車検業者の選び方は?安心度や料金の違いを徹底解説

車検業者の選び方は?安心度や料金の違いを徹底解説
カルモくんなら新車が

安全なカーライフを送る上で、欠かすことのできないのが車検です。車検は、ディーラーや専門業者、ガソリンスタンドなど、さまざまな業者に依頼することができますが、どのように選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、安心度や料金の違いなどをもとに、車検業者の選び方についてご紹介します。

車検が受けられる業者の種類

車検が受けられる業者の種類

車検は、ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などさまざまな業者を通して受けることができます。車検に合格する基準は法律で定められているため、受ける業者にかかわらず内容は同様です。しかし、どうして車検費用に違いが生じるのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。車検業者ごとの料金の差は、整備内容や使用する部品の違いにあります。
まずは、車検が受けられる業者ごとの特徴について見ていきましょう。

1. ディーラー

車をディーラーから購入した場合には、車検の時期が近づくと案内が届くことも多いでしょう。ディーラー車検では、純正の部品を使った丁寧な点検や整備を受けることができるという特徴があります。充実した設備に加えて、経験や知識の豊富な整備士がそろっているのもディーラー車検のメリットです。しかし、純正の部品自体の価格が高いことや、より安心な車の走行のために消耗品などの交換を早めに行う傾向があるため、ほかの方法と比べて車検費用が最も高額となります。

2. ガソリンスタンド

最寄りのガソリンスタンドでも車検を受けることができます。いつも利用しているガソリンスタンドであれば、顔なじみになっていることも多く、営業時間も長く頼みやすいというメリットがあります。また、車検を申し込むとガソリン代やタイヤ交換の割引などの特典をつけてくれるケースもあります。しかしながら、整備を店舗で行った上で車検自体は別の整備工場などで行うため、車検専門店などに比べると日数がかかる可能性があります。

3. カー用品店

全国展開している大手カー用品店などでも車検を受けることができます。店舗内に整備場が設けられている場合もあり、比較的営業時間も長いので、忙しい方でも車検を受けやすいでしょう。しかし、店舗によって整備士の質が異なるため、慎重に選ぶようにしましょう。

4. 整備工場

街なかにある整備工場でも車検を受けることができます。整備工場には、運輸支局等に車を持ち込んで車検を行う認定工場と、整備工場内で車検を行うことができる指定工場の2種類があります。また、整備工場によっても規模の大きさや知識、技術の質に差があるため、カー用品店の場合と同じく慎重に選ぶようにしましょう。しかしながら、車のメーカーや車種を問わず、車検を依頼できるというメリットもあります。

5. 車検専門店

車検専門店では、1時間程度で車検が終わる業者もあるので、最もスピーディーに車検を受けることができます。車検の様子を見学できる車検専門店などもあり、どのような検査をやっているのかチェックしたいという場合にも適しているでしょう。フランチャイズ店の場合、一定以上のサービスが受けられるという安心感もあります。また、ほかの業者よりも費用を抑えて車検が受けられるという大きなメリットもあります。

こちらも併せてご覧ください。

車検費用を安く抑えるポイントは?知っておきたい車検選びの注意点

※上記の記事では、車検費用を安く抑える方法、車検業者の選び方、車検を受けるときの注意点などについて解説しています。

車検にかかる費用にはどんなものがあるの?

車検にかかる費用にはどんなものがあるの?

車検費用は、税金や自賠責保険料などの法定費用、業者ごとに設けられた車検基本料、消耗品の交換やメンテナンスなどを行う整備料の3つに分けられます。それぞれの費用の特徴や業者による違いは、以下のようになっています。

・法定費用
法定費用には、国に納める税金や自賠責保険料、検査手数料などが含まれます。どこの業者で車検を受けても一律の金額となっており、原則として現金での支払いとなります。なお、業者によってはクレジットカードが使えたり、ローンが組めたりすることもあります。

・車検基本料
車検基本料は、車検を受ける際にベースとなる費用のことで、24ヵ月定期点検料や測定検査料、車検代行手数料が含まれます。業者によって金額設定が異なり、整備や消耗品の交換などが発生しない場合にも車検基本料は必要となります。

・整備料
整備料は、車検時に整備や部品の交換などが必要となった場合に発生する費用のことで、業者によって金額設定が異なります。車の状態によって整備内容が変わるため、点検してみないとどれくらいの費用がかかるのかわからないので、注意が必要です。

車検費用が安い業者はどこ?

車検を受ける業者を選ぶとき、かかる費用は重要なポイントです。軽自動車の車検費用の相場は約50,000〜80,000円となっており、最低でも法定費用の自賠責保険料が25,070円、自動車重量税6,600円~、検査手数料1,000〜がかかります。また、整備の内容や使用する部品の金額によって車検費用にも差があり、安い業者ほど必要最低限の整備内容となる傾向があります。そのため、複数の業者から見積もりを取って、整備内容をしっかりと確認することで、最も安全に安く費用を抑えられます。

一番安心して任せられるのはどこ?

安心度を重視したいという方は、最も多くの項目の点検を行い、純正の部品を使用しているディーラー車検がおすすめです。費用は高くなりますが、正規店の保証も得られるので、安心してカーライフを送ることができるでしょう。また、車検などで発生する整備の内容は専門的な事柄も多く、把握するのが難しい場合もあります。そのため、信頼できる整備士のいる整備工場やコミュニケーションを取りやすいガソリンスタンドのほうが安心できるという方もいるでしょう。このように、業者ごとにメリットが異なるので、自分のライフスタイルに合った業者を選ぶのがおすすめです。

カーリースなら車検費用も定額制にできる

カーリースなら車検費用も定額制にできる

車検業者の選び方はわかっても手間がかかるので面倒くさいという方は、定額料金で車検やメンテナンスを受けられるカーリースへの変更を検討してみてもいいでしょう。定額制でマイカーのように車を利用できるカーリースでは、車検費用が月額料金に含まれていたり定額制にできたりする場合があります。車検は、車の維持費の中でもまとまった費用がかかるものですが、カーリースであれば月々の支払いに含めることができます。また、車検業者選びの手間をかけずに車検を受けることができます。

車検_コミコミ1万円バナー

定額カルモくんなら充実したメンテナンスが受けられる!

 

カルモくん_new

月々1万円台から利用できるカーリースサービスの「定額カルモくん」では、メンテナンス費用が定額にできる選べるメンテナンスプランを用意しています。車検費用はもちろん、オイルやタイヤなどの交換費用など、車の維持に欠かせないものが含まれているので、初めてのカーライフの方や充実したメンテナンスを受けたい方にもおすすめです。中でも、最も充実した内容のプラチナメンテプランでは、メーカー保証とほぼ同等の保証内容を長期間にわたり受けることができます。

カルモくんでできること

安心して任せられる車検業者を見つけよう

車検は安心して車に乗るために大切な検査登録制度です。料金の安さだけでなく、整備内容や不明点に対してきちんと説明してくれる業者であれば、安心して車検を任せられるのではないでしょうか。車検の時期になってから慌てることのないように、いつも利用しているガソリンスタンドやカー用品店などで情報収集をするのもおすすめです。

よくある質問

Q1:車検はどこで受けられるの?

A:車検はディーラーやガソリンスタンド、カー用品店、車検専門店など、さまざまな業者を通して受けることができます。業者ごとにそれぞれ特徴があり、ディーラーでは純正部品を使ったしっかりとした整備、車検専門店では安くスピーディーに対応ができるといったメリットがあります。

Q2:車検業者による違いは?

A:営業時間や店舗数の多さなどにより、車検の受けやすさや料金設定が異なります。車検料金の差は、整備の内容や範囲、使用する部品の違いによって生じるため、納得できる料金と内容の業者に頼むことが大切です。

Q3:安心して任せられる車検業者は?

A:安心度を重視したいという方は、純正の部品を使用しているディーラー車検がおすすめです。費用は最も高くなりますが、点検項目が多く、正規店という安心感もあるので、納得してカーライフを送ることができるでしょう。また、車検などで発生する整備の内容は専門的な事柄も多く、すべてを把握するのは難しいため、信頼できる整備士のいる整備工場やガソリンスタンドを選ぶのがおすすめです。

Q4:車検費用を安く済ませるためには?

A:車検専門店では、早く安く車検を受けられる傾向があります。また、ガソリンスタンドでは、ガソリン代の割引やタイヤ交換などの特典を用意していることもあるので、総合的に考えると車検費用を抑えることにもつながるでしょう。

※記事の内容は2020年1月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

車検記事読了後バナー