ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車検ってめんどくさい!スムーズに受ける方法やそのほかの選択肢とは

車検ってめんどくさい!スムーズに受ける方法やそのほかの選択肢とは

安全にカーライフを送る上で欠かせない車検ですが、手間や時間がかかるため面倒に感じる方も多いでしょう。しかし、車検業者の選び方や車検の受け方でかかる手間も変わります。
そこで、車検をよりスムーズに受ける方法や車検の受け方などについて解説します。

車検がめんどくさいと言われる理由とは?

車検がめんどくさいと言われる理由とは?

新車購入時から3年後、その後は2年ごとに受けなければならない車検。安全に車に乗るために必要なことだとわかっていても、めんどくさいと感じる方が多いようです。車検がめんどくさいと感じる理由について、詳しく見ていきましょう。

時間がかかる

車検を受ける方法によっても違いはありますが、長いと2~3日かかることもあります。また、その間も車が必要な場合は、代車の手配をしなければならないため、抵抗を感じる方もいるでしょう。

手間がかかる

車検に出す際には、車検を依頼する店舗に車を預けて、車検が終わるタイミングで引き取りに行かなくてはいけません。これは、忙しい方にとって大きな手間となります。また、車を預ける前に車内を掃除しておきたいと考える方にとっては、それもまた面倒に感じる理由といえるでしょう。

お金がかかる

安全のためとはいえ、車検にはまとまった費用がかかります。車検の方法や車種、車の状態によって違いはありますが、1回の車検にかかる費用の目安は10万円ほど。気軽に出せる金額ではないため、車検が近づくと憂鬱に感じる方も多いでしょう。

スムーズに車検を受ける方法は?

車の所有者の義務でもある車検は、車に乗っている限りは避けて通れないものです。そのため、できるだけスムーズに車検を受ける方法を知っておくと安心でしょう。
そこで、車検を受ける方法別に、それぞれの特徴についてご紹介します。

ディーラーなど購入時の販売店に依頼する

ディーラーや販売店で車検を受けるメリットは、なんといっても安心感があることでしょう。純正の部品を使ったり、手厚いサービスが受けられたりとサポート面が充実しているのも特徴です。しかし、その分車検に日数を要するケースが多く、費用も高くなる傾向があります。

カー用品店や車検専門店に依頼する

カー用品店や車検専門店は、ディーラーに依頼するよりも費用が安く済み、即日車検に対応しているところが多いため、車検の期限が迫っているときや忙しい方におすすめです。なお、車検専門店の場合は専門性の高い整備士が整備してくれるため、安心感もあります。しかし、即日車検の場合は、車検に通すための最低限の整備のみとなっていることもあるので注意しましょう。

ネットで近隣の車検業者を探す

ネットで近隣の車検業者を探す

どこに車検を頼めばいいのかわからない方や複数の見積もりを取るのが面倒という方は、インターネットを使って近隣の車検業者を探しましょう。車検業者が検索できるサイトでは、郵便番号などを入力すると、その近くで車検に対応している業者の一覧を見ることができます。また、車検にかかる費用の目安も確認できるので、実店舗を回る手間もかかりません。

ユーザー車検は上級者向け

ユーザー車検とは、自分で運輸支局に車を持っていき自分で車検を受ける方法で、ディーラーや車検専門業者に依頼するより費用を抑えることができるのがメリットです。しかし、車の整備に関する専門知識が必要となるだけでなく、もし不合格となった場合には再検査を受けなくてはいけません。そのため、知識のある上級者向けの方法といえるでしょう。

車検の流れって?

車検をスムーズに受けるためにも、車検の流れを知っておくことは大切です。
ここでは、ディーラーや業者に車検を依頼した場合の流れを確認しておきましょう。

1. 車検の期限前に見積もりを取る

新車の場合は購入から3年後、それ以降は2年ごとに車検を受けなくてはいけません。また、車検の満了日は、車検証やフロントガラスに貼られたステッカーで確認が可能です。車検満了日の直前に予約した場合、希望日に予約が取れなかったり部品が足りなかったりして、車検を更新できない可能性があります。
そのため、余裕をもって見積もりを取りましょう。

2. 予約を入れる

見積もり金額に納得できたら、希望日に予約を入れましょう。満了日の2ヵ月~1ヵ月半くらい前には予約を入れるようにしておくと安心です。

3. 書類を揃える

車検の際には、いくつかの書類が必要になります。車検証と自賠責保険証明書は車に積んであることがほとんどですが、自動車税納税証明書については収納済印のあるものを提出する必要があります。
事前に揃えておきましょう。

<車検に必要な書類>
・自動車検査証(車検証)
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)
・自動車税納税証明書
・継続検査申請書
・軽自動車税(種別割)納税証明書※
※軽自動車のみ

4. 車を預ける

予約日に店舗へ車を持ち込みます。車検完了までに必要な時間は店舗によって異なりますが、早くて1時間程度、長いと2~3日ほどかかります。即日車検の場合は車検完了後にそのままマイカーに乗って帰ることができますが、日数を要するときは後日来店しなくてはいけません。

売却やカーリースなどの選択肢もある

売却やカーリースなどの選択肢もある

どれだけスムーズに車検を受けたとしても、一定の手間や時間はかかります。もし、車を使うのは週末だけ、月に数回しか乗らないといった状況であれば、思い切って車を売却したりカーリースを利用したりなどの選択肢もあります。

市場価値が高ければ売却もあり

中古市場での価値が高い車なら高値で売却できる可能性もあり、年数が経った車であっても、走行距離が短かったり人気の車種であったりすると高価買取りしてもらえるかもしれません。

カーリースなら車検も簡単

定額制でマイカーのように車に乗れるカーリースは、車のサブスクリプションサービスです。月々一定の料金には、税金や自賠責保険料など、車の購入や維持でかならずかかる費用が含まれています。そのため、車に関する支出をフラットにすることができるのが魅力です。

一本化用支出イメージ

また、リース会社と提携している車検業者で車検に出せる場合が多く、業者探しの手間もかかりません。ほかにも、おトクにマイカー 定額カルモくんのように、オプションで車検などのメンテナンス費用も定額にできるサービスであれば、費用の心配もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

自分に合った車検方法を選ぼう

手間や時間がかかるため、ついつい面倒になって後回しにしがちな車検ですが、安心して車の運転をするために大切な点検制度です。よりスムーズに受けるためにも、自分に合った方法を見つけておくことが大切なのではないでしょうか。

カルモくんを資料で詳しく

LINEクルマ診断

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車検記事読了後バナー