車検の頻度は何年おき?有効年数や車種による年数の違いを徹底解説

車検の頻度は何年おき?有効年数や車種による年数の違いを徹底解説 車を保有するにあたって定期的に発生する車検は、維持費の中でも大きな出費です。車種によって金額は異なりますが、10万円前後の費用がかかることもあるため、あらかじめ準備しておく必要があります。そこで、まずはどれくらいの頻度で車検を受けなくてはいけないのか、車検の有効年数を把握しておくことが大切です。 ここでは、車検の有効年数や車検の内容など、車検について知っておきたいことについて説明します。 【この記事のポイント】 ・乗用車の車検は、新車は3年、2回目以降は2年ごとに行う ・商業用やキャンピングカーなど、用途によって車検期間が違う ・中古車は、購入時の状態によって受けるタイミングが変わる <見出し> 車検の有効期間は何年? 車検の有効期間は、初回登録時検査かそれ以降の検査かどうかや、車の種別によって異なります。そのため、普通乗用車や軽自動車を新車で購入した場合は、最初の車検は購入から3年後、以降は2年ごとに車検を受けることになります。さまざまな車の有効期間について、一覧で見ていきましょう。 車種 有効期間 初回登録時(1回目) 2回目以降 乗用自動車 普通・小型 3年 2年 軽 三輪 2年 2年 貨物自動車 軽 2年 2年 車両総重量8t未満 2年 1年 車両総重量8t以上 1年 1年 特殊自動車 普通・小型(キャンピングカーなど) 2年 2年 大型特殊自動車 商業用自動車 バス・タクシー 1年 1年 レンタカー(乗用自動車) 2年 1年 二輪 小型自動二輪車(250cc超) 3年 2年 車検の有効期間は、乗用車や貨物、商業用などの用途によって変わります。仮に有効期間を過ぎてしまった場合には、公道を走行できなくなるため、注意が必要です。また、車検が切れた車で公道を走行した場合は、道路運送車両法108条により6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金、かつ交通違反にも該当するため、違反点数6点に加えて30日間の免許停止処分となるので、車検期間はしっかり把握しておきましょう。 車検切れの罰則についてチェックする <見出し> 中古車の場合、車検の年数はどうなるの? 中古車市場では、車検の有効期間が残っている「車検あり」と、車検が切れた状態の「車検なし」の2つのパターンの中古車が売られています。そのため、購入する車によって次の車検までの期間が異なります。 ・車検ありの場合 「車検あり」の中古車の場合、残っている期間によって受けるタイミングが変わります。そのため、その車の車検有効期間満了日までに車検を受け、以降2年ごとに車検を受けることになります。 ・車検なしの場合 「車検なし」の中古車の場合、車検が切れた状態では公道を走ることができないので、購入と同時に車検を受けなくてはいけません。それ以降は、通常どおり2年ごとの更新となります。 <見出し> 車検の年数はどうやって確認するの? マイカーの車検の年数が知りたい場合には、「車検証(自動車検査証)」もしくは「車検シール(車検標章)」を確認する2つの方法があります。どちらにも車検の満了時期が記載されていますが、車に保管することが義務付けられている車検証は年月日なのに対し、フロントガラス上部に貼られた車検シールは年月のみと、満了日までは記載されていないので、正確な時期は車検証で確認しておく必要があります。 <見出し> 車検までにやっておくべきことはある? 車検は2〜3年ごとに受ける定期検査ですが、安心してカーライフを送るためには、そのあいだにもメンテナンスをしておかなくてはいけません。また、車検時に慌てることのないよう、日頃から必要な書類をきちんと保管しておくことも大切です。車検と車検のあいだの時期や、車検前にやっておくべきことを把握しておきましょう。 <小見出し> オイル交換などのメンテナンスをこまめに行う 2年に一度の車検でのメンテナンスだけでなく、日頃からこまめにメンテナンスをしておくことで、車検時に大々的な整備を必要としなくなる場合があります。より安全に車の状態を保つことにもつながり、車検費用の負担軽減にもなります。なお、エンジンオイルが十分に性能を発揮できるのは走行距離3,000kmあたりまでなので、5,000kmごとを目安に交換するようにしましょう。 車の状態は、走行距離や使用頻度などによっても変わるため、3ヵ月や6ヵ月、12ヵ月などの定期点検を受けておくと安心です。こまめに点検を受けておくことで、下取りや売却時の評価が高くなるので、査定額の上昇にもつながります。 <小見出し> 必要書類の保管場所を確認する 車検を受けるのに最適なのは、車検満了日の1ヵ月前からの1ヵ月間です。事前に予約などを行う必要もあるので、直前になって慌てないように、必要書類の保管場所を確認しておきましょう。なお、車検には、車検証のほかに、自動車損害賠償責任保険証明書や自動車税納税証明書などが必要となります。必要な書類は軽自動車と普通車でも違うため、確認しておきましょう。 