ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの車で事故を起こしたら違約金?事故時に取るべき対応や修理費用を解説

カーリースの事故は違約金が発生する?事故時の対応や修理費用を確認!
カーリースの事故は違約金が発生する?事故時の対応や修理費用を確認!
顧客対応満足度の高いカーリース

カーリースの車を運転していて事故を起こしてしまったら違約金が発生するといわれますが、本当でしょうか。また、事故の現場ではどのように行動すればいいでしょうか。カーリースであっても、事故時にやるべきことは、自分で購入した車の場合と変わりありません。しかし、カーリースならではの注意点もあります。詳しく見ていきましょう。

  • カーリースの車で全損事故を起こしたら、リース契約は解約となり違約金が発生する
  • カーリースの車で事故を起こしたら、修理代は契約者負担
  • 事故リスクを抑えられるプランの充実したカーリースを選ぼう

カーリースで事故を起こしてしまったら違約金が発生する?

カーリースで事故を起こしてしまったら違約金が発生する?

カーリースの車で事故を起こしてしまったら違約金が発生するといわれることがありますが、本当でしょうか。カーリース利用中の事故と違約金の関係について、詳しく見ていきましょう。

事故を起こしたからといって違約金が発生するとは限らない

カーリースの車を事故で全損させてしまったら、車の使用が困難になるため、リース契約は終了となり、違約金が発生します。

カーリース会社は、あらかじめ定められた契約期間、月額料金が支払われることを前提に金額やサービス内容を設定しています。そのため、期間の途中で契約が終了すると、支払われなかった料金の分が損害となってしまいます。その損害を補うために、違約金が必要となるのです。

つまり、「事故を起こしたから違約金が発生する」のではなく、「契約が途中で終了したから違約金が発生する」のだと覚えておきましょう。逆に、事故を起こしたとしても、修理が可能な範囲であれば、リース契約はそのまま維持されるので、違約金を支払う必要もありません。

ただし、修理代は契約者の自己負担となります。そのため、万が一に備えて任意保険に入っておくのがおすすめです。

カーリースの違約金はいくら?

それでは、違約金が発生した場合、金額はどのくらいになるのでしょうか。詳細はカーリース会社によっても異なりますが、基本的には「残りの契約期間の月額料金相当」と覚えておきましょう。

例えば、月額3万円、7年契約のカーリースで丸5年が経過していれば、残り2年分の料金、つまり72万円程度になると考えられます。

事故を起こしたタイミングや、そのほかの状況によって減額されることもありますが、概ねこの金額がかかると覚えておきましょう。

カーリースの車で事故を起こしたときは?

カーリースの車で事故を起こしたときは?

カーリースの車で事故を起こした場合も、取るべき行動は自分で購入した車の場合と変わりありません。具体的に見ていきましょう。

1. 救急や警察に連絡

負傷者がいる場合、救護を最優先で行い、必要に応じて救急に連絡しましょう。そして自身の安全を確保したら、警察に連絡しましょう。事故が起こった場合の警察への報告は義務付けられていますので、事故の大小にかかわらず必ず行いましょう。

2. 保険会社に連絡

救急や警察への連絡が終わったら、加入している任意保険の保険会社にも連絡しましょう。どのような対応が必要かアドバイスをもらえたり、運転者に代わって交渉等を行ってもらえたりします。また、その後の手続きのためにも、正しく状況を伝えておくことが大切です。

3. カーリース会社に連絡

警察や保険会社だけでなく、カーリース会社への連絡も必要です。事故を起こした際にはカーリース会社に報告する義務があり、これを怠ると契約違反に該当する可能性があります。

4. 連絡後は各所の指示に従う

警察や救急、カーリース会社への電話連絡が終わったあとは、それぞれの指示に従い、必要な手続きを済ませましょう。

事故を起こしたリース車の修理について

事故を起こしたリース車の修理について

カーリースの車で事故を起こし、その車に損傷が生じた場合は基本的に修理が必要です。リース車の修理について、どこで行い、費用負担はどうなるのか、詳しく見ていきましょう。

勝手に修理してはいけない

リース車の修理が必要と思われる場合でも、自己判断で修理や業者への依頼を行わず、リース会社に相談し、指示に従いましょう。リース会社が提携している工場や業者を紹介されるケースが一般的です。
無断で修理してしまうと、契約違反に問われる可能性があります。

修理費用は過失割合で決まる

リース車の修理費用は利用者に支払い義務があります。しかし修理費用のうちいくらを負担するかは、過失割合によって決まります。過失割合は、双方の保険会社の話し合いによって決まるのが一般的です。

またもちろん、任意保険に入っていれば、基本的に修理費用は保険でまかなえます。

主な部品の修理費用

では、車の修理にはどの程度の費用がかるのでしょうか。修理箇所ごとの相場を見ておきましょう。

〈修理部品の相場費用〉

修理箇所費用相場
エンジン修理20~100万円
フレーム10~100万円
バンパー1~20万円
ボンネット3~10万円
ドア2~10万円
フロントガラス5~10万円
リアガラス2~5万円

 

損傷の程度や車種、修理の依頼先によって金額は変わってきますが、上記のような金額をイメージしておくといいでしょう。一般論としてディーラーで修理するよりも修理専門業者などに頼むほうが費用を抑えられます。しかしリース車の場合、リース会社の指示に従って修理する必要があります。

カーリースの事故に備えて入るべき保険とは

万が一の事故に備えて保険に入っておくべきなのは、車を購入した場合でもカーリースの場合でも同じです。どのような保険に入れば安心してカーリースを利用できるのでしょうか。
車に関する保険は、自賠責保険と任意保険(自動車保険)に分けられます。それぞれについて確認しましょう。

自賠責保険

自賠責保険は車を所有する際に必ず加入しなくてはいけない保険で、カーリースでは月額料金に含まれているのが一般的です。

自賠責保険の補償範囲は、被害者1名につき、死亡の場合3,000万円、傷害では120万円、後遺傷害では4,000万円までとなっています。これは被害者を救済するための最低限の補償となっていて、実際にはこれ以上の補償が求められるケースも多い上、本人や物損については対象となりません。

そのため、ほとんどの方が任意保険(自動車保険)に加入し、いっそうの補償を付けて車を利用しています。

任意保険(自動車保険)

任意保険に加入すると、自賠責保険が対象としない以下のような範囲をカバーできます。

対人賠償:本人、歩行者、同乗者を死傷させた場合の補償
対物賠償:他人の車や物(ガードレールや信号、壁など)に損害を与えたときの補償
車両保険:自分の車を修理する際の費用補償。当て逃げによる傷や、自然災害における損傷、盗難なども対象となる

補償の範囲や金額は保険ごとに異なるので、しっかり確認してから加入しましょう。
すでにご説明したように、リース車で修理が必要になった場合や全損となった場合の費用は自己負担になるので、任意保険への加入は必須と考えるといいでしょう。

また、中途解約の違約金に備える特約が付いた任意保険もあるので、違約金が心配な場合は加入しておけばいっそう安心してカーリースを利用できます。

任意保険を自分で選べて料金が手頃なカーリースはこちら

事故を起こさないために!安心できるカーリース会社の選び方

事故を起こさないために!安心できるカーリース会社の選び方

万が一の事故に備えてしておくべきことを紹介しましたが、カーリース会社の選び方にもポイントがあります。カーリース会社を正しく選ぶことで、事故のリスクや任意保険料の負担を抑えることができます。詳しく見てみましょう。

自分に合った任意保険がついているか

カーリースを利用するにあたっては、任意保険に加入しておくべきであることは、すでにお伝えしたとおりです。まれに、任意保険があらかじめ月額料金に含まれているリースサービスもあります。

しかし、標準でついている任意保険の内容が利用者に合った内容であるとは限りません。補償額やサポートが不足していたり、手厚すぎたりすることも考えられます。また、任意保険料込みとなることで別々に払うより割高になってしまう場合もあるでしょう。

無駄なく、自分に合った内容の任意保険に加入したい場合は、月額料金に任意保険が含まれていないカーリースを選ぶのが便利です。

修理・メンテナンス費用も定額にできるか

車の故障や整備不良が事故の原因となることも珍しくありません。しかし、日常的な点検や、修理・メンテナンスを受けるには、まとまった費用がかかってしまうため、ついつい後回しにしてしまいがちです。

カーリースの中には、修理・メンテナンスの費用も含めて定額払いにできるサービスもあります。また、契約内容によっては、2年ごとに発生する車検費用も定額にできる場合があります。

こうしたオプションを賢く利用すれば、事故のリスクを抑えられるだけでなく、車にかかわる出費の多くを定額にできて、安全かつ家計の管理が楽になるというメリットがあります。

次項では、以上の条件を満たす、おすすめのカーリースをご紹介します。

万が一にもしっかりと備えられるおすすめリースサービス

カルモくん_new

事故のリスクはなるべく抑えたい、事故を起こしてしまった場合にもしっかりと備えておきたいという方におすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは業界最安水準の料金であることに加え、安心して利用できるポイントも数多くあります。詳しく見ていきましょう。

自分に合った任意保険が選べる

定額カルモくんの月額料金に任意保険は含まれていません。そのため、不安のある方は補償額が大きい保険や事故時のサポートが手厚い保険、ある程度自分で対処できるという方は保険料の負担が抑えられる保険、といったように、自分に合った任意保険を自由に選ぶことができます

また、自分で保険会社を探したり選んだりするのが大変という方には、おすすめの保険会社のご案内も行っています。

充実のメンテナンスプランで事故のリスクを軽減

定額カルモくんには、日常のメンテナンスにかかる費用や、車検費用も月額料金に含めることができるオプション「メンテナンスプラン」も用意されています。メンテナンスや車検の依頼先は、全国30,000以上の店舗から選べるので安心です。依頼先を自分で探す手間もかかりません。

メンテナンスプランを利用すれば、大きな出費を心配することなく車の状態を良好に保つことができるので、事故のリスクを抑えることにもつながります

メンテナンスプランに加入するべきか、どのプランにするのがいいかなど、わからないことがある方は、電話やLINEで、マイカーコンシェルジュに気軽に相談してみましょう。

LINEで無料相談
電話で無料相談

違約金が発生しなくても修理費は必要!月額料金を抑えて、万が一に備えよう

カーリースの車で事故を起こしてしまったとしても、全損でない限り違約金が発生することはありません。しかし、修理費用は契約者が負担しなければならないため、任意保険に加入して備えておく必要があるでしょう。

定額カルモくんのように月額料金の安いカーリースであれば、任意保険の保険料にもしっかりと予算を割くことが可能になります。また、事故を未然に防ぐ最新の安全技術が搭載された新車に初期費用なしで乗れるので、まずは気になる車が月々いくらなのか、下のボタンから確かめてみましょう。

料金をチェック

よくある質問

Q1:カーリースの車で事故を起こしたら、違約金が発生する?

A:事故を起こしたこと自体に対して違約金が発生することはありません。しかし、リース車が全損となった場合は、リース契約を維持できないので違約金が発生します。

Q2:カーリースの車で事故を起こしたときの修理費用は?

A:リース車が壊れた場合、修理費用は契約者の負担となります。万一の場合に備えて、自分で購入した車と同じように、任意保険に加入しておくのがおすすめです。

Q3:カーリース契約中の事故や違約金に備えるには?

A:リース車の修理費用に加え、全損で強制解約となってしまった場合の違約金も補償される、カーリース向けの特約を備えた任意保険に加入しましょう。その場合、月額料金が安く任意保険も自由に選べる「定額カルモくん」のようなリースサービスが便利です。

※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
安全性能付き