車検で必要なものとは?必要な書類は普通車と軽自動車で違うの?

車検に必要なものは車検の方法や普通自動車か軽自動車かで異なるの?
5万円キャンペーン_目次上

車検を受けるためには、車検費用と併せて必要書類や印鑑など、事前に準備すべきものがあります。また、車検の方法や普通車か軽自動車かどうかによっても必要書類が異なります。
ここでは、車検を受けるにあたって必要なものや車検の方法や車のクラスによる違いなどについて解説します。

普通車の車検で必要なものとは?

車検に必要なものとは?

車検専門店やガソリンスタンド、整備工場などの車検業者で車検を受けるときに必要な書類には、車検証や自賠責保険の証明書などがあり、これらの書類に加えて車検費用と印鑑が必要です。また、ホイール盗難防⽌のためにホイールナットを付けている⽅は、それを外すためのロックナットアダプターも準備しておきましょう。
まずは、普通車を車検業者に依頼する場合に必要な書類について見ていきましょう。
〈普通車の車検に必要なものリスト〉

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用)
  • 車検費用
  • 印鑑

・自動車検査証(車検証)

自動車検査証(車検証)

車検証には、自動車登録番号や車名、車台番号、自動車の種別、所有者の氏名、住所、車検の有効期間など、その車に関するさまざまな情報が記載されています。運転免許証と同様に、自動車走行時は車内に携⾏することが義務付けられています。車検証を紛失した場合は、管轄の運輸支局で再発行の手続きを行いましょう。また、引越しをした場合は必ず変更手続きを管轄の陸運事務所でする必要があります。

・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

車に加⼊が義務付けられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険証です。自賠責保険の証明書も車検証と同様、走行時に車内に携行する義務があるため、紛失した場合は保険会社で再発⾏の手続きを行いましょう。また、自賠責保険の有効期間が切れてしまっている場合も、罰則の対象となるため注意が必要です。車検を受ける際には車検の有効期間と併せて、自賠責保険の有効期日も確認しておきましょう。

・自動車税納税証明書(継続検査用)

自動車税納税証明書(継続検査用)

自動車税を納めていることを証明する書類です。毎年5⽉に自動車税管理事務所などから郵送される納税通知書に納税証明書⽤紙が添付されています。なお、この自動車税納税証明書の提出は、自動車税を滞納していないことや、自動車税の納付から3週間以上経過しているという2つの条件を満たしている場合には省略することができます。

車検_コミコミ1万円バナー

軽自動車の車検で必要な書類は?

軽自動車の車検で必要な書類は?

普通車の車検で必要な書類に加えて、軽自動車の場合はさらに用意すべき書類があります。
ここまでにご紹介した自動車検査証、自動車重量税納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、定期点検整備記録簿に加えて、次の2つの書類を用意しましょう。
〈軽自動車の車検に必要なものリスト〉

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用)
  • 車検費用
  • 印鑑
  • 継続検査申請書
  • 軽自動車税(種別割)納税証明書
  • 継続検査申請書(専用第3号様式)

継続検査申請書は、軽第3号様式または軽専用第2号様式のどちらかを用意しましょう。用紙は軽自動車検査協会で受け取るか、軽自動車検査協会のホームページからダウンロードすることも可能です。

・軽自動車税(種別割)納税証明書
有効期限内のものを準備します。軽自動車税は市区町村での課税となるため、手元にない場合は市区町村の施設で交付してもらいましょう。

軽自動車の車検について詳しく知りたい方はこちら

ユーザー車検ではどんな書類が必要?

ユーザー車検を行う場合は、車検業者に依頼する場合にも必要な自動車検査証と自動車税納税証明書、有効期限の切れる自動車損害賠償責任保険証明書に加えて、次の書類を運輸支局窓口などで当日用意します。
〈ユーザー車検に必要なものリスト〉

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用)
  • 車検費用
  • 印鑑
  • 継続検査申請書
  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 定期点検整備記録簿(整備手帳)

・自動車検査票
自動車検査票とは、所有する自動車の検査項目の合否が記載される書類です。ユーザー車検を行う場合は、陸運局の窓口で受け取りましょう。

・自動車重量税納付書
車検時、自動車重量税を納めるために使用する書類で、所有する自動車の重量税額に応じた金額の印紙を貼り付けて申請します。自動車検査票と同じく、ユーザー車検を行う場合は、陸運局の窓口で受け取りましょう。

・継続検査申請書(専用第3号様式)
継続検査申請書は車検証を発行するために必要な書類で、車検終了時に指定のコンピューターで情報を読み取り、車検証が交付されます。用紙は車検当日に陸運局の窓口で受け取るか、国土交通省のホームページからダウンロードすることもできます。

・定期点検整備記録簿(整備手帳)
メンテナンスノートとも呼ばれるもので、車検結果や検査前の点検結果を記録できる書類です。車検時に必須というわけではありませんが、次回の車検まで、車内に携行しておきましょう。なお、書類は車の購入時に付いてきたものを使用するか、整備振興会などから購入することができます。

ユーザー車検について詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら車検費用も定額でOK!

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金なしで、月々定額制で好きな車の新車に乗ることができます。定額カルモくんの提供する車はすべてオリックス自動車の取り扱う正規ディーラーによる新車で、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っています。
ここでは最後に、定額カルモくんの車検や、お得に車検や車のメンテナンスを受けられるプランについてご紹介します。

車検期限前に定額カルモくんからお知らせ

定額カルモくんのリース車は、車検満了日の1ヵ月前から30,000店以上の提携業者で車検を受けることができます。車検業者への持ち込みなどはご自身で行っていただきますが、車検時期が近づいたタイミングで定額カルモくんから車検のご案内および保険証書を郵送しているので車検切れの心配がありません。

充実したメンテナンスプラン

定額カルモくんを利用する際に車検や整備費用も定額制にしたい場合には、メンテナンスプランがおすすめです。リース同様に月々の定額制で充実したメンテナンスを受けられるため、まとまった出費に備える必要もありません。また、プラチナプランはリース返却時の原状回復費用保証や車検整備代、消耗品交換などの必要なメンテナンス費用がすべて含まれているだけでなく、メーカー保証とほぼ同等の保証内容を長期間にわたって受けることができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

車検の準備は余裕をもったスケジュールで始めよう

車検を行う業者や車の種別によっては準備するべき書類が多いため、車検の直前で慌てることのないよう、早めに用意しておきましょう。また、万が一車検切れを起こした車を運転してしまうと、道路運送車両法違反となり厳しい罰則が科せられます。車検の期日を正確に把握した上で、1ヵ月程度はスケジュールに余裕をもたせて車検日を決めるようにしましょう

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

よくある質問

Q1:車検業者に車検を依頼する際に必要なものは?

A:普通車の場合には、自動車検査証や自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、加えて車検費用と印鑑が必要です。自動車税納税証明書は自動車税(種別割)を滞納していないこと、自動車税の納付から3週間以上経過しているという2つの条件を満たしている場合は省略も可能です。

Q2:ユーザー車検の場合は必要書類が異なるの?

A:はい、異なります。自分で運輸支局等に車を持ち込んで検査を行うユーザー車検の場合は、業者に依頼する場合に必要な書類に加えて自動車検査票や自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿などを当日用意します。

Q3:軽自動車と普通車では車検に必要なものは異なるの?

A:軽自動車の場合は普通車よりも用意する書類が多くなります。自動車検査証や自動車重量税納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、定期点検整備記録簿に加えて継続検査申請書、軽自動車税(種別割)納税証明書が必要です。

※記事の内容は2020年8月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

車検記事読了後バナー