カーローンは金利を比較して選びたい!カーリースとの違いも紹介

カーローンは金利を比較して選びたい!カーリースとの違いも紹介
カルモくんなら新車が

カーローンを選ぶときに重要なポイントとなるのが金利です。ローンの金利はディーラーや金融機関ごとに異なるため、金利を比較せずに安易に決めてしまうと、総支払額に大きな差が出てしまう場合があります。そこでカーローンの金利相場を、カーリースを利用した場合の違いとともに詳しくご紹介します。

カーローンの金利とは?

カーローンの金利とは?

一般的なカーローンには、大きく分けて銀行系カーローンとディーラー・信販系カーローン、そして自社カーローンの3種類があります。新車を購入する場合は、銀行系カーローンとディーラー・信販系カーローンの2つが中心になります。それぞれで金利も異なりますが、まずはそれぞれのカーローンの特徴について詳しく見ていきましょう。

銀行系カーローンとは?

銀行系カーローンというのは、メガバンクや地方銀行、ネット専業銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなど、銀行系の金融機関が貸し手となっているカーローンです。銀行系カーローンのメリットとしては、金利が低い点が挙げられます。一方、デメリットとしては審査が比較的厳しく、時間がかかる点があります。

ディーラー・信販系カーローン

ディーラー・信販系カーローンとは、ディーラー(車の販売会社)を通して信販会社のローンを利用する形式のカーローンです。メリットとしては、銀行系カーローンと比較して審査が通りやすい点や、必要な手続きをディーラーが一括して代行してくれる点などがあります。一方、デメリットとしては銀行系カーローンと比べて金利が高い点や、ローンの返済完了までは車の所有権が信販会社やディーラーにあるため、車の売却や買い替えをする際にはローンを一括返済する必要がある点などが挙げられます。

金利ではどっちがお得?

銀行系カーローンとディーラー・信販系カーローンを金利で比較した場合、どちらがお得なのでしょうか?

金利の高さで考えると、一般的に低金利なのは銀行系カーローンです。実際の金利は金融機関によって異なりますが、年1.2%~4%程度のところが多く、さらに同一金融機関で住宅ローン等の借入れがあれば金利の割引が受けられる場合があります。

一方、ディーラー・信販系カーローンの場合も、各ディーラーにより金利は違いますが、年3.5%~9%程度が標準とされています。こちらも金利優遇キャンペーンなどを活用すると、より低い金利でローンを組める場合があります。

例えば、新車購入費100万円を3年ローンで借りるとすると、銀行系カーローンの低金利2.55%で借りた場合、総返済額は103万9,779円になります。同じ条件でディーラー・信販系カーローンの金利として6%を想定すると、総返済額は109万5,174円となります。いかに金利で総支払額に差が出るかがわかります。

〈銀行系カーローンとディーラー・信販系カーローンの金利比較(総支払額)〉

返済方法金利毎月返済額総支払額
銀行系カーローン0.02552万8,883円103万9,779円
ディーラー・信販系カーローン0.063万0,421円109万5,174円
(参照:三井住友銀行「返済額試算シミュレーション」

カーローンでは金利の設定方法の確認も

カーローンでは金利の設定方法の確認も

カーローンでは、単に金利が高いか低いかだけではなく、金利の設定方法についてもよく確認しておきましょう。カーローンの金利の設定方法には、変動金利型と固定金利型の2種類があります。どちらの設定になっているかによって、実際の総支払額にも差が出てきます。

変動金利型とは?

変動金利型とは、市場の金利の動きに合わせて利率が変わる方式です。一般的な変動金利型のローンでは、半年ごとに金利が見直されます。メリットは、後に説明する固定金利型に比べると、一般的に利率が低く設定されていることです。しかし、逆に市場の金利が上昇すると利率が高くなるのがデメリットです。そのため、経済動向が下降している時期には変動金利型がおすすめです。

固定金利型とは?

固定金利型は、カーローンの返済期間中に利率を変えず、市場の金利動向の影響を受けない安定的な方式です。ただし、一般的に変動金利型と比較するとローン開始時の利率が高く設定されているため、契約時よりさらに低金利の状態が続いていく場合には、家計負担はより大きくなってしまいます。

変動金利型と固定金利型ではどっちがお得?

住宅ローンなどの長期ローンに比べて、カーローンは返済期間が4~5年と短いため、一般的には変動金利型を利用するとお得な場合が多いとされています。また、お得な金利割引のキャンペーンなどが実施されることもあるので、情報をよくチェックして契約のタイミングを検討するといいでしょう。

カーローンでは金利の返済方法も大切

カーローンの金利では、金利が高い・低いや設定の方法だけでなく、返済の方法も重要です。ローンの金利返済の方法には、一般的に「元利均等返済」「元金均等返済」「アドオン返済」の3種類がありますが、カーローンの場合には主に「元利均等返済」と「元金均等返済」が用いられます。それぞれの違いについて見ていきましょう。

元利均等返済とは?

元利均等返済とは、毎月の返済額が一定になる返済方法です。元金と利息の合計額が毎月一定なので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。ただし、ローンの支払い当初は利息返済の割合が多く、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

元金均等返済とは?

元金均等返済は、毎回返済する元金は一定で、その元金にプラスして利息を支払う返済方法です。利息は元金残高の減少に応じて少なくなるため、支払いを続けるごとに返済額も減るというのがメリットです。総支払額は元利均等返済より少なくて済みますが、ローンの支払い当初はむしろ月々の支払額が増えるというデメリットがあります。

一本化用返済方法

元利均等返済と元金均等返済ではどっちがお得?

元利均等返済と元金均等返済はどちらがお得なのかは、借入れの額や返済の年数によります。総支払額では元金均等返済がお得ですが、月々の返済額が少なくなるまでに一定の期間が必要です。一方、元利均等返済ではローン開始当初の返済額は低く抑えることができますが、総支払額は結果的に多くなります。

そのため、どちらの返済方式にするべきか、自分の経済状況や将来の支出を予測して賢く選ぶ必要があります。例えば、勤務先の業績が好調で将来的に年収のアップも期待できるとか、子供が就学するので学費を準備しておきたいなど、カーローンだけでなく家計の今後とともに検討してみるといいでしょう。

カーローンとカーリースとの比較ではどっちがお得?

カーローンとカーリースとの比較ではどっちがお得?

最後にカーローンとカーリースではどっちがお得なのかについて、考えてみましょう。カーローン同様に月々の支払いを続けながらマイカーを利用する方法として、近年カーリースが注目を集めています。カーローンとカーリースでは、金利の面ではどう違うのでしょうか?

カーリースは金利のかかる範囲が広い

カーリースの場合、具体的な金利が示されない場合が多く、単純にカーローンと比較するのは難しいのが実情です。個人向けカーリースの料金には新車登録の諸費用、契約期間中に発生する税金や自賠責保険料、車検代やメンテナンス費用が含まれているケースが多く、こうした費用にも金利はかかっています。一方、カーローンの場合は、金利がかかるのは車両価格(場合によっては新車登録諸費用も)だけなので、結果としてカーリースのほうが金利のかかる範囲は広くなります。

それでもカーリースが人気の理由は?

このように金利の面だけで考えれば、カーローンがお得に感じられます。しかし、カーリースでも「おトクにマイカー 定額カルモくん」のようにさまざまなメリットによって、結果としてよりコストを抑えられる場合があります。

〈カーリース「定額カルモくん」のメリット〉
・乗りたい新車を自由に選べる
・中古車を選択することも可能
・頭金がゼロで、ずっと月額定額
・残価(車の予想下取り価格)が本体価格から差し引かれていて、より安く利用できる
・車検代やメンテンス費用などの諸費用も込み

カーリースでは残価設定がされていれば、その分があらかじめ利用料から差し引かれるので、買い取らずに返却した場合は安くて済みます。契約期間が5年程度であれば、車検代やメンテナンス費用も安く済むといわれており、何より車検のタイミングなどでまとまったお金を用意しなくて済みます。そして、リース期間が終了すれば、別の新車をリースしてすぐ乗り換えることもできます。最終的にはカーリースはお得なシステムともいえるかもしれません。

一本化用キャンペーンバナー

よくある質問

Q1:カーローンによって金利に違いはあるの?

A:カーローンには、大きく分けると銀行系カーローンとディーラー・信販系カーローンがあり、金利にも違いがあります。銀行系カーローンは一般的に低金利で、年1.2%~4%程度のところが多く、同じ金融機関で住宅ローン等の借入れがあれば、金利の割引も受けられます。一方、ディーラー・信販系カーローンは年3.5%~9%程度、金利優遇キャンペーンなどを活用するとより低金利でローンが組めます。

Q2:固定金利型と変動金利型って何?

A:市場の金利に合わせてローンの金利も変わるのが変動金利型、変わらないのが固定金利型です。変動金利型は一般的に利率が低いというメリットがある一方、市場の金利が上昇すると利率が高くなるデメリットがあります。固定金利型は市場の金利動向の影響を受けないのがメリットですが、契約時よりさらに低金利の状態が続いていく場合は家計の負担がより大きくなるのがデメリットです。

Q3:カーローンとカーリースで金利は違うの?

A:カーリースの金利はほとんど公表されておらず、銀行系のカーローンよりは一般的に高いとされています。しかし、カーリースでは残価設定がされていれば、その分があらかじめ利用料から差し引かれるので、車を買い取らずに返却した場合は、トータルに考えればカーローンより安く済みます。

正しい知識を身につけて金利で損をしないように!

カーローンを選ぶ際に、金利は重要です。しかし、単に金利が高いか低いかだけでなく、金利の設定や返済方法など検討すべきポイントは数多くあります。また、カーローンのほかにカーリースの利用も検討するなど、自分に合ったカーライフの楽しみ方を選択してくださいね。

カルモくんなら新車が

※記事の内容は2020年3月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー