人でも利用しやすくなっています。

「定額カルモくん」を利用できるかは、下の「お試し審査」からチェックできます。気軽に試してみましょう。

*¹ 税務上の判断で経費として認められないケースもあります
*² 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

法人向けカーリースを利用したい場合はこちら

 

役員車の経費を削減!購入・ランニングコスト・運転手費用チェック|セントラルサービス株式会社

※この記事は2024年5月1日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る