車検に通る最低地上高は何cm?測定方法や車高を下げた車の確認事項を解説

車検に通る最低地上高は何cm?測定方法や車高を下げた車の確認事項を解説

走行性能を上げたり、見た目を良くしたりするために、車の車高を下げるローダウンというカスタマイズが定着しています。しかし、保安基準が示した最低地上高より車高を下げてしまうと、車検に通らないばかりか、公道での走行もできなくなります。そこで、最低地上高の確認方法と高さが足らない場合の対処法を紹介します。

【この記事のポイント】
✔車検に合格する最低地上高は9cm、ただし条件によって基準が違う
✔最低地上高は、車体の最も低い箇所から地面までの垂直距離を測る
✔計測対象と低くなりそうな箇所のチェックがポイント

車検に通る最低地上高は何センチ?

最低地上高とは、車体の最も低い部分から地面までの垂直距離を指しています。この最低地上高の基準は、車が安全に走行するのに重要な装置や部品を、道路の凹凸や段差で損傷しない高さを想定して設定されています。それでは具体的な高さはいくつになるのでしょうか。

車検に通る最低地上高の基準は9cm以上

最低地上高の基準は、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示 第163条」によって、普通自動車・軽自動車ともに9cm以上と定められています。

ただし、最低地上高が9cmあるからといって、すべての車が保安基準を満たすわけではありません。というのも、車の取り付け部品や車の大きさによって、最低地上高のチェックポイントが変わることがあるからです。

2006年以降製造車は灯火類の高さもチェックされる

2006年1月以降に生産された車の場合、地面から灯火類の装着位置までの高さが基準を満たしていなければ、最低地上高が9cm以上あっても車検に合格しません

特に、フロントバンパーの下方の低い位置にウィンカーランプやフォグランプが装着されている車種は、車高を低くするときは注意してください。というのも車高を下げた際に、最低地上高は満たしていても、そのウィンカーランプやフォグランプなどの灯火類の位置の高さが保安基準を満していないことがあるからです。

〈2006年以降製造車の保安基準〉

  • ウィンカーランプ、ブレーキランプ、テールランプの下縁の高さは地上から35cm以上
  • フォグランプ、リフレクターの下縁の高さは地上から25cm以上

最低地上高はどこをどうやって測るの?

最低地上高はどこをどうやって測るの?

最低地上高は9cm以上とはいっても、車のどこをどうやって測るのでしょうか。最低地上高を計測するときの位置や条件については、道路運送車両の保安基準よって厳密に定められています。しっかり確認しましょう。

最低地上高の計測位置

最低地上高は、前輪と後輪の中心軸のあいだで、その車の最も低い部分を計測します。車検では検査員が目視でその位置を確認し、測定ゲージなどを使用して測ります。

計測時の条件

保安基準では、下記のとおりに最低地上高の計測の条件が定められています。

〈最低地上高の計測条件〉

  • 人が乗車していない、空車状態であること
  • タイヤの空気圧は、規定値であること
  • 車高調整装置が装着されている自動車は、標準(中立)の位置で測定すること。ただし、車高を任意の位置に保持できる車高調整装置の場合は、車高が最低となる位置と車高が最高となる位置の中間の位置で測定すること
  • 自動車は舗装された平面に置いて、巻き尺などを使って測定すること
  • 測定値は、1cm未満は切り捨て、cm単位で出すこと

計測時の条件からわかるように、車を凹凸のある場所に止めたり、タイヤに空気を入れたりして、実際の車高より高く計測することはできません。

エアロパーツは基準が異なる点に注意

エアロパーツは基準が異なる点に注意

エアロパーツは最低地上高の保安基準が異なり、一定の条件で最低地上高が5cmあれば車検に合格することができます。ただし、最低地上高が5cm以上になるのは、樹脂製でかつ、ウィンカーやフォグランプなど灯火類が埋め込まれていない場合に限られます。

〈最低地上高5cmの基準が適用される場合〉

  1. タイヤと連動して上下するブレーキ・ドラムの下端、緩衝装置のうちのロア・アーム等の下
  2. 自由度を有するゴム製の部品
  3. マッド・ガード、エアダム・スカート、エア・カット・フラップ等であって樹脂製のもの

出所:「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」〈第三節〉第 163 条(最低地上高)

そのほか、アンダーカバーも最低地上高5cm以上があれば車検に合格します。できる限り最低地上高を低くしたいという方は、基準を満たすエアロパーツやアンダーカバーで調節すると良いでしょう。

最低地上高を自身で計測するときのポイント

最低地上高を自身で計測するときのポイント

思った以上に車高が下がってしまったり、灯火類の高さまでは気にせずカスタマイズしてしまったりした方は、車検に出す前に最低地上高をセルフチェックしておきましょう。

ポイント1. 最低地上高の規制対象は「固定されたパーツ」のみ

最低地上高の基準が適用されるのは、自動車のボディを含む構造物、つまり固定されたパーツです。具体的には、マフラーやサスペンションメンバーとボルト、デファレンシャルギア、デフケース、オイルパンなどが対象となります。反対に、タイヤやロア・アーム、リアアクスル、スイングアームなど稼働するパーツは規制の対象にならないため、計測の対象ではありません。

ポイント2. 大きな車は最低地上高の高さが変わる

大きな車は、最低地上高の高さが変わるため注意が必要です。ホイールベースが「300cm以上の場合は最低地上高10cm以上」「350cm以上の場合は最低地上高11cm以上」、タイヤの中心から外側にはみ出たオーバーハングの長さが「73cm以上の場合は最低地上高10cm以上」「82cm以上の場合は最低地上高11cm以上」と高くなります。

セルフチェックを行うときは、自分の車の大きさに応じた最低地上高を調べておく必要があります。

ポイント3. 最も低い位置になりやすい箇所は要チェック

最低地上高_マフラー

車高を下げた車は、マフラーのタイコの部分が車の最も低い位置になることが多いため、ぜひチェックしておきましょう。また、オイルパンやデフケースなどの膨らんだ形状をしている箇所や、大きなボルトの頭が突出しているサスペンションメンバーは注意したい箇所です。
※オイルパン:オイルパンとは、エンジンオイルを溜めておく部品で、エンジンの下部に装着されています。
※デフケース:車がカーブを曲がると、内側と外側の車輪に回転数(速度)の差が生じます。この左右で回転数が異なる駆動輪に、エンジンからの出力を適切に左右に伝えるデファレンシャルギア(デフ)を、覆った部品のことをデスケースと呼びます。デフケースは左右の駆動輪の間にあります。車種によっては、このデフケースが最も低い位置になる場合があります。
※サスペンションメンバー:スペンションメンバーは足回り部品とボディを繋ぐ部品です。ボディの下の前後に装着されています

最低地上高が保安基準に満たない場合の対処法

もし、車高が下がり過ぎてしまい、最低地上高が保安基準に満たない場合はどうすればいいのでしょうか。この場合は、保安基準を満たせるように調整や部品の交換をして車高を上げるか、車を乗り換えるしかありません。

・車高を調節する
車高を下げている部品の調整や交換をして、最低地上高が保安基準を満たすように車高を上げましょう。保安基準を満たさなければ公道を走ることも、車検に合格することもできません。

・車を乗り換える
車検で保安基準を満たすために、車高を上げる整備費用を含めた車検代が予想以上に高額になってしまったという方もいるでしょう。そんなときは、カーリースで乗り換えたほうが費用を安く抑えられるかもしれません。車の購入には、まとまった金額が必要ですが、カーリースの定額カルモくんであれば頭金なし、ボーナス払いなしで新車に乗り換えが叶います。

車検をやめておトクに新車

定額カルモくんなら困ったときにいつでも無料で相談できる

カルモくんなら新車が

カーリースは、利用者が選んだ車をリース会社が購入し、長期的に貸し出すサービスです。利用者はリース料を支払うことで、マイカーのように自由に車に乗ることができます。特におトクにマイカー 定額カルモくんであれば、オンライン販売によるコストカットによってリース料はよりお手軽な金額になっています。そんな定額カルモくんの魅力について、さらに詳しくみていきましょう。

マイカーコンシェルジュがお悩み解決をサポート

リース車のカスタマイズは原則として認められていませんが、「メーカーやディーラーの純正装備」「原状回復が可能な範囲のカスタマイズ」であれば可能なケースもあります。定額カルモくんでは、車種選びや車に関する悩みをマイカーコンシェルジュに電話やメール、LINEで無料相談できます。どこまでカスタマイズできるのか、車検に通るのかなど、気になることも気軽に聞くことができるので、カーリース初心者の方でも安心です。

電話無料相談
LINE

オプションで契約満了時の原状回復が不要

カーリースでは、契約満了時に車をリース会社に返却します。通常、返却時に車をカスタマイズしていると、原状回復が必要になりますが、定額カルモくんは契約満了と同時に、車を自分のものにできる「乗り放題オプション」をつけることで、原状回復が不要になります。走行距離制限もなくなるので、原状回復を気にせずカスタマイズしたい方や利用頻度の高い方におすすめです。

カルモくんなら新車が

最低地上高などの保安基準はカスタム前にチェックしておこう!

車高を下げている方やこれからカスタマイズを検討している方は、最低地上高や灯火類の高さ、測定方法はぜひ把握しておきたいものです。車高を下げすぎてしまうと、車高を上げるのに高額の費用がかかることもあります。そのため、車高を下げたい場合は、一度業者に相談してからカスタマイズを進めるのがおすすめです。

車検_コミコミ1万円バナー

よくある質問

Q1:最低地上高とはなんですか?

A:最低地上高とは、車体の最も低い部分から地面までの垂直距離を指しています。

Q2:車検に合格する最低地上高はいくつですか?

A:最低地上高の保安基準は原則9cmですが、車の大きさやエアロパーツの材質によって異なります。また車高を下げたことによる灯火類の位置の高さにも注意が必要です。

Q3:最低地上高はどの位置を計測しますか?

A:前輪と後輪の中心軸のあいだで、その車の最も低い部分を計測します。

※記事の内容は2021年2月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr