車検はクレジットカード払いできる?メリットやデメリットを紹介

車検はクレジットカード払いできる?メリットやデメリットを紹介

車検には税金や整備の費用などが含まれるため、まとまった出費になることがあります。家計への負担や、クレジットカードのポイントが欲しいなどの理由から、車検をカード払いにしたいと考える方も多いでしょう。
そこで、車検はカード払いができるのか、カード払いのメリット・デメリットなどについて解説します。カード払いの注意点をしっかり理解して、自分に合った支払い方法を選びましょう。

【この記事のポイント】

  • 車検費用は原則現金払いだが、カード払いに対応している車検業者も増えてきている
  • カード払いができる場合でも、法定費用は現金払いとなるケースが大半
  • カード払いにはメリット・デメリットがある

まずは車検にかかる費用をチェック

まずは車検にかかる費用をチェック

カード払いを検討するには、車検費用について理解しておく必要があります。
車検にかかる費用は大きく分けて、自動車重量税や自賠責保険料、印紙代などの「法定費用」と、点検料、整備費用や部品代などの「車検基本料」があります。まずは車検にどのような費用がかかるのか、内訳について正しく把握しておくことが大切です。

<車検にかかる費用>

  • 法定費用
  • 車検基本料
  • 交換した部品代

法定費用

法定費用は、国や保険会社に対して支払う費用です。金額は法律で定められており、どの店舗で車検を受けても値引きされることはありません。法定費用は「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙・証紙代」から構成されています。

・自動車重量税
新規登録時と、以降車検時に2年分をまとめて支払う税金です。税額は車の重さによって異なり、車両重量が0.5t重たくなるごとに増額していきます。また、新規登録から13年と18年が経過したときや、車の種別によっても税額が異なります。エコカー減税対象車は免税や減税の対象となるので、自身の車が対象になっているかも確認しておきましょう。

・自賠責保険料
交通事故を起こしたときに備えて、被害者を補償するために入る対人保険の保険料です。車の種別や加入期間によって料金が異なりますが、どの保険会社でも一律です。
自賠責保険への加入は車を所有するすべての人に義務付けられているため、保険が切れたまま公道を走行した場合は「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」という厳しい罰則が科せられます。

・印紙・証紙代
整備された車両が国で定められている基準に適合しているかを検査するための手数料を、検査登録印紙と審査証紙で納めます。検査登録印紙は国、審査証紙は検査独立行政法人にそれぞれ支払うため、運輸支局に併設されている窓口で専用の印紙と証紙を購入する必要があります。金額は車の種別や申請方法によって異なります。

車検基本料

車検基本料は、車検を行う店舗に支払う費用です。基本点検料や整備費用、代行手数料などから構成されており、店舗によって金額のばらつきがあります

〈車検基本料の目安〉

  • 正規ディーラー 35,000円~10万円
  • 民間の整備工場 20,000~65,000円
  • 車検専門店 10,000~45,000円
    (2020年7月、定額カルモくん調べ)

また、検査で古い部品のままでは国で定められた安全基準を満たしていないと判断された場合、交換した部品の実費が別途必要になります。

適正な車検基本料を支払うためにも、事前に見積りを取って、車検に不要な整備が行われないか、本当に交換が必要な部品なのかを確認しておきましょう。

車検はカード払いができる?

車検はカード払いができる?

車検には税金や整備、点検費用などのさまざまな費用がかかるため、10万円を超えることも少なくありません。車種や年式によっては30万円を超えることもあるなど、まとまった出費になりやすいため、家計の状況によっては一括で払えないこともあるでしょう。

そんなとき「車検もクレジットカードで分割払いができないのか」と考える方もいるかもしれませんが、車検費用は原則現金払いになります。ただ、近年はカード払いに対応している車検業者も増えてきているので、車検を受ける業者によってはカード払いが可能になります。その際、次の点に注意が必要です。

通常記事_コミコミ1万円バナー

法定費用はカード払いができないケースが多い

車検費用のうち、カード払いができるのは車検基本料のみで、法定費用は現金払いとなるケースが大半です。なぜなら、カード払いでは、車検業者が売上げのうち一定の割合を、加盟店手数料としてクレジットカード会社に納めなければならないからです。

車検基本料や部品代は店舗も利益が出る一方、法定費用は国や保険会社に支払われるお金を預かるだけで店舗には利益がなく、手数料の負担がマイナスになってしまいます。こうした事情から、法定費用は現金払いのみとしている店舗が多くあります。

全額カード払いできる車検業者もある

カード払いでは法定費用が払えないケースが多いですが、必ずしもすべての店舗で全額カード払いができないわけではありません。国で推進しているキャッシュレス化の流れもあり、最近では法定費用も含めてカード払いにできる店舗も増加傾向にあります。

法定費用も含めた車検費用の全額をカード払いできる車検業者のほとんどは、正規ディーラーです。日産やホンダ、ダイハツなどの正規ディーラーでは、車検費用の全額をカード払いにできます。

なお、トヨタのみクレジットカードの指定があり、トヨタの系列会社が発行している「TS CUBIC CARD(ティーエスキュービックカード)」でなければ法定費用の支払いができません。ほかのクレジットカードでは、車検基本料のみの対応となるので注意しましょう。

対して、車検専門店や大型カー用品店、ガソリンスタンドなどでカード払いができるところでは、法定費用の支払いはできなかったり、全額払えても手数料がかかったりするなど、カード払いへの対応はさまざまです。法定費用も含めてカード払いにできる店舗は少ないため、全額カード払いに対応しているか、事前に店舗へ問い合わせておくと安心です。

車検費用をカード払いするメリット・デメリット

車検費用をカード払いするメリット・デメリット

車検費用のカード払いに対応している車検業者も増えていますが、カード払いにはメリットとデメリットがあるので、安易にカード払いを選択してしまうのは良くありません。事前にメリットとデメリットを把握して、自分に合った支払い方法を選びましょう。

車検費用をカード払いにするメリット

カード払いの最大の特徴は「後払いができること」です。車検のときだけでなく、予定外の修理などのタイミングでもクレジットカードは役立ちます。ほかにも次のようなメリットがあります。

・カード会社のポイントが貯まる
クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが付与されます。車検はまとまった費用になることも多いため、還元率が高いクレジットカードを使えば、多くのポイントが手に入ります。一括払いの場合は分割手数料がかからないため、ポイント分まるまるお得になります。また、誕生月やカード会社のイベントなどでポイント還元率が高くなる時期に車検のタイミングを合わせることで、通常より多くのポイントを獲得することも可能です。

・分割払いにも対応できる
カード払いであれば、手元に現金がなくても車検費用を支払えます。契約しているクレジットカード会社によっては、分割払いやリボ払い、ボーナス払いなども選択できるので、ライフスタイルに合った支払いプランを選べるようになります。

車検費用をカード払いにするデメリット

カード払いはメリットが多い反面、デメリットもあります。車検費用をカード払いにするデメリットには次のようなものがあります。

・カード払いができる店舗を探すための手間と時間がかかる
カード払いに対応していない車検業者も多いため、法定費用も含めて車検を全額カード払いにしようとすると、限られた店舗の中から選ばなければならなくなります。制限された状態では、自分に合った車検業者を探すのに手間と時間がかかる可能性があります。

・支払い回数を増やすと分割手数料がかかる
カードの支払い回数を増やすと、回数に応じて分割手数料がかかります。せっかくカード払いでポイントを獲得しても、支払い回数が多いと分割手数料が獲得ポイントを上回る可能性もあるので、なるべく少ない回数で支払うことをおすすめします。なお、分割払いで支払い回数を24回以上にすると、次回の車検までに支払いが完了しない状態で、新たな車検費用が発生してしまうのでご注意ください。

車検_コミコミ1万円バナー

車検費用のカード払いに対応している店舗は割高な可能性も

車検費用のカード払いに対応している店舗は割高な可能性も

車検費用の全額カード払いに対応している車検業者は、「店側の立替費用が高い」「店側が赤字になる可能性がある」などの理由によって、割高となる傾向があります。そのため、すぐにカード払いを決めるのではなく、総額やポイント付与率、支払える金額などを考慮して、お得になる支払い方法を検討する必要があります。割高となる理由について、詳しく見ていきましょう。

・店側の立替費用が高いため
カード払いでの売上げは、カード会社からすぐに車検業者へと支払われるわけではないので、店側が一時的に立て替える必要があります。そのため、立替資金として利益率を高く設定し、車検費用が割高になっていることがあります

・店側が赤字になる可能性があるため
クレジットカードを利用すると、加盟店手数料として、店側は売上げの数%をカード会社に支払わなければなりません。そのため、カード払いは現金で支払われたときよりも利益が少なくなり、本来設定している価格によっては赤字になるケースもあります。赤字を防ぐためにあらかじめ手数料を見越した価格設定をしている場合、車検費用が割高になる可能性が高くなります

車検の見積りは複数の業者で比較しよう

車検費用をできるだけ安く抑えるためには、複数の業者で見積りを比較することが大切です。インターネットで検索すれば、多くの車検見積り比較サイトが見つかります。その中で、口コミや料金、クレジットカードの利用可否などを比べて検討するのもおすすめです。ただ、車検見積り比較サイトには載っていない車検業者もあるので、気になる業者がある場合は、店舗のホームページを確認したり、直接電話をかけたりして見積り予約を行いましょう。

交渉次第で見積りが安くなることも

複数の業者から見積りを取ることで、値引き交渉も可能になります。法定費用は一律で決まっているため値引きされませんが、車検基本料や部品代は安くなる可能性があります。

車検では、丁寧に多くの箇所の整備をしてくれる店舗もあれば、車検費用を抑えるために必要最低限の内容で見積りを出してくれる店舗もあり、特徴は業者によってさまざまです。自分の希望に合った整備内容の見積りを基にほかの店舗に交渉することで、安くなることがあります。また、部品代を安くするために、中古部品や純正でない部品も使用できないかを尋ねてみるのもいいでしょう。

カーリースなら車検費用を定額にできる

カーリースなら車検費用を定額にできる

「家計のことを考えると、車検の度にまとまった費用を支払うのは不安」と悩む方は、カーリースを選ぶのもひとつの方法です。

カーリースは、月々定額の料金で好きな車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。利用料のカード払いはできませんが、カーリースであれば月々の支払いを一定にできるため、家計への負担を減らせます。

月額定額

業界最長となる11年契約(2020年3月、定額カルモくん調べ)で安さが話題のカーリースの定額カルモくんなら、メンテナンスプランに加入することで、大きな出費になりやすい車検費用も月々定額にすることができます。そのため、車検時にまとまった金額を支払う必要がありません。

また、レンタカーやカーシェアリングと違い、マイカーのように新車に乗れることもカーリースの大きなメリットといえます。頭金や初期費用もかからないので、気軽に検討してみてはいかがでしょうか。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車検費用のカード払いのメリット・デメリットを知って、お得にカーライフを楽しもう!

車検費用のカード払いができる車検業者も増えています。カード払いを検討するときは、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自身のライフスタイルに合っている支払い方法を選びましょう。

車検費用のことを考えると家計が不安になってしまう方は、月々の支払いが安定するカーリースを検討してみるのもひとつの手です。できるだけお得に車に乗れる計画を立てて、素敵なカーライフを楽しんでください。

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1:車検費用はカード払いができる?

A:ディーラーをはじめ、カード払いに対応している車検業者は年々増えています。ただ、車検基本料しか払えないところ、法定費用も含めた全額で決済できるところなど、対応は業者によって異なるため、事前に確認すると安心です。

Q2:車検費用のカード払いにはどんなメリット・デメリットがある?

A:車検費用のカード払いは、手持ちの現金がなくても費用が支払える、分割払いができる、クレジットカードのポイントが付与されるといったメリットがあります。一方で、カード払いに対応する業者を探すのに時間がかかったり、分割手数料が高くついたりするなどのデメリットが考えられます。

Q3:車検費用のカード払いで気をつけることは?

A:カード払いの場合、車検業者は、加盟店手数料として売上げの一定割合をクレジットカード会社へ支払います。その分利益が下がるため、利益のない法定費用はカード払い対象外だったり、車検基本料が手数料を見込んだ高めの金額になっていたりすることがあります。また、24回を超える分割払いにすると、完済する前に次の車検を迎えるので注意が必要です。

※記事の内容は2020年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr