車検と乗り換えどちらがお得?費用負担を抑えて新車に乗り換える方法とは

車検と乗り換えどちらがお得?費用負担を抑えて新車に乗り換える方法とは|車検を知るならカルモマガジン
貯金ゼロでも

車検の時期が近くなると、数年乗り続けた車を乗り換えるべきか、そのまま車検を受けたほうが良いのか迷う方も少なくありません。車検と乗り換えそれぞれにメリットとデメリットがあり、車の状態によってもどちらがお得なのかが変わってくるため、検討した上で慎重に判断したいところです。

ここでは、車検前に乗り換えるかどうか判断するために注目すべきポイントや、車検と乗り換えどちらがおすすめなのか、メリット・デメリットと併せて解説します。また、費用負担を抑えながら新車に乗り換える方法も見ていきましょう。

初期費用0円で月々10,000円台から乗れる新車に乗り換える方法はこちら

【この記事のポイント】
✔車検か乗り換えかに悩んだら、車の状態やタイミングから判断する
✔年数が多い車は乗り換え、まだ新しい車なら車検を選ぶと損をしにくい
✔カーリースなら初期費用なしで新車に乗り換えられ、車検代も定額化できる

車検前に車を乗り換えるべき?注目すべき3つのポイント

車検前に車を乗り換えるべき?注目すべき3つのポイント

そのまま車検を受けるか乗り換えるか迷ったときは、車の状態や乗り換える時期を参考に決めることが大切です。
ここでは、車検前に乗り換えるかどうか検討する際に注目したい、3つのポイントを見ていきましょう。

車の年数

車の年数が多くなると、車検で支払う法定費用の「自動車税(種別割)」と「自動車重量税」がそれぞれ増額されます。自動車税(種別割)は、13年経過車の場合に普通車が15%、軽自動車だと20%増額となります。自動車重量税も、13年経過後と18年経過後にそれぞれ税額が引き上げられます。

また、車の売却価格も年数によって変化し、古い車ほど査定額も下がります。税金が増額されるだけでなく、燃費性能の低下や、不具合や故障リスクの高まりによってメンテナンス費もかさみがちになるため、遅くとも13年経過する前に乗り換えを検討することをおすすめします。

乗り換える時期

車の乗り換えを検討すべきタイミングとしては、次のような時期がおすすめです。

  • 車検前
    車検前に新車に乗り換えてしまえば、車検費用を3年後の初回車検まで支払わずに済みます。
  • 新型モデルの発売前
    新型モデルが発売されると旧型モデルの価格が下がりやすいため、乗り換えを検討する方も多いです。
  • 不具合や故障の修理前
    メンテナンスや修理は内容によっては費用が高くつくため、直さずに乗り換えてしまうのも選択肢のひとつです。
  • マイカーローンを完済したとき
    マイカーローンを完済していれば、車の売却価格をそのまま次の車の乗り換え資金に充てることができます。

車の価値は、年数が経過するとともに下がっていきます。上記のようなタイミングで乗り換えを前向きに検討している場合は、なるべく早く車を下取りに出すことをおすすめします。

走行距離

車の走行距離も、乗り換えを検討するときの判断基準のひとつです。一般的に、軽自動車なら80,000km、普通自動車なら10万kmが乗り換えの目安とされています。この走行距離を超えると、徐々に車の不具合や故障が見つかりやすくなり、メンテナンス代や修理代もかさむ傾向があるためです。

ただし、これらの走行距離はあくまで目安で、車の使用状況によっては乗り換えなくても問題ない可能性ももちろんあります。車の状態やタイミングも含めて、総合的に判断することが大切です。

車検前に車を乗り換えるメリット・デメリット

車検前に車を乗り換えるメリット・デメリット

車検前に乗り換えるのと乗り換えずに車検を受けるのとでは、それぞれにメリットとデメリットがあります。両方を踏まえて検討し、納得のいく選択をしたいところです。
まずは、車検前に車を乗り換えるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

車検を受ける前に乗り換えるメリットとしては、今の車を売却したお金や浮いた車検費用を乗り換え資金にして、新しい車に乗れることが挙げられます。

好きな車、新しい車に乗れる

車検を機に、乗りたかった車や新しい車に乗り換えたいという方も多いはず。今の車にはない機能を搭載した車や、快適な乗り心地の車に乗り換えることもできます。

車検費用を乗り換え費用に使える

車検費用は一般的に70,000~100,000円程度かかるため、家計への負担も大きいです。車検前に乗り換えれば、こうした車検費用を車の購入費用に使うことができます。

今乗っている車を値下がりする前に売れる

基本的に、車の価値は購入から年数が経過するほど下がっていきます。早めに車を手放すことで値下がり前に売却できるため、車の乗り換え資金にもより多くのお金を回すことができるでしょう。

デメリット

車検前に乗り換えるデメリットとしては、新しい車の購入費用が車検代を上回ることや、車の売却手続きに手間がかかることが挙げられます。

車検代よりも購入費用が高くつく

車を新たに購入するとなると、当然車検代よりも出費は大きくなります。ローンを組んで購入するとしても、初期費用や頭金としてある程度まとまった金額が必要です。ほかのローンが返済中であったり、貯金に余裕がない場合は、購入は慎重に検討したほうが良いでしょう。

売却手続きに手間がかかる

車検前に乗り換える場合、まずは今の車がいくらくらいで売却できるのかを調べなければなりません。複数の業者で見積もりを出してもらい、乗り換え資金をできるだけ多く得られるよう、より高く売却できる業者を選ぶ必要があるでしょう。

売却手続きは、車を査定に出すだけでなく必要書類を準備する手間もかかるため、面倒に感じる方もいるかもしれません。

車検に通すよりお得かも?初期費用0円で好きな新車に乗り換える方法はこちら

車を乗り換えずに車検を受けるメリット・デメリット

車を乗り換えずに車検を受けるメリット・デメリット

車検前に乗り換える場合、好きな車種や新しい車に乗れるなどのメリットがある一方で、車検よりも費用が高くつくことが主なデメリットとして挙げられました。
それでは、乗り換えずに車検を受ける場合はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

今の車のまま車検を受ければ、乗り換えるよりも費用を抑えられるほか、車を売却したり購入したりする手間もかからないなどのメリットがあります。

乗り換えよりも費用を抑えられる

車検を受けるだけであれば、新しく車を購入するよりも費用はぐっと抑えられます。車検に通すことができれば、2年後まで大きな出費もなくなります。

車選びや購入手続きが不要

乗り換えるために必要な、車の売却手続きや購入手続きも不要です。車検業者に依頼するのであれば車を引き渡すだけで済み、売却のために査定に出したり、購入する車を選んだり新たなローン申請をしたりする必要もありません

今の車にあと2年乗れる

車検に通すことができれば、愛着のある乗り慣れた車に、次の車検を受ける2年後まで乗ることができます。不具合や故障のリスクもない状態の良い車に乗っており、新たに乗り換えたい車もない場合は、今の車を車検に通してそのまま乗り続けたほうが手間も費用もかからず効率的といえるでしょう。

デメリット

車を乗り換えずに車検を受けるデメリットとしては、車の状態によっては費用や時間がかかるということが挙げられます。ここまでご紹介してきたように、車は年数が経過した古い車ほど不具合や故障リスクも高いため、点検や整備をすべき箇所が多く、車検費用も高額になります。

点検や整備にかかる時間も長くなるため、車検から車が戻るまで想定以上の日数を要することもあるでしょう。古い車の場合、車検に通すことができたとしても、すぐに不具合や故障を起こしてしまう可能性もあります。

車検費用コミコミで月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

結局、車検と乗り換えどっちが良いの?

結局、車検と乗り換えどっちが良いの?

車検と乗り換え両方にメリットとデメリットがあり、どちらなら損をしないのかはその人の車の状態や経済状況などによって変わってきます。
乗り換えが向いている方と車検がおすすめの方それぞれの特徴をまとめましたので、車検と乗り換えに迷った際の参考にしてみてください。

乗り換えがおすすめの方

次のような場合は、車検よりも乗り換えがおすすめといえるでしょう。

  • どうしても乗り換えたい車がある
  • 13年経過車など車が古く、車検代や修理代が高くつきがち
  • 車の不具合や故障が増えてきた
  • 今の車のローンを完済しており、今なら高く売却できる
  • 結婚や出産など、もうすぐ家族が増える

もし今の車の車検代が高いと感じている場合、乗り換える車を次世代自動車などの環境に与える影響が少ない車にすることでエコカー減税が大きくなり、法定費用を下げられます。乗り換える車を選ぶ際は、減税対象であるかどうかもチェックしてみると良いでしょう。

車検がおすすめの方

次のような場合は、乗り換えずに車検を受けたほうがお得な可能性が高いです。

  • まだまだ車の調子が良く、不具合や故障の心配も少ない
  • 返済中のローンや、近い将来に大きな出費がある
  • 今の車に愛着があり、長く乗り続けたい

まだ車の不調が少なく、乗り換える理由も特に見つからないという場合は、車検に通して乗り続けるほうが費用負担も少なく、手間もかかりません。住宅ローンや子育て費用など、ほかの大きな出費がすぐに控えている場合も、乗り換えは慎重に検討したほうが良いでしょう。

乗り換え前に今の車を高く売るためのポイント

乗り換え前に今の車を高く売るためのポイント

車検を受けず乗り換える場合、今使用している車を売って乗り換え資金にしたいという方も多いはず。
新車に乗り換える際に知っておきたい、少しでも高く車を売却するためのポイントを見ていきましょう。

中古車の価格が高騰する時期に売る

今の車を少しでも高値で売却するためには、中古車の買取価格が高騰するタイミングをねらって売りに出しましょう。査定に出すのにおすすめの時期は、ディーラーや中古車販売店が決算期を迎える3月と9月です。特に3月は新生活に向けて車の需要も高くなるため、中古車も高値で売れやすくなります。

複数の買取店で査定してもらう

車を下取りに出す際は、複数の買取店で査定してもらいましょう。査定額を比較して、最も高値で買い取ってくれる業者に売却します。複数の業者とのやり取りが必要なため、手間も時間もかかりますが、同じ車でも買取店によって査定額が大きく異なる場合もあるため、スケジュールに余裕をもって査定に出すことをおすすめします。

査定額の相場が把握できれば、新たな車の購入予算も決めやすくなります。スムーズに資金繰りができるよう、複数の買取店に出向き査定を依頼しましょう。

できるだけ新車に近い状態を維持する

今乗っている車を、できるだけ良い状態で売りに出すことも大切です。日頃から車を大切に扱い、少しでも新車に近い状態を維持しておくことで、査定額アップが期待できます。洗車や掃除もこまめに行い、車の外装と内装の両方をきれいに保ちましょう。

定額制のカーリースなら初期費用も頭金も不要で新車に乗り換えられる

定額制のカーリースなら初期費用も頭金も不要で新車に乗り換えられる

ここまで紹介したように、車の状態やタイミングによっては車検を受けるよりも乗り換えたほうがお得になりますが、乗り換え費用は車検よりも高くつく上、今の車を手放して次の車の購入手続きをしたり、ローンを組んだりと手間も時間もかかるものです。

このような資金や手続きに関する悩みを解決しやすい新たな車の乗り方として、カーリースを利用するという方法もあります。カーリースとは、月々定額制で好きな車の新車に乗れる、車のサブスクリプションサービスです。

契約期間のあいだはずっと毎月定額料金で利用できるため、初期費用や頭金も不要。ローンを組んだり、乗り換え時に車を売ったりする手間もかかりません。

現在、カーリースは利用者も増えていることからさまざまな会社があります。中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、車検費用もすべて月額料金にコミコミにできる、契約満了後に車がもらえるなど、うれしいサービスが充実しているカーリースです。

次の項では、車検前でもお得かつスムーズに乗り換えがしやすい、定額カルモくんのサービスをご紹介します。

好きな新車にお得に乗り換えられるリースサービスの特徴

カルモくん_new

車検前に車を乗り換えるなら、カーリースの定額カルモくんがおすすめです。業界最安水準の定額カルモくんなら、今の車の車検代を浮かせながら、好きな車種の新車に月額10,000円台から乗り換えることもできます。

定額カルモくんの契約期間は1年から11年と幅広く、1年単位での契約も可能です。そのため、3年や5年で乗り換えたい方はもちろん、同じ車に長く乗りたい方も契約しやすいサービスといえるでしょう。
ほかにも好きな車にマイカーのように乗れるサービスが豊富ですので、ここでご紹介します。

好きな新車を選べて車検費用も定額化できる

定額カルモくんでは、すべての国産メーカーの全車種・全グレードから好きな車を選ぶことができます。もちろん、カラーやオプションも自由に選んでカスタマイズすることが可能です。

さらに定額カルモくんは、車検費用の負担を抑えられる「メンテナンスプラン」の補償内容も手厚くなっています。
一般的なカーリースの月額料金には、車検で支払う法定費用も含まれていますが、定額カルモくんはメンテナンスプランに加入することで、車検費用も月額料金に含めて定額化することができます。
車検時にまとまった費用を用意する必要がなくなるため、車検の度に家計が圧迫される心配もありません。

定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

マッハ納車なら車検満了日直前の乗り換えも可能

定額カルモくんは、スピーディーな納車にも対応しています。通常、カーリースの新車は納車までに3ヵ月程度かかりますが、定額カルモくんなら車種によっては1ヵ月以内の納車に対応しているものもあります。

さらに、車検の有効期限が迫っているなど早急に乗り換えたいという方には、「マッハ納車」もおすすめです。マッハ納車なら、契約から最短4日で状態の良い中古車が自宅まで届くため、車検切れが間近でもスムーズに乗り換えることができるでしょう。

カルモくんを資料で詳しく

車検か乗り換えかで悩んだら車の状態や今後の支出予定を確認することが大切

車検を受けるか乗り換えるかに悩んだときは車の年数や状態を確認し、今後も長く乗り続けられそうかどうか、今回ご紹介した判断基準を基に確認することをおすすめします。また、今後の支出の予定も考慮して、乗り換えても家計的に問題なさそうか検討することも大切です。

車検を受けずに、初期費用なしで利用できるカーリースで新車に乗り換えるのもひとつの方法です。カーリースを利用するには審査に通過する必要がありますが、定額カルモくんの「お試し審査」なら所要時間5分程度で、誰でもオンライン審査を受けられます。
まずはカーリースを利用できるかどうか確認したい方は、以下のバナーからお試し審査を活用してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:車検と乗り換えはどちらがお得?

A:その人の車の状態や経済状況などによって変わってきます。故障リスクの高い古い車は、車検代や修理代がかさむため乗り換えを前向きに検討しても良いでしょう。まだ車の不調が少ない場合や、ほかに大きな出費が控えている場合は、車検のほうがお得な可能性が高いです。

Q2:車検前に乗り換えるメリットとデメリットは?

A:車検前に乗り換える場合、今の車を売ったお金や浮いた車検費用を乗り換え資金にして、新しい車を手に入れることができます。その一方で、新しい車の購入費用が車検代を上回る点や、車の売却手続きに手間がかかることはデメリットといえるでしょう。

Q3:初期費用を抑えながら新車に乗り換える方法はある?

A:月々定額制で好きな車の新車に乗れるカーリースなら、初期費用や頭金無しで新車に乗り換えることができます。今の車の車検代が浮き、3年後まで車検を受ける必要もありません。さらに、メンテナンスプランで車検代も月額料金に含めて定額化することも可能です。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
車検やめて