カーリースは得か?カーローンとの費用の違いや料金のしくみを徹底解説

カーリースは得か?カーローンとの費用の違いや料金のしくみを徹底解説
カルモくんなら新車が

月々の定額料金だけでカーライフが送れると人気を集めているカーリースですが、実際どのくらいお得なのでしょうか。そこで、一般的に車の購入時に使われることの多いカーローンと比較しながら、お得に利用できるしくみについて解説します。併せて、実際の利用者に聞いたカーリースの魅力や、おすすめのカーリース会社についても見ていきましょう。

なお、最もお得なカーリースを利用したいという方には、貯金なしでもマイカーが持てるカーリースの定額カルモくんがおすすめです!定額カルモくんの詳細は、こちらのバナーからチェック!

カルモくんなら新車が

【この記事のポイント】
✔カーリースは残価を差し引いて月々の料金を算出するからお得に新車に乗れる
✔維持費も含めて車に関する費用を定額にできるから家計管理が簡単
✔定額カルモくんなら全車走行距離無制限、オプション利用で契約満了後に車がもらえる!

カーローンとカーリース、どちらがお得?

ローン購入時には初期費用や車検費用、税金などをその都度支払う必要がありますが、月々定額のカーリースではそれらの費用が料金に含められています。そこで、購入時にかかる費用と維持費について、支払うタイミング別にローン購入とカーリースの費用の違いを見ていきましょう。

〈カーローンとカーリースの費用の違い〉

支払うタイミングカーローンカーリース
購入時(初期費用)頭金
環境性能割
登録代行費用
車庫証明代行手数料
預かり法定費用(印紙代)
納車費用
ナンバープレート取得費用
リサイクル料金 など
なし
毎月車両価格の分割払い月々のリース料金
(購入時や維持にかかる税金・保険料などを含む)
年に1度自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)なし
車検時車検費用
自動車重量税
自賠責保険料
なし(プランによる)
都度燃料代
駐車場代
メンテナンス代
燃料代
駐車場代

 

このように、カーリースでは車の購入費用や維持費のほとんどが毎月のリース料金に含まれています。そのため、ローン購入時のように、その都度支払う費用が少ないのがカーリースのポイントといえるでしょう。さらに、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

カーローン

ローン購入では、初期費用として税金や保険料、各種手数料などで車両価格の10~20%もの費用がかかります。なお、これらの費用は一括で支払わなくてはいけないのが一般的です。また、年に1度5月頃に支払わなくてはいけない自動車税(種別割)は、車の排気量によって25,000〜11万円と金額が設定されています。

さらに、新車購入から3年後、その後は2年に1度受ける車検の費用は、維持費の中でも特に大きな出費となるものです。費用は車種によって異なりますが、軽自動車は55,000~80,000円程度、5ナンバーサイズは75,000〜13万円程度、3ナンバーサイズの相場は80,000〜15万円程度かかります。

カーリース

カーリースでは購入や維持にかかる費用の多くが月額料金に含まれているので、ローンのようにまとまったお金がかかることはありません。さらに、車検や消耗品の交換などのメンテナンス費用も月額料金に含められるプランを選べば、車に関する費用のほとんどを定額にでき、家計管理の手間も大幅に減らせます。

これらの費用以外にも、車の故障などで予測できない費用が発生する可能性もあります。しかし、定額制のカーリースならそういった事態にも備えやすいので、安心してカーライフを送れるのではないでしょうか。

カーリースのメリット・デメリットについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースはどうしてお得なの?

カーリースはどうしてお得なの?

カーリースなら車の購入や維持にかかる費用の負担を軽減できることがわかりましたが、さらにお得な理由が月額料金の算出方法にあります。そこで、月々の料金の計算方法など、カーリースの料金のしくみについて詳しく見ていきましょう。

残価を差し引くから月々の料金が抑えられる

リース料金の残価設定

カーリースでは、リース期間満了時の車の価値である「残価」をあらかじめ設定しています。さらに、車両価格から残価を差し引いた金額を、契約期間で分割して月額料金を算出します。

例えば車両価格200万円の車を5年契約し、残価を50万円とした場合の月額料金は以下のようになります。
(車両価格200万円 – 残価50万円) ÷ 60ヵ月(5年) = 月額25,000円

そのため、車両価格の全額に対してローンを組むカーローンと比べて、カーリースのほうがお得に利用できるというわけです。

残価精算がないカーリースならもっとお得

残価は車の人気度や状態などを想定した市場価値によって決められますが、カーリース会社によって残価の設定方法が異なります。また、カーリースの契約方法には、契約満了時に残価精算を行う「オープンエンド方式」と、残価精算を行わない「クローズドエンド方式」があります。

残価はあくまでも契約時に想定した価値なので、契約満了時の価値(下取り価格)と差が生じる可能性があります。中には、残価を高く設定して月々のリース料金を安く見せて契約し、契約満了時に差分の支払いを求めるケースも見られます。そのため、カーリースの定額カルモくんのように残価精算のない「クローズドエンド方式」で契約できるサービスを選んでおくと安心です。

定額カルモくんは残価精算がないだけでなく、月々10,000円台から新車に乗れるので、車の購入や維持にかかる負担を軽減することができます。定額カルモくんについて詳しく知りたい方は、こちらのバナーからチェック!

カルモくんはクローズエンド

カーリースは本当にお得?購入とカーリースの総額費用を比較

カーリースのしくみによってお得に新車に乗れることはわかりましたが、実際カーリースはいくらで利用できるのでしょうか。そこで、カーローンとカーリースを5年間利用した場合にどちらが安くなるのか、人気車種を例に費用の違いを詳しくご紹介します。なお、カーローンはメーカーのオンライン見積り、カーリースは定額カルモくんの料金を基にシミュレーションしています。

販売台数No.1のホンダ「N-BOX」

N-BOX

まずは、6年連続販売台数1位の人気軽自動車、ホンダ「N-BOX」を例に比較してみましょう。なお、ベースグレード「G・Honda SENSING」の新車購入価格142万8,900円を基にシミュレーションします。

〈N-BOXの購入・リースにかかる5年間の費用〉

 カーローンカーリース
初期費用93,170円月額料金にコミコミ
月々の支払い額25,900円
(初回のみ31,092円)
26,010円
月々の合計額155万9,192円156万600円
税金軽自動車税(種別割)
10,800円 / 年 × 4年
月額料金にコミコミ
車検自賠責保険料(24ヵ月) 19,730円
重量税 7,500円
印紙代 1,400円
+整備費用
月額料金に含められる
その他燃料代・駐車場代など燃料代・駐車場代など

※表に記載の金額は、税制や乗り換えのタイミングなどの条件によって異なる場合があります
※カーローンは頭金、ボーナス払いなし

月々のローンとリースの合計額は156万円前後とほとんど同じですが、カーリースでは初期費用や維持費のほとんどを月額料金に含められる一方で、カーローンではさまざまな費用が別途必要となります。

また、税金や車検時の保険料などを合計すると、軽自動車税(種別割)43,200円、自賠責保険料や重量税、印紙代28,630円と、これだけで約70,000円かかります。さらに、車検では車検基本料や整備費用が必要となるため、10万円程度かかる可能性があります。

ファミリーカーとしても人気のトヨタ「ライズ」

ライズ

次に、ファミリーカーとしても人気を集めている5ナンバーサイズのSUVトヨタ「ライズ」を例に比較していきましょう。なお、ベースグレード「Xグレード」の2WDを例にシミュレーションします。

〈ライズの購入・リースにかかる5年間の費用〉

 カーローンカーリース
初期費用16万7,170円月額料金にコミコミ
月々の支払い額34,600円
(初回のみ40,029円)
35,250円
月々の合計額208万1,429円211万5,000円
税金自動車税(種別割)
25,000円 / 年 × 4年
月額料金にコミコミ
車検自賠責保険料(24ヵ月)20,010円
重量税16,400円
印紙代 1,400円
+整備費用
月額料金に含められる
その他燃料代・駐車場代など燃料代・駐車場代など

※表に記載の金額は、税制や乗り換えのタイミングなどの条件によって異なる場合があります
※カーローンは頭金、ボーナス払いなし

月々の合計額はカーリースのほうがわずかに高くなりましたが、初期費用や5年間の税金、自賠責保険料を含めた金額のため、総合的に考えると安く利用できるのではないでしょうか。

このように、月々の定額料金のみで安心して利用できるのが、カーリースがお得といわれる理由です。さらに、カーリース会社の中には、契約期間中の点検や車検などのメンテナンス費用も月額料金に含められるところもあります。

例えば、定額カルモくんのメンテナンスプランなら、消耗品の交換や点検、車検などの幅広いメンテナンス費用が月額料金に含められます。さらに、全国30,000店を超える提携業者でメンテナンスができるため、費用を抑えながら、安全にカーライフを送ることができます。車の維持費を賢く節約できる定額カルモくんについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

車の維持費が安くなる

カーリースが損だといわれる理由とは?

カーリースが損だといわれる理由とは?

毎月定額でマイカーのように車に乗れるカーリースですが、実は損だといわれることがあります。しかし、ルールを正しく知っていれば不安に感じる必要はありません。そこで、カーリースのデメリットとされる理由と、それらをカバーする方法をご紹介します。

契約期間が終わると車を返却する

カーリースは車を返却することを前提としたサービスです。そのため、車を自分のものにできないから注意すべき、とされることがあります。ただし、乗り換え時の手間や売却にかかる費用などがかからないことを考えると、一概にデメリットともいい切れません。

さらに、カーリース会社によっては契約終了後に車がもらえるプランを用意している場合もあります。例えば定額カルモくんの「もらえるオプション」なら、7年以上の契約の場合、月々500円を支払うだけで、契約満了時に追加料金なしで車がもらえます。そのため、リース期間中はカーリースのメリットを受けながら、契約満了後にマイカーも手に入れることができるのです。

走行距離の制限がある

カーリースでは、返却時の車の価値を高く保つために走行距離の制限を設けている場合があります。制限の内容はサービスによって異なりますが、1ヵ月500~2,000kmなどの上限が設定されるのが一般的です。そのため、自身の走行距離の目安を把握した上で、プランやサービスを選ぶことが大切です。

なお、定額カルモくんでは月々の走行距離制限はありません。そのため、毎日の通勤や買い物に加えて、長距離のドライブや旅行などでの利用も可能です。このようにマイカーと同様に車に乗れるので、どのような用途の方でも問題なくカーライフが過ごせるのではないでしょうか。

中途解約ができない

カーリースの料金は契約期間によって決められるため、原則として解約ができません。また、契約期間の途中で解約した場合には、リース料金を一括で支払うなどの違約金が発生します。なお、途中でカーリース契約を終了したり車種を変更したりしたいときには、一度解約するのが一般的です。

そのため、どれくらいの期間どのような目的で車を利用したいのか、そのあいだ月々の料金を払い続けられるのか、具体的なライフプランを設計しておきましょう。定額カルモくんなら1~11年のあいだで、1年単位で契約期間を選べるので、あらゆるライフプランに適応が可能です。

また、事故で車が全損するなど、返却できなくなってしまった場合にも違約金が発生します。安全運転を心がけていても、思わぬ事故に巻き込まれる可能性もあります。そのようなときのためにも、カーリース契約時には任意保険に加入しておくのがおすすめです。なお、カーリースに特化した任意保険なら違約金をカバーできるものもあり安心です。

このように、カーリース特有のしくみによって、損だといわれることがあります。しかし、定額カルモくんのように、これらのデメリットをカバーできるカーリースなら、安心してカーライフを送ることができます。さらに詳しく定額カルモくんについて知りたい方は、こちらのバナーから詳細をチェックしてみましょう。

車がもらえる

人気のカーリース3社を比較!

一般的なカーリースの料金やしくみなどについて説明してきましたが、実際にはどのようなサービスがあるのでしょうか。2020年9月に全国817人を対象にカルモマガジン編集部が行った「契約したいと思うカーリース」のインターネット調査を基に、人気のあったカーリース3社についてご紹介します。

〈人気カーリースの比較表〉

支払いタイミング購入の場合カーリースの場合
購入時(頭金)必要なし
購入時(登録諸費用)自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
環境性能割
自動車重量税
自賠責保険料
預かり法定費用(印紙代)
登録代行費用
車庫証明代行手数料納車費用
ナンバープレート取得費用
納車費用
リサイクル料金
なし
毎月車両価格の分割払い月額料金

※月額料金に含まれる費用
車体利用料
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
環境性能割
自動車重量税
自賠責保険料
預かり法定費用(印紙代)
登録代行費用
車庫証明代行手数料納車費用
ナンバープレート取得費用
リサイクル料金
車検費用(プランによる)
メンテナンス代(プランによる)
年に1度自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)なし
車検時車検費用
自動車重量税
自賠責保険料
なし(プランによる)
都度燃料代
駐車場代
メンテナンス代
燃料代
駐車場代

おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

まずは、頭金なし、ボーナス払いなし、残価精算のないクローズドエンド契約のカーリースでは、月々12,870円(税込)からと日本一安い料金の定額カルモくん(※)についてご紹介します。

定額カルモくんでは、国産の全車種、全グレードを取り扱っているため、マイカー購入と変わらない豊富な選択肢の中から好きな車を選ぶことができます。さらに、契約期間が1~11年のあいだで、1年単位で自由に決められることから、さまざまなライフプランに対応が可能。7年以上契約の場合は走行距離制限もないので、マイカーのようにカーライフを楽しめるのが魅力です。

また、月々500円プラスするだけでリース期間満了後に車がもらえる「もらえるオプション」や、車検などの維持費も定額にできるメンテナンスプランなど、とにかくお得に利用できるカーリースです。

※一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年3月、定額カルモくん調べ)

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースは、ガソリンスタンドでおなじみのコスモ石油が運営するカーリースです。国産メーカーのほとんどの車種を取り扱っているため、希望の車を見つけやすいでしょう。

月額料金は最も安いプランで月々15,180円からとなっていますが、このプランには車検時の重量税や自賠責保険料が含まれておらず、別途負担しなくてはいけません。これらの費用を月額料金に含めるには、よりグレードの高いメンテナンスパックへの加入が必要です。

このサービスの特徴は、コスモ石油のガソリンスタンドで最大5円のガソリン代の割引が受けられることです。ほかにも、月間走行距離は500km、1,000km、1,500kmの3つから、メンテナンスプランは希望に合わせた3種類のプランから選べるようになっているなど、カスタマイズ性が高いのも特徴のひとつです。

さらに、最短2週間で納車できる即納車のサービスがあるため、急な転勤や車の故障などですぐに車が必要になった場合などにも便利です。ただし、即納のプランには制約があるため注意が必要です。

KINTO

自動車メーカーのトヨタが手掛けるKINTOは、トヨタ車とレクサスのみを取り扱うカーリースです。

ほかのサービスとKINTOの大きな違いは、任意保険が月々の定額料金に含まれること。契約時に保険の手続きも含まれるため、別途契約する必要がありません。また、保険料は利用者の等級に関係なく一律での料金設定となっています。

また、手数料を支払うことで別のプランに乗り換えができる「のりかえGO」というサービスもあります。3年契約なら契約から1年半後、5年または7年契約なら3年後以降の好きなタイミングで車の乗り換えが可能なので、ライフプランに合わせて車を乗り換えたい方に適しています

このほかにも、正規販売店でメンテナンスが受けられるといったメーカーならではの特徴や、クレジットカード払いができるなどの違いもあります。

カーリースなら、高コスパでお得な定額カルモくんがおすすめ!

カルモくん_new

サービスによってさまざまなメリットがありますが、とにかくお得にカーリースを利用したい方にはコスパの良さに定評がある定額カルモくんがおすすめです。そこで、定額カルモくんがお得な理由を詳しくご紹介します。

申込みから納車まで、自宅にいながら完結

定額カルモくんではスマホやパソコンで簡単に料金のシミュレーションを行えるため、自宅にいながら予算やライフプランを基にじっくり車を選ぶことができます。また、オンラインで審査を申し込み、郵送での契約後には自宅まで納車してくれるので、ディーラーなどに足を運ぶ必要は一度もありません

なお、インターネットのみで車を選ぶことに不安があるという方は、電話やメール、LINEなどでスタッフに相談が可能です。

LINE

高コスパ&納得価格で3冠を達成!

専門家が選ぶカーリース3冠

専門家が選ぶカーリースとして「高コスパ」*¹「納得価格」*²「充実のサービス」*³で3冠を獲得(※)した定額カルモくんのサービスなら、できるだけお得にカーリースを利用したいという方も納得できるのではないでしょうか。

定額カルモくんでは残価設定で月々の料金を抑えられるだけでなく、契約満了時の残価精算もないので、安心して利用できます。また、月々10,000円台で乗れる車種も多いため、豊富な選択肢の中からお気に入りの車種を見つけたい方にもおすすめです。

※2021年2月12日~15日に、株式会社ショッパーズアイが行った当社を含む「カーリース」の10サイトを対象としたインターネットイメージ調査。*¹*²週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、*³カーディーラー勤務者297s

点検や車検も定額にできるメンテナンスプラン

定額カルモくんには、点検や車検の整備費用のほか、エンジンオイルやワイパーゴムなど一部の消耗品の交換費用などを定額にできるメンテナンスプランがあります。メンテナンスプランを利用すれば、車に関する出費がフラットになり家計管理がしやすくなるだけでなく、後回しにしがちなメンテナンスも定期的に受けられるようになり、車を安全な状態で維持しやすくなります。

また、メンテナンスプランにはいくつかの種類があり、契約満了時の原状回復費用補償やメーカー保証とほぼ同等の保証が長期間受けられるプランなど、希望に合わせて好きなプランを選ぶことができます。さらに、全国30,000店を超える業者と提携しているため、自宅の近くの提携店舗を探して、気軽に点検や車検などのメンテナンスが受けられます。

このように、定額カルモくんには多くのメリットがあります。まずは審査後のキャンセルも可能なお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか?

まずは審査

若い世代からも絶賛!カーリースを支持する理由とは?

サポートが充実

カーリースは月々定額制で乗れることで計画が立てやすく、若い世代からも支持されています。ここでは、実際に定額カルモくんを利用している利用者の方の声を基にカーリースのメリットを見ていきましょう。

カーリースなら貯金がなくても新車に乗れる

リース期間が決まっているからライフプランが立てやすい

Mさん(22)埼玉県在住。トヨタ ルーミー | 賃貸期間9年 | ゴールドメンテナンスプランでご契約いただいています

Mさんのインタビューを見る

カーリースを選んだ理由には「一人暮らしをしていると、なかなかお金もたまらないので初期費用とか車検費用のハードルが高い」「同世代だと中古車に乗っている場合が多いけど、カーリースなら新車に乗れるのが魅力」などの理由がありました。

初期費用も月額料金に含まれるカーリースであれば、貯金がなくても新車に乗れるのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。さらに、カーリースなら残価設定により月々の負担を抑えられるので、ワンランク上の車に乗ることも夢ではありません。

予算を理由に欲しいグレードをあきらめなくていい

定額カルモくんのオンライン見積りではグレードごとの料金シミュレーションも簡単にできるので、予算に合わせたプラン選びがしやすいのも特徴です。利用者の方へのインタビューでは、「グレードが選べなかったり契約エリアが対象外だったりして自分の条件には当てはまらなかった」「定額カルモくんはグレードも選べたし、キャンペーン中だったこともあって即決」という声もありました。

もし、予算が理由で欲しいグレードに手が届かない場合は、契約年数を長く設定するのがおすすめです。定額カルモくんなら1~11年のあいだで期間を選べるので、予算と調整しながら契約内容が決められます。

維持費も一定にできるから、資金計画が立てやすい

とにかく簡単!購入から納車までオンライン手続きで助かりました!

利用者の声には「9年後の生活を考えたときに、年齢的にも子供が自力で動けるようになっているのでちょうどよかった」「毎月の費用が大きくかからないことや、車検や納税などで大きなお金の移動がないことがわかっている点も安心でした」という回答もありました。

車にかかる費用は変動が大きいからこそ、あらかじめ毎月の出費が把握できるのはどの世代にとってもメリットといえるでしょう。さらに、手厚いメンテナンスを受けられるプランなら、予定外の出費に慌てることもありません。

定額カルモくんの利用者の声をもっと見る

月々定額でマイカーが持てるカーリースにはお得が満載!

カーリースなら、予算を理由に乗りたい車をあきらめる必要はありません。目的に合ったプランを賢く選択して、お得にカーライフを楽しむことができます。定額カルモくんでは、さまざまなライフスタイルに合わせられる豊富なプランがあるので、乗りたい車に乗れるのではないでしょうか。

また、定額カルモくんは走行距離制限もないので、よりマイカーと変わらない環境でカーライフが楽しめます。実際に、乗りたい車種にいくらで乗れるのか知りたい方は、こちらのバナーをチェック!

よくある質問

Q1:カーリースはどうしてお得なの?

A:車の購入にかかる初期費用や維持費を含めた月額料金のみで新車に乗れるので、家計への負担を軽減することができます。さらに、車両価格から残価を差し引いて月額料金を算出するため、ローンよりも費用を抑えやすくなります。

Q2:ローン購入との違いは?

A:カーローンによる購入では、月々の返済に加えて車検費用や税金などの支払いが発生します。また、故障や消耗品の交換などのメンテナンスが必要となることもあるため、出費の予測がしにくいのが特徴です。一方、カーリースであれば、税金などは月額料金に含まれているほか、メンテナンスにかかる費用も月々の支払いに含めることができます。

Q3:どんなカーリース会社を選べばいい?

A:カーリース会社によって、契約可能年数や取扱い車種などのサービス内容はさまざまです。なお、契約満了時に残価精算が発生するケースもあるので、お得なカーリースを選びたいなら残価精算のないクローズドエンド契約のカーリースがおすすめです。定額カルモくんなら、契約年数の選択肢も豊富で追加精算もないので安心して利用できます。

※記事の内容は2021年5月の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

カルモくんでできること