ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

安い車ローンを探している人必見!月々の支払いを抑えて車に乗る方法

安い車ローンを探している人必見!月々の支払いを抑えて車に乗る方法
安い車ローンを探している人必見!月々の支払いを抑えて車に乗る方法
貯金ゼロでも

どうせ車に乗るなら、できるだけ費用を抑えて安く乗りたいと思うのは当然のことでしょう。特にカーローンを組む場合は、購入時の頭金の支払いだけでなく、継続して返済をしていくことになりますから、利子のことや維持費のことを考えても、月々の返済額や費用負担は少ないに越したことはありません。
そこで、できるだけ安くローンを組んで車に乗るためにはどうすればいいのか、また、月々決まった金額を支払うだけで車に乗れるお得な方法について、ご説明します。

安い車ローンって?

安い車ローンって?

いくらローンを組むのかは、それぞれの人の資金状況によりますから、安い、高い、ということはありません。それでは、「安い車ローン」とは何かというと、「金利が低くてお値打ちなローン」ということになります。

仮に、年利2.0%で200万円を1年間借りた場合、かかる利息は4万円です。これが、年利10%になった場合は、利息は20万円と、16万円もの差が出てしまうのです。実際の金利の計算はもう少し複雑ですが、カーローンを組むときに金利を重視する必要があるということはわかっていただけると思います。

それでは、どんなローンを組めば、安く車に乗ることができるのでしょうか。車を買うときに利用できる2種類のローンについてご説明します。

ディーラーローン

ディーラーローンとは、車を販売しているディーラーが信販会社と提携して行っているローンのことです。トヨタやホンダといった車メーカーにもディーラーローンがありますし、それ以外の、中古車販売などを行っている販売店でもディーラーローンが取り扱われています。

ディーラーローンの特徴として、「同じ車を買っても、どこの販売店から買うかによって金利が違う」という点があります。一般に、中古車のディーラーローンの方が金利は高めですが、新車のディーラーローンであっても、どこの取扱店で買うかによってローンの金利が変わることがあります。事前に金利を問い合わせてから契約を進めることをおすすめします。

銀行のマイカーローン

銀行のマイカーローンには、ディーラーローンに比べて金利が低めに設定されているケースが多いという特徴があります。そのため、少しでも低い金利でローンを組みたい人は、銀行のローンを利用しましょう。ただし、銀行のマイカーローンの金利も、それぞれの銀行によって大きく異なります。住宅ローンを利用している人に優遇金利でローンを組ませてくれるといった優遇措置を用意している銀行もあるので、すでに口座を持っている銀行の金利や制度を調べてみましょう。

ただし、銀行のマイカーローンは、ディーラーローンに比べて審査がきびしい傾向があります。審査に通るか不安がある人は、ほかの借金を返す、頭金を多めにするといった工夫をしましょう。

キャンペーン準備中

車ローンのいろいろな使い道

マイカーローンは車を購入するために使うものだと思われがちですが、実はカー用品の購入や免許取得、車検などといった車に関わるさまざまな用途に使うことができます。ローン会社によって利用できる用途は異なりますが、ここでは一般的にあげられるマイカーローンの使い道について見ていきましょう。

1. 車の購入

マイカーローンの用途として基本となるのは、この車自体の購入です。車両価格は大きな金額が必要となるので、ローンを利用することで一括購入が難しい場合でも、月々の返済で無理なく車を購入することができます。

2. カー用品の購入

車の購入の際に一緒に検討することの多いカーナビやETC車載器などのカー用品にも、マイカーローンを使用することができます。別途ローンを組まなくても、月々の支払いに組み込むことができるので、複数のローンを組む必要もありません。

3. 免許取得

車の購入の際に必須となる運転免許ですが、運転免許を取得するためにかかる費用は一般的に35万円前後となります。そのため、すぐに費用を用意するのが難しいという場合もマイカーローンを利用することで、必要なタイミングで免許を取得することができます。

4. 点検・車検

車の維持費の中でも大きな出費となる点検や車検費用にもマイカーローンを利用することができます。クレジットカードなどで車検費用を支払うことができる場合もありますが、生活費などとは別で支払いたいというときにも便利です。

5. 車庫建設

自宅の敷地内などに車庫を建設する際の費用にもマイカーローンを利用することができます。なお、車の購入も合わせてマイカーローンを組む場合には、建設費用の見積りをとった後にローン申込みを行うのがおすすめです。

安い自動車ローン選びのポイントは?

自動車ローンには、銀行やディーラーなどさまざまな種類がありますが、それぞれのローンによって金利や審査期間なども異なります。そこで、車のローン選びのポイントについてご紹介します。

低金利のマイカーローンを選ぶ

マイカーローンを選ぶ際に、ディーラーローンと銀行のマイカーローンのどちらにするか悩む方も多いでしょう。
ディーラーローンは審査が早く、ディーラーで購入時にそのまま手続きが行えるという手軽さもありますが、その一方で金利が高いというデメリットもあります。
また、銀行のマイカーローンの場合は、審査に時間は要しますが、用途が幅広く、車種が決まる前から申し込みをすることができます。ほかにも金利が安いというメリットがあるので、支払総額を少しでも抑えたいという方には銀行のマイカーローンがおすすめです。

金利の種類にも注目する

ローン金利には、固定金利と変動金利の2種類があります。どちらを選ぶかによっても返済額に影響があるため、それぞれの特性を理解した上で選ぶことが大切です。

・固定金利
固定金利の場合、返済期間中の金利が一定で変わることがありません。そのため、景気の影響を受けることがなく、家計管理もしやすいという特徴があります。しかしながら、経済状況によっては変動金利よりも利率が高くなることもあります。

・変動金利
変動金利は、固定金利と反対に景気に合わせて金利が変動するものです。半年ごとに金利の見直しが行われ、経済状況によっては固定金利よりも低い金利になる場合があります。

できるだけ借入額を少なくする

ローンを組む金額が大きくなるほど、借入期間も長くなる傾向があります。また、借入期間が長くなるほど利息がかかるため支払総額が多くなるので、できるだけ借入額を少なくすることもローンを安く利用する上で重要となります。

マイカーローンだけじゃない車の買い方、残価設定型ローンに注意

銀行のマイカーローンやディーラーローンでは、通常通りフルローンを組む方法のほか、「残価設定型ローン」という組み方をすることもできます。

残価設定型ローンとは、最初に一定期間後の車の価値を設定し、その分を含めない金額についてのみローンを組むという方法です。通常通り返済を行い、一定期間経過後は、「そのまま車に乗り続ける」か、「車を乗り換える」か選択することになります。

銀行が行っている残価設定型ローンでは、買取保証がつかない場合が多く、車の名義も購入者本人になります。そのため、一定期間経過後に期待通りの金額で車が売れなかった場合は、負債を抱えることになってしまいます。

一方、ディーラーローンの場合は、一定期間経過後には車をディーラーに返すか、残債を支払って車を買い取るか、新たに残債分についてローンを組むかの3つの選択肢から希望の方法を選ぶことができます。ただし、新たにローンを組むと金利が高くなってしまう、走行距離が多かったり傷がついていたりするとその分の支払いを求められる、といった問題もあります。

残価設定型ローンには、負担を減らして車に乗れる、乗り換えが容易、といったメリットがありますが、デメリットや注意点もあるため、十分に内容を理解した上で契約をする必要があります。

このようなデメリットを回避した上で、少ない負担で簡単に乗り換えられるというメリットだけを利用したい場合は、カーリースが便利です。

カーリースは維持費もコミコミで安い

カーローンを利用した場合は、月々の返済額のほかに、毎年の自動車税(種別割)や自賠責保険、任意保険の保険料、車検費用、タイヤのメンテナンス費用といった維持費がかかってきます。もちろん、駐車場代やガソリン代、高速代も必要です。

こうした費用のうち、税金や保険料、車検費用、メンテナンス費用といった、誰にでも必要となる費用をコミで利用できるのが、カーリースです。カーリースとは、リース会社から一定期間車をリースするというものです。短期間のみ車を借りるレンタカーとは違い、いちいち車を返す必要がなく、契約期間中は手元に置いておけるというメリットがあります。

車にかかるさまざまな維持費のうち、どれがカーリースの費用に含まれるのかは、契約の仕方やリース会社によって異なりますが、多くの場合、ほとんどの維持費をコミにできるプランが用意されています。

カルモくんなら新車が

さらに、ローンを組む際は頭金を入れるかどうかという問題がありますが、カーリースではそのような初期費用は不要です。車を買う際に必要になる環境性能割などの諸費用も必要なく、最初から月額の利用料だけで車に乗れるため、負担を大幅に軽減できます。

また、最初に設定したリース期間終了後は、再度同じ車でリース契約を結ぶこともできれば、まったく別の車に乗り換えることも、カーリース自体をやめることも、なんの制限もなく行うことができます。売却額がいくらになるかヒヤヒヤしたり、面倒な売却手続きを踏んだり、新たな車を買うためのお金を用意したりする必要はありません。

カーリースなら定額カルモくんがおすすめ!

カルモくん_new

定額カルモくんは、「おトクにマイカー 」をキーワードに展開しているオンラインカーリースサービスです。ほかのカーリース会社同様、定額カルモくんにも車検費用や税金がすべてコミになったメンテナンスプランが用意されていますし、メンテナンスプランに申し込まなかったとしても、自賠責保険や各種税金、新車登録手数料、ディーラーの無料点検サービス、仲介手数料、お客様サポートといった基本的な費用は無料です。

一方、メンテナンスプランには、内容が充実しているゴールドメンテプランと、手軽なシルバーメンテプランなど充実したメンテナンスプランから選ぶことができます。月額料金と内容のバランスを見てプランを選択できるため、希望に合わせた使い方が可能です。

キャンペーン準備中

そのほかの定額カルモくんならではのメリットには、次のような点が挙げられます。

・最長11年のリース期間設定が可能
リース期間は、1年から11年までの幅広い選択肢の中から、希望に合わせて選べます。同じ車種であっても、リース期間が長くなればなるほど月額利用料金を抑えることができるため、安く車に乗りたい人にぴったりです。一方、短期間のリースは、常に新しい車種に乗りたい人や、定期的に家族構成に合わせて車を乗り換えたい人などにおすすめです。

・オンラインと郵送で自宅にいながらにして契約完了
定額カルモくんでは、スマートフォンから気軽に車を検索したり、申し込みをしたりすることができます。事前見積もりは個人情報を入力しなくてもできるため、月額費用がいくらなのかも気軽に調べられます。契約も郵送で完了し、車自体はディーラーが届けてくれるので、わざわざ店舗に出向く手間もありません。

・国産車全車種から選択可能
定額カルモくんでは、常にすべての国産車の車種を取り扱っていますから、希望の車がないという心配は無用です。リーズナブルな軽自動車から高級車まで、希望の車を希望の期間だけ、手軽に乗れるというのは定額カルモくんの大きなメリットです。

・契約期間終了で車がそのままマイカーに!
定額カルモくんでは、車種と契約年数次第では、契約終了後に車をそのままもらえるオプションプラン「もらえるオプション」をご用意しています。自分の車にしたいという方には、このプランがおすすめです。

手頃な利率のローンで車を買いたいならマイカーローン、手軽に車に乗りたいならカーリース

安いカーローンを利用したいのであれば、銀行系マイカーローンの中から、利率の低いものを選びましょう。一方、維持費なども含めたコストや初期費用を抑え、手軽に車に乗りたいという場合はカーリースがおすすめです。定額カルモくんのカーリースは選択肢の幅が広いため、希望に合わせた乗り方を選ぶことができますよ!

よくある質問

Q1:安い車ローンって?

A:安い車ローンを選ぶ上で重要となるのが金利です。ローンの種類によって、金利の高低や種類が異なるため、それぞれの金利の特性を理解しておくことが大切です。また、ローンを組む前にしっかりとシミュレーションしておくと安心です。

Q2:車のローンにはどんなものがあるの?

A:車のローンには、大きく分けてディーラーローンと銀行のマイカーローンがあります。ディーラーローンは審査が早く購入時の手続きもスムーズな一方で、金利が高いという特徴があります。また、銀行のマイカーローンは審査に時間がかかりますが、金利が安く用途が幅広いというメリットを得られます。

Q3:固定金利と変動金利の違いは?

A:金利は経済状況に影響を受けない固定金利と、影響を受ける変動金利があります。返済期間中の金利が一定となる固定金利は、支払額も一定となるため家計管理がしやすいというメリットがありますが、経済状況によっては変動金利の方が、利率が低くなることもあります。

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー