ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

安いカーリース5選!コスパ良しのおすすめカーリースを徹底比較

安いカーリース5選!コスパ良しのおすすめカーリースを徹底比較
安いカーリース5選!コスパ良しのおすすめカーリースを徹底比較
貯金ゼロでも

カーリースはカーリース会社ごとに料金設定や契約プランが異なるため、本当に安いカーリースを見つけることは難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。安くて快適に利用できるカーリースを選ぶためには、カーリースのしくみや、比較すべきポイントを知ることが大切です。

ここでは、カーリースの安さの理由を解説した上で、人気のカーリース会社の料金やサービス内容を比較します。併せて、安く利用できるカーリースの選び方や、費用負担を抑えるための注意点なども見ていきましょう。

すぐに編集部おすすめの安いカーリースを見る

  • カーリースが安い理由は残価設定によって車両本体価格が抑えられるため
  • 取扱車種や契約期間、ボーナス払いの有無などを比較すると本当に安いカーリースがわかる
  • 走行距離制限や残価精算のないカーリースなら最後まで安く安心して利用できる

カーリースが安い理由

カーリースは、定額料金で新車にマイカー感覚で乗ることができる車のサブスクリプションサービスです。車種やプランによっては月額10,000円台で利用することもできるカーリースですが、この安さの理由は何なのか。まずは、カーリースが安いといわれる3つの理由をご紹介します。

残価設定によって車両本体価格が抑えられる

車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図
車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図

カーリースの月額料金についてまず押さえておきたいのが、「残価設定」というしくみです。

カーリースでは、契約満了時の想定下取り価格を設定し、その分を引いた金額を車両本体価格として、月額を算出していきます。ですので、この想定下取り価格が高ければ高いほど、月額料金は安くなりますし、想定下取り価格が差し引かれる分、購入するよりも安く新車に乗れるようになっています。
この想定下取り価格を残価といい、これを設定することを残価設定といいます。

カーリースではこの残価を引いた分を支払い対象の車両本体価格とし、そこに各種税金や自賠責保険料、登録諸費用などをプラスした金額を契約月数で割って、月額料金が算出されます。

頭金などの初期費用がかからず、ボーナス払いが不要

車をカーローンで購入した場合に家計を大きく圧迫しがちなのが頭金やボーナス払いです。

頭金は借入額を抑えられる代わりに、ある程度まとまった金額が必要となるため初期費用がかさみます。ボーナス払いも月々の返済額を抑えられますが、ボーナス月は負担が大きくなってしまいます。

その点、カーリースは頭金やボーナス払いをせず、毎月定額の月額料金だけでも利用できます。初期費用がかからないため、貯金がなくてもマイカーが持てるのです。

車検代やメンテナンス費用などの維持費もコミコミにできる

前述したように、カーリースの月額料金には、車両本体価格だけでなく各種税金や自賠責保険料など、車に乗り続けるために必要な費用も含まれています。ほかにも、車を維持するためには車検代やメンテナンス費用もかかりますが、カーリースはこうした維持費の多くを月額料金に組み込んで定額化できるプランを用意しているカーリース会社が多いです。

車検代やメンテナンス費用も月額料金で一本化できれば、車関連の家計管理がしやすくなります。別途支払う必要があるのは、燃料代と駐車場代程度にすることもできるでしょう。

業界最安水準の完全定額制で利用できるおすすめのカーリースは?

安いカーリースはどこ?ウェブで人気の5社を徹底比較

カーリースはさまざまなサービスが登場しており、料金設定や契約できるプランもカーリース会社ごとに異なります。
そこで、安さ訴求でよく目にするカーリースを5社ピックアップし、各社の最安料金や契約期間、ボーナス払いの有無などを比較してみましょう。

〈安さが魅力のカーリース5社を比較〉

 おトクにマイカー 定額カルモくんMOTAカーリースリースナブル定額ニコノリパックKINTO
月額料金の最安値11,390円5,610円6,000円6,600円14,630円
契約期間1~11年のあいだで1年単位で設定5年・7年・11年3年・5年5年・9年3年・5年・7年
ボーナス払いなしありありありあり
走行距離制限なしなしあり5年間で30,000Km、60,000Kmなど契約時に設定3年は54,000km
5年は90,000km
7年は126,000km
各社の特徴・月々500円で車がもらえるオプション
・残価精算のないクローズドエンド方式
・最短翌営業日に結果がわかるお試し審査
・全車種残価設定なしで契約満了時に車がもらえる
・契約期間満了時に破損や故障の修理費用の請求なし
毎月の積立金を修理やリース終了時の買取りなどに利用できる「たま~るプラス」・契約満了後に
車がもらえる「もらえるパック」
・契約期間中のガソリン代が5円/L引き
・レクサス車も取扱い
・自動車保険(任意保険)も月額料金に含まれる
・中途解約金がかからないプランも選べる

※2022年1月時点の情報で比較しています
※2022年1月時点のウェブ検索において安さ訴求が目立ったサービスをチョイスしています

各カーリース会社の最安料金がわかったところで、それぞれの特徴をより詳しくご紹介します。

おトクにマイカー 定額カルモくん

一本化用定額カルモくん

定額カルモくんは、頭金・初期費用なしの月額11,390円から利用でき、国産メーカーの全車種の新車に乗れる業界最安水準のカーリースです。

ボーナス払い不要で契約満了時の残価精算もないため、月額料金のみの完全定額制で利用することができます。契約期間は1~11年のあいだなら1年単位で柔軟に設定できるため、中途解約のリスクも大きく抑えられます。

また、月々500円で契約満了時にそのまま車がもらえるオプションや、ネットから所要時間5分程度で申し込める「お試し審査」など、マイカー感覚で乗りたい方や初めてカーリースを利用する方にもうれしいサービスが充実しているカーリースといえるでしょう。

MOTAカーリース

MOTAカーリースでは、国産メーカーの全車種・全グレードから自由に車を選んで新車に乗ることができます。また、カーリースの中では一部のカーリース会社しか取り扱っていないレクサス車を選ぶことも可能です。

契約期間は5年・7年・11年の3つのプランから選択可能。また、すべての車に残価設定がなく、契約満了時にそのまま車をもらうこともできます。契約満了時の残価を設定しないため、破損や故障の修理費用の請求もありません。

リースナブル

リースナブルのカーリースのユニークな点として、毎月少額の積み立てで積立額に3%のボーナスが加算される「たま~るプラス」があり、積立金を修理や契約満了時の買取りなどで利用できます。最大50万円分の残価精算に積立金をあてることもできるため、残価精算の心強い備えになります。

定額ニコノリパック

定額ニコノリパックは、国産メーカーの全車種の新車を取り扱っているカーリースです。契約満了後にそのまま車がもらえる「もらえるパック」や、契約期間中のガソリン代が5円/L引きとなる特典などお得に車に乗れるサービスが用意されています。

KINTO

KINTOはトヨタ車とレクサス車に特化したカーリースです。一般的に、カーリースでの自動車保険(任意保険)への加入の際には別途自身で手続きをする必要がありますが、KINTOなら月額料金に任意保険料も含まれています。また、消耗品交換などの費用も含まれているため、維持費を一本化しやすい点も特徴です。

プランはボーナス払いありの「初期費用フリープラン」と、申込金として月額5ヵ月分相当を契約時に支払うことで中途解約金がかからない「解約金フリープラン」から選べます。

本当に安いカーリースの選び方

本当に安いカーリースの選び方

カーリースは単に月額料金の安さだけに注目するのではなく、ほかのサービス内容に注目することも大切です。カーリース会社によっては、選べる車種や契約期間、契約方法などが異なり、同じ車種でもトータルの出費が異なる場合があるからです。

そこで、安く快適に利用できるカーリースを選ぶために比較したいポイントを見ていきましょう。

残価精算の有無

カーリースの中には、契約満了時に「残価精算」を行うカーリース会社もあります。残価精算とは、契約時に設定した想定残価と、契約満了時の車の実際の価値に差が生じた場合、その差額を精算することです。
追加費用をかけないためにも、残価精算のないカーリースを選ぶことをおすすめします。

月額料金に含まれる費用項目

一般的なカーリースの月額料金には、車両本体価格や手数料のほかにも、各種税金や自賠責保険料などの維持費の一部も組み込まれています。しかし、この月額料金に含まれる費用項目はカーリース会社ごとに違いがあり、あるカーリースの月額料金に含まれる費用項目が別のカーリースでは含まれず、別途負担しなければならないということもあります。

月額料金に含まれる費用項目も比較検討し、車関連の費用をなるべく一本化できるカーリースを選ぶと、維持費の管理がさらに楽になります。

走行距離制限の有無

カーリースで乗る車は、契約満了時まで車の残価を下げないためにも、走行距離に制限を設けている場合が多いです。走行距離制限を超過すると、契約満了時に超過分の追加費用を請求されるため、必ず走行距離制限についても確認しておきましょう。

契約時にオプションへの加入など条件を満たすことで走行距離が無制限となるカーリースもあります。遠出が多く走行距離制限をオーバーしないか不安な方は、こうしたカーリースを選ぶとよいでしょう。

契約期間

設定できる契約期間も、カーリース会社ごとにばらつきがあります。定額カルモくんのように1~11年のあいだなら1年単位で設定できるカーリースもあれば、「3年か5年」「5年か9年」などのように限られた期間でしか契約できないところもあります。

中途解約のリスクを避けるためにも、契約期間は本当に車が必要な期間やライフプランを考慮して、慎重に設定することがポイントです。柔軟に契約期間を設定しやすいカーリースを選ぶことをおすすめします。

ボーナス払いの有無

年2回のボーナス払いを設定することで、月々の支払額を抑えられるカーリースもあります。ボーナス払いを適用した月額料金は10,000円以下で乗れるものも多いため魅力的にも思えますが、利用は慎重に検討しましょう。

ボーナス払いを適用すると、契約期間中はずっとボーナスの使い道が制限されてしまいます。また、カーリースは5年、10年と長期契約する場合が多いため、契約期間のあいだにボーナスが減額されたり、なくなったりするリスクも考慮しなければなりません。ボーナス払いは契約時に適用しますが、途中で契約内容を変更することは原則できないため注意しましょう。

割引きなどのキャンペーンの有無

カーリースでは、ギフト券のプレゼントやネット割、ガソリン代の割引特典など、さまざまなキャンペーンを実施しています。お得にカーライフを送るためにも、カーリース会社を選ぶときはこうしたキャンペーン内容もチェックしてみましょう。

カーリースを安く利用するための注意点

カーリースを安く利用するための注意点

カーリースには、中途解約ができないことや、場合によっては追加費用が発生するなどの注意点もあります。安い月額料金で契約できたとしても、思わぬ出費が発生する可能性があるため、カーリースを利用するにあたって気を付けるポイントもここで押さえておきましょう。

原則として契約の変更や中途解約ができない

カーリースは、原則として契約期間中に契約内容を変更したり、中途解約したりすることはできません。どうしても中途解約をする場合は、残り期間のリース料を一括で支払うなど、高額な違約金が発生することもあるため注意しましょう。

中途解約のリスクを避けるためには、長すぎず短すぎない、本当に車が必要な期間で契約することが大切です。

制限距離を超過すると追加料金がかかる

一般的にカーリースで乗る車には走行距離制限が設けられており、制限距離をオーバーした場合は、契約満了時に超過分の追加料金が請求されます。返却時の思わぬ出費を避けるためにも、制限距離に収まるよう、普段から走行距離を管理する必要があります。

なお、走行距離制限のない契約ができるカーリースなら、毎日運転する方や遠出の多い方でも走行距離を気にせず快適に車に乗れます

返却時は原状回復が必要

カーリースは、契約満了時にカーリース会社に車を返却することになります。その際、契約者にはリース車を元の状態に戻す「原状回復」の義務が生じます。傷やへこみなどがあり原状回復に費用がかかる場合は、契約者が負担する必要があるため注意しましょう。

また、原状回復があるため、一般にカーリースでは元に戻せないようなカスタマイズやドレスアップも禁止されています。

原状回復の手間や費用をかけたくない場合は、オプションの加入で車を返却せず車がもらえることで、原状回復が不要になるカーリースや、原状回復の費用もカバーできるカーリースを選ぶことをおすすめします。また、契約満了時に車の返却が不要となるプランによって、カスタマイズやドレスアップも可能になるカーリースもあります。

業界最安水準の完全定額制で利用できるおすすめのカーリースは?

一本化用定額カルモくん

安く利用できるカーリースの特徴や、追加費用の心配なく利用するポイントをご紹介してきました。こうした特徴を押さえたおすすめのカーリースは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは業界最安水準の料金で、初期費用や追加費用の心配もないため、完全定額制で利用することができます。

なぜ定額カルモくんなら完全定額制で安く新車に乗れるのか、サービスの魅力をご紹介しましょう。

走行距離を無制限にできる

カーリースを利用するにあたり、走行距離制限を超過してしまわないか不安に思う方も多いのではないでしょうか。

その点、定額カルモくんの走行距離制限は月1,500kmと長く設定され、さらに7年契約以上の全車種において、走行距離が無制限となります。毎日運転する方や遠出をする機会の多い方でも、走行距離を気にせず快適にリース車に乗ることができるでしょう。

残価精算なしのクローズドエンド方式

残価精算ありのカーリースは「オープンエンド」という契約方式を採用しており、契約満了時の車の価値が契約時の設定残価を下回った場合に、その差額を請求される可能性があります。

その点、定額カルモくんは最後まで完全定額制で利用できる残価精算のない「クローズドエンド方式」のカーリースです。定額カルモくんであれば残価精算による追加の支払いは不要です。

契約期間は1~11年のあいだで1年単位で設定できる

カーリースを安く、そして中途解約のリスクもなく利用するためには、本当に車が必要な期間で契約することも大切であることをご紹介しました。

定額カルモくんは1~11年のあいだなら1年単位で柔軟に契約期間を設定できるため、自身にとってちょうどいい期間でカーリースを利用しやすい点も強みです。

カーリースの月額料金は契約期間が長いほど安くなるため、10年、11年と長期契約を結べば、より費用負担を抑えて車に乗ることもできます。

車をもらえるオプションを利用できる

定額カルモくんには、契約満了時に車を返却せず、そのままもらうことができる「もらえるオプション」も用意されています。7年以上の契約の場合、月々500円でつけられるオプションで、最後には車をもらえるため、原状回復も不要となります。

また契約満了後もマイカーとして乗り続けられるため、カスタマイズの制限がありません。

メンテナンスプランの加入で原状回復を補償

定額カルモくんには、保証内容の範囲が異なる「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3つのメンテナンスプランがあります。いずれのメンテナンスプランを選択しても返却時の原状回復費用が補償されるため、契約満了時に車の損耗や損傷による修理費や修繕費が生じても追加費用を支払う心配がありません。

またカーリースの審査に不安がある方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。ネットから申し込める簡単な審査で所要時間は5分程度。結果は通常翌営業日(最大3営業日)に届きます。事前に審査をすることで利用可能な金額の車種やプランをじっくりと選べます。

本当に安いカーリースを選ぶには料金以外にも注目することが大切

月額料金が10,000円以下など、格安料金をうたっているカーリースも少なくありません。しかしこうしたカーリースは、ボーナス払いで年2回の高額な出費が必要だったり、選べる契約期間が限定的だったりと、実はデメリットが隠れていることも多いです。

安く、快適に利用できるカーリースを選ぶためにも、料金だけではなく追加費用の心配がないかや、希望条件に合う車種や期間で契約できるかという点も比較検討してみましょう。

よくある質問

Q1:カーリースの月額料金が安いのはなぜ?

A:カーリースでは、契約時に契約満了時の車の想定価格である「残価」を設定します。この想定残価を車両本体価格から差し引いた上で月額料金が算出されるため、購入するよりも車両本体価格が抑えられています。また、ローンとは異なり金利の概念がないため、利息による負担がありません。

Q2:安くて追加費用の心配なく利用できるカーリースの選び方は?

A:予算に合う車や契約期間を選べるよう、取扱車種が多く、契約期間も柔軟に設定できるカーリースを選びましょう。また、契約満了時の追加費用を避けるためには、残価精算や走行距離の制限がなく、原状回復費用の補償も受けられるカーリースがおすすめです。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カルモくんでできること