ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

個人向けカーリースのメリットとは?賢く楽しむカーライフ

個人向けカーリースのメリットとは?賢く楽しむカーライフ
個人向けカーリースのメリットとは?賢く楽しむカーライフ
貯金ゼロでもマイカー持てる

定額制でマイカー生活が楽しめるカーリースは、もともとは法人向けのサービスとして始まったものでした。しかし、次第に個人にとってもメリットがあることが知られていくようになります。
ここでは、カーリースについて、法人向けサービスと個人向けカーリースの違い、また、個人向けカーリースのメリットや費用のシミュレーションなどをご紹介します。

法人向けサービスから始まったカーリース

カーリースは頭金が不要で社用車が手に入ることや月々の支払いが定額のため資金計画が立てやすいこと、会社の経費として計上しやすいなどのメリットから、社用車の導入方法として使われてきました。
このメリットを知ったフリーランスなどの個人事業主がカーリースを導入するようになり、次第に会社勤めの方々にも広がっていきました。

個人向けカーリースとの違いは?

法人向けと個人向けでは定額制や頭金が不要などのサービス上の違いはありませんが、最も違うのが審査の内容です。どちらも支払い能力を判断するものですが、個人の場合は年収や職業、債務整理歴や支払いの遅延がないかどうか、また、法人の場合は会社の経営状態が良好であるかどうかなどが判断基準となります。

個人向けカーリースとは?

個人向けカーリースとは、リース会社が購入した車を定額制で借りるサービスのことをいいます。借りるといっても、契約期間中は借りっぱなしになるため、まるでマイカーのように使うことができます。

カーリースとは?メリット・デメリットと車のリースのしくみや料金を徹底解説!

マイカーリースのメリットとは?

マイカーリースのメリットとは?

音楽や動画のサブスクリプションサービスのように定額制でサービスが受けられるマイカーリースは、さまざまな費用や手間を減らしてマイカー感覚が味わえるため、気軽にカーライフを楽しみたい方におすすめです。
ここでは、マイカーリースのメリットについてさらに詳しくみていきましょう。

カーリースとは?メリット・デメリットと車のリースのしくみや料金を徹底解説!

頭金・初期費用がいらない

車の乗り方としてベーシックな「購入」。車は大きな買い物ですからローンを組む方もいるでしょう。その場合、カーローンとカーリースでどんな違いがあるのだろうかと思われるかもしれませんが、この頭金・初期費用が大きな違いです。
ローンでは事務手数料がかかることがほとんどですが、カーリースは頭金・初期費用がかかりません。ですから、第一回目の支払いから定額ではじめられるのです。

定額制だから家計管理がしやすい

車を維持するためには、車本体の車両価格だけでなく、保険や税金、点検や車検などさまざまな費用がかかります。しかし、カーリースでは、維持するために必要な費用はほとんど月々の支払い金額に含まれているため、家計管理がしやすいです。
また、月々の費用の中にはメンテナンス費用も含むことができるため、経年劣化による消耗品の磨耗や故障などの急な出費も抑えることができます。

ライフステージに合わせて乗り換えられる

新車でさまざまな車種に乗り換えることは難しいですが、車の乗り換えに対するハードルが低いのもカーリースの特徴です。いろんな車に乗ってみたい方や、ライフステージに合わせて車を乗り換えたいというにもおすすめです。

新車や好きな車が選べる

カーリースでは、レンタカーやカーシェアとは違って、新車はもちろん、車種やグレードを自由に選ぶことができます。また、自分の好きな色を選んだりオプションをつけたりすることもできるので、自分の理想の車にカスタマイズすることも可能です。

ナンバーが選べる

カーリースは、リース会社から車を借りるサービスですが、使用者は購入と同じく自己名義となります。そのため、ナンバーも「わ」ナンバーではありません。そのため、ビジネスでも使いやすく、ナンバープレートだけでリース車だということはわからないようになっています。

短期カーリースとレンタカーは何が違うの?

短期カーリースとレンタカーは何が違うの?

カーリースというと、年単位の契約が主流でしたが、最近では1ヵ月から借りられる短期のカーリースサービスも増えています。一時的に車を借りるサービスではレンタカーが主流ですが、どのような点が違うのでしょうか。
短期カーリースとレンタカーの違いをみていきましょう。

カーリースとレンタカーの違い1. ナンバープレート

カーリースのメリットで紹介したように、カーリースのナンバープレートは購入と同じくナンバーを選ぶことができます。しかし、レンタカーのナンバープレートはすべて「わ」ナンバーになっています。そのため、一目見てレンタカーということがわかるという特徴があります。

カーリースとレンタカーの違い2. 最短利用期間

基本的に、レンタカーは時間単位、もしくは1日単位で借りるサービスですが、現状、短期カーリースは1ヵ月が最短利用期間となっています(2019年4月現在)。そのため、1日以内や数日であればレンタカー、1ヵ月以上であれば短期カーリースと借りたい期間によって使い分けるのがおすすめです。

カーリースとレンタカーの違い3. 借りる手間

レンタカーは、インターネットや電話などで予約し、当日は店頭で手続きを済ませて鍵を受け取って出発します。
短期カーリースの場合は、車庫証明や与信の審査が必要となるため、レンタカーと比べて手続きなどの手間がかかります。

カーリースとレンタカーの違い4. 料金

レンタカーの料金は、だいたい1日5,000〜10,000円が相場となっているため、1ヵ月などの期間を借りるには適していません。また、短期カーリースでは1ヵ月数万円から利用できるリースもあるため、1日当たりの費用でいえば短期カーリースの方が安いといえるでしょう。

個人向けカーリースサービス

個人向けカーリースサービス

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類がありますが、どれを選んで良いかわからないという方のために、格安でマイカー感覚が味わえる5社のカーリースをご紹介します。

カーコンカーリース「もろコミ」

カーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービス「もろこみ」は、リースの際に設定することの多い残価の設定がありません。そのため、車両代金をすべて月額で支払うことになります。また、契約満了時に車がもらえるのも「もろこみ」の特徴です。また、契約年数は、利用期間は短く支払い金額を抑えたい方向けの7年契約「もろコミ7」、長く安く車に乗りたいという方には9年契約の「もろコミ9」がおすすめです。車種は、軽自動車から普通車、商用車まで幅広くそろっています。

ニチゴカーリース

カーリースは通常年単位でのリースが多いですが、ニチゴカーリースでは月単位でのリースが可能となっています。最短1ヶ月から好きな期間での契約が可能。自社の整備工場で状態の良い中古車を整備しているため、月額15,000円〜という値段でサービスが提供されています。また、対象エリアは関東エリアのみ、取り扱い車種は軽自動車がメインとなっています。

オリックス自動車「いまのり」「ワンプライス中古車リース」

オリックス自動車が提供するカーリースは、新車の「いまのり」と中古車の「ワンプライス中古車リース」の2種類があります。新車リースのいまのりには、9年契約の「いまのりナイン」、7年契約の「いまのりセブン」、5年契約の「いまのりくん」があります。また、個人向けのリースサービス「ワンプライス中古車リース MyCar」は、中古車をメインとしているため月々の支払い金額が安く提供されています。新車も中古車も、軽自動車からセダン・クーペまで幅広く、豊富なメーカーや車種から選ぶことができます。

JUCのカーリース

車販売代理店のJUCが提供するカーリースは、任意保険料も月額費用に含まれているのが特徴です。また、契約満了時の残価の開示がされているため、最終的な買取価格が明確になっています。JUCのカーリースは、契約期間やプランから選ぶのではなく、月々8,800円(税別)や19,800円(税別)など、毎月の支払額から選ぶことができます。

おトクにマイカー 定額カルモくん

ナイル株式会社が提供する「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、申し込みから納車までインターネットで完了できるサービスです。契約期間はライフプランに合わせて、最短1年から9年まで好きな契約期間を選ぶことができます。また、主要国産メーカーの人気車種が揃っているので選択肢も多く、カラーやオプションなども選択が可能です。整備や車検などもカバーできるプランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。なお、より安く利用したい方のために、中古車のリースサービスも行なっています。

2024年サマーキャンペーン

定額カルモくんの良さまとめ

  • 1年単位で契約期間が選べる
  • 国産全車種から選べる
  • ネットで注文、家までデリバリーしてくれる
  • 全国30,000店舗以上から整備工場を選べる
  • 「メンテナンスプラン」で返却時の原状回復費用補償が受けられる
  • 「もらえるオプション」で最後に車をマイカーにすることができる
  • 「もらえるオプション」で走行距離の制限をなくすことができる
  • さらに安くリースできる中古車サービスも行なっている

よくある質問

Q:個人向けカーリースってどういうもの?

A:個人向けカーリースとは、リース会社が購入した車を定額制で借り、マイカーのように使用できるサービスです。契約時に決められた月額料金には車両代金のほかに自動車税(種別割)や自動車重量税などの車に関する税金や自賠責保険料、ディーラー点検費用やサポート料、手数料などが含まれています。

Q:個人向けカーリースのメリットって?

A:個人向けカーリースでは購入とは異なり、高額な頭金や初期費用が必要ありません。貯金を崩さず新車に乗りだせるのは大きなメリットでしょう。また、定額制で車に関する出費はカーリース料金にまとめられるので突発的な出費がなくなり、家計管理がしやすいというのもメリットです。

Q:個人向けカーリースとレンタカーとの違いは?

A:レンタカーではナンバープレートは「わ」ナンバーとなりますが、カーリースでは購入と同じようにナンバーを選ぶことが可能です。また、レンタカーは基本的に一日単位で借りるサービスですが、カーリースは現状では最短でも1ヵ月、長ければ10年程度という契約期間の違いがあります。

※記事の内容は2019年4月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る