ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車検に最低限必要な項目を知っておこう!費用を安く抑える方法も紹介

車検に最低限必要な項目を知っておこう!費用を安く抑える方法も紹介

初回以降は2年に1度のペースで訪れる車検。あらかじめ時期がわかっているとはいえ、まとまった費用がかかるため、出費を捻出するのはなかなか大変です。そこで、車検の点検・整備項目を抑えたいとお考えの方のために、最低限必要な項目とその際の注意点、メリットやデメリットなどをご紹介します。

  • 車検の点検・整備項目を必要最低限にしぼれば費用は抑えられる
  • 最低限で車検を通すと一時的に費用を抑えられるが、トータルでは高くつくことも
  • 最低限にしなくても、車検の負担を抑えて安全に車に乗る方法がある

どうして車検は必要なの?

どうして車検は必要なの?

車検とは、車の安全面や環境面が保安基準に適しているかどうかを検査する制度です。車検が切れた車には罰金などの罰則が科せられるだけなく、公道を走ることもできなくなるため、必ず受けなくてはいけません。なお、通常、車検は法定点検、点検結果による整備作業、書類の手続きの順に行われ、24ヵ月点検である法定点検も同時に行うのが一般的です。

法定点検は道路運送車両法で定められた義務ではありますが、車検のように罰則が設けられているわけではありません。しかし、車が突然故障して事故につながる可能性やメーカー保証を受けられなくなることもあります。安心して快適なカーライフを楽しむためにも、法定点検は必ず受けるようにしましょう。

車検に合格するために最低限必要な項目とは?

車検に合格するために最低限必要な項目とは?

車検には有効期限が定められており、車検に合格することで有効期間の更新ができます。また、車検を更新することのみを目的とする場合、最低限の項目の点検や整備を行うだけで更新が可能となります。
ここでは、車検に通るための最低限必要な項目について見ていきましょう。

〈車検に通るための最低限必要な項目〉

  • 車両の同一性
  • ウィンカーやヘッドライトなどの外回り検査
  • タイヤやホイールなどの足回り検査
  • ハンドルのサイドスリップ検査
  • ブレーキやサイドブレーキの検査
  • ヘッドライトの光量や光軸の検査
  • 排ガスの一酸化炭素と炭化水素の濃度の検査
  • ブレーキやサスペンションなどの下回り検査
  • 最低地上高(9cm以上)

故障やトラブルを予防するための法定点検

法定点検には12ヵ月点検と24ヵ月点検があり、それぞれ車の故障やトラブルを防ぐために安全に関わる項目の点検を行うものです。そのため、車検を更新することだけを考えると、法定点検の項目は除外されますが、車検では安全に車に乗るための整備は行っていないので、法定点検とセットで行うようにしましょう。なお、12ヵ月点検は26項目、24ヵ月点検は56項目ありますが、代表的な整備には以下のようなものがあります。

  • 舵取り装置
  • 制動装置
  • 走行装置
  • 緩衝装置
  • 動力伝達装置
  • 電気装置
  • 原動機
  • ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガスなどの発散防止装置
  • エグゾースト・パイプおよびマフラー
  • 車枠および車体

最低限の点検整備をするユーザー車検

法定点検は業者に依頼する

車検はディーラーや専門の業者に頼むのが一般的ですが、自分で点検を行った車を運輸支局に持ち込んで車検を受ける「ユーザー車検」という方法もあります。業者に依頼する費用が不要となる分、車検費用を抑えることができますが、専門的な技術や知識が必要となるだけでなく、車の安全性にも不安があることも理解しておきましょう。なお、ユーザー車検には次のような注意点もあります。

法定点検は業者に依頼する

ユーザー車検では車検を受ける作業を自分で行うことができますが、専門の工具や知識を必要とする項目もあるため、法定点検は業者に依頼しなくてはいけません。そのため、ユーザー車検を行う場合でも、業者に持っていかなくてはいけないことを考慮しておきましょう。

検査に落ちる可能性もある

ユーザー車検を受けて、整備不足などで検査に落ちてしまうこともあります。その場合、該当した箇所を自分で整備しなくてはいけません。なお、1日3回までは同日中に再度検査を受けることができますが、それでも合格しない場合には、予約を取り直し改めて車検を受けなくてはいけません

合格できずに再度、平日に車検を受けるとなると、会社勤めの方なら有給休暇などを取らなければならないでしょう。また、自分では問題を解決できずに、結局は最初から業者に依頼すればよかったと後悔する可能性もあります。費用的にも時間的にも大きな負担になるので、ユーザー車検にするかどうかは自身の知識や技術としっかり向き合って判断しましょう。

車検で最低限の整備を行うメリットとデメリット

車検で最低限の整備を行うメリットとデメリット

費用を抑えるためにも、車検を必要最低限の項目だけ受けたいと考える方は多いでしょう。しかし、車の安全性にも関わることなので、メリットとデメリットについて知った上で検討することが大切です。

メリット

車検で最低限の項目だけ点検や整備を行うことの大きなメリットは、法定点検を行わないことで、費用を抑えられるという点です。また、最低限の項目のみにすることで、メンテナンスや交換、修理を提示されることもなくなるため、その分の費用を抑えられます。しかし、これはメンテナンスを行わなくていいということではありません。

デメリット

車検に合格するためだけの最低限のチェックしか行っていない車は、車の安全が保証されているわけではありません。そのため、安全のために交換しておいたほうがよい部分があっても、メンテナンスなどが行われないのでそのまま乗り続けることになります。

つまり、車検に通ったとしても不具合が生じる可能性が高いということです。通常の車検では次の車検まで安全に走行できるためのさまざまな予備整備が行われますが、車検を通すだけの整備ではそれらを省略することになります。近い将来、エンジンやブレーキの不調、オーバーヒートなどの不具合が起きるおそれは否定できません。結果的に修理費用がかさんで、大きな出費につながることも考えられます。

費用を気にせず車検を受けられる、車の新しい持ち方があります。詳しくはこちら

最低限の車検にすると費用はどれくらい抑えられる?

通常、車検では、業者に依頼したときにかかる「車検基本料」、自賠責保険料や税金などの「法定費用」、部品の交換が必要なら「部品交換代金」が発生します。

一方、ユーザー車検によって必要最低限の車検にした場合には、法定費用のみの支出で済みます。なお、法定費用の内訳と金額の目安は、自賠責保険料が普通車でおよそ13,000~27,000円、自動車重量税は車両重量や用途によって異なりますが、普通車でおよそ8,000円~50,000円、印紙代(検査手数料)も車種や申請方法によって異なりますが1,100~1,800円となります。

このように、点検・整備項目を必要最低限にしぼることで上記の法定費用のみの支出に抑えられますが、先述したように次回の車検までにメンテナンスは不可欠であり、突然の不具合により思いがけないタイミングで大きな出費につながることも否定できません。目先の便益のみにとらわれるのは、決して合理的な方法とはいえないでしょう。

もし毎回、車検の負担を感じているならば、もっと前向きに車との付き合い方を変えてみるといいかもしれません。車検費用を気にすることなく、点検と整備をきっちりと実施して安心して車に乗る方法もあります。次の項では、そんな新たな車との付き合い方について、詳しく見ていきましょう。

もう最低限にしなくて大丈夫。車検費用を心配しない新しい乗り方

カルモくん_new

費用を気にせず車検を通常どおりきちんと受けても安心な、新たな車との付き合い方があります。詳しく見ていきましょう。

近年、安さと便利さから利用者が増えているカーリースに乗り換えれば、車検の費用を気にすることもなくなり、通常どおりの車検を受けることができるでしょう。カーリースとは、利用者が選んだ車をリース会社が購入して、月々定額の料金で貸し出してくれる車のサブスクリプションサービスです。

カーリースでは車検に関するサービスも充実しており、中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」のメンテナンスプランは車検や消耗品の交換、法定12ヵ月点検の費用などをカバーしています。

メンテナンスプランの料金はカーリースの月額料金と合わせて定額払いにできるので、今までのように車検の度にまとまったお金を用意したり、点検・整備項目を最低限にしたりする必要がありません。また車検の依頼先はディーラーを含む全国30,000店の中から選べるため、自身で依頼先を探す手間もありません。

定額カルモくんは業界最安水準のカーリースなので、メンテナンスプランに加入しても月額10,000円台から新車に乗れます。もちろん、この月額料金には、車検の法定費用である自動車重量税や自賠責保険料も含まれています。

カルモくんを資料で詳しく

最低限の車検よりも長い目で最大限に充実したカーライフを

車検を最低限の整備で通せば、その場の出費は抑えられます。しかし、本来チェックするべき点検を省くのですから、いつ不具合が生じてもおかしくない状態で車に乗り続けるということでもあります。突然の故障で急遽、まとまった費用を捻出しなければならない事態に見舞われないとも限りません。

車検を迎える度に費用の心配をするのなら、車検サービスが充実したカーリースに乗り換えたほうが、長い目で見ても経済的といえます。中でも「定額カルモくん」は、納車が早いので今回の車検を受けずにカーリースに乗り換えられます。今乗っている車の売却先も紹介してくれるため手間もかからず、手続きも簡単です。
まずは車検の見積もりを取る感覚で、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:車検を最低限にするとは?

A:車検に通ることだけを目的に、点検・整備の項目を最低限にすることです。例えば、エンジンオイルやブレーキフルードなどの状態は検査項目にないため交換しなくても済みます。しかし次の車検までに不具合が生じ故障につながれば、かえって費用がかさんでしまう場合もあるので注意が必要です。

Q2:ユーザー車検なら費用を最低限にできる?

A:ユーザー車検は作業を自分で行うため、費用を抑えられます。しかし、法定点検は業者に依頼しなくてはならない上に、整備不足などで検査に落ちてしまうこともあります。再度、車検を受けるとなると、費用的にも時間的にも大きな負担になるので、慎重に検討しましょう。

Q3:点検・整備項目を最低限にする以外で車検費用を抑える方法はある?

A:カーリースのメンテナンスプランに加入すれば、車検費用を月額料金に含めることができるので、車検の度にまとまったお金を用意する必要がなくなります。点検・整備項目を最低限にする必要もなく、安心のカーライフがおくれます。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車検記事読了後バナー