ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車検費用が安いところはどこ?選び方と業者別の料金を徹底比較

車検費用の安いところを見つけるには?複数見積もりや車検検査料が鍵
車検費用の安いところを見つけるには?複数見積もりや車検検査料が鍵

ディーラーや車検専門店、ガソリンスタンドなど、車検を取り扱う業者はたくさんありますが、どこで受けるかによってかかる費用やサービス内容に違いがあります。また、一見高額に見えても内容を見ると割安であることや、安いだけで内容が不足しているというケースもあります。

そこで、車検費用の安いところ・高いところ、その特徴やサービス内容の違い、納得できる選び方などをご紹介します。

  • 車検費用が安いところは車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店など
  • 車検は依頼先によってサービスや整備内容が異なるので、金額だけでは比較できない
  • 車検費用の安いところを探さなくても、費用が気にならなくなる車の乗り方がある

車検費用が安いところはどこ?業者別のメリット・デメリット、料金の目安をご紹介

車検費用が安いところはどこ?業者別のメリット・デメリット、料金の目安をご紹介

車検はおもに、ディーラーや車検専門店、カー用品店、ガソリンスタンドなどで受けることができます。それぞれのメリットやデメリットを理解しておくことで、車検を受ける際に慌てないで済むでしょう。ここでは、依頼先ごとの特徴や料金の目安をご紹介します。

ディーラーで車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

おもに新車を購入する際に訪れるディーラーにも、車検を依頼できます。ディーラーはメーカーと特約店契約を結んだ正規販売店であるため、そのメーカーの車についてはどこよりも詳しく、安心して車検を任せられるといえるでしょう。点検項目も充実しているので、車検後の不備が心配な方にはおすすめです。

ただし、ディーラーはサービスが充実していて部品交換の際に純正品を使用するため、ほかの業者と比べると費用が高いというデメリットがあります。

〈ディーラーでの車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料 法定費用含む合計 
軽自動車 約34,000円~ 約70,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約50,000円~ 約100,000円~ 

 

ディーラーで車検を受けた場合、車検基本料は上記のとおりです。

なお車検費用には、業者ごとに異なる「車検基本料」、どこで受けても変わらない「法定費用」と、部品交換代金が含まれます。法定費用を含んだ料金も参考に検討してみてください。

車検専門店で車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

車検専門店は、車検に合格するための必要最低限の検査項目で点検を行うため、スピーディーな上、費用も抑えられるというメリットがあります。フランチャイズチェーンの店が多いので、整備や技術の質が均一に保たれているといった特徴もあります。時間がない方や費用を抑えたい方にはおすすめといえるでしょう。

しかし車検に通るための整備をメインとするため、消耗品の交換など、車検の合否に関係のないメンテナンスは行わない場合が多いといったデメリットがあります。

〈車検専門店での車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料(割引サービス適用) 法定費用含む合計 
軽自動車 約10,000円~ 約38,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約10,000円~ 約56,000円~ 

 

車検専門店は、費用を抑えて車検を通すことだけを目的とするなら、最も効率的な選択肢といえます。また、割引サービスを用意している業者も多く、それを利用することでさらに費用が抑えられます。仮に割引がなくても、車検基本料は軽自動車も普通車(1,500ccクラス)も14,000円程度です。

しかし業者にもよりますが、点検と整備が行き届いた安全性の担保という意味では内容が不足しているケースもあります。とりあえず車検時の費用を抑えたい場合には助かりますが、その後のメンテナンスをきちんと行うことが大切です。

カー用品店で車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

カー用品店でも車検サービスを行っている店舗があります。大型カー用品店では整備に使用する部品を豊富にそろえているので、こだわりの部品を指定して整備を進めてもらうことも可能です。また、幅広いメーカーの車種にも対応できる点はメリットといえるでしょう。

ただし、店舗によって外車は対応できないところもあるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。さらにカー用品店のスタッフは車検や整備のプロではないので、点検や整備の精度が高くないケースもあります。

〈カー用品店での車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料 法定費用含む合計 
軽自動車 約13,000円~ 約45,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約13,000円~ 約64,000円~ 

 

カー用品店での車検は選んだ部品の値段によって費用が変わってくるため、予算と相談しながら調整できるという点では安心です。カー用品を買いに行った際に車検の予約を入れることも可能なので、手間をかけずに車検を受けたい方にはおすすめです。

ガソリンスタンドで車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

ガソリンスタンドで車検の看板などを見かけることは珍しくありません。ガソリンスタンドの車検は、カー用品店同様、立ち寄りやすいというメリットもあり、費用も低価格で済む場合が多いといえるでしょう。

しかし、ガソリンスタンドのほとんどは車検のための整備工場を持っておらず、ほかの整備工場に依頼することが多いことから、時間がかかるというデメリットがあります。また、ガソリンスタンドによっては、受けられる整備や要する時間が異なるので注意が必要です。

〈ガソリンスタンドでの車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料(割引サービス適用後) 法定費用含む合計 
軽自動車 約13,000円~ 約41,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約13,000円~ 約60,000円~ 

 

ガソリンスタンドの車検基本料は、クーポンなどの割引サービスを利用すると、カー用品店とほぼ同じです。割引サービスを利用しない場合では、軽自動車の車検基本料は25,000円程度、普通車(1,500ccクラス)でも25,000円程度となっています。割引サービスなどはガソリンスタンドによって異なるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

整備工場で車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

上記以外にも車検を受けられる場所として、整備工場が挙げられます。整備工場には、地方運輸局長から車の分解や整備を伴う事業として認定を受けた「認証工場」と、認証工場の中でも高い技術力と車検検査用のラインを持つ「指定工場」の2種類があります。

認証工場ではディーラーのように細かい点検と整備が受けられて、費用はディーラーより安いといったことがメリットです。また、指定工場ではベテランの整備士によるディーラー以上に品質の高い整備が期待できるといったメリットがあります。

一方、デメリットとしては、整備工場は個人経営が多いため、対応や整備技術は各工場によってバラつきがあるという点が挙げられます。また、代車が少ない、土日休みが多い、コンピューター制御車に弱いといったことも指摘されています。

〈整備工場での車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料 法定費用含む合計 
軽自動車 約24,000円~ 約53,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約26,000円~ 約73,000円~ 

 

上記は指定工場の目安ですが、認証工場においてもほぼ同じと考えていいでしょう。どちらにしても、整備工場の車検では、質の高い整備を手頃な料金で受けられる点が魅力です。しかし、上述したようにデメリットもありますので、総合的な見地からの判断が求められます。

中古車販売店で車検を受けるメリット・デメリットと料金の目安

車検を依頼する場所として、中古車販売店という選択肢もあります。一般的に、大手の中古車販売店なら指定工場を持っている可能性も高く、整備のレベルも高いといえます。また中堅規模の中古車販売店では、整備工場を備えていたとしても認証工場である場合が多いです。部品交換においては、純正品ではなく代用品を使用するため、車検費用も低く抑えることができます。

もし中古車販売店が併設している工場が認証工場であった場合は、車検検査用のラインがないため、点検・整備の後は車両を車検場に持ち込まなければならないという手間が生じます。工場はあるとしても中古車販売店によって、指定工場なのか認証工場なのかで違いがあるため、最初に確認しておくことが大切です。

〈中古車販売店での車検費用の目安〉

車種タイプ 車検基本料 法定費用含む合計 
軽自動車 約23,000円~ 約61,000円~ 
普通車(1,500ccクラス) 約25,000円~ 約82,000円~ 

 

ディーラーを除く業者の中では比較的料金は高めですが、車検は必ずしも安ければいいというわけではありません。ディーラーでは部品交換に純正品を使用するため、料金は高くなりますがその分安心できるというメリットがあります。中古車販売店の車検においても同様で、併設の整備工場でレベルの高いサービスが行われている証しといえるでしょう。

以上、車検業者の特徴と料金の目安を見てきましたが、それぞれのサービス内容によって料金も異なるといった傾向が見えてきたのではないでしょうか。メーカーのことを知りつくしたディーラーで安心のサービスを受けようと思えば料金も高くなります。逆に車検を通すだけの目的で、必要最低限の検査項目で済ませたいのなら、車検専門店に依頼するという方法もあるわけです。

車検において何を最優先に考えるかで、依頼先と費用は変わってくるということを覚えておきましょう。

車検はどうして必要なの?

車検はどうして必要なの?

車検は、公道を走る車の安全性を保つために義務付けられた大切な制度です。

車検切れ車両が公道を走行することはきびしく取り締まられており、車検切れの車で公道を走った場合には、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金、違反点数6点の交通違反、30日間の免許停止処分が下されます。また、過去に免許停止などの前歴が1回ある場合には免許停止90日、前歴2回以上では免許取り消しとなります。

また、車検には有効期間があり、車の所有者は有効期間内に自分で車を運輸支局等に持ち込むか、業者に依頼するかして車検を受けなければいけません。なお、車検は有効期間満了時の1ヵ月前から当日までに受けるのが一般的です。

車検ではどんな費用がかかるの?

車検費用の内訳
車検費用の内訳_SP

車検費用は、自賠責保険料や自動車重量税、検査・登録手数料などが含まれる「法定費用」、業者に依頼する際にかかる「車検基本料」、「部品交換代金」の3つに分けられます。

法定費用は車種や重量によって一律ですが、車検基本料は業者が自由に設定することができるため、車検業者を選ぶ際のポイントとなります。また、整備や修理費用は使用する部品によっても金額が変わり、部品交換代金は正規品を使用するディーラーでは高く、中古部品などを使用することもあるガソリンスタンドや整備工場などであれば費用を抑えることができます。

また、車の状態によっても必要な整備や交換部品が変わるため、新車登録から年数が経つほど金額が大きくなる傾向があります。

車検費用にも業者選びにも悩まない、車の新しい乗り方があります。詳しくはこちら

車検費用を抑える方法とは?

車検費用を抑える方法とは?

車検費用を抑える方法として、車検基本料が安い業者を選ぶ、みずから整備を行ってユーザー車検を受けるといった方法があります。また、複数の業者から見積もりを取って比較検討するといった方法も考えられます。
ここでは、車検費用を抑えるためのポイントについて見ていきましょう。

車検費用を抑える方法

1. 車検基本料が安い業者を選ぶ
先述のように、車検基本料が安い業者を選ぶことで車検費用を抑えることができます。車検を依頼することができる業者には、ディーラーや車検専門店、整備工場、カー用品店・中古車販売店、ガソリンスタンドなどがあります。

また、それぞれに性質が異なり、ディーラーは質の高いサービスを提供するため価格が高い、車検専門店は整備内容が必要最小限のため早くて安い、整備工場やカー用品店・中古車販売店、ガソリンスタンドは店舗により整備能力が異なる、予算に見合った整備がしやすいなどの特徴があります。
そのため、費用の安さを重視する場合にはディーラーは不向きといえます。

2. ユーザー車検をする
ユーザー車検とは、自分で検査日時を予約して、直接運輸支局等に車を持ち込んで車検を受ける方法のことです。業者に依頼しないので車検基本料は発生しません。ただし、車検に合格するためのチェックや整備を自分で行わなければいけないので、整備や修理費用はかかります。

また、知識や技術が必要となることは理解しておかなくてはいけません。日頃から車の整備を自分で行っている方ならともかく、にわかに思い立ってユーザー車検を行おうとすると、失敗するリスクが高いといえます。

ユーザー車検で合格できなかった場合は後日再検査となりますが、運輸支局は平日の昼間しか手続きが行えないという点には注意が必要です。また、時期によっては混み合って予約が取りにくいこともあるため、スケジュールを立てるだけでもひと苦労という状況にもなりかねません。

結局は業者に頼らなければならないとなると、時間と労力の無駄になってしまうと、心得ておきましょう。

複数の見積もりを取る

少しでも安く車検を受けたい場合には、複数の業者の見積もりを取って比較検討することが大切です。見積もりを取ることで、点検や整備の内容、車検基本料など、それぞれの業者ごとの違いがわかりやすくなります。さらに、ほかの業者の見積もりを持っていくことで、値下げ交渉をしやすくなるというメリットもあります。

しかし、複数の業者を回って見積りを取るのには時間と手間がかかります。やみくもに業者を回るのではなく、ある程度下調べをして数社にしぼった上で見積もりをもらうようにしましょう。また、業者の形態ごとにサービス内容が異なるため、見積りを比較する際は同じカテゴリーの業者のもので比べるとわかりやすいといえます。

修理や整備費用がほとんどかからない新車に近い場合は車検基本料の安い業者を選び、経年劣化が進んでいる車は車検項目以外の安全点検もしっかり行ってくれる業者を選ぶなど、車の状態によって業者を選ぶ方法も有効といえるでしょう。

車検費用を抑える方法を見てきましたが、いずれの場合も手間や時間を要する割には大きく金額を下げられないばかりか、失敗するとダメージが大きい場合もあります。

車検の費用を抑えることを考えるよりも、そもそも車検費用を気にしないで車と付き合える方法に切り替えることを検討してもいいかもしれません。次の項では、そんな、車の新しい乗り方について詳しく見ていきます。

車検費用を気にしないで済む車の新しい乗り方とは

カルモくん_new

車検費用を心配しないで済む車の新しい乗り方として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」があります。定額カルモくんは、利用者が選んだ新車を月々定額の料金で貸し出す、車のサブスクリプションサービスです。

定額の月額料金には、車検の法定費用である自動車重量税や自賠責保険料などが含まれていて、初期費用がかかりません。月額料金のみの支払いで乗り始められるのです。

定額カルモくんなら車検費用を心配しなくていい理由は、メンテナンスプランにあります。メンテナンスプランに加入すれば、車検や消耗品の交換、法定点検の費用などがカバーされます。メンテナンスプランの料金は、定額カルモくんの月額料金に含めて定額となるため、車検の度にまとまった費用を用意する必要がありません。

さらに、車検の依頼先はディーラーを含む全国30,000店の中から選べるため、自身で依頼先を探す手間もありません。今回ご紹介した各車検業者のほとんどで受けられる上、料金を気にせず納得のいく整備・点検をしてもらうことができます。

車検費用込みの料金となると高くなってしまうのでは、という心配もあるかもしれませんが、定額カルモくんは業界最安水準のため、メンテナンスプランを含んでも月額10,000円台から新車に乗れます

気になる車の月額料金は簡単に調べられるので、今のカーローンの返済額と比較してみてはいかがでしょうか。

カルモくんを資料で詳しく

車検費用の安いところを探すよりも、新しい手段を探そう

車検費用の安いところを探すのには時間と手間がかかります。しかし料金だけでは業者の良し悪しを判断できないため、今回の車検では何を最優先にするのかを明確にしておく必要があります。

しかし、車検費用を心配することなく車に乗る方法があることも知っておきましょう。「定額カルモくん」なら納車も早いため、今回の車検を見送って新車に乗り換えるという道も見えてきます。今乗っている車の売却先も案内してくれるので、乗換えは手間なくスムーズです。少しでも気になる方は、まずは電話かLINEで相談してみましょう。相談は無料で、契約する・しないにかかわらず何度でも可能です。

よくある質問

Q1:車検費用が安いところはどこ?

A:金額だけを見ると、車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店が比較的安いといえるでしょう。しかし、料金なのか整備内容なのか、車検において何を最優先するのかによって選ぶ基準は変わってきます。今回の車検で何を優先するか、明確な目的を持って判断することが大切です。

Q2:安いところに依頼するより車検費用を抑える方法は?

A:自分で運輸支局などに車を持ち込んで車検を受けるユーザー車検という方法があります。ユーザー車検では車検基本料が不要のため、車検費用を安く抑えることができますが、平日に手続きをしなければいけない、不合格の場合は後日改めて受け直さなければいけない、といったデメリットもあります。

Q3:安いところへ依頼する以外に車検費用を抑える方法は?

A:「定額カルモくん」のような車のサブスクリプションサービスを利用する方法があります。定額カルモくんのメンテナンスプランなら月々定額の料金で車検費用もカバーするため、車検の度にまとまった費用を用意する必要がなくなります。車検込みにしても月額10,000円台から新車に乗れます。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン