車の予備検査とは?車検との違いや検査手順、ユーザー車検のポイントを解説

車の予備検査とは?車検との違いや検査手順、ユーザー車検のポイントを解説
定額カルモくん中古車

中古車のオークションサイトやユーザー車検では「予備検査」という言葉をよく見かけますが、どのような検査なのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。そこで、予備検査の特徴や目的、通常の車検との違いなどに加えて、予備検査を受けるために必要な書類や費用の目安、注意点などを詳しくご紹介します。

また、最近ではお得に中古車に乗れる方法が人気を集めています。今すぐ中古車に安心して安く乗れる方法を知りたい方は、こちらのバナーをチェック!

安い中古車に安心して乗る方法

【この記事のポイント】
✔予備検査とはナンバープレートのない車が受ける車検の代わりの検査のこと
✔ユーザー車検に備えた事前チェックも予備検査と呼ばれる
✔車検に関する費用を抑えたい方には、カーリースの定額カルモくんがおすすめ

車の予備検査には2種類の意味がある

予備検査と呼ばれるものには、「ナンバープレートのない車に対して行う予備検査」と「ユーザー車検でスムーズに通過するために行う予備検査」の2種類の意味があります。予備検査という呼び方は同じですが、それぞれ異なる意味があるので、まずは目的や特徴をしっかり理解しておきましょう。

〈予備検査の特徴〉

 ナンバープレートのない車の予備検査ユーザー車検の予備検査
目的・特徴車検が切れた車の
車両登録手続きを行うための検査
車検と同様の検査を事前に受けて、
車検に通りやすくするための検査

 

ナンバープレートのない車の予備検査

新車や車検が切れた中古車を購入する際、車検を受けていないままでは車両登録ができません。しかし、予備検査を受けることで車検を受けた状態と同等とみなされ、車両登録手続きができるようになります。

予備検査では車検と同じ検査が行われ、合格すると「自動車予備検査証」が発行されます。なお、車両登録手続きは予備検査証の発行から3ヵ月以内に行う必要があります。

また、「予備検査付き」「予備検査渡し」などと呼ばれる予備検査済みの車は、購入後に車検を受ける必要はありませんが、車両登録手続きと同時に自賠責保険料や税金などの法定費用を支払い、法定点検を受けるのが一般的です。予備検査済みの車でれば車検証の発行が可能ですが、安全に車に乗るために受けておいたほうがいいでしょう。

ユーザー車検の予備検査

自身で整備やメンテナンスした車を、直接運輸支局に持ち込んで車検を受けることをユーザー車検と呼びます。予備検査は、ユーザー車検の前に行うことで、車検の基準を満たしているかどうかを確認することができます。ユーザー車検は安く車検を行えるのが魅力ですが、整備するための技術が必要となります。

ナンバープレートのない車の予備検査に必要な書類や費用

ナンバープレートのない車の予備検査に必要な書類や費用

オークションサイトなどで購入した中古車や、個人間で売買した車は、車検が切れてナンバープレートがないことがあります。公道を走れるようにするには、予備検査を受けた上で、車両登録手続きを行う必要があります。その際の手順や必要書類、発生する費用について見ていきましょう。なお、通常、新車や中古車にかかわらずナンバープレートのない車の予備検査は販売店が行います。

予備検査の手順

ナンバープレートのない車の予備検査は、運輸支局もしくは自動車検査登録事務所で行います。管轄区域によっては検査を受ける運輸支局が決まっているので、事前に予約が必要です。予備検査では、サイドスリップやブレーキ、スピードメーターなど規定の項目を検査し、すべてに合格すれば自動車予備検査証が発行されます。

予備検査の必要書類

中古車の予備検査には以下が必要となります。

〈必要書類〉

  • 一時抹消登録証明書
  • 印鑑
  • 譲渡証明書(第三者に譲渡する場合)

予備検査後に自動車予備検査証が発行されたら、3ヵ月以内に運輸支局でナンバープレートを発行してもらいます。その際には、以下が必要となります。

〈ナンバープレート発行の必要書類〉

  • 自動車予備検査証
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  • 実印
  • 印鑑証明

予備検査費用の目安

自動車検査事務所に車を持ち込む場合、予備検査の検査費用は審査証紙・印紙代含めて、普通車は2,100円、小型車は2,000円、軽自動車は1,400円かかります。なお、軽自動車は軽自動車検査協会に持ち込みます。
一方、予備検査場を利用する場合は、検査場によって料金の変動がありますが、費用の目安は3,000〜5,000円となります。

また、ナンバープレートがない車は原則として公道を走ることができないため、あらかじめ仮ナンバーを取得するか、レッカーや陸送などで車を運びます。その際、仮ナンバーの発行費用は約750円、陸送費は約10,000円かかります。

このように、オークションなどでお得に中古車を購入しても、予備検査などでさまざまな費用や手間がかかる可能性があります。しかし、「定額カルモくん 中古車」なら、初期費用を抑えて中古車に乗れるので、安く中古車に乗りたい方にもおすすめです。

定額カルモくん中古車

ナンバープレートのない車の予備検査と車検はどう違う?

中古車販売店で売られている中古車には、車検切れの車のほかに、「予備検査付き」や「車検付き」の中古車があります。ナンバープレートのない車の予備検査は車両登録をするために行うものですが、車検とまったく同じ検査というわけではありません。では、車検とどのような違いがあるのか、車検と予備検査の違いを比較してみましょう。

〈車検と予備検査の違い〉

 検査を受ける場所合格後にもらえる証明書有効期間法定点検
車検車検場(自動車検査登録事務所、軽自動車検査協会)車検証2年付いている
予備検査予備検査場・軽自動車検査協会自動車予備検査証3ヵ月付いていない

 

予備検査と車検の大きな違いは、車検では検査に通った後に「車検証」が発行されるのに対し、予備検査では「自動車予備検査証」と呼ばれる証明書が発行されるということです。予備検査の証明書は有効期間が3ヵ月しかないため、期間内に車両登録や自動車税(種別割)の支払いなどの手続きを済ませなければなりません。また、車検に含まれている法定点検は予備検査には含まれていないので、別途点検を行うことになります。

ユーザー車検の予備検査に必要な書類や費用

ユーザー車検を受ける前に行う予備検査は、テスター屋と呼ばれる予備検査場で受けることができます。特に車検で合格値に届かないことの多い項目を予備検査で調整しておくことで、スムーズに車検を受けられるようになります。なお、ユーザー車検の予備検査では、排気ガスやライトの測定など、おもに以下の点検を行うことができます。

〈予備検査のおもな検査内容〉

項目内容
排気ガスマフラーに測定器を入れて基準値に達しているかを確認する
ライトライトの光量や光軸を測定する
サイドスリップまっすぐに走行できるかを測定する
ブレーキブレーキが安全に作動するかを確認する
スピードメーター正しい速度を示しているかを確認する

 

ここでは、ユーザー車検の予備検査を受ける場合の必要書類や費用などをチェックしていきましょう。

予備検査の必要書類

ユーザー車検の予備検査で整備士にチェックを依頼する際は、車検と同様に以下の書類が必要となります。なお、自身で測定のみを行う場合にはこれらの書類は不要です。

〈必要書類〉

  • 自動車検査証
  • 印鑑(認印)
  • 自動車税(種別割)納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書

予備検査費用の目安

ユーザー車検の予備検査では、フルセットやフルコースと呼ばれる車検同様の「全体検査」と、サイドスリップ検査のみ、排気ガス検査のみなど、必要な検査だけを行う「単独検査」があります。検査費用は業者によって異なりますが、全体検査で約3,000〜5,000円、単独検査で約2,000〜3,000円を目安とするといいでしょう。

予備検査場は、車検前の最終チェックのほか、整備が必要な部分を洗い出すために利用する方法もあります。また、ユーザー車検で不合格になった項目を再度確認するために単独検査を行うという使い方もできます。

予備検査の受け方

ユーザー車検の予備検査は、予備検査場に車を持ち込み、場内に設けられた検査コースで各検査を行います。サイドスリップやブレーキ、スピードメーター、排気ガス、ヘッドライトなどの検査ができますが、初めての方は近くのスタッフに声をかけて、やり方を教えてもらうといいでしょう。

なお、テスター屋で検査を受ける場合、予約は不要ですが、2月や3月、9月などの繁忙期には予約をしておいたほうがスムーズに利用できるでしょう。ただし、個人経営の検査場では、予約を行っていないケースもあります。

予備検査後はここに注意

予備検査を通過していても、整備不良で車検に通らないこともあります。その場合、比較的簡単な整備であれば近くの予備検査場に持ち込んで再調整し、その日のうちに車検を受け直すのがおすすめです。

カーリースなら、面倒な車検も高い維持費も月額料金にコミコミ!

予備検査は、中古車に安く乗ったりユーザー車検をスムーズに受けたりできる方法のひとつです。しかし、詳しい知識が必要となるだけでなく、手間もかかります。そこで、車をリーズナブルかつ、安全に乗れる方法として、カーリースがおすすめです。中でも、車検費用を含めた定額制で利用できるカーリースの「定額カルモくん 中古車」について、詳しくご紹介します。

「定額カルモくん 中古車」なら車検2年付き中古車に安く乗れる

カルモくん_new

カーリースにはさまざまなサービスがありますが、業界最大級(※)の掲載台数を誇る「定額カルモくん 中古車」では、毎朝在庫が追加されるため、こだわりの1台を求めている方にもおすすめです。

また、中古車は状態によって修理費や維持費がかかるケースがありますが、「定額カルモくん 中古車」ではすべての中古車に1年間の故障保証、2年分の車検が付いています。さらに、メンテナンスプランに加入すれば車検や消耗品の交換などのメンテナンス費用も一定にできるので安心です。

このように「定額カルモくん 中古車」には安く中古車に乗れる理由があります。
実際に「定額カルモくん 中古車」でどのような車種に乗れるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

1日1回在庫追加

※ネット専業の個人向け中古車カーリース業界において2019年10月自社調べ

予備検査を賢く利用して車検をスムーズにしよう

予備検査は賢く利用することでスムーズにユーザー車検が受けられるので、ドライバーにとっては強い味方です。しかし、費用を抑えられる一方で、手間もかかります。「定額カルモくん 中古車」なら、もっとお得に安全な中古車に乗れるので、コスパ良くカーライフを送りたい方にもおすすめです。

よくある質問

Q1:車の予備検査とは?

A:予備検査と呼ばれるものには、「ナンバープレートのない車に対して行う予備検査」と「ユーザー車検でスムーズに通過するために行う予備検査」の2種類があります。新車や車検が切れた中古車を購入する際にはナンバープレートがないため、予備検査が行われます。

Q2:予備検査と車検はどう違う?

A:車検に合格した車に車検証が発行されるのに対して、予備検査は検査に通った後に「自動車予備検査証」と呼ばれる証明書が発行されます。予備検査の証明書の有効期間は3ヵ月しかないため、期間内に車両登録や自動車税(種別割)の支払いなどの手続きを済ませ、別途、法定点検を行わなくてはいけません。

Q3:面倒な車検を簡単に済ませる方法は?

A:月々の料金に車検費用を含められるカーリースであれば、支払いの手間がありません。さらに、提携の業者で車検を受けることができるので、業者選びをする必要もなく、簡単に車検の更新ができるのではないでしょうか。

※記事の内容は2021年5月の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

安い中古車に安心して乗る方法