ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

残クレの審査は通りやすい?審査基準と注意点、落ちたときの対処法を解説

残クレの審査は通常のローンと比べて何が違うのかについて解説し、審査基準や利用時の注意点、落ちたときの対処法など、残クレが自分に合った方法なのかを判断するための情報が書かれていることを表すタイトル画像
残クレの審査は通常のローンと比べて何が違うのかについて解説し、審査基準や利用時の注意点、落ちたときの対処法など、残クレが自分に合った方法なのかを判断するための情報が書かれていることを表すタイトル画像

残クレの審査は、通常のローンよりも通りやすいといわれることがあります。なぜなら、残クレは車両本体価格の一部を最終回の返済に据え置くことで、毎月の返済額を安く抑えられるからです。しかし、通常のローンと審査基準は変わらないので、仕組みや特徴を把握しておかないと審査に落ちてしまうことも。

そこで、残クレの審査が通りやすいといわれる理由と併せて、残クレの仕組みや審査基準、利用時の注意点、審査に落ちたときの対処法について解説します。

残クレよりもお得!?
負担を抑えて新車に乗れる方法を見る

  • 残クレの審査内容は通常のローンと変わらない
  • 残クレの審査でも、年収や信用情報などがチェックされる
  • 審査が不安な方も、今人気のサービスなら残クレよりも手軽に新車を持てる可能性がある

残クレの審査は通りやすい?

残価設定ローンとカーローン

残クレは、残価設定型クレジットの略で、残価設定ローンとも呼ばれます。ディーラーローンの一種で、最終返済時の車の想定下取り価格である「残価」を最終回の返済に据え置き、総額から残価を差し引いた金額を借入期間で分割して返済していく支払方法です。

最終返済時には据え置いた残価を精算する必要があり、車を下取りに出して乗り換えるか、残価を一括返済して同じ車に乗り続けるかを選択します。

残クレは通常のローンよりも審査に通りやすいといわれることがありますが、実際は通常のローンよりも審査が甘いということはありません。残価も含む総額が審査の対象金額となるため、借入額は通常のローンと同じになります。

審査内容も通常のローンと同じで、借入額に対してきちんと最後まで返済できる能力があるかをチェックされます。通常のローンに通らないのであれば、残クレの審査に通過することは難しいでしょう。

新車をより手軽に持つには?

ローンを組まずに、月々払いで楽に新車を持てる方法があります。
初期費用0円、頭金・ボーナス払い0円で月々10,000円台から。詳しくは下のバナーからどうぞ。

月々1万円から新車を持てる_おすすめの方法

残クレとは?返済の仕組みと審査に通りやすいといわれる理由

残クレとは?返済の仕組みと審査に通りやすいといわれる理由をイメージした画像

今では残クレという言葉をよく耳にするようになってきましたが、仕組みを正しく理解している方は少ないのではないでしょうか。残クレがなぜ月々の返済額を抑えられるのか、安く見える秘密について解説しましょう。

残クレの仕組み

残クレでは、契約時に設定した車の残価をローンの最終回の返済に据え置き、総額から残価を除いた5~7割程度を借入期間で分割して返済していきます。そのため、借入期間中の月々の返済額を抑えられます。

借入期間は3~5年と短めで、残価は借入期間に応じてディーラーなどが車の価値を独自に予想して算出しています。一見お得に感じる残クレですが、ここで注意したいのが、残クレでは残価を差し引いた金額ではなく、残価も含めた全額を借入れているという点です。

残価の返済を借入期間終了時に先送りしているだけで、借入額は通常のローンと同じになります。また、金利も借入額全体にかかってくるため、据え置かれた残価分の利息も支払う必要があることを理解しておきましょう。

残価はどうなる?

残クレで据え置いた残価は、最終回の返済で精算する必要があります。方法は車の売却で残価を精算するか、残価を返済して同じ車に乗り続けるかの2択です。

車を売却する場合、基本的には購入時のディーラーや販売店に引き渡して終了です。ただし、車の状態によっては残価との差額の支払いを求められる場合があるので注意が必要です。

一方、引き続き車を利用したければ、残価を一括、もしくは分割で返さなければなりません。分割の場合は新たにローンを組んで返していくことになるので、金利の負担が増えてしまいます。

残クレの審査が通りやすいといわれる理由

先述のとおり、残クレの審査は、通常のローンよりも通りやすいといわれることがあります。

実際は、残クレだからといって審査に通りやすいことはありません。しかし、残価設定によって月々の返済額が抑えられて通常のローンよりも月々の負担も小さくなるために、残クレのほうが審査にも通りやすいと感じる方もいるようです。

審査では年収に占める年間返済総額の割合である返済負担率もチェックされますが、この項目においては通常のローンよりも残クレが有利になりやすいといえます。しかし、借入額は通常のローンと変わりません。

なお、銀行系ローンは金利相場が低い分審査が厳しく、金利相場の高いディーラーローンのほうが審査の難度は低い傾向があります。そのため、ディーラーローンの一種である残クレは、銀行系ローンと比べれば審査に通りやすいといえるでしょう。

残クレの審査基準

残クレの審査基準をイメージした画像

審査のおもな目的は、利用者が借入額をきちんと返済できる能力を持っているかを判断することです。ここでは一般的な残クレの審査基準として重要なポイントをいくつか解説します。

年収

年収はローンの借入可能額を決めるうえで最も大切な指標となります。一般的に年収が高いほど借りられる額も大きくなるため、高額な車も購入しやすくなるでしょう。一方、年収が低いと審査に通りにくくなりますが、継続的に安定した収入があれば考慮されることもあります。

ローンの借入額の目安は年収の2分の1程度とされています。残クレでも借入総額で判断されるため、車両本体価格が年収に見合った金額かどうかを考慮する必要があるでしょう。

また、年収200万円以上が審査申込みの条件となっているカーローンもあり、目安として年収200万円未満の場合は審査通過が難しい可能性があります。

信用情報

信用情報とは、JICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)やCIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)などの信用情報機関に登録された、ローンやクレジットカードの利用履歴です。申込みや借入状況のほか、返済実績なども記録されています。

過去に借金があっても、延滞なく返済できていれば問題ありませんが、自己破産やローンの滞納などがあった場合は、審査に通らないことがあります。

一般的に信用情報の保存期間は約5~7年ほどです。自身の信用情報に不安がある場合は、信用情報機関に情報開示請求をすれば確認できます。

職業・勤続年数

審査では職業や勤続年数からも収入の安定性をチェックされます。正社員のほうが有利ですが、パートやアルバイトでも勤続年数が長い場合などは安定性があると判断されることもあります。

また、一般的に勤続年数は1年以上が基準とされています。転職してすぐなどは審査に落ちる可能性も考えられるため注意しましょう。審査でより有利なのは、勤続年数3年以上とされています。審査が不安な場合は、勤続年数が3年以上になるタイミングを待ってから申し込むのもひとつの方法です。

なお、個人事業主の場合は会社員に比べ審査が厳しい傾向があります。安定した収入を得ていることをアピールしておきましょう。個人事業主の場合、過去3年分の所得がチェックされるケースもあります。過度な節税対策によって所得が低すぎると審査で不利になってしまうため注意しましょう。

他社での借入状況

ローンを組む場合、ほかにどれくらいの借入れがあるか申告する必要があります。他社で借金があっても遅延なく返済を続けていれば審査に影響しにくいですが、いくらまでローンが組めるかは、他社での借入状況と併せて総合的に判断されます。

住宅ローンやカードローンなど他社で借入れている場合は、希望額の借入れができない可能性があることを考慮しておきましょう。

ローンを組まずにお得に新車に乗れる方法を見る

残クレの審査に通りやすくするポイント

ここまで残クレの審査基準を解説してきましたが、今のままで審査に通るのか不安に感じた方もいるのではないでしょうか。少しでも審査に通る可能性を高められるよう、審査のポイントを押さえておきましょう。

返済負担率を考慮する

返済負担率とは、年収に占める年間の返済額の割合のことです。返済負担率は、すべての借入れにおける年間返済額の合計が年収の3割程度までであることが目安とされています。

ローンの審査ではこの返済負担率が重要で、基準を上回ると借入れができない可能性があります。返済負担率が3割を超えてしまう場合は、車種やグレードを見直す、ほかの借入れを完済するなどの対策を行いましょう。

頭金を用意する

審査に通りやすくするには、審査の対象である借入額を抑えるのもひとつの方法です。頭金を多く支払えば、その分借入額を抑えることができます。

ただし、頭金を用意するにはある程度まとまった資金が必要です。車の購入時には、車両本体価格以外にも登録諸費用がかかるため、頭金とは別に登録諸費用を支払う余力を残しておかなければなりません。
頭金は、資金に余裕がある場合にのみ検討することをおすすめします。

頭金0円&月々10,000円台から新車に乗れる方法とは?

残クレを利用するときの注意点

残クレを利用するときの注意点をイメージした画像

残クレは月々の負担額を抑えられる一方で、通常のローンとは異なるデメリットもあるため注意が必要です。次のような注意点をしっかりと理解したうえで、残クレを利用するべきか検討しましょう。

利息総額が高くなる

残クレは月々の返済額を抑えられるのが大きなメリットですが、一方で残価の返済を最終回に据え置くため元金の減りが遅くなります。金利は据え置いた残価を含めた残債に対してかかるため、最終的な金利の支払総額が高くなってしまう点に注意が必要です。

月々支払える金額に余裕があるのなら、通常のローンを組んだほうが総額を抑えられます。ただし、残クレで最終回に車を売却した場合はその後の返済が不要となるため、手元に車を残す必要があるかどうかで判断するといいでしょう。

走行距離などの制限がある

残クレで購入した車は、残価を保証するために走行距離制限や車のカスタマイズ禁止などいくつかの条件が設定されています。そのため、通常のローンのように自由に車を使えない点には注意が必要です。

定められた走行距離をオーバーした場合には、超過分相当の追加料金を求められます。事故による車の損傷で査定額が下がってしまった場合も、当初設定した残価との差額を請求される可能性が高いため、車を大切に扱うよう普段から気を配る必要があるでしょう。

短期間で乗換えが必要になる

残クレは短期間で車を乗り換えることを前提としたローンです。そのため、残クレの設定期間が終了する3~5年で車の乗換えが必要になります。乗換え後の車にもまた新たに残クレを利用できますが、返済がずっと続くことになります。

残価を精算して車に乗り続けることも可能ですが、精算額は大きな負担となるでしょう。長い期間車に乗り続けたいのであれば、初めから通常のローンを選んだほうが総額を安く抑えられます。

残価でローンを組み直すと金利が上がる

残クレ期間終了後、残価をローンにして車を買い取る場合、金利がそれまでより高くなる傾向があります。一般的に残クレの金利は通常のローンより低く設定されています。なぜなら、残価を据え置く分金利が低くても利息を多く取れるからです。

残価の精算にあたりローンを組み直すと、それまで残クレ独自の低い水準で抑えられていた金利が上がり、想定していた返済額よりも負担が大きくなる可能性があるため注意しましょう。

月々払いで新車を持てる方法で
審査に通るか試してみる

初期費用0円、月々10,000円台から新車を持てる「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、メリットだらけで大人気のサービスです。お得に利用できるかどうか、まずは下の「お試し審査」から気軽に確かめてみましょう。

月々10000円台から_お試し審査

残クレの審査に通って利用した経験のある方の口コミ

利用するには注意点も多い残クレですが、実際に残クレで新車を購入した方はどのように感じているのでしょうか。以下で口コミ*をご紹介しましょう。

Aさん(50代・埼玉県在住)
Aさん(50代・埼玉県在住)

トヨタ「アルファード」を月々の返済額が50,000円くらいの残クレで買いました。普通のローンよりも月々の負担が少ないのが助かりますね。飽きる前に次の車に乗り換えられるし、負担もそれほど感じないのでよかったと思っています。最終回の返済に向けての備えは特にしておらず、乗り換えるつもりです。

Bさん(40代・福岡県在住)
Bさん(40代・福岡県在住)

手軽に車に乗れることに魅力を感じて残クレを選びました。日産「デイズルークス」を購入、返済額は月々25,000円くらいでした。やはり普通のローンよりも手軽で、車の乗り方が広がるのがいいところです。車の使用制限があるのも、きれいに乗ろうという意識につながるので逆にメリットだと捉えています。

Cさん(20代・千葉県在住)
Cさん(20代・千葉県在住)

以前、残クレを利用していました。月々の返済額を安く抑えたかったのですが、思ったより利息総額が大きくなってしまい、後悔しています。最終回の支払いが高額になるかもしれないという不安もずっとありました。結局は貯金を崩して残価を支払い、自分の車にしました

Dさん(30代・北海道在住)
Dさん(30代・北海道在住)

乗って満足したら次はまた別の車に乗りたい性分なので、返済期間が短い残クレのほうがメリットが大きい気がして利用しました。ただ、車好きなので車をいじり倒せないという点が残念です。手元にまとまった現金がなかったのでしょうがないことなのですが、後付けのパーツだけではなく加工も何もできないのが不満でした。

このように、軽い負担で新車を購入できることに満足している方がいる一方、車の使い方に制約があったり最終の返済時にまとまった出費となる可能性があったりすることにデメリットを感じている方もいます。残クレの審査に申し込む前に、利用した方の体験談や注意点から、自分に合った方法かどうかをしっかり検討するようにしましょう。

*チャット調査ツール「Sprint」にて、2023年2月に「残価設定ローン(残クレ)で車を購入した経験のある方」を対象として行ったインターネット調査を基に、カルモマガジン編集部がまとめています

残クレの審査に通らなかったときの対処法

ローンの審査ではあらゆる条件を総合的に判断するため、通るかどうかは受けてみないとわかりません。ただ、残クレの審査に落ちてしまっても、条件を見直して再審査を申し込むことが可能です。残クレの審査に通らなかった場合は以下のような対処法を試してみましょう。

借入希望額を下げる

審査では、年収に対して借入希望額が高すぎないかどうかも見られます。借入希望額が年収に見合っていなければ、返済能力が低いと判断されて審査で落ちてしまうこともあるのです。

そこで、車種やグレードを安いものに変更する、頭金を増やすなどして借入希望額を下げれば、審査に通る可能性があります。また、不要なオプションがついていないかどうかも見直してみましょう。

連帯保証人を用意する

審査ではきちんと返済されるかどうかをチェックするため、連帯保証人を用意することで審査を有利に進められる場合があります。

連帯保証人は、契約者の返済が滞った場合に契約者に代わって返済しなければなりません。保証人と異なり、契約者と同等の責任を負わせることになるため、できる限り家族などの身内に頼むようにしましょう。

ほかの借入れを返済する

審査では、現在返済中のローンやキャッシングの借入額が年収に対して多すぎないかどうかもチェックされます。返済負担率が30%程度までに収まるよう、申し込む前にできる限りほかの借入れを解消しておくのも再審査に向けた対策です。また、未払いの借入れがないかも確認しましょう。

借入れだけでなく、税金や公共料金、携帯電話料金やクレジットカード料金なども期限内に支払うことが大切です。加えて、同時に住宅ローンやキャッシングなどのほかの借入れを申し込むことも避けましょう。

信用情報から金融事故の履歴が消えるまで待つ

債務整理や支払いの滞納・遅延などの金融事故の記録が信用情報に残っていると、審査通過は難しいといえます。

信用情報に記録された金融事故の履歴は、一般的には完済から約5~7年程度で解消されるといわれています。信用情報が理由で審査に落ちたと考えられる場合は、金融事故の履歴が消えるのを待ってから申し込むと通過できる可能性を高めることができるでしょう。

なお、自分の信用情報は、信用情報機関へ情報開示請求をすると確認できます。

借入先を変更する

カーローンは借入先によって金利相場や審査の難度が異なります。1社で審査に落ちてしまったとしても、借入先を変えると通過できる可能性もあるでしょう。その際、残クレだけでなくディーラーローンや自社ローンも選択肢として検討してみましょう。

カーリースを利用する

カーリースとは、残クレと同様に、車の残価を設定することで月々の負担額を抑えて車に乗る方法です。しかし、残クレとは次のような違いがあります。

〈残クレとカーリースの違い〉

 残クレカーリース
ローンを組んで新車を購入するリース会社が契約者のために用意した新車を定額料金で長期的に借りる
車の所有者ディーラーやローン会社リース会社
残価最終回の返済に据え置き車両本体価格から差し引く
金利残価を含めた残債にかかる借りるのは車なので
金利の概念がない
初回に必要な費用・返済額
・頭金
・税金
・登録諸費用
・月額料金
支出の名目借入金の返済車の利用料の支払い
返済額/料金に含まれるもの・車両代金
・利息
・車両代金
・各種税金
・自賠責保険料
・各種手数料
など
(リース会社による)
維持費・返済額
・税金
・保険料
・メンテナンス費用
※都度、自己負担
月額料金に含めて定額化できる

 

残クレ

残価設定ローンでは、契約満了時に車に残っていると想定される価値である残価を最後に一括返済するか、車を手放すかで精算し、残りの金額は分割して返済することを解説した図

残クレの返済額に含まれるのは車両代金と利息で、初期費用や各種税金や自賠責保険料といった維持費を別途自身で支払う必要があるのがカーリースとの大きな違いです。また、残クレは残価を含めた残債に金利がかかります。一方、カーリースで借りるのはお金ではなく車のため金利の概念がありません。

最終回の返済では、一括返済するか車を下取りに出すことで据え置いた残価を精算する必要があるのも、残クレならではの仕組みです。

カーリース

カーリースでは、契約満了時に車に残っていると想定される価値である残価をあらかじめ車両本体価格から差し引いて月額料金を算出しており、車を返却するため残価にあたる部分は支払わなくていいということを解説する図

カーリースは車を購入するのではなく、リース会社が所有する車を借りる仕組みです。
とはいえ、契約者が乗りたい車をリース会社が代わりに購入するので、契約者は購入するときと同じように、車種やグレード、オプションなどを自由に選べます。また、料金には各種税金や保険料などが含まれているので、月額料金だけで車が持てるというメリットがあります。

カーリースでは契約満了を迎えると車を返却するため、残価を支払う必要はありません。また、カーリースの中には10年や11年と長期契約が可能な会社もあり、残クレよりも長く乗り続けることができます。カーリースの月額料金は総額を契約月数で割って算出されるため、契約期間が長いほど月々の支払額を抑えやすいのも魅力です。

審査をオンラインで試せる!残クレよりも手軽に新車に乗れる人気のサービス

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年1月までで申込者数15万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

残クレと同じく残価設定の仕組みを持つカーリースなら、残クレよりも長く、費用負担を抑えながら新車に乗れることがわかりました。カーリースにもさまざまな会社がありますが、中でもおすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。

定額カルモくんはローン審査に落ちた方の利用実績も複数あり、購入する場合と同様の乗り方ができるようなサービスも充実しています。サービス開始から5年で申込者数15万人を突破した人気の理由をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても新車を持てた方多数!審査のハードルの低さも魅力

顧客対応満足度

カーリースを利用するには、残クレと同様に審査に通る必要があります。
審査が不安な方もいるかもしれませんが、定額カルモくんは過去に車のローンに落ちた方の利用実績も豊富です。業界最安水準*¹の料金で利用できて、最長11年の長期契約が可能なこともあり、審査対象の金額をローンよりも抑えやすくなっています

顧客対応満足度も98.9%*²と非常に高く、サポートデスクには契約前から何度でも無料相談ができるため、初めてのカーリースでも安心して利用できるでしょう。以下で口コミをご紹介します。

Iさん(ダイハツ「ウェイク」11年契約)
Iさん(ダイハツ「ウェイク」11年契約)

以前、クレジットカードの支払いが遅れたことがあって、それが影響したのかカーローン審査に落ちた経験があるんです。新車は無理かなと思っていたんですが、知人の紹介で定額カルモくんを知って、審査に通って新車を持ててうれしかったです。担当の方と相談しながらプランは決めました。定額なので、家計の管理がしやすくて助かっています

Kさん(ダイハツ「ムーヴ」11年契約)
Kさん(ダイハツ「ムーヴ」11年契約)

ローンの申込みをして通らなかったことがあります。携帯料金の払い忘れが影響したようです。それでカーリースを知って、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いて申し込みました。車検費用も月額料金に含まれているプランにしたので、維持費の心配をせずに欲しかった新車に乗れて、とても満足しています。

ローンに落ちても新車を持てる理由を詳しく見る

*¹ 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照
*² 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

マイカー感覚で乗れるメリット満載のサービス

カーリースの定額カルモくんのメリットをまとめた図。車がもらえる、残価精算なし、メンテナンスプラン充実、サポート充実などのメリットがあることを表しています

定額カルモくんは、7年以上の契約で月額料金に500円プラスすると契約満了時にそのまま車をもらえるオプションを用意しています。残クレや一般的なカーリースで、最終的に車を手放すことにデメリットを感じる方におすすめのオプションです。また、残クレでは走行距離制限がありますが、定額カルモくんなら7年以上の契約で全車走行距離制限がありません

さらに、定額カルモくんは残価精算なし。残クレに残価精算のリスクがあるように、カーリースでも契約時に設定した想定残価と契約満了時の実際の残価に差があったときに、残価精算があるリース会社があります。定額カルモくんの場合、残価精算のない「クローズドエンド方式」なので、最後まで定額で安心して利用できます

審査に通るか、オンラインで簡単にチェックできる

定額カルモくんでお得に車を持てるか、下の「お試し審査」から簡単に試せます。5分程度の入力だけで完了し、結果は通常翌営業日に届きます。通過後に、審査に通る範囲で車種やプランをじっくり検討できるので、まずは安い車種で申し込み、審査に通るか調べておくのがおすすめです。下のバナーからお気軽にどうぞ。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

残クレの審査に申し込む前に、本当にお得かしっかり検討しよう

残クレは月々の負担額を抑えながら新車に乗り継げるメリットがある一方で、車の使い方に制限があったり、乗り換えない場合の費用が高額になったりといったデメリットも存在します。

審査も決して通常ローンより甘いわけではないため、月々の費用の安さだけにとらわれず、本当に自身の希望する車の乗り方ができるのかをしっかり検討することが大切です。

定額カルモくんのカーリースなら多様な価値観に応えられるさまざまなプランがあり、月々の費用負担を抑えながら自由な車の使い方も可能です。カーリースで自身の思い描くカーライフを実現しましょう!

リースと購入のいいとこ取り_お試し審査をしてみる

定額カルモくんのパンフレットを確認する

よくある質問

Q1:残クレの審査は普通のローンより通りやすいの?

A:残クレはディーラーローンの一種なので、審査が厳しいといわれる銀行系カーローンよりも審査に通りやすいといえるでしょう。ただし、残価設定があっても借入総額は据え置く残価も含めた金額となるので、通常のディーラーローンと比べて審査の条件に大きな違いはありません。

Q2:残クレの審査基準は?

A:残クレの審査でおもにチェックされるのは、年収、信用情報、職業や勤続年数、他社での借入状況の4つです。特に年収に占める年間の返済額の割合を示す「返済負担率」が適切な範囲にあるのかは重要で、3割程度に収めるのがポイントになります。なお、残クレの利用を検討する際は、こちらの注意点も確認しましょう

Q3:残クレより手軽に新車に乗る方法は?

A:初期費用を抑えて新車に乗れるカーリースがおすすめです。中でも定額カルモくんなら、初期費用不要、頭金・ボーナス払いなし、税金などの維持費込みで月々10,000円台から利用できます。ローン審査に落ちた方の利用実績も多く、手軽にマイカーを持てる方法として注目されています。

※この記事は2023年6月1日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る