ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

未使用車のデメリットって?失敗しないポイントや購入時の注意点を解説

未使用車のデメリットって?失敗しないポイントや購入時の注意点を解説
未使用車のデメリットって?失敗しないポイントや購入時の注意点を解説

未使用車は、「新車同然なのに安い」「新車より納車が早い」などのメリットがあることから人気を集めていますが、その一方で注意したいデメリットもあります。

そこで、実際に未使用車を購入する際はどのような点に気を付ければいいのか、未使用車のデメリットや失敗を避ける探し方などについて解説します。併せて、未使用車の購入を検討するときに比較したい、お得な新車の乗り方についても見ていきましょう。

  • 未使用車には、選択肢が少なくオプションも選べないなどのデメリットがある
  • 未使用車はデメリットがある上に世間で思われているほど安くはない場合もある
  • 未使用車を購入するよりお得に新車を手に入れる方法がある

未使用車のデメリット6つ

未使用車のデメリット6つ

未使用車なら新車同然の車を安く手に入れられますが、デメリットについてもしっかりと理解しておかなければかえって費用が高くなるなどのリスクもあります。そのため、購入は慎重に検討することが大切です。
ここでは、未使用車の代表的なデメリットを6つご紹介します。

未使用車のデメリット1. 車の選択肢が少ない

新車を購入する場合、すべてのメーカー、車種、グレードの中から、予算や希望に合わせて乗りたい車を自由に選ぶことができます。一方、未使用車の場合は、限られた在庫からしか選べません。

それにより、用途や希望にぴったりの未使用車を見つけるまでに時間を要したり、妥協が必要だったり、予算を超えてしまったりする可能性があります。

未使用車のデメリット2. 希望のメーカーオプションをつけられない

未使用車は「すでに完成した状態」で販売店に在庫が置かれています。そのため、オプション装備についても、新車のように買い手の好きなようには選べません。販売店に相談すれば追加や取り外しをしてもらえるものもありますが、その費用は価格に上乗せされるので、安さという未使用車のメリットは失われてしまうでしょう。

なお、後付けが可能なディーラーオプションは対応してもらえる場合が多いですが、新車をオーダーする際に希望を出す必要があるメーカーオプションについては、取り付けや変更ができないケースがほとんどです。

未使用車のデメリット3. 傷や汚れがついている場合もある

「新車とほとんど変わらない」というのが魅力の未使用車ではありますが、その状態は1台ごとに異なります。実際に未使用の車がある一方で、展示車として使われていたなど、使用感がある車も含まれています

そうした車の場合、傷や汚れ、においなどがついている可能性もあるでしょう。「未使用車」として販売されているからといって車の状態をしっかり確認しないで購入すると、後悔してしまう可能性があります。

未使用車のデメリット4. 検討できる時間が短く、新車より高額になる場合も

新車の場合、限定車である、モデルチェンジが迫っているといった事情がない限りは、納得のいくまでじっくり検討することが可能です。

一方、未使用車は基本的に「一点モノ」で、検討しているあいだにほかの方が購入してしまうといったこともありえるため、新車のようにじっくりと検討できない点はデメリットといえるでしょう。
買い逃したくないがために焦って購入してしまうと、オプションの過不足や予算オーバーなどで、あとになって悔やむ可能性もあるため注意が必要です。

また、人気車種の未使用車の場合、納期が早いことで需要が高まり、新車より高額になるケースもあります。納得した上で購入するのであれば問題ありませんが、未使用車が新車より安いことに魅力を感じている場合は、冷静に考え直す必要があるでしょう。

未使用車のデメリット5. 初回車検期間が短い

新車の初回車検は、新規登録(軽自動車の場合は、届出)から3年後です。新車で購入した場合は、購入と登録(届出)は同じタイミングとなるため、初回車検までの期間は3年間になります。

一方、未使用車の場合、新規登録(届出)から購入されるまでに月日が経過していることから、その分、初回車検までの期間は短くなってしまいます。どのくらい短くなるかは未使用車を購入したタイミングによって異なりますが、少なくとも数ヵ月は短くなるものと想定しておくのが無難でしょう。

未使用車のデメリット6. ワンオーナー車にはならない

新車を購入すると、その車の最初のオーナー(所有者)は購入者となります。登録(届出)されてからオーナーが変わっていない「ワンオーナー車」であることは、車の市場価値を高めるポイントのひとつです。

一方、未使用車の最初のオーナーは販売店であり、購入者は2人目のオーナーとなることから、車は「ツーオーナー車」になります。ワンオーナー車かそうでないかは、将来的に買取りや下取りに出す際の査定額に少なからず影響するため、売却時に想定より安くなるといったデメリットが生じる可能性があります。

未使用車のデメリットに関するリアルな声

未使用車のデメリットに関するリアルな声

Twitter投稿を見ていると、未使用車を購入して失敗した、後悔したという声は少なくありません。失敗や後悔の多くは、デメリットについてしっかり認識していなかったことが原因と考えられます。代表的なものをご紹介しましょう。

上で紹介した「未使用車のデメリット2」とは逆に、「必要のないオプションがたくさんついていた」という例です。展示車などに使われていた車であれば、見栄えを良くするためにオプションが過多になっていることも考えられます。

この方の場合、幸いにも販売店に相談することで返金に応じてもらえたようですが、対応してもらえないケースも考えられます。未使用車の購入を検討する場合はオプションの内容と金額を事前に確認するようにしましょう。

こちらは、パワフルなターボ車ではなく、NA(自然吸気)仕様の未使用車を購入したことで、パワー不足を感じている例です。エンジンに関することなので、大掛かりな改造でもしない限りは今の車で希望を叶えることは難しいでしょう。

新車であれば、使い方に合わせて仕様を決めていくことが可能です。しかし、未使用車の場合はすでに完成した状態の車に対して、購入するかしないかを判断することになるため、車にこだわりがない方であっても、最低限のチェックは重要であることがわかります。

月々の定額料金だけで新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、国産メーカー全車種・全グレードから好きな車を選べる上、オプションも自由に設定できます。頭金などの初期費用も不要で、ボーナス払いもありません。また、ローンを組む必要がないため、利息負担も心配せずに済みます。
負担を抑えて状態の良い車に乗りたい方は、未使用車だけでなく定額カルモくんもぜひチェックしてみましょう。

未使用車よりお得な車の乗り方

未使用車にデメリットが多い理由

未使用車にデメリットが多い理由

ここまで未使用車のデメリットをご紹介してきましたが、これらのデメリットには未使用車の性質が関係しています。デメリットの背景を、新車や中古車との違いも交えながら解説します。

未使用車の定義が販売店によって違う

未使用車の正式名称は「登録済未使用車」といいます。軽自動車の場合は乗り始めの手続きが「届出」であることから「届出済未使用車」となります。

本来はいずれかの表記が用いられますが、販売店によっては「新古車」として販売しているケースもあります。
基本的に「未使用車」と「新古車」は同じものを指していますが、「新古車」という表記は誤認を招くおそれがあるという理由から、自動車公正競争規約上で使用が禁じられています
ただし、この決まりは自動車公正取引協議会に加盟している店舗だけに適用されることから、加盟していない販売店では、「登録済未使用車」の定義に当てはまらない状態の中古車を「新古車」と表記して販売しているケースもあります。

このように販売店によって未使用車の定義が違うことが、未使用車にデメリットが多いといわれる理由のひとつになっています。

一般的な中古車ほど安くない

未使用車のメリットとして価格が安いということが挙げられますが、一般的な中古車のように、新車と比べて格段に安いというわけではありません。それは車両が新車同然であることに加え、人気車種では新車よりも納車が早いことによる需要の高さなども関係しています。
場合によっては、新車購入で値引きやオプションサービスなどを受けた価格のほうが安くなることもあるでしょう。

多くは出回らない

未使用車が生まれるのは、販売店が新車販売台数の目標をクリアしなければならない場合など、背景に特殊な事情があるときが大半です。そのため、出回る数は少なく、いつも在庫があるとは限りません。

車に対するこだわりや条件が多い場合などは、希望に合った未使用車を見つけるのに時間がかかったり、多くを妥協しなければならなかったりする可能性が高くなるでしょう。

出回る時期が限られる

未使用車は、販売店が売上を意識して動く決算時期の前後に出回りやすいといった声も聞かれますが、そのタイミングであれば確実に出回るというわけではありません。また、たとえ未使用車が出回ったとしても台数が限られることから、確実に購入できるとも限らないでしょう。

このように、購入できるチャンスが少ない点も、未使用車にデメリットが多いといわれる理由のひとつといえます。

デメリットだけじゃない!未使用車の4つのメリット

デメリットだけじゃない!未使用車の4つのメリット

未使用車には注意したい複数のデメリットがありますが、もちろんメリットもあります。未使用車の購入を検討する際は、メリットとデメリットの両方を考慮した上で判断するように努めましょう。

未使用車のメリット1. 新車同然なのに安い

未使用車は多くの場合、新車よりも安くなります。この点は未使用車のメリットといえるでしょう。しかし、すでにお伝えしたように、驚くほど安いというわけではありません。また、一口に「新車同然」といっても、その状態には幅があります。

オプションが選べない、初回の車検までの期間が短いなど、さまざまなデメリットを考慮してもなお「安い」と感じられるほどの価格差かどうか、慎重に判断するようにしましょう。

未使用車のメリット2. 納車が早い

納車が早いというのは、未使用車の最大のメリットといえるでしょう。新車の場合は納車までに1~3ヵ月程度かかることが一般的なのに対し、未使用車は1~2週間、場合によってはもっと早く納車されることもあります。

「できるだけ早く車が欲しい」「どうしてもこの日までに車が必要」といった事情があり、なおかつ、中古車では都合が悪い場合などにおいては、未使用車の購入は有力な選択肢となるでしょう。

未使用車のメリット3. 購入時の諸費用を節約できる

未使用車は、新車と比べて購入時の諸費用を節約できることがあります。

例えば新車の場合は、購入時に自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料の支払いが発生します。一方、未使用車の場合は新車登録時にこれらの費用はすでに支払われているため、購入時には請求されないのが一般的です。
ただし販売店によっては、購入時に月割りで請求される場合もあるため、見積もりは必ず確認しましょう。

未使用車のメリット4. 新車と同等の保証を受けられる

通常、新車を購入するとメーカー保証がついてきます。保証には2種類あり、一般保証は3年程度、特別保証は5年程度となるのが一般的です。中古車の場合でも、新車登録から3~5年以内であれば、「保証継承」という制度を用いて一般保証や特別保証を引き継ぐことが可能です。

未使用車の場合は新車登録から3年以内である車両が多く、メーカー保証を継承できるケースが大半です。新車購入時に比べれば期間は短くなるものの、新車と同様の保証を受けられるのはメリットといっていいでしょう。

ただし、保証継承を受けるには所定の手続きが必要です。未使用車専門店などから購入する場合、一度、正規販売店(ディーラー)に持ち込まなくてはなりません。自分で持ち込むことも可能ですが、販売店に依頼する場合は10,000〜20,000円程度の費用が発生します。また、念のため、正規販売店で点検を受けなければならないこともあります。

未使用車を購入するときにかかる費用

未使用車を購入するときにかかる費用

未使用車を購入する際は、車両本体価格とは別に発生する費用についても考えておくことが大切です。それらも含めた合計額が支払総額となるため、事前にシミュレーションをした上で、予算内に収まることをあらかじめ確認しておきましょう。

なお、未使用車の購入時にかかる費用は、新車を購入する場合と比べて金額に大きな差がある項目もあれば、あまり変わらない項目もあります。また、販売店によっても考え方に違いがあるため、可能であれば正規販売店で同じ車種・グレードの見積もりを取ってみて、トータルで本当にお得かどうか、慎重に比較することをおすすめします。

未使用車の購入時にかかる費用は、以下のとおりです。

車両本体価格

車両本体価格は支払総額の大部分を占める項目で、車種や市場の状況、グレード、オプションなどによっても異なりますが、多くの場合、新車よりも安くなっているのが一般的です。

ただし、未使用車の場合はグレードやオプションが固定されているため、自分にとって不必要なオプションが装備されていたとしても、その分に応じた車両本体価格を支払う必要があります

税金・自賠責保険料など

未使用車の購入時は、基本的に自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料は必要ありませんが、販売店によっては月割りで請求されることもあります。未使用車であるかどうかというより、購入する販売店の方針によって違いの出る項目といえるでしょう。

諸費用

未使用車の購入時に発生する諸費用については、一般的な新車や中古車を購入する場合と特に変わりありません。車を自宅まで届けてもらうのであれば納車費用がかかり、車庫証明の取得を代行してもらうのであれば、所定の手数料が発生します。

また、上で解説した保証継承の手続きを依頼する場合にも費用負担が必要です。これに関しては、未使用車ならではの費用といえるでしょう。

リサイクル料金

リサイクル料金とは、将来、車を処分するときにかかる費用を、購入時にあらかじめ預けておくというものです。未使用車の場合、販売店がいったん立て替えている形なので、購入者が販売店に同じ金額を支払うのが一般的です。金額は1台につき6,000円~18,000円程度で、未使用車以外の場合でも同程度の金額となります。

初期費用0円で未使用車ではなく新車に乗る方法はこちら

デメリットを踏まえた未使用車の探し方

デメリットを踏まえた未使用車の探し方

未使用車はメリットがある一方で複数のデメリットがあるため、実際に購入を検討する際は、それらのデメリットを抑えられるような探し方をすることがポイントです。ここでは、デメリットを踏まえて未使用車を上手に探すポイントをご紹介します。

在庫台数の多い店から探す

未使用車を探す際は、ディーラー系の認定中古車販売店や一般的な中古車販売店、未使用車専門店などをあたることになります。いずれの販売店も、未使用車の在庫情報を中古車情報サイトに掲載しているケースがほとんどのため、まずは大手中古車情報サイトで横断的に検索してみるといいでしょう。

なお、未使用車専門店など多くの在庫を抱えている店舗なら選択肢が増えるため、ほかの販売店に比べて希望に合う車を見つけやすいといったメリットがあります。

アフターサービスの有無を確認する

新車同然であることは未使用車のメリットですが、新車登録から一定期間経過している中古車であることも忘れてはいけません。購入後に故障などのトラブルに見舞われる可能性もゼロではないため、アフターサービスが充実した販売店で購入したほうが安心です。

安く未使用車を購入できても、購入後に点検代や修理費用がかさんでしまうようでは意味がないため、購入手続きを進める前に、どれくらいの期間、どのようなアフターサービスを受けられるのか、必ずチェックするようにしましょう。

登録済(届出済)未使用車の明記があるものを選ぶ

先にお伝えしたように、販売店の中には自動車公正競争規約で禁じられている新古車表記を用いているところもあります。このような店舗は、新車同然とうたいながらも、実はそうではない車を販売しているケースもあるため注意が必要です。

未使用車の購入で失敗しないためにも、普通自動車であれば「登録済未使用車」、軽自動車であれば「届出済未使用車」と明記のある販売店で購入するようにしましょう。

未使用車を探さなくても新車に安く・早く乗れる方法

カルモくん_new

未使用車は、新車より安く購入できるというメリットがある一方で、選択肢が少なかったり、希望に合う車をなかなか見つけられなかったりといったデメリットもあります。また、人気車種の場合は、早めに納車してもらえる代わりに、新車より高くなっているケースもあるため注意が必要です。

その点、おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、国産メーカー全車種・全グレードの中から選んだ新車に、月々10,000円台からの定額料金だけで乗ることができます。デメリットを気にしながら未使用車を選ばなくても、負担を抑えながら希望どおりの車を手に入れられるでしょう。

そのほかにも、定額カルモくんには次のようなメリットがあります。

好きな新車を選べて、新車を購入するより負担が軽い

定額カルモくんでは、車種やグレードに加えて、車につけるオプションも自由に設定することが可能です。不要なオプションがついていたり、逆に欲しいオプションがついていなかったりといった未使用車のデメリットを回避できるため、妥協しながらカーライフを送る必要がありません。

さらに、月々の定額料金の中には、各種税金や自賠責保険料、手数料なども含まれています。新車や未使用車を購入する場合は、これらの費用は別途自身で負担する必要がありますが、定額カルモくんを活用すれば、購入するよりも軽い負担で新車に乗ることが可能になります。

新車なのに納車が早い

定額カルモくんには、最短3週間で納車が可能な車も用意されています。新車の場合、納車までに1〜3ヵ月程度かかるのが一般的で、それを理由に未使用車を検討する方も少なくありません。

しかし、定額カルモくんの即納新車を活用することで、状態の良い新車にいち早く乗り始めることが可能です。新車と未使用車の両方のメリットを同時に叶えられるため、急いでいるけれど車は妥協したくないという方にはピッタリのサービスといえるでしょう。

定額カルモくんには無料で試せる「お試し審査」が用意されており、申し込むことで希望車種の納車時期を教えてもらうことも可能です。事前に納車時期や審査結果を確認しておくことで、その後の車選びもスムーズに進められるでしょう。

24時間365日いつでも試すことができ、たとえ審査に通ったとしても、キャンセルや車種・プランの変更なども自由に行えるため、気になる方は下のバナーより早速チェックしてみてはいかがでしょうか。

未使用車以外にも、状態の良い車にお得に乗る方法はある

未使用車以外にも、状態の良い車にお得に乗る方法はある

新車同然の車に安く乗れると人気の未使用車ですが、希望どおりのカーライフを実現しにくいといったデメリットがある点に注意が必要です。もし、確実にいち早く状態の良い車にお得に乗りたいのであれば、国産メーカー全車種・全グレードの新車に月々10,000円台から乗れる定額カルモくんも検討してみましょう。

7年以上の契約で月々500円のオプション料金を支払えば、選んだ車をそのままマイカーにして乗り続けることも可能なので、「リースは抵抗がある」「自分の車が欲しい」といった方でも、簡単に不安を解消できるでしょう。

また、無料で利用可能な「お試し審査」では、どれくらいの価格帯の新車に乗れるのか、教えてもらうこともできます。これにより、その後の車選びをスムーズに進められるようになるため、まずは下のバナーよりキャンセル可能な「お試し審査」を受けてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1: 未使用車のデメリットは?

A:販売店にすでに在庫がある車なので、選択肢の幅が狭い、希望のオプションをつけられないといったデメリットがあります。もし、希望に合う未使用車を見つけられたとしても、その未使用車も1点モノであるため、すぐに購入を決断して手続きを進めなければ、入手できなくなる可能性があります。

Q2:未使用車にデメリットが多い理由は?

A:数や出回る時期が限られていたり、新車同然ではない車を新古車と明記して未使用車のように売っていたりする販売店があることが、「見つけにくい」「失敗しやすい」といったデメリットにつながっています。後悔しないためにも、まずは未使用車の特性を理解することが大切です。

Q3:未使用車を選ばなくても新車に安く・早く乗る方法はある?

A:月々10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんなら、希望どおりの車に未使用車より安く、早く乗れる可能性が高いです。最短3週間で納車されるサービスもあるため、急いでいるけれど車は妥協したくないという方にもピッタリのサービスでしょう。

※この記事は2022年10月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる