ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車をローンで買う人の割合は?ローンか一括か悩んだときの選び方も解説

車をローンで買う人の割合は?ローンか一括か悩んだときの選び方も解説
車をローンで買う人の割合は?ローンか一括か悩んだときの選び方も解説
貯金ゼロでも

車は高額な商品のため、支払い方法にも十分な検討が必要です。そこで、車をローンで買う人の割合がどのくらいなのかをご紹介。また、ローンで買うか一括で買うか悩んだときの考え方や、ローン期間や返済額の決め方、ローンの注意点など、ローンを組むにあたって知っておきたいポイントについても解説します。

ローン不要!初期費用0円で新車に乗る方法はこちら

  • 車をローンで買う人は、全体の3~4割程度
  • 車をローンで買うか一括で買うかは、それぞれの人の状況によって変わる
  • ローンを組まなくても、カーリースなら月々定額で新車に乗れる

車をローンで買う人の割合は?

車をローンで買う人の割合は?

日本自動車工業会の「乗用車市場動向調査」によると、車をローンで買う人の割合は全体の3~4割程度となっています。詳しい年代別のデータを見てみましょう。

〈車両代金の支払い方法〉

車を買った時期クレジット
(分割)
残価設定型
クレジット
一括払いリース
2018・2019年1920574
2016・2017年2214632
2014・2015年228691
2012・2013年205750
2010・2011年253721

出典:一般社団法人 日本自動車工業会「乗用車市場動向調査」

上記の結果では、おおよそ6~7割程度の方は現金一括で買っていることがわかります。一方で、2014年以降は一括払いの割合が減り、残価設定型クレジットやリースを利用する方が急激に増えています

車の買い方は、年々少しずつ変化しつつあるといえるでしょう。所有から利用へと市場のニーズが変化する中で、契約期間が終わった後の返却や乗り換えを選びやすい残価設定型クレジットやリースの人気が高まっていると推察されます。

車のローンのしくみと種類

車を買うときに利用できるローンには、いくつかの種類があります。それぞれの特徴を知った上で、自分に合ったローンを選びましょう。ここでは、「車のローンのしくみ」と「車のローンの種類」による違いをそれぞれ解説します。

車のローンのしくみ

車のローンは、返済の仕方によって、分割払いと残価設定型クレジットに分けられます。それぞれのしくみを見てみましょう。

分割払い

分割払いとは、車の購入金額を何回かに分けて返済していく方法です。最初に「36回」や「48回」「60回」といった分割回数を決めて、借りたお金を同じ金額ずつ返済していきますが、多くのローンでは、初回に端数分を支払って、2回目以降が同額になります。

なお、ローンの期間は「3年ローン」「5年ローン」などといわれますが、申込み時は「36回(3年)」や「60回(5年)」のように、返済回数で指定するのが一般的です。

残価設定型クレジット

残価設定型クレジットは、車の残価をあらかじめ設定して、その金額を最終返済日まで据え置くローンです。残価の設定は、基本的にディーラーや販売店が行いますが、銀行の残価設定型クレジットなど、一部自分で残価を設定できる場合もあります。

残価設定型クレジットは、残価を一定期間据え置けるため、月々の返済額を少なくできます。一方で、最終支払い日には、据え置いた残価を精算しなければいけません。精算の方法は、「車の返却」「返却して別の車に買い替え」「一括支払い」「再度ローンを組む」の4種類です。詳しくは後述します。

車のローンの種類

車のローンには、「銀行のマイカーローン」と「ディーラーローン」の2種類があります。車を買う際は、どちらか自分に合ったほうを選びましょう。

なお、販売店が独自に提供している自社ローンにも「ローン」という言葉が入りますが、こちらはお金を貸し出すサービスではないため、厳密にはローンではありません。

銀行のマイカーローン

銀行では、車の購入資金も借りることができます。用途を車に限定しているマイカーローンは、用途が自由なフリーローンなどに比べて金利が低めであるというメリットがあります。ただし、車の購入手続きと並行して銀行にローンの申込みを行ったり、車の金額を証明するための書類を用意したりといった手間がかかります。

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーが提携している信販会社などが提供するローンで、車の契約と同時にローンの申込みや契約ができるので、手間がかからない点がメリットです。また、審査も銀行のマイカーローンよりは緩めで、手続きにかかる時間もスピーディーです。難点は、銀行のマイカーローンよりも金利が高めであることです。

車をローンで買うメリット

車をローンで買うメリット

ローンを組んで車を買うメリットは、おもに3つあります。以下に紹介するメリットが、自分や家族にとってどの程度大きなものかを考えてみましょう。

手元に資金を残せる

車をローンで買うと、手元の貯金を残したまま車に乗れます。生活をする中でお金が必要になるシーンは、車を買うときだけではありません。さまざまな理由によって、まとまったお金が必要になる可能性があります。

貯金がないと、フリーローンやカードローンなど、車のローンよりも利率の高いローンを利用しなければならなくなるかもしれません。ローンで車を買うことで、このようなリスクを減らせます。

欲しい車を価格で諦める必要がない

車は、家族の人数や用途、好みに合わせて選択します。しかし、条件に合う車や憧れの車が高額で、現金一括では手が出ないこともあります。しかし、ローンを組めば希望の車を買える可能性があるでしょう。「お金を理由に欲しい車を諦めたくない」という方にとって、ローンは効果的な手段です。

買い替えに対応しやすい(残価設定型クレジットの場合)

残価設定型クレジットを利用して車を買うと、最後の支払い時に「買い替え」「返却」「残価一括払い」「再ローン」のどれかを選ぶことになります。

【残価を支払う方法】

  • 残価一括払い……残価を貯金などから一括で支払います。
  • 再ローン……残価について、改めてローンを組みます。再度審査を受ける必要があります。

【残価の精算が不要な方法】

  • 買い替え……残価を設定していた車を返却して、別の車に買い替えます。
  • 返却……残価を設定していた車の返却のみ行います。

上記のとおり、買い替える場合は残価の支払いがいらないため、簡単な手続きで次の車に乗り換えられます。ただし、車に傷が付いたり、走行距離が規定をオーバーしたりした場合は精算が必要です。

車をローンで買うデメリット

ローンを利用した車の購入には、デメリットもあります。「月々の支払い負担を抑えたいから」という理由だけで安易に利用すると後悔する可能性もあるので、気を付けましょう。

利息がかかる

車のローンを借りると、1~8%程度の利息がかかります。借りた金額に利息を上乗せして返済する必要があるため、月々の負担は少なくても、最終的に支払う総額は一括払いよりも高額になります

なお、具体的にどのくらいの利息がかかるかは、利用するローンの種類や、借り入れる金融機関の規定次第です。一般的に、銀行のマイカーローンのほうがディーラーローンよりも金利は低めですが、銀行によって実際の金利は大きく異なります。

長期的に固定費が増える

ローンを組むと、一度に多額のお金を支払わなくていい代わりに、毎月一定額を長期的に支払うことになります。契約後は、月々の固定費にローンの返済が加わることを意識しておかなければいけません。

教育費の増加や住宅ローンの借り入れ、転職といった理由で、支出が増えたり、収入が減ったりすることもあるため、無理のない返済計画を立てましょう。

ほかのローンの審査に影響することがある

車を買うためにローンを利用していると、住宅ローンなど、ほかのローンの審査に影響が出る可能性があります。

もちろん、「車のローンがあったら絶対に住宅ローンが組めない」ということはありません。しかし、将来的に住宅ローンを組みたい方や、その他の借り入れが多い方などは注意が必要です。

ローンを組まずに月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

車のローンは何年にするのが妥当?

車のローンは何年にするのが妥当?

車のローン期間について、長期で組むか、短期で組むかは大切なポイントです。一度契約を結んでから支払いが困難にならないよう、長期ローンと短期ローン、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

長期ローンのメリット・デメリット

ローンの期間とは、「借りた金額を何回に分けて返すか」ということなので、長期ローンにすれば、それだけ月々の返済額を減らせます。これが、長期ローンの最大のメリットです。ただし、ローンの利息は、借入期間が長いほど増えてしまいます。そのため、最終的に支払う金額は、短期ローンよりも長期ローンのほうが高額です。

また、あまり長期のローンを組むと、返済中に買い替えが必要になる可能性が高まります。ローンが残った車は、残債の整理をしないと売却できないこともあり、手続きに手間がかかります。

短期ローンのメリット・デメリット

短期ローンには、長期ローンとは反対に、短い期間でスピーディーに返済を終えられるというメリットがあります。ローンを完済していれば売却するのも簡単なので、短期間で車を乗り換えたい方にも適しています。

また、長期ローンに比べると総支払額も抑えられます。「ある程度お金に余裕はあるけれど一括は不安」といった方は、短期ローンを選ぶとお得です。

ただし、ローンの期間を短くすればするほど、月々の返済額は高額になります。いくら短期ローンのメリットが魅力的に思えても、現実的に返済できない金額のローンは組まないようにしましょう。

ローン期間の選び方

Q1:何年ローンを組んでいますか

一般的に自動車ローンの期間は最短半年、最長10年ですが、定額カルモくんの調査によると、ローンを組んで車を買った方の4割近くが5年ローンを選択しています。次に多い3年と合わせると、全体の半数以上です。

新車を購入した場合、3年や5年は車検のタイミングにあたるため、3年ローンや5年ローンは買い替えに対応しやすいというメリットがあります。

また、あまり長期でローンを組むと利息が多くなってしまい、反対に短期だと1ヵ月あたりの返済額が高くなります。車の購入価格にもよりますが、3~5年ローンは、返済額と利息のバランスが良いといえるでしょう。

次に、ローン期間を決めるための具体的なポイントをご紹介します。

利用したい金融機関によって決める

ローンを組む金融機関によって、選べるローン期間は異なります。金利や利便性などの理由で、どこでローンを組むかが決まっているのであれば、規定に応じたローン期間を選びましょう。

とはいえ、24回、36回、60回といった一般的な回数であれば、基本的にどこの金融機関でも選択できます。一方、120回などの長期ローンや、6ヵ月などの短期ローンを希望する場合は、条件に合う金融機関を探す必要があります

何年乗るかによって決める

車に乗る年数があらかじめ決まっているのであれば、ローンもその期間内で組むのがおすすめです。

たとえば、5年しか乗らない予定の車のローンを7年で組んで購入してしまうと、買い替え時に残債が出てしまいます。ディーラーローンを組んでいる場合、一度ローンを完済して名義変更をしないと売却できないなどの制限があり、売却額がローン残債を下回ると、差額の精算も必要です。

乗る期間が決まっている方は、ローンの期間も合わせるようにしましょう。

月々の返済額によって決める

返済期間は、月々の返済額に直結します。

元金だけを考えたとしても、120万円を1年で返すなら毎月10万円、2年なら50,000円、5年なら20,000円です。無理なく返済できる金額がいくらなのか、家計の状況を考えた上で返済期間を逆算しましょう。

審査の通りやすさによって決める

返済期間を短くすると、月々の返済額が高額になります。収入に対する返済負担が大きすぎると、審査の際にリスクが高いとみなされる可能性があるため、注意しましょう。

ただし、実際の審査の基準はそれぞれの金融機関によってさまざまです。長期のローンのほうが審査に通りやすいというわけではありません。とはいえ、審査に不安を感じている方が短期のローンを組むのは、返済負担という意味でもあまりおすすめはできません。

予算を気にせず新車に乗る方法

ローンと一括、どちらにするべき?

ローンと一括、どちらにするべき?

ローンと一括払いには、どちらにもメリットとデメリットがあります。車を買うときは、自身の状況に合わせて選択するようにしましょう。ここでは、ローンか一括払いかを考える上で大切な3つの要素をご紹介します。

貯金の額

車の代金を一括で支払っても、余裕を持った生活が続けられるだけの貯金がある方は、一括購入を選ぶのが良いでしょう。車のローンは比較的低金利ですが、それでも、まとまった金額を長期間借り入れれば、数十万円程度の利息が発生する可能性があります。一括購入できるのであれば、あえてローンを組むメリットはありません。

欲しい車の価格

欲しい車が一括では買えない価格の場合は、ローンを組むことが多いでしょう。ただし、収入に対してあまりに高額なローンを組んでしまうと、その後の返済に困る可能性があります。同じ車種でもグレードを落としたり、中古で買ったり、リースを検討したりといった工夫も必要です。

将来の支出予定

将来、多額の支出を予定している方は、現金を手元に残しておく必要があります。一括ではなく、ローンを組むことを検討しましょう。

例えば近い将来、家を買う予定がある方や、子供の進学時期とローンの返済時期が重なる方、結婚資金が必要な方などが該当します。安易に一括購入を選択してしまうと、いざ現金が必要なときにお金が足りなくなってしまう可能性があるので、注意しましょう

車をローンで買うときの注意点

車をローンで買うにあたって、覚えておきたい注意点もあります。ローンは一度組んでしまうと見直しが手間だったり、手数料がかかったりします。あらかじめ注意点を理解した上で金融機関を選びましょう。

返済期間は基本的に延長できない

一度組んだローンは、基本的に延長することができません。短いほうが総支払額が安く済むからといって、ギリギリの返済額でローンを組んでしまうと、返せなくなってしまうおそれがあります。

車のローンは借金になるため、返済が滞ると信用情報に傷がついてしまいます。ブラックリストに載ってしまう可能性もあるため、無理なローンを組むのは避けたほうが良いでしょう。

ボーナス払いの併用は慎重に

「期間を長くするのは抵抗があるけれど月々の返済額は減らしたい」というときに便利なのが、ボーナス払いの併用です。ボーナス払いを併用すると、月々の返済額を大幅に減らすことができます。

ただし、ボーナスは業績によって変動するものですから、毎年必ず一定以上の額が支給されるとは限りません。会社の状況次第では、大幅にカットされたり、支給されなかったりする可能性もあります。ボーナス払いに頼りすぎないようにしましょう。

繰上返済の条件をあらかじめ確認する

ローンの利息は、繰上返済で減らすことができます。できるだけ総支払額を抑えたいのであれば、積極的に繰上返済するのが効果的です。

ただし、ローンの中には、繰上返済ができなかったり、手数料がかかったりするものもあります。利息軽減効果以上に手数料がかかってしまうようでは、繰上返済の意味がありません。1回繰上返済するごとに2,000円~6,000円程度の手数料がかかることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ローンを利用しなくても、カーリースなら月々定額で新車に乗れる

ローンを利用しなくても、カーリースなら月々定額で新車に乗れる

カーリースとは、リース会社から月々定額で車を借りて乗るサービスのことです。レンタカーなどとは違い、マイカーと同じように自宅の駐車場などに置いて、いつでも好きなときに使えます。また、中古ではなく新車に乗れる点も、レンタカーとは異なるポイントです。

「一括で車を買うと貯金が大幅に減ってしまうけれど、ローンを組むのも抵抗がある」という方は、カーリースも検討してみてください。

各種税金や自賠責保険料などもコミで月々定額

カーリースの月額料金には、自動車税(種別割)のような税金や自賠責保険料なども含まれているのが一般的です。

ローンを組むと、月々の返済のほかに各種税金や自賠責保険料を支払う必要がありますが、カーリースでは車にかかる費用のほとんどを一本化できるので、家計管理をするのも簡単になり、その都度お金を工面する必要がないため、安心して乗り続けられます。

初期費用、ボーナス払い、利息なし

カーリースの契約には、初期費用が必要ありません。さらに、ローンを組むわけではないため、利息やボーナス払いも不要です(一部、ボーナス払いを併用するカーリースもあります)。

基本的に、見積りで算出されたリース料金に上乗せされる項目がないので、「思ったより高くなってしまった」ということもありません。最初に決めた契約内容に従ってリース料金が決まったら、毎月、その金額を支払うだけで車に乗れます。

できるだけ負担を抑えて車に乗るなら「定額カルモくん」がおすすめ

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、少ない負担で車に乗りたい方も、オプションをたくさんつけて充実のカーライフを送りたい方も、自分にぴったりのプランを選択できるカーリースです。契約期間やオプションの選択肢が豊富に用意されているので、無駄なコストを払う必要がありません。それぞれの方の希望にぴったりのプランを選択できます。

月々10,000円台から乗れる業界最安水準*のカーリース

定額カルモくんは、月々10,000円台から新車に乗れる業界最安水準*のカーリースです。また契約期間を柔軟に設定できる点も魅力で、最短1年から最長11年まで、希望に合わせて1年単位で選択できます。

なお、契約期間を長くすればするほど月額料金は安くなるため、長期間車を利用したいという方は、より負担を抑えてカーライフを楽しむことができるでしょう。

詳しくはこちら

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メンテナンスプランで維持費も定額にできる

メンテナンスプランとは、車検やエンジンオイル交換などにかかるメンテナン費用も月額料金に含めることができるオプションプランのことです。各種税金や自賠責保険料などに加えて、メンテナンスにかかる費用まで定額にできるので、毎月の支払いがフラットになり、家計のコントロールも簡単になるでしょう。

メンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちら

最後はそのままマイカーにできる

カーリースは車を借りるサービスです。しかし、定額カルモくんなら、契約満了時に車をもらえる「もらえるオプション」があります。

7年以上の契約で月々500円のオプション料金を支払うだけで、契約満了時に車を自分のものにできるので、いずれはマイカーが欲しいという方にぴったりです。もちろん、500円以外の追加料金がかかることはありません

「もらえる」オプションについて詳しく知りたい方はこちら

ローンか一括かの2択ではなく、自分に合った方法で車に乗ろう

車をローンで買う人は、年々増加傾向にあります。しかし、安易なローンの利用は、後のトラブルを招く可能性もあるため、慎重に検討することが大切です。

また、近年ではカーリースという新しい選択肢を選ぶ方も増えています。「所有」より「利用」を重視する風潮のある昨今、カーリースはニーズに合った車の乗り方だといえるでしょう。幅広い選択肢の中から、自分や家族に最適な車の乗り方を考えてみましょう。

なお、定額カルモくんなら審査に通るか事前に確認できる「お試し審査」を受けることができます。本契約前であればキャンセルも可能なので、気になる方は気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。

まずは審査
カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:車をローンで買う人の割合はどのくらい?

A:全体の3~4割程度は、車をローンで買っています。なお、ローンで買っている人は、さらに分割払いで買っている人と、残価設定型クレジットで買っている人に分けられます。近年は、残価設定型クレジットやカーリースを利用して車に乗るケースが増加しています。

Q2:車はローンと一括、どっちで買うのが正解?

A:ローンには、貯金を一気に減らさずに済むというメリットがありますが、利息がかかるというデメリットもあります。また、長期間支払いが続くことから、返済を続けなければいけないというリスクも抱えることになります。ローンと一括それぞれのメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう。

Q3:貯金が一気に減るのもローンを組むのも抵抗がある場合、どうすればいい?

A:一括払いもローンも抵抗がある方は、カーリースがおすすめです。カーリースなら、ローンを組まずに月々定額で新車に乗れます。業界最安水準*の定額カルモくんなら、月々10,000円台から新車に乗ることができ、さらに月々500円のもらえるオプションをつければ、契約満了時に車をもらうこともできます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
顧客満足度_読了後ポップアップ