車検の必要書類をチェックする 車検証は車に保管することが義務付けられているため、ダッシュボードなどに入れておくのが一般的です。もし、紛失してしまった場合には、車の使用地を管轄している運輸支局で再発行をしておきましょう。 詳しい車検証の再発行方法はこちら <見出し> そもそも車検とはどんな制度? 一般的に車検と呼ばれる自動車継続検査は、自動車が国の定める安全基準をクリアしているかをチェックするために、一定期間ごとに行われる検査のことです。また、車検には有効期間が設けられており、車検の有効期間が切れている車は公道を走ってはいけないというルールがあります。 車検は有効期間満了より前であれば受けることができますが、1ヵ月以上早く受けると前回の有効期間が無効となり、その日から2年間となってしまうため、車検期間満了の1ヵ月前から当日までに受けるのが一般的です。なお、車検では車体やランプ、タイヤ、ブレーキ、スピードメーターなどに問題がないか、ランプの光量や光軸は基準値以内か、排ガスの一酸化炭素や炭化水素濃度は基準値内かどうかなどがチェックされます。 車検の検査項目について詳しく知りたい方はこちら <見出し> 車検にはどんな費用がかかるの? 車検にかかる費用は、自賠責保険料や自動車重量税などの法定費用、業者に車検を依頼する際にかかる車検基本料、部品交換や修理にかかる整備や修理費用の3つに分けられます。なお、法定費用に含まれる自動車重量税の税額は車の重量によって異なり、新車登録から13年、18年が経過すると10,000円前後引き上げられます。また、新車登録から10年を超えると消耗部品の交換が必要となることが多いため、整備や修理費用がかかる傾向にあります。 車種や業者別、車検費用の相場はこちら <見出し> 車検費用が増えるのは、何年目から? 車検にかかる費用には、業者ごとに定められた車検基本料、税金や自賠責保険料などの法定費用、部品交換費用の3種類があります。中でも、ガソリン車やディーゼル車の税金は、一定の年数が経過すると増額となるので、それまでよりも車検費用が上がることになります。 <小見出し> ガソリン車:13年目に自動車重量税や自動車税が上がる ガソリン車の場合、車の重量ごとに課せられる自動車重量税や、4月1日時点の車の所有者に課せられる自動車税(軽自動車税)は、新車登録から13年目に15%ほど増税となります。車の排気量ごとに税額が決められている自動車税ですが、1,000超~1,500cc以下の車の場合、13年未満は34,500円、13年以降は約39,600円と、増額します。 <小見出し> ディーゼル車:11年目から増税となる 年式が古くなることでの環境への影響が大きいディーゼル車の場合は、ガソリン車よりも早い11年目に増税となります。乗用車のディーゼル車の場合は15%、トラックやバスなどの場合は10%ほどの増税となります。 <見出し> 車検を気にせず車に乗るなら「カーリース」がおすすめ 車には乗りたいけど車検費用が気になるという場合には、定額制で車を利用できるカーリースという方法もあります。 カーリースとは、リース会社が保有する車を月々定額の使用料を支払うことでレンタルできるサブスクリプションサービスのことです。レンタカーと違って、リース期間が1~11年と長いのが特徴です。 また、車検の際に必要となる自賠責保険料や法定費用が月々の使用料に含まれているので、これらを別途用意する必要はありません。さらに、オプションでメンテナンス付きのプランを選べば、車検やメンテナンス費用も月々の使用料と合算して毎月定額制で支払うことができます。 カーリースについて詳しく知りたい方はこちら <見出し> 車検有効期間を把握して車検に備えよう 車検をいつ受けなくてはいけないかによって、その年の維持費は変わります。また、車種によっても費用が違うため、車を購入する際は車検費用を含めた上で維持費を計算してみるのがおすすめです。購入にこだわらないという場合には、車検費用を気にせず車に乗れるカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。 <見出し> よくある質問 <小見出し> Q1:そもそも車検とは? A:車検の正式名称は自動車継続検査といい、その車が国の定める安全基準をクリアしているかどうかを確認するために一定期間ごとに行われる検査のことです。車検を受けていない車は公道を走行することが禁止されているため、必ず有効期間内に更新しておかなくてはいけません。 <小見出し> Q2:車検に有効期間はあるの? A:車検には有効期間が定められており、そのまま乗り続ける場合には、車検満了日までに更新しておかなくてはいけません。なお、乗用の普通車や軽自動車は、新車登録から3年後、それ以降は2年ごとに有効期間が更新されます。 <小見出し> Q3: 車検にはどんな費用がかかるの? A:車検では自動車重量税などの税金や自賠責保険料などを合わせた法定費用、業者に車検を依頼する際にかかる車検基本料、整備・修理費用がかかります。 ※記事の内容は2020年8月時点の情報で制作しています。

車を保有するにあたって定期的に発生する車検は、維持費の中でも大きな出費です。車種によって金額は異なりますが、10万円前後の費用がかかることもあるため、あらかじめ準備しておく必要があります。そこで、まずはどれくらいの頻度で車検を受けなくてはいけないのか、車検の有効年数を把握しておくことが大切です。
ここでは、車検の有効年数や車検の内容など、車検について知っておきたいことについて説明します。

【この記事のポイント】

  • 乗用車の車検は、新車は3年、2回目以降は2年ごとに行う
  • 商業用やキャンピングカーなど、用途によって車検期間が違う
  • 中古車は、購入時の状態によって受けるタイミングが変わる

車検の有効期間は何年?

車検の有効期間は、初回登録時検査かそれ以降の検査かどうかや、車の種別によって異なります。そのため、普通乗用車や軽自動車を新車で購入した場合は、最初の車検は購入から3年後、以降は2年ごとに車検を受けることになります。さまざまな車の有効期間について、一覧で見ていきましょう。

車種有効期間
初回登録時(1回目)2回目以降
乗用自動車普通・小型3年2年
三輪2年2年
貨物自動車2年2年
車両総重量8t未満2年1年
車両総重量8t以上1年1年
特殊自動車普通・小型(キャンピングカーなど)2年2年
大型特殊自動車
商業用自動車バス・タクシー1年1年
レンタカー(乗用自動車)2年1年
二輪小型自動二輪車(250cc超)3年2年

 

車検の有効期間は、乗用車や貨物、商業用などの用途によって変わります。仮に有効期間を過ぎてしまった場合には、公道を走行できなくなるため、注意が必要です。また、車検が切れた車で公道を走行した場合は、道路運送車両法108条により6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金、かつ交通違反にも該当するため、違反点数6点に加えて30日間の免許停止処分となるので、車検期間はしっかり把握しておきましょう。

車検切れの罰則についてチェックする

楽天車検バナー

中古車の場合、車検の年数はどうなるの?

中古車市場では、車検の有効期間が残っている「車検あり」と、車検が切れた状態の「車検なし」の2つのパターンの中古車が売られています。そのため、購入する車によって次の車検までの期間が異なります。

・車検ありの場合
「車検あり」の中古車の場合、残っている期間によって受けるタイミングが変わります。そのため、その車の車検有効期間満了日までに車検を受け、以降2年ごとに車検を受けることになります。

・車検なしの場合
「車検なし」の中古車の場合、車検が切れた状態では公道を走ることができないので、購入と同時に車検を受けなくてはいけません。それ以降は、通常どおり2年ごとの更新となります。

車検の年数はどうやって確認するの?

マイカーの車検の年数が知りたい場合には、「車検証(自動車検査証)」もしくは「車検シール(車検標章)」を確認する2つの方法があります。どちらにも車検の満了時期が記載されていますが、車に保管することが義務付けられている車検証は年月日なのに対し、フロントガラス上部に貼られた車検シールは年月のみと、満了日までは記載されていないので、正確な時期は車検証で確認しておく必要があります。

車検までにやっておくべきことはある?

車検は2〜3年ごとに受ける定期検査ですが、安心してカーライフを送るためには、そのあいだにもメンテナンスをしておかなくてはいけません。また、車検時に慌てることのないよう、日頃から必要な書類をきちんと保管しておくことも大切です。車検と車検のあいだの時期や、車検前にやっておくべきことを把握しておきましょう。

オイル交換などのメンテナンスをこまめに行う

2年に一度の車検でのメンテナンスだけでなく、日頃からこまめにメンテナンスをしておくことで、車検時に大々的な整備を必要としなくなる場合があります。より安全に車の状態を保つことにもつながり、車検費用の負担軽減にもなります。なお、エンジンオイルが十分に性能を発揮できるのは走行距離3,000kmあたりまでなので、5,000kmごとを目安に交換するようにしましょう。

車の状態は、走行距離や使用頻度などによっても変わるため、3ヵ月や6ヵ月、12ヵ月などの定期点検を受けておくと安心です。こまめに点検を受けておくことで、下取りや売却時の評価が高くなるので、査定額の上昇にもつながります。

必要書類の保管場所を確認する

車検を受けるのに最適なのは、車検満了日の1ヵ月前からの1ヵ月間です。事前に予約などを行う必要もあるので、直前になって慌てないように、必要書類の保管場所を確認しておきましょう。なお、車検には、車検証のほかに、自動車損害賠償責任保険証明書や自動車税納税証明書などが必要となります。必要な書類は軽自動車と普通車でも違うため、確認しておきましょう。

車検の必要書類をチェックする

車検証は車に保管することが義務付けられているため、ダッシュボードなどに入れておくのが一般的です。もし、紛失してしまった場合には、車の使用地を管轄している運輸支局で再発行をしておきましょう。

詳しい車検証の再発行方法はこちら

そもそも車検とはどんな制度?

一般的に車検と呼ばれる自動車継続検査は、自動車が国の定める安全基準をクリアしているかをチェックするために、一定期間ごとに行われる検査のことです。また、車検には有効期間が設けられており、車検の有効期間が切れている車は公道を走ってはいけないというルールがあります。
車検は有効期間満了より前であれば受けることができますが、1ヵ月以上早く受けると前回の有効期間が無効となり、その日から2年間となってしまうため、車検期間満了の1ヵ月前から当日までに受けるのが一般的です。なお、車検では車体やランプ、タイヤ、ブレーキ、スピードメーターなどに問題がないか、ランプの光量や光軸は基準値以内か、排ガスの一酸化炭素や炭化水素濃度は基準値内かどうかなどがチェックされます。

車検の検査項目について詳しく知りたい方はこちら

車検にはどんな費用がかかるの?

車検にはどんな費用がかかるの?

車検にかかる費用は、自賠責保険料や自動車重量税などの法定費用、業者に車検を依頼する際にかかる車検基本料、部品交換や修理にかかる整備や修理費用の3つに分けられます。なお、法定費用に含まれる自動車重量税の税額は車の重量によって異なり、新車登録から13年、18年が経過すると10,000円前後引き上げられます。また、新車登録から10年を超えると消耗部品の交換が必要となることが多いため、整備や修理費用がかかる傾向にあります。

車種や業者別、車検費用の相場はこちら

車検費用が増えるのは、何年目から?

車検にかかる費用には、業者ごとに定められた車検基本料、税金や自賠責保険料などの法定費用、部品交換費用の3種類があります。中でも、ガソリン車やディーゼル車の税金は、一定の年数が経過すると増額となるので、それまでよりも車検費用が上がることになります。

ガソリン車:13年目に自動車重量税や自動車税が上がる

ガソリン車の場合、車の重量ごとに課せられる自動車重量税や、4月1日時点の車の所有者に課せられる自動車税(軽自動車税)は、新車登録から13年目に15%ほど増税となります。車の排気量ごとに税額が決められている自動車税ですが、1,000超~1,500cc以下の車の場合、13年未満は34,500円、13年以降は約39,600円と、増額します。

ディーゼル車:11年目から増税となる

年式が古くなることでの環境への影響が大きいディーゼル車の場合は、ガソリン車よりも早い11年目に増税となります。乗用車のディーゼル車の場合は15%、トラックやバスなどの場合は10%ほどの増税となります。

車検を気にせず車に乗るなら「カーリース」がおすすめ

支出不安定

ずっと定額

車には乗りたいけど車検費用が気になるという場合には、定額制で車を利用できるカーリースという方法もあります。
カーリースとは、リース会社が保有する車を月々定額の使用料を支払うことでレンタルできるサブスクリプションサービスのことです。レンタカーと違って、リース期間が1~11年と長いのが特徴です。
また、車検の際に必要となる自賠責保険料や法定費用が月々の使用料に含まれているので、これらを別途用意する必要はありません。さらに、オプションでメンテナンス付きのプランを選べば、車検やメンテナンス費用も月々の使用料と合算して毎月定額制で支払うことができます。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車検有効期間を把握して車検に備えよう

車検をいつ受けなくてはいけないかによって、その年の維持費は変わります。また、車種によっても費用が違うため、車を購入する際は車検費用を含めた上で維持費を計算してみるのがおすすめです。購入にこだわらないという場合には、車検費用を気にせず車に乗れるカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1:そもそも車検とは?

A:車検の正式名称は自動車継続検査といい、その車が国の定める安全基準をクリアしているかどうかを確認するために一定期間ごとに行われる検査のことです。車検を受けていない車は公道を走行することが禁止されているため、必ず有効期間内に更新しておかなくてはいけません。

Q2:車検に有効期間はあるの?

A:車検には有効期間が定められており、そのまま乗り続ける場合には、車検満了日までに更新しておかなくてはいけません。なお、乗用の普通車や軽自動車は、新車登録から3年後、それ以降は2年ごとに有効期間が更新されます。

Q3:車検にはどんな費用がかかるの?

A:車検では自動車重量税などの税金や自賠責保険料などを合わせた法定費用、業者に車検を依頼する際にかかる車検基本料、整備・修理費用がかかります。

※記事の内容は2020年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr