ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

誰でも通るカーローンはある?審査に落ちる理由と通らないときの対処法とは

誰でも通るカーローンはある?審査に落ちる理由と通らないときの対処法とは
誰でも通るカーローンはある?審査に落ちる理由と通らないときの対処法とは

車がどうしても必要だけれど、カーローンの審査に通る自信がないという方の中には、誰でも通るようなカーローンがあれば知りたいと考える方もいるかもしれません。

今回は、誰でも通るカーローンはあるのかをはじめ、審査に通るためにできることや、ローンを組まずにお得に車を持てる方法について紹介します。

ローン審査に落ちた方も新車を持てた方法とは?

  • 誰でも通ると言い切れるカーローンはないが通りやすさはローンの種類により異なる
  • 返済能力の低さや金融事故などによりカーローンの審査に落ちることがある
  • カーローンの審査に通るためには頭金を用意するなど、借入金額を下げる必要がある

誰でも通るカーローンはある?各カーローンの特徴

3つのローン比較図

まずは、カーローンにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。おもなカーローンは、銀行系カーローン、ディーラーローン、自社ローンの3つです。いずれも契約には審査基準のクリアが必要なため、この中に誰でも通るカーローンはないといえるでしょう。

ただし、カーローンの種類によって審査の通りやすさは異なります。審査通過の可能性を高めるためにも、各ローンの特徴を確認し、自身の状況と合わせて通りやすいものを選ぶことが大切です。ここでは、各ローンの特徴について解説します。

銀行系カーローンの特徴

銀行系カーローンは、金利が低めに設定されている半面、審査がきびしいのが特徴です。特に、滞納などの金融事故を過去に起こしていると、審査に通るのは難しいといえます。

銀行によって、借入可能額や借入期間が異なる点も特徴のひとつです。そのため、各銀行のローンの借入額や期間については、審査を受ける前にしっかりと確認しておくといいでしょう。

ディーラーローンの特徴

ディーラーローンでは、ディーラーが提携する信販会社と契約します。銀行系ローンに比べて審査に通りやすい傾向がありますが、金利は高めになっているのが特徴です。

したがって、ディーラーローンで長期にわたってのローン返済となると、その分金利による負担がかかってしまうでしょう。審査を申し込む前には、返済総額がいくらになるのかを確認しておくことが重要です。

自社ローンの特徴

自社ローンは、「ローン」と呼ばれてはいますが、正確には販売店が独自に提供している分割払いのシステムです。車の購入代金を販売店が一時的に立て替え、契約者は分割で返済していきます。ローンとは異なり、金利がないことや金融機関を通さずに審査を行うことが特徴です。

自社ローンの審査基準は独自性が高いため、ブラックリストに登録されている状況であっても審査に通る可能性があります。その一方で、金利がない分保証料や手数料が発生したり、対象となるのが中古車に限られたりすることが多いなどのデメリットもあるため注意が必要です。

カーローンの審査に通らないのは理由がある

カーローンの審査に通らないのは理由がある

カーローンの審査基準は公表されず、審査に通らなかった場合もその理由を知ることはできません。そのため、審査になぜ落ちたのか理由を知るためには、自身の状況と照らし合わせて考えることが必要です。

ここからは、カーローンの審査に通らない原因となり得る理由を4つ解説します。

返済能力が低いと判断されたから

審査時に返済能力が低いと判断されると、審査に通らないことがあります。例えば、借入希望額に対して年収が低い場合や勤続年数が短い場合、雇用形態が派遣やパート・アルバイトなど安定した収入が見込めない場合です。

カーローンの返済は長期にわたるため、審査時には返済が滞る可能性はないかが重視されます。収入や返済の安定性を見極めるには、年収・勤続年数・雇用形態などが判断材料となるため、上記の状況に当てはまっていると、審査において不利になってしまう可能性があります。

過去に滞納や債務整理などの金融事故を起こしているから

直近5~10年以内に、ローン返済やクレジットカードなどの支払遅延、債務整理といった金融事故を起こしていると信用情報に傷がつき、審査に通らないことがあります。金融事故と判断される事例は多岐にわたり、携帯電話の料金やクレジットカード利用料金の支払遅延なども該当します。

審査時には過去の信用情報が参考にされるため、これらの金融事故によって情報に傷があると、審査で不利に働いてしまうのです。

カーローン以外の借入れが多いから

カーローン審査時には、クレジットカードのキャッシング、カードローン、住宅ローンなどが借入額上限に達していないか、年収に対して合計額は返済可能かどうかも見られます。

さらに、カーローンの中には、すべてのローン借入額の上限を規定している金融機関もあります。したがって、借入れが多く規定額を超えていたり、年収から返済が難しいと判断されたりすると、審査に通るのが難しくなってしまうのです。

申告内容に虚偽があったから

審査を通過したいがために、年収や勤続年数などを偽って記載、申告するのは避けましょう。

前述したように、ローンの審査時には過去の信用情報なども確認するため、虚偽の申告はいずれ見つかります。虚偽申告は、信用度が下がり審査落ちするだけでなく、ローン会社から訴えられかねません。審査申込みの際は、正しい内容を正直に記載しましょう。

ローン審査に通らなくても新車を持てる方法とは?

カーローンの審査に通るためにできることは?

カーローンの審査に通るためにできることは?

前述したように、カーローンの審査においては、通過できる基準や落ちた場合の理由については明かされないため、絶対に審査に通る方法も存在しないといえるでしょう。しかし、審査に通らない理由を知り、その理由に対して適切に対処すれば、一度は審査に落ちたとしても再審査に通る可能性があります。

ここからは、審査や再審査に通るために何ができるのか見ていきましょう。

借入金額を下げるために頭金を用意する

借入金額と信用度が見合っていないことが理由の場合、頭金を用意することで審査通過のハードルを下げられる可能性があります。まとまった金額を先に支払えば借入希望額が少なくなり、審査対象となる金額が下げられるためです。

頭金の額は人や購入する車によって異なりますが、一般的には車両本体価格の20~30%程度が相場とされています。また、頭金によって審査のハードルを下げるだけでなく、計画的に貯蓄ができるという印象を与えて審査時にプラスとなる場合もあるでしょう。

年収とのバランスをとるためにカーローンの申込額を下げる

返済負担率

カーローンの申込額は、自身の年収に見合った額にしましょう。
カーローンの審査では、借入希望額だけでなく利用中のほかのローンやキャッシングなども含めた年間の合計返済額が、年収に対してどの程度の割合を占めるかを指す返済負担率が見られるといわれています。年収と借入額を調整しバランスをとることで返済負担率を下げることで、審査に通る可能性が高くなります。

返済負担率は、30~35%程度が目安となります。年間の返済額が目安を超えそうな場合は、購入する車のグレードを下げる、もしくは新車ではなく中古車にすることを視野に入れるのもいいでしょう。

信用度を上げるために保証人を立てる

保証人を立てると信用度が上がり、審査のハードルが下がる可能性があります。保証人とは、契約者本人が万が一返済不可能となったときに、その返済を代わりに担う方のことです。例えば、親や同居している親族、配偶者などに頼むことが多いでしょう。

ただし、保証人を立てると契約者だけでなく、保証人自身の返済能力も加味されます。収入の安定性や勤続年数の長さなど、ローン会社や金融機関から信用度が高いと判断されやすい方に依頼するのがおすすめです。

初期費用0円、月々10,000円台から好きな新車に乗れる方法はこちら

カーローンは返済の負担が重くなりがち

Q3. 月々のお支払い金額はいくらですか?

Q4. ローンのお支払額は妥当ですか?

カーローンは審査に通って終わりではなく、その後長期的に返済をしていく必要があり、実際にローンを組めた方が返済に負担を感じているケースは少なくありません。事前にローン返済のイメージができていれば、思っていたよりも返済の負担が重いという事態にはなりにくいでしょう。

そこで、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」の調査*より、実際にカーローンを組めた方が月々いくらくらい返済しているのか、また、その返済額についてどのように感じているのかご紹介します。

上の図より、カーローンの月々の返済額で最多の回答は「20,000円」、次いで「30,000円」であることがわかります。この返済額に対して、半数以上の方が「もっと少ないほうがいい」と回答しています。納得してローンを組んでも、実際に返済を続けていると思いのほか負担が大きいと感じてしまう方が多いということでしょう。

さらに、車の維持には、カーローンの返済だけでなく、税金やガソリン代、自動車の保険料などもかかります。早く完済できるよう借入期間を短くすると、月々の返済額が高くなり、ほかの維持費と合わせて車に関する支出が家計を圧迫してしまうことも否定できません。

そのため、カーローンを利用して車を購入するのが妥当な選択かどうか、申込みの前にしっかりと検討するのがおすすめです。

*定額カルモくんが2020年8月17日~9月2日に車を所有している全国の男女390人を対象として行ったインターネット調査

誰でも通るカーローンはない!ローンよりも手軽に新車を持てる方法とは

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

誰でも通るカーローンは基本的にありませんが、まとまった費用を準備できない、ローン審査に落ちてしまった、という方も車を持てる可能性はあります。初期費用0円、税金などの維持費込みの月々払いで利用できるカーリースは、手軽に車を持ちたい方から今、大きな注目を集めています。

中でも、業界最安水準の月額10,000円台から好きな新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、ローン審査に落ちた方も多数利用中で、サービス開始から5年で20万人以上が申込んだ実績のあるカーリースです。

ローン審査に通らない方が、なぜカーリースを利用できているケースが多いのか「定額カルモくん」を例にご紹介しましょう。

そもそも「カーリースとは?」はこちらで解説

カーリースの「定額カルモくん」の特徴

カーリースは、毎月一定の料金を支払うことで、好きな新車をマイカー感覚で利用できるサービスです。

定額カルモくんの月額料金の中には、車に乗り始める際に必須となる自動車税(種別割)や自賠責保険料、自動車重量税、各種手数料なども含まれています。契約期間中にかかる費用の総額を契約月数で割って月額料金が算出されるため、初期費用0円で利用できる上、毎月定額料金を支払うだけで車を持てます

さらに、定額カルモくんでは、家計にとって大きな出費となる車検代やメンテナンス費用を月額料金に含めることも可能です。車にかかる維持費の大半が定額となるので、まとまった出費の心配がなく、家計管理も楽にできます。そのため、経済的に余裕がなくても、手軽に新車を持てるのです。

誰でも通るカーローンを探している方におすすめの理由

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースもカーローンと同じく、利用の際は審査に通る必要があります。しかし、定額カルモくんはローン審査に落ちた方も利用できているケースが多く、誰でも通るカーローンを探している方も車を持てる可能性があります。

その理由のひとつは、リース料金の算出方法にあります。カーリースの月額料金は、車両本体価格から契約満了時の想定下取り額である残価を差し引いて算出されます。そのため、車両本体価格全体を支払うカーローンに比べて、審査対象となる金額を抑えやすいのが特徴です。

さらに、定額カルモくんは業界最安水準のカーリースで月額料金が安く、返済負担率を低めにできる点も、ローン審査に落ちた方が利用できる理由のひとつと考えられます。

審査に不安のある方に定額カルモくんがおすすめの理由を詳しく見る

「ローン審査に通らなかったが新車を持てた!」という方の体験談

定額カルモくんでは、カーローンの審査に通らず車が持てなかった経験のある方が多く審査に通過し、サービスを利用しています。以下は、実際に定額カルモくんを利用している方3名の声です。

Kさん(40代)
Kさん(40代)

車を購入しようとローンに申し込んだものの、過去の料金支払い忘れが影響し審査に通りませんでした。しかし、定額カルモくんに申し込んだところ無事審査に通過。欲しかった車種に新車で乗ることができて満足しています。

Kさん(60代)
Kさん(60代)

自身の状況からローン審査は難しいと思いつつも車に乗りたかったため、ダメ元で定額カルモくんに相談しました。驚いたことに審査に通過。税金などの費用もすべて込みで、毎月定額の支払いで利用できているため、安心して大好きな車に乗れています。

Iさん(30代)
Iさん(30代)

車検をきっかけに乗換えを検討しましたが、前の車を購入する際にカーローンの審査に落ちていたため、ローンでの購入は難しいと考えていました。定額カルモくんの審査にも不安がありましたが無事に通過し、毎月定額で最初から決めていた車種の新車を持てました。

このように、審査に不安を感じていた方が定額カルモくんを利用できているケースは多数あります。
「とりあえず審査を受けてみて利用するか考えたい」という方は、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。お試し審査の概要は以下のとおりです。

  • 人気の車種を仮指定し、審査に通るか試せる
  • 審査申込みは5分で完了、通常翌営業日に審査結果が届く
  • 審査に通るか確認してから車種やプランを選べる
  • 審査結果を基に、審査に通る範囲の車を案内してもらえる
  • 契約前であればキャンセル可能

ぜひ気軽に試して、どのような車を持てるか確かめてみましょう。

気軽におためし審査

カーローンを組めなくてもより手軽な方法でカーライフを始めよう

カーローンを組めなくてもより手軽な方法でカーライフを始めよう

今回ご紹介したように、誰でも通るカーローンは基本的にありません。まとまった出費を避けて月々払いで車を持つなら、カーリースという選択肢もおすすめです。

定額カルモくんは、初期費用0円、業界最安水準の月々10,000円台から好きな新車を持てる人気のカーリースです。ローン審査に落ちた方の利用実績も多く、顧客対応満足度98.9%*で利用者から高い評価を受けています。資金面や審査に不安を感じている方は、まずは利用できるか「お試し審査」で気軽に確かめてみるのがおすすめです。そして、結果を基に車種やプランを相談してみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

よくある質問

Q1:誰でも通るカーローンはある?

A:残念ながら、誰でも通ると言い切れるカーローンはありません。カーローンの中にはいくつか種類があり、種類ごとに特徴や審査の通りやすさが異なります。「銀行系カーローンよりもディーラーローンのほうが審査に通りやすい」といわれることもありますが、その半面、金利が高いなどのデメリットもあるため注意が必要です。

Q2:カーローンの審査に通らない理由は?

A:審査に落ちた場合の理由は公表されず、人によって異なりますが、借入希望額に対して年収が低い、過去に金融事故を起こしている、といった理由で審査に通らないことがあります。カーローン審査に通らない理由について詳しくはこちらで解説しています。

Q3:誰でも通るわけではないカーローンの審査のためにできることは?

A:カーローンの審査および再審査を申し込むのであれば、頭金を用意したり、車種のグレードを下げたりして借入希望額を下げること、また、保証人を立てて信用度を高めることなどで、審査に通りやすくなる場合があります。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る