ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

月々1万円で車に乗れる方法のデメリットは?解決策や安い本当の理由を紹介

月々1万円で車に乗れる方法のデメリットは?解決策や安い本当の理由を紹介
月々1万円で車に乗れる方法のデメリットは?解決策や安い本当の理由を紹介
貯金ゼロでも

月々1万円台から車に乗れる方法として話題のカーリースですが、デメリットがあるという声を耳にすることもあります。いったい、どのようなデメリットなのか、デメリットを抑える方法はないのか、気になるところではないでしょうか。

そこで、月々1万円台で車に乗れる理由と併せて何がデメリットといわれているのかを解説。また、デメリットの解決法についてもご紹介します。

月々1万円台で新車に乗れる本当の理由を先に知りたい方はこちら

  • 月々1万円台で新車に乗れる方法のデメリットは会社やプラン選びで解決可能
  • 月々1万円台で新車に乗れる理由を知ることで安心してお得な選択ができる
  • 月々1万円台で新車に乗れるだけでなく維持費もまかなえる会社もある

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット1. 月々の1万円以外に費用がかかる

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット1. 月々の1万円以外に費用がかかる

まず、カーリースのデメリットとしてよく取り上げられるのが、月々の料金以外に費用がかかるということです。月額料金が1万円台とうたわれていても、実は数万円のボーナス払いが年2回あったり、契約時に頭金が必要になったりすることもあるので注意が必要です。

また、カーリースでは月額料金以外にも維持費として、車の整備・修理のためのメンテナンス費用や、燃料費、駐車場代、任意保険料などがかかります。

ちなみに、カーリースの月額料金には各種税金や自賠責保険料が含まれているのが一般的ですが、カーリース会社によっては格安の月額料金を設定している代わりに、自賠責保険料などが含まれていない場合もあるので確認したほうがいいでしょう。

デメリットの解決策

このデメリットの解決策として、まずボーナス払いや頭金が不要のカーリースを選ぶことが挙げられます。また、月額料金に含まれている内容をきちんと確認して、各種税金や自賠責保険料など、含まれている項目の多いカーリースを選ぶことも大切です。

さらに、メンテナンス費用を月額料金に含められるプランのあるリース会社なら、月額料金以外にかかる費用を、燃料費、駐車場代、任意保険料だけにすることもできます

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット2. 利用に制限がある

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット2. 利用に制限がある

利用にいろいろな制限があるということも、月々1万円台で車に乗れるカーリースのデメリットとしてよく取り上げられます。制限とは、具体的には次のようなものです。

走行距離制限

カーリースでは、「ひと月あたり○kmまで」といった走行距離制限が設けられているのが一般的です。カーリースの月額料金は、車両本体価格から契約満了時の車の下取り想定価格である「残価」を差し引いた上で算出されます。走行距離制限は、この残価を担保するためのものですが、制限距離をオーバーすると超過分の追加料金が発生することがあります。

カスタマイズの制限

カーリースでは、契約満了時に原状回復の義務があるため、元に戻せないようなカスタマイズは原則禁じられています。元に戻せるカスタマイズなら可能ですが、車の返却時に原状回復費用がかかります。

メンテナンスの制約

カーリース会社によっては3ヵ月ごと、6ヵ月ごとなど、契約で定められたサイクルで定期的に点検を行う必要があり、プランによってはその都度自分で費用を支払わなければなりません

デメリットの解決策

カーリースは、上で挙げたような制限がある会社ばかりではありません。走行距離制限をなしにできるところや定期的な点検の義務が設けられていないところもあります。またカスタマイズしたいという方なら、契約満了時にそのまま車がもらえるプランがあるカーリースを選べば、自由なカスタマイズが可能になります。

そもそも走行距離制限はあっても、普通の乗り方なら十分な距離が設定されている場合も多いので、車に乗る距離や頻度などを考えて、自分の使い方に合うカーリースを選ぶといいでしょう。

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット3. 途中で解約できない

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット3. 途中で解約できない

契約期間の途中で解約ができないことも、月々1万円台で車に乗れるカーリースのデメリットといわれています。中途解約ができない理由は、契約時に残価設定を行い契約月数に応じて月額料金を定めているためです。

そのため、もし契約期間中に車が必要なくなったとしても、基本的に解約は認めてもらえません。事故で車が使用不可能になるなど、やむをえない場合には認められることもありますが、違約金を請求されるケースがほとんどです。

デメリットの解決策

中途解約のリスクを回避するには、まずどのくらいの期間車が必要なのか、契約前にしっかりと検討することが大切です。その上で必要な年数で契約がしやすいように、1年ごとに契約年数を選べるカーリース会社にするのがいいでしょう。

また、カーリースに特化した自動車保険に加入しておけば、万が一全損事故を起こして中途解約となってしまった場合でも、解約金が補償されるので安心といえます。

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット4. 契約満了時に高額な費用を請求される

月々1万円台で車に乗る方法のデメリット4. 契約満了時に高額な費用を請求される

先ほど述べたように、カーリースでは契約の際に契約満了時の車の下取り想定価格である「残価」を設定しますが、返却時の車の状態があらかじめ設定した残価を下回ってしまうと、その差額を請求されることがあります

これを「残価精算」といって、請求額が高額になることもありうることから、月々1万円台で車に乗れるカーリースのデメリットといわれることがあります。

デメリットの解決策

カーリースの契約方式には、残価精算のある「オープンエンド方式」と残価精算のない「クローズドエンド方式」の2種類がありますが、デメリットと考えられているのは、オープンエンド方式をとっているカーリースの場合です。

残価精算のないクローズドエンド方式のカーリースを選べば、契約満了時に高額な費用を請求されることがないので、最後まで安心して利用できるでしょう。

月々1万円台で車に乗れる方法のデメリット5. 審査を受けなければ利用できない

月々1万円台で車に乗れる方法のデメリット5. 審査を受けなければ利用できない

カーリースでは契約期間中、毎月定額の料金を支払い続ける必要があります。また、カーリース会社は契約者に代わって新車を購入しているため、途中で料金が回収できなくなるリスクは極力避けなければなりません。

そのため、契約者に十分な支払い能力があるかを確認する審査を設けています。この審査がデメリットといわれることがあります。

デメリットの解決策

カーリースの審査基準は会社によって異なりますが、基本的には年収やそのほかの借入れ状況なども踏まえて、利用料金を問題なく支払えるかどうかを確認されます。そのため、利用料金の安いカーリース会社を選べば、年間支払額がそれだけ安くなるため、審査に通る可能性を高められるでしょう。

カーリースの定額カルモくんには、審査に通るか先に確認できる「お試し審査」があります。審査に通っても契約にはならないため、先にお試し審査で結果を確認してから、利用するかどうかを考えることも可能です。このような方法も上手に活用することで、デメリットを簡単に解決できるでしょう。

月々1万円台で車に乗れる方法の本当のところ

月々1万円台で車に乗れる方法の本当のところ

月々1万円台で車に乗れることから人気を集めているカーリースですが、なぜそのようなことが可能なのでしょうか。ここでは、カーリースのサービス内容と併せて月々1万円台で車に乗れる理由を見ていきましょう。

月々1万円台で車に乗れるしくみ

車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図
車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図

カーリースが月々1万円台からという手頃な料金で利用できる大きな理由は、残価設定による料金の算出方法にあります。例えば、車両本体価格200万円の車を購入して乗る場合、全額の200万円を支払わなければなりません。

一方で、カーリースの場合は車両本体価格から残価を差し引いた金額で利用することが可能です。そのため、まったく同じ車に乗ったとしても、カーリースのほうが負担する車両本体価格が安くなります
また、カーリースは契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるという特徴があります。長い年数で契約できるカーリース会社なら、月々の料金はさらに安くなるでしょう。

月々の1万円台に含まれる費用

月々1万円台の本当のところを知るためには、カーリースの利用料金にどのような費用が含まれているのかも知っておく必要があります。「おトクにマイカー 定額カルモくん」の場合を例に見てみましょう。
月々1万円台の料金に含まれる費用は以下のとおりです。

  • 車両本体価格(残価を差し引いた価格)
  • 自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 自賠責保険料
  • 自動車リサイクル料
  • 納車陸送費
  • 保証料
  • 車庫証明代行費用
  • 登録時手数料
  • 納車時整備費用
  • 仲介手数料 など

カーリースでは、これらの総額を契約月数で割ることによって、毎月の料金が決められています。月々1万円台でこれだけの費用をまかなえるのは、カーリースのメリットといえるでしょう。

また、多くのカーリースではオプションサービスとしてメンテナンスプランが用意されています。メンテナンスプランを利用すれば、毎月の定額料金に車検代や定期的なメンテナンスにかかる費用も含めることが可能です。

月々1万円台で乗れる車

月々1万円台で乗れる車には、どのようなものがあるのでしょうか。ここからは、定額カルモくんの場合を例に月々1万円台で乗れる人気の5車種を見ていきましょう。

ホンダ「N BOX」

N-BOX

この数年、日本で最も売れている車といわれているのが、ホンダ「N BOX」です。ファミリー層にはうれしい車内空間の広さや、シンプルかつ個性的なデザイン、背の高さを感じさせない安定感のある走りなどで高い支持を集めています。

走行性能と低燃費の両立や、安全運転支援システム「Honda SENSING」の標準装備など、魅力がたっぷり詰まった一台といえるでしょう。車両本体価格142万8,900円からのホンダ「N BOX」に、定額カルモくんなら月々 18,100 円から乗ることが可能です。

ホンダ「N BOX」についてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ「ハスラー」

ハスラー

2014年に登場したスズキ「ハスラー」は、軽クロスオーバーというジャンルを開拓したモデルとして知られています。軽ワゴンならではの広い車内空間と、SUV特有の優れた走破性能を持ち合わせており、2020年に発売された現行モデルも初代に続いて大ヒット。

初代のコンセプトや個性的な外観などはそのままに、使い勝手の向上や先進安全性能の充実などが図られています。車両本体価格128万400円からのスズキ「ハスラー」に、定額カルモくんなら月々 17,220 円から乗ることが可能です。

スズキ「ハスラー」についてもっと詳しく知りたい方はこちら

ダイハツ「ミライース」

ミライース

ダイハツ「ミライース」は低燃費、低価格、省資源を追求した「第3のエコカー」として、2011年に登場。それ以来価格の安さにもかかわらず、燃費性能の高さや充実した安全性能を備えていることから、女性や高齢者も含めた幅広い層から高い人気を集めています。

車両本体価格86万200円からのダイハツ「ミライース」に、定額カルモくんなら月々 11,390 円から乗ることが可能です。また、メンテナンスプランをつけても月々1万円台で収まります。

ダイハツ「ミライース」ついてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ「アルトラパン」

軽自動車のスタンダードであるスズキ「アルト」をベースに、女性ユーザーを意識して開発されたのが「アルトラパン」。「まるしかくい」ともいえるこぢんまりとしたボディに、かわいらしい丸目のライト、自分の部屋のようにくつろげる収納の多いインテリアなど、キュートな魅力にあふれています。

車両本体価格121万円からのスズキ「アルトラパン」に、定額カルモくんなら月々 17,220 円から乗ることが可能です。

スズキ「アルトラパン」ついてもっと詳しく知りたい方はこちら

月々1万円台の車に向いている方・向いていない方

月々1万円台で車に乗れるカーリースは、以下のような方が向いているといえるでしょう。

  • 初期費用をかけずに手頃な料金で車に乗りたい方
  • 車の維持費も含めて月々の支払いを一定にしたい方
  • 短期間で車を乗り換えたい方

一方で、自分の車を持ちたい方や自由にカスタマイズを楽しみたい方などは、月々1万円台のカーリースには不向きかもしれません。ただし、いずれも車をもらえるプランがあるカーリース会社を選ぶことで、それらの希望を叶えることは可能です。

月々1万円台の車にはメリットも豊富

月々1万円台の車にはメリットも豊富

カーリースにはいくつかのデメリットがありますが、いずれも工夫次第で解決することが可能です。また、デメリット以上にメリットが多いのもカーリースの特徴といえます。ここでは、カーリースのメリットについてご紹介します。

初期費用不要で新車に乗れる

車を購入する際は、車両本体価格に加えて頭金や登録のための諸費用などが必要になります。しかし、カーリースではそれらの費用が月額料金に含まれているので、初期費用0円で新車に乗り始めることが可能です。たとえ貯金が0円でも気軽に始められるので、お財布に優しいサービスといえるでしょう。

また、選べる車種も豊富で、レンタカーやカーシェアリングのように乗れる車種が限定されることはありません。マイカーを購入するときと同じように車選びを楽しめる点もメリットです。

支出の変動が少ないから家計管理も楽

ローンを組んで車を購入した場合、月々の返済に加えて、毎年発生する税金や2年に1回の車検費用、不具合が起こったときの修理・メンテナンス費用など、車を維持するためにさまざまな出費が発生します。

一方で、カーリースの場合は、毎月の定額料金に各種税金や自賠責保険料が含まれている上、メンテナンスプランをつければ車検費用やメンテナンス費用も定額化することが可能です。車に関する出費のほとんどを月額料金だけでまかなえるため、家計の管理が簡単になります。

メンテナンスもお任せできる

メンテナンスプランに加入することで、費用面だけでなくあらゆる手間を省ける点もカーリースのメリットです。例えば、車検の時期が近づくとお知らせをしてくれたり、全国の大手事業者で車検やメンテナンスを受けられたりなど、忙しい毎日をサポートしてくれるサービスも豊富にあるため、ストレスのないカーライフを送ることができます。

何でも気軽に相談できる

カーリース会社によっては、電話やメール、LINEで問い合わせができる窓口を設けており、カーリースのしくみや契約に関することだけでなく、車の扱い方なども幅広く相談することが可能です。

自身で車を購入した場合は、何か困ったことが起きてもすべて自己解決しなければなりませんが、相談窓口を設けているカーリース会社を選べば困ったことが起きてもすぐに相談できるため、車にあまり詳しくない方でも安心してカーライフを送ることができるでしょう。

契約満了時は車を返却するだけ

自身で車を購入した場合、車が必要なくなったら売却や廃車の手続きをしなければならず、仕事などで忙しい方にとっては非常に大きな手間となります。

一方で、カーリースの場合は契約期間が終了したら車を返却するだけで済みます。乗り始めだけでなく、乗り終わりも手間がかからないので、最初から最後まで気楽に利用できます。

月々1万円台で新車に乗っている方は年々増えている

契約者増加のグラフ21年版

日本自動車リース協会連合会の統計によると、個人向けリース車両の保有台数は2011年に約11万台だったのに対し、2021年は約44万台と急激に増加しています。

なかでも、カーリースの定額カルモくんは多くの方から人気を集めており、上のグラフと同様に利用者数も年々増加傾向です。なぜ定額カルモくんが支持されているのか、その理由を見ていきましょう。

定額カルモくんが人気の理由

定額カルモくんは業界最安水準の月額料金で利用でき、頭金やボーナス払いも必要ありません。また、オプションのメンテナンスプランも充実しており、月額料金に各種税金や自賠責保険料だけでなく、車検やメンテナンスにかかる費用も含めることが可能です。

さらに、契約期間は1~11年のあいだで1年ごとに選ぶことができるため、中途解約のリスクも最小限に抑えることができます。

契約期間7年以上の場合は走行距離制限がなくなり、契約満了時にそのまま車をもらえるオプションがあるのも人気の理由でしょう。いずれはマイカーになるため、自由なカスタマイズを楽しむことができます。そして契約方式は、残価精算のない安心のクローズドエンド方式です。

このように、定額カルモくんにはカーリースのデメリットを解決できるさまざまな独自サービスがそろっているため、多くの方から支持を集めています。

「本当に月々1万円台で新車に……。カーリースは安いですね」利用者の声

利用者Yさん

Yさん40代。静岡県在住のタクシー運転手。定額カルモくんで11年契約中。

最初は月1万円台で新車に乗れて、しかも車検の面倒も見てくれるなんて、そんなうまい話はないだろうと思っていたんですが、今では定額カルモくんを利用して新車の「ミライース」に乗っています

カルモくんに決めたのは、やっぱり安いから、これに尽きますね。最初に頭金のような出費がないのも助かりましたし、メンテナンスプランをつけても想定範囲内で収まりました。相談窓口などのサポートがしっかりしているところも安心ですね。

カルモが人気の理由

上手に選べば月々1万円台でデメリットの心配なく新車に乗れる

カルモくんスタッフ

カーリースにはいくつかデメリットとして挙げられていることがありますが、カーリース会社やプランを上手に選びさえすれば、デメリットを解決してお得に新車に乗ることが可能です。

さらに、業界最安水準の定額カルモくんなら、カーリースのデメリットを解決できる独自プランが豊富にそろっているため、「カーリースのおいしいとこどり」ができるでしょう。

車の知識が豊富な専任のマイカーコンシェルジュも常駐しており、契約前からいつでも無料で相談できるので、何か疑問や不安に思うことがある方は、今すぐ連絡してみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

よくある質問

Q1:月々1万円台で車に乗る方法にはどのようなデメリットがある?

A:カーリースは月々1万円台で車に乗れることから人気のサービスですが、月々の1万円以外にも費用がかかる、走行距離やカスタマイズなどに制限がある、中途解約ができないなどのデメリットがあるといわれています。しかし、こうしたデメリットは、カーリース会社やプランを上手に選びさえすれば解決可能です。

Q2:どうして月々1万円台で新車に乗れるの?

A:カーリースでは、車両本体価格から契約満了時の車の下取り想定価格である「残価」を差し引いた上で月額料金を算出しています。そのため、実際の車両本体価格よりもお得な金額で新車に乗ることが可能です。また、契約期間が長くなればなるほど月額料金が安くなるのも月々1万円台で車に乗れる理由であり、カーリースのメリットです。

Q3:デメリットを抑えて月々1万円台で車に乗るには?

A:定額カルモくんなら、走行距離制限なし(契約期間7年以上の場合)、残価精算なし、1年単位で契約可能など、カーリースのデメリットを解決できる独自サービスが豊富にそろっています。また頭金・ボーナス払いなしで、業界最安水準の月額料金で国産メーカー全車種・全グレードの新車を利用でき、月々1万円台で利用できる車種も数多く用意されています。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
高コスパ