ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

トヨタ「シエンタ」の旧型はどのような車だったのか

トヨタの車シエンタの旧型について解説する記事であることを示す画像
トヨタの車シエンタの旧型について解説する記事であることを示す画像

トヨタの「シエンタ」は2003年、ファミリー向けのミニバンとして発売されました。

その後、2015年にフルモデルチェンジされ、さらに2022年にもモデルチェンジされました。シエンタの「旧型」という場合、2003年発売のモデルまたは2015年にフルモデルチェンジされたモデルを指します。

ここでは、旧型シエンタの特徴や魅力について解説していきましょう。

  • トヨタ「シエンタ」は2003年に発売されて以来のロングセラー
  • シエンタ旧型は初代シエンタと2代目のシエンタを指す
  • 2015年発売のシエンタ旧型からはハイブリッドモデルがある

シエンタ旧型の特徴

2003年に登場したシエンタの旧型は、「小粋でユースフルな7人乗り」をテーマとしたミニバンでした。名前の由来はスペイン語で「7」を意味する「siete」と、「楽しませる」を意味する「entertain」を組み合わせた言葉です。そんな

そんなシエンタ旧型の特徴を見ていきましょう。

広々とした室内空間

シエンタの旧型では、フラットなフロアに座席が2-3-2と配列されており、7人乗りが可能です。2列目のシートが前方に持ち上がるため、車の乗り降りも楽に行うことができます。家族そろってのドライブや旅行もストレスなく楽しめるでしょう。

燃費性能

シエンタの旧型は、燃費性能にも優れています。2003年の初代シエンタはカタログ燃費で14.0〜18.6km/L、2015年発売の2代目は同じくカタログ燃費で15.4〜27.2km/Lでした。

2代目からは、ハイブリッドモデルも登場し、さらに低燃費で経済的な運転が可能となりました。

シエンタ旧型の魅力

2003年に発売された初代、2015年に発売された2代目シエンタにも、現行のシエンタに負けない魅力があります。ひとつずつ見ていきましょう。

取り回しの良さ

シエンタ旧型は5ナンバーのサイズでありながら、7人乗りを実現したコンパクトなミニバンです。住宅街の入り組んだ道路や混雑した駐車場でも、無理なく取り回すことができるでしょう。

シートアレンジの柔軟さ

シエンタ旧型のシートは乗車する人数や荷物の量に合わせて変更できます。家族が増えるなどライフスタイルの変化にも対応できる車となっています。

デザインも印象的なシエンタ旧型

トヨタ「シエンタ」の旧型は、コンパクトなボディと広い室内空間を兼ね備えていました。なかでも、初代のシエンタ旧型は、2代目以降のシエンタと異なり、丸みを帯びた可愛らしいデザインです。

シエンタ旧型を手に入れたい場合は、中古車の市場を探してみてはいかがでしょう。

※この記事は2024年6月時点の情報で制作しています

トヨタシエンタの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタシエンタの記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
この記事をシェアする
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る