プリウスの値段はいくら?現金一括やローン、リースの場合や中古車の相場を徹底解説

値段_プリウス
プリウス

1997年の誕生以来、世界中で愛されているトヨタ「プリウス」は、ハイブリッド車の先駆けともいえる車です。燃費性能の高さはもちろん、ガソリン車に劣らない走行性能やスタイリッシュなデザインも人気のモデルです。
そんな高い人気を誇るプリウスには、いくらで乗ることができるのでしょうか。
そこで、現金一括やローン、リースなど、購入方法別の値段を徹底紹介します。

最もお得にプリウスに乗る方法を早く知りたい方は、こちらのバナーをチェック!

安く手に入れる

そもそもトヨタ「プリウス」ってどんな車?

プリウス

ハイブリッド車の先駆けとして高い人気を誇るトヨタ「プリウス」は、世界初の量産ハイブリッドカーとして登場し、世界に「ハイブリッドのトヨタ」というイメージを定着させたモデルです。

4代目となる現行モデルは、2015年12月にプリウス自慢の燃費性能をさらに向上させて登場しました。2018年12月のマイナーチェンジではエクステリアに大きく手が加えられ、プリウスならではの先進的でクリーンなスタイルに磨きをかけています。また、専用通信機「DCM」を全グレードに標準装備し、コネクティッドサービスの使用が可能になりました。

さらにこのマイナーチェンジでトヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車標準装備化され、燃費性能だけでなく時代に合った先進性や安全性を持ったモデルへと進化しています。

通常記事_コミコミ1万円バナー

プリウスの値段はいくら?

プリウスは大きく分けて4段階のグレード構成となっており、エントリーグレードである「E」以外に2WDに加えて4WDの設定があります。主要グレードの値段は次のとおりです。

グレード駆動方式
2WD4WD
E260万8,000円---
S265万5,000円285万3,000円
A291万円310万8,000円
Aプレミアム324万8,000円344万6,000円

 

「E」の値段と仕様

プリウスでも最も価格の安いエントリーグレードである「E」の価格は260万8,000円(税込)。プリウスはハイブリッド専用車のため、エントリーグレードであってもガソリン車よりも高額な価格設定になっています。

世界初の量産ハイブリッド車として知られたプリウスの最大の魅力は、やはり燃費の良さにあるといえるでしょう。この「E」は、プリウスの中でも最も低燃費のWLTCモードカタログ燃費32.1km/Lを誇るグレードです。燃費を何よりも重視する方やできるだけ節約しながらカーライフを楽しみたい方にはこの低燃費は歓迎すべきポイントといえるでしょう。

とはいえ、ほかのグレードよりも低燃費であることには理由があり、この数値を達成するために燃料タンクはほかのグレードでは43Lであるのに対し38Lであったり、リアスタビライザーが省かれていたりするため、注意も必要です。

エントリーグレードであるがゆえに快適装備などはほかのグレードと比較すると比較的シンプルな印象ではありますが、キー操作なしでドアロックやアンロック、エンジンスタートができるスマートエントリー&スタートシステム、オートエアコン、ハイブリッド車であれば備えておきたい非常給電システム付きのアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)など、実用性に関わる部分はしっかりとカバーされているので、使い勝手に不便を感じることはなさそうです。車載通信機「DCM」も標準装備されているため、さまざまなコネクティッドサービスの利用も可能です。

トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」、ペダル踏み間違い時急発進抑制装置に該当する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」、省電力で夜間の視認性をより高め、さらに1灯の切り替えでロービームとハイビームの切替えが可能なBi-Beam LEDヘッドランプは全車に標準装備されているため、安全性に関しては上級グレードに引けを取ることはありません。

エントリーグレードであることを感じさせる要素としては、荷室のトノカバーや一部収納が省かれていること、足回りが15インチのシルバー塗装ホイールキャップ付きアルミホイールであることが挙げられるのではないでしょうか。

「S」の値段と仕様

「S」2WD車の価格は265万5,000円(税込)。このグレードから4WD車の設定もあります。なお、燃費は2WD車がWLTCモードで30.8km/Lとなり若干「E」よりも数値が悪くなりますが、それでもハイブリッド技術に定評のあるトヨタならではの優れた燃費性能を持っているといえるでしょう。

足回りは「S」と同じですが、LEDフォグランプがオプションで追加可能です。

また運転席6ウェイ(前後スライド・リクライニング・シート上下)&助手席4ウェイ(前後スライド・リクライニング)となり、快適装備が充実。大型コンソールボックスやトノカバーも追加されています。

なお、「S」以上のグレードではリアバンパーがブラック塗装になり、17インチのブラック塗装・チタン調塗装で樹脂加飾パーツをあしらったアルミホイール、快適温熱シートなどが標準装備になるスポーツグレード「ツーリングセレクション」の設定があります。「S“ツーリングコレクション”」2WD車の価格は282万6,000円(税込)です。

「A」の値段と仕様

「A」2WD車の価格は291万円(税込)。運転席が8ウェイパワーシートになり、電動ランバーサポートも追加されます。フロントドアガラスが99%紫外線をカットしてくれるスーパーUVカット機能と撥水機能付きの遮音性ガラスになり、静かで快適なドライブが楽しめるのも魅力。

安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」や駐車支援機能の「シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付き)」が標準装備され、安全性も向上させています。

「A“ツーリングセレクション」を選択した場合、2WD車の価格は307万7,000円(税込)になります。

「Aプレミアム」の値段と仕様

「Aプレミアム」2WD車の価格は324万8,000円(税込)。「Aプレミアム」ではシート素材が本革になり、インテリアの上質感が増しています。運転席・助手席は快適温熱シートになり、さらにシートベンチレーション機能も追加。「ナノイー」も標準装備になり、最上級グレードらしい快適装備の充実度といえるでしょう。

「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の場合、2WD車の価格は335万9,000円(税込)です。

現金一括やローン、カーリースのプリウスの値段は?

プリウスに乗りたいと思ったとき、まず気になるのはその値段。実は、金額は車の乗り方によって大きく変わります。
そこで、プリウスのベースとなる「E・2WD」本体価格260万8,000円(税込)を例に、現金一括、ローン、カーリースのそれぞれの値段について見ていきましょう。

なお、ローンは頭金なしの261万円を、某メガバンクのマイカーローン(金利4.475%、変動金利制)で5年(60回払い)、ボーナス払いなしで借入れ、カーリースは、カーローンと同条件になる5年契約とします。

〈購入方法別のプリウスの値段一覧〉

 現金一括ローンカーリース
購入時に必要な金額270万310円14万938円48,400円※3
車両代金/頭金車両代金260万8,000円頭金0円頭金0円
諸費用自賠責保険料(37ヵ月)30,170円
自動車税(種別割)
0円
自動車税(環境性能割)
0円
自動車重量税
0円
販売諸費用
62,140円 ※1
自賠責保険料(37ヵ月)30,170円
自動車税(種別割)
0円
自動車税(環境性能割)
0円
自動車重量税
0円
販売諸費用
62,140円
0円
(月額料金にコミコミ)
月々の支払額なし48,628円※248,400円
おもな維持費春に税金、初回は新車登録から3年、その後2年ごとの車検時に重量税と自賠責保険料、車検基本料が別途かかる春に税金、初回は新車登録から3年、その後2年ごとの車検時に重量税と自賠責保険料、車検基本料が別途かかる税金・自賠責保険料は月額料金にコミコミ
車検基本料もコミコミにできるプランも
総額270万310円+税金・自賠責保険・車検費用300万9,990円+税金・自賠責保険・車検費用290万4,000円+車検基本料

※初期費用は購入時期・購入時の税制によっても異なります
※1トヨタモビリティ東京 見積りシミュレーション「現金一括払い」にて算出(2021年2月23日時点)
※2 某メガバンク マイカーローン シミュレーション(年率4.475%、変動金利制)より算出(2021年2月23日時点)
※3 おトクにマイカー 定額カルモくんの料金より算出(2021年2月23時点)

カーリースなら税金・保険などの維持費コミコミで32,890円(税込)からプリウスに乗れる!

カーリースは、リース会社が契約者専用に用意した新車を月額制で利用できるサービスです。月額料金には税金や自賠責保険料、各種手数料が含まれているため、初月から月額料金だけでカーライフをスタートできます。
また、車両価格から返却時の残存価格を引いた金額で月額料金を算出するので、購入よりも安い車両価格でプリウスに乗ることができます

カーリースの定額カルモくんでプリウスをリースした場合、5年契約の月々の利用料は48,400円(税込)になります。
ただ、カーリースの月額料金は、残価を引いた車両価格に各種税金などの費用を足した金額を契約月数で割って算出するため、契約期間が長くなるほど月々の料金は安くなります。
定額カルモくんで最長となる11年契約なら、月額32,890円(税込)でプリウスに乗ることも可能です。

現金一括でプリウスに乗るなら、約270万310円(税込)〜

プリウスの「E・2WD」の新車を、オプションは付けず、下取り車もない状態で現金一括購入する場合、諸々の諸費用を含めた総額は約270万円(税込)となります。カーナビなどの装備や有料ボディーカラーをはじめとするオプションを追加すると、その分費用は高くなります。

現金一括購入は金利がかからないため、支払い総額を安く抑えられるというメリットがあります。しかし、一度に大きな金額の支払いが必要になるというデメリットもあります。そのため、まとまった金額が手元になければ大きな負担となるでしょう。現金一括は、手元の資金に余裕がある場合におすすめの支払い方法です。

ローンでプリウスに乗るなら月々の支払額は48,628円〜

某メガバンクのマイカーローン(年率4.475%、変動金利制)で頭金、ボーナス払いなし、60回払いの条件で見積りを取得した結果、以降の月々の支払額は48,628円(税込)となりました。

ローンを利用すれば、現金一括のような大きな負担なくプリウスを購入できます。頭金やボーナス払いを設定すれば、月々の支払額を抑えることも可能です。
しかし、ローンに含められるのは基本的に車両価格のみとなるため、購入時には頭金や登録諸費用を現金で用意する必要があります。また、乗り続けるあいだは、毎年の税金や車検費用などもその都度支払わなければなりません。
購入時やボーナス月にまとまった金額を支払うほか、維持する上で必要な費用もローンの返済とは別に用意する必要があるため、しっかりと先を見据えてプランを検討する必要があります。

10001_プリウス

プリウスを中古車で購入するといくら?

新車より安くプリウスに乗りたい場合、中古車から選ぶというのも選択肢にあげられます。現在、大手中古車サイトで販売されているプリウスの中古車の平均額は、約185万円(2021年2月23日時点)となっています。一見新車価格より高く見えますが、中古車は前オーナーが追加したオプションなども含めた価格となっているので、実際には新車よりお得な値段で販売されています。
なお、中古車でも新車同様に諸費用が必要となり、金額は条件次第で変わります。販売手数料などの諸経費は、必ず購入予定の中古車販売店で直接確認しておきましょう。

中古車のメリットとデメリット

中古車から選ぶ大きなメリットは、何よりもその価格です。現行型を新車より安い値段で購入できるほか、旧型であればさらに安い値段で手に入れることもできます。

しかし、中古車を選ぶときには注意が必要な場合もあります。中古車は前オーナーがどのような乗り方をしていたかがわからないので、目に見えない部分にダメージや傷みが残っている場合があります。結果として、メンテナンスで新車より手間もお金も必要になってしまったり、思ったより早い段階で車の寿命がきてしまったりすることがあります。中古車から選ぶ場合には、しっかりと確認を行った上で購入するよう注意しましょう。

定額カルモくん中古車

プリウスのライバル車、ホンダ「インサイト」にはいくらで乗れる?

ホンダ「インサイト」はプリウスと同じくハイブリッド専用車種であり、長年プリウスのライバルとして比較されてきたモデルです。ただし、現行型のインサイトはエレガントな魅力を持った4ドアセダンとなっているため、若干プリウスとは仕様が異なります。

インサイトのベースグレードである「LX」は現金一括購入であれば車両本体価格は335万5,000円(税込)、諸費用を込めた支払総額は348万8,020円(税込)※1です。車両本体価格がプリウスよりも高額な設定となっていますが、これは現行型のインサイトはハイブリッド専用車として燃費性能にこだわるだけでなく、品格や上質さを追求したミドルセダンとして位置付けされていることが影響しています。

プリウスと同じ条件でローンを組んだ場合、月々42,107円(税込)※2です。

さらに、定額カルモくんでインサイトを11年契約で利用すると、税金や自賠責保険料なども含めて月々40,920円(税込)※3~となっています。カーリースにおいても月々の支払額がプリウスとほぼ同価格になります。

※1 ホンダ「セルフ見積り」にて算出(2021年2月23日時点)
※2 某メガバンク マイカーローン シミュレーション(年率4.475%、変動金利制)より算出(2021年2月23日時点)
※3 おトクにマイカー 定額カルモくんの料金より算出(2021年2月23日時点)

ハイブリッド車にもっと安く乗りたいならトヨタ「アクア」がおすすめ

維持費の大半を占める燃料費を節約できるハイブリッド車はとても魅力的です。しかし、ハイブリッドシステムを搭載したモデルはガソリン車よりも車両価格が高額になる傾向があり、ハイブリッド車の代名詞といえるプリウスもライバル車であるインサイトも決して安い車ではありません。そのため、ハードルの高さを感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、もっと負担の少ないハイブリッド車を探しているのであれば、同じトヨタの「アクア」はいかがでしょうか。アクアはプリウスの弟分ともいえるモデルで、プリウスよりもコンパクトな5ナンバーサイズのハイブリッド専用車です。狭い路地の多い街なかでも取り回しやすいボディサイズでありながら広い室内空間や荷室を持ち、使い勝手の良さには定評があります。

アクアの車両本体価格はベーシックな「L」で181万8,300円(税込)、諸費用込みの現金一括購入時の総支払額は192万1,110円(税込)※1となっています。ちなみにプリウスと同じ条件で60回ローンを設定した場合の月々の支払額は33,909円(税込)※2です。

さらに、定額カルモくんでは、11年契約なら24,530円(税込)※3~でアクアをご利用いただけるので、プリウスよりもかなり安くハイブリッドカーに乗れるといえるでしょう。

※1トヨタモビリティ東京 見積りシミュレーション「現金一括払い」にて算出(2021年2月23日時点)
※2 某メガバンク マイカーローン シミュレーション(年率4.475%、変動金利制)より算出(2021年2月23日時点)
※3 おトクにマイカー 定額カルモくんの料金より算出(2021年2月23日時点)

とにかく安く車に乗りたい方は、定額で新車に乗れる定額カルモくん

カルモくん_new

プリウスを新車や中古車で購入する場合には、車両本体価格のほかに、税金や手数料などの登録諸費用でまとまった現金が必要です。また、カーローンを組む場合でも、税金や保険料、車検費用など急な出費を負担する必要があります。
しかしおトクにマイカー 定額カルモくん」なら、頭金も登録諸費用も不要で、月額32,890円(税込)でプリウスの新車に乗ることができます

月々支払

定額カルモくんの月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれている上、大幅なオンライン割引きで、業界トップクラスの安い月額料金(2020年3月、定額カルモくん調べ)を実現しています。

ずっと定額

さらに、車検基本料や一部消耗部品の交換費用などのほか、メーカー保証と同程度の補償が契約期間中に渡って受けられたり、返却時の原状回復費用も補償されたりと、維持費も定額にできるお得なメンテナンスプランも用意。大きな出費の心配をすることなく、常に最適なコンディションを保つことが可能になります。
メンテナンスは全国30,000店舗以上の提携大手事業者の中から好きな業者を選べるため、業者を探す手間もありません。

購入よりも価格を抑えられるから、同じ予算内で、プリウスのグレードアップやオプション追加も可能になります。

一本化用キャンペーンバナー

幅広い選択肢から自分に合った方法を選んでプリウスに乗ろう

ハイブリッドカーならではの低燃費と先進性が魅力のプリウス。従来、プリウスに乗るには現金一括購入やローンを利用するのが一般的でした。しかし、さまざまなサブスクリプションサービスが浸透しつつある現在、車も所有にこだわるのではなく、自分に合った方法で賢く乗るのがおすすめです。定額制で車に乗れるサブスクリプションサービスであるカーリースは、これからの時代にふさわしい車の乗り方であるといえるのではないでしょうか。

※記事の内容は2021年4月の内容で執筆しています。

トヨタプリウスの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタプリウスの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

中古車の魅力