カーローンの返済額はいくら?シミュレーション活用法と返済の方法とは

カーローンの返済額はいくら?シミュレーション活用法と返済の方法とは

車の購入時にカーローンを利用した場合、一般的に月々の返済額はいくらくらいになるのでしょうか。無理のない返済金額を考えるためには、借りる金額や返済年数、金利などの情報をしっかり確認しておくことが大切です。
ここでは、返済額の決め方や返済ができなくなったときの対処法などローン返済にまつわる情報をまとめてご紹介します。

カーローンの返済額はどうやって調べるの?

カーローンを利用する際、返済額がいくらになるのかは大切な情報です。
事前に返済額を調べる方法には、2種類の方法があります。状況に合わせて使い分けましょう。

1. ネットのシミュレーションを利用する

1. ネットのシミュレーションを利用する

ディーラーや銀行のカーローンのサイトでは、返済額のシミュレーションが見られる場合が多く、いつでも好きなときに返済額の目安を確認できるので、気軽に利用できます。

また、ほとんどの場合、借入れ額と返済年数、ボーナス払いの金額、金利を入力すると、月々の支払額と支払い総額が表示されるシステムになっているので、利用したいカーローンのサイトで確認するのがおすすめです。なお、金利に幅がある場合は、なるべく高い方に合わせて算出しておくと安心です。

2. 担当者に見積もりを出してもらう

車を購入するディーラーや販売店が決まっている場合には、担当者に頼むと購入予定の車の返済シミュレーションを出してもらえます。もちろん、購入前でも見積もりを出してもらうことはできるので、複数の車で悩んでいるなどの場合には、それぞれの車を購入した場合の返済額のシミュレーションを出してもらいましょう。

ネットでおトクに新車をリース

カーローンの返済額の決めるときに大切なこと

カーローンの返済額をなんとなく決めてしまうと、後から返済に困る可能性があります。返済は数年間にわたって続くものなので、家計を圧迫することのない金額を慎重に検討することが大切です。

生活費から余裕のある金額を確認する

カーローンの返済額は、収入から生活費を引いた残りで支払える金額に抑えるのが基本です。カーローンを組む前に貯金している場合には、貯金額以下であれば、支払いに困ることはないでしょう。

ボーナス併用払いをなるべく使わない

カーローンの返済額を抑えたいときの対処法として、ボーナス併用払いがあります。ボーナス併用払いにすると、月々の負担を減らすことはできますが、ボーナスが予定より少なかったり出なかったりした場合に家計の負担になってしまうのでなるべく使わないほうがいいでしょう。

買い替え予定より長いローンを組む

車を買い換える時期が決まっている場合、それより長くローンを組むのはやめましょう。買い替える際にもローンを使用すると、二重ローンとなる可能性があるだけでなく、審査を受けるときにもあまりいい印象がありません。負担の少ない返済額を考えることは大切ですが、そのために無理な条件を設定することのないように気をつけましょう。

カーローン以外の支出も考えておこう

カーローン以外の支出も考えておこう

カーローンを組むときは、ローンの返済額以外の支出や収入減についても注意しなければいけません。予定外の支出や収入の減少によって返済が滞ってしまわないように、返済期間中の資金計画について考えておきましょう。カーローンを組むときに意識しておきたい支出には、次のようなものがあります。

・車の維持費
車の維持費には、ガソリン代、駐車場代、税金、車検費用、メンテナンス費用、自賠責保険料、任意保険料などがあります。車種が変わると金額が変わることもあるので、必要な金額や時期を調べておくと安心です。

・教育費
カーローン返済中に子どもの進学や進級、習い事、部活などにかかる費用を試算しておきましょう。

・出産
子どもを希望している場合、出産や育児にかかる費用に加えて、産休や育休中の収入減についても考えておかなくてはいけません。

・車の買い替え
次の車をいつ買い替えるつもりなのかは、購入時にあらかじめ考えておいた方がいいでしょう。車の買い替えには、諸費用や頭金が必要になります。ローンの完済前に車の買い替えを希望している人は、残債が出てしまった場合の対処法も検討しておかなければいけません。

・異動や転職
これは支出ではありませんが、異動や転職によって収入が大きく減少する可能性もあるため、考慮しておく必要があります。とくに今後働き方が変わる可能性がある方は、多少給与の変動があっても返せる程度の返済額にとどめておく必要があります。

カーローンの返済に困ったらどうすればいい?

十分に考えて組んだカーローンでも、長い返済期間の間には、返済が困難になることがあるかもしれません。そこで、返済に困った時の4つの対処法をご紹介します。

1. 借り換えを検討する

カーローンの借り換えをして、返済期間を延ばしたりボーナス払いを併用したりすることで、月々の返済額を軽減する方法です。ただし、返済額が延びるということは、それだけ多くの金利を支払うことでもあり、次の車の買い替え時に負担となる可能性もあります。

2. クレジットカードを活用する

一時的な支出などのために支払いが厳しい場合には、生活費をクレジットカードで支払って、返済のための現金を確保するという方法もあります。ただし、これは生活費の支払いを先延ばしにしているだけなので、翌月の収入に余裕がある場合しか使えません。また、クレジットカードのリボ払いや3回以上の分割払いを利用すると、カーローン以上の金利がかかってしまいます。利息のかからない、一括払いや二回払い、ボーナス払いのいずれかを利用するようにしましょう。

3. 臨時収入を得る

アルバイトや不用品の売却で一時的な金欠をしのぐ方法もあります。短期的な支払い困難であれば、即日給料がもらえるアルバイトや、フリマアプリを活用することで回避できるでしょう。

4. 車を売却する

どうしても返済が困難になってしまったときは、車を手放す選択肢もあります。ただし、車を売却したからといって、残債がすべて返せるとは限りません。また、ディーラーローンなどで自分名義でない車の場合、自由に売却ができないこともあります。売却を検討するのであれば、車検証の名義を確認しておきましょう。

ローンを組むのが不安ならカーリースがおすすめ

ローンを組むのが不安ならカーリースがおすすめ

カーローンを組むのが不安な人には、定額制で利用できるカーリースがおすすめです。ここでは、カーリースの特徴に加えて、おトクにマイカー 定額カルモくんのサービスについて見ていきましょう。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースってどんなサービス?

カーリースは、月々定額でマイカーのように車に乗れるサービスです。レンタカーやカーシェアとは違って自宅などに車を置いて好きな時に利用できるので、ストレスや手間もありません。その上、頭金不要、ボーナス払いなし、税金や自賠責保険料、車検の際の法定費用もすべて月額料金に含まれているので、車に関する費用をまとめられます。契約期間は、1~9年前後の場合が多く、都合に合わせて選べます。また、ローンと同様に、契約期間が長くなればなるほど、月々の支払額は低くなります。

まずは審査

カーリースなら定額カルモくんで決まり!

カーリースは長期的に車を借りる方法なので、契約期間が終了した後は車を返却するだけで手続きが完了します。このように、通常カーリースは将来的に車を自分のものにしたいという方には不向きですが、定額カルモくんでは月額500円(税込)の乗り放題オプションをつければ、契約期間終了後にそれまで乗っていたリース車をもらうことができます。もちろん、追加の費用はありません。

さらに、定額カルモくんは1年から最長11年までの幅広い契約期間の中から好きな期間が選択できるので、長期契約で月額の費用負担を減らしたい方にもぴったりです。

無理のない範囲で返済額を考えよう

カーローンの返済額は無理のない範囲で組むのが基本です。返済期間中の収入減や予定外の支出にも対応できる金額に収めておきましょう。また、返済が厳しくなったときのための対処法も考えておくと安心です。毎月定額で車に乗れるカーリースという方法についても検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:カーローンの返済額はどうやって計算するの?

A:返済額は借入れ額と借入れ期間、利率によって変わります。実際の返済額は、ネット上の返済シミュレーションで簡単に調べられるので、ローンの比較や利用前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

Q2:負担の少ない返済額の決め方は?

A:カーローンの返済額は、収入から生活費を引いた金額以下にしておくのが安心です。毎月お金が余らないという場合は、毎月の生活費の中から支払うことができる金額を目安にしてください。なお、返済額を後から減らすのは難しいので、最初から無理のない金額にしておきましょう。

Q3:返済に困ったらどうすればいい?

A:カーローンの返済が苦しくなったら、まずは生活費などの支出を見直しましょう。また、一時的な問題の場合は、不用品を売ったりアルバイトをしたりしてしのぐ方法もありますが、それでも難しい場合はローンの借り換えや車の売却をすることになるでしょう。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr