カーリースの車は返却しなきゃいけないの?契約満了後も乗り続ける方法とは

カーリースの車は返却しなきゃいけないの?契約満了後も乗り続ける方法とは
カルモくんなら新車が

カーリースでは、契約期間が満了したら、車はカーリース会社に返却するのが基本です。契約満了を機に新しい車に乗り換えられるというメリットがある一方で、できれば同じ車に乗り続けたいという方にとってはネックに感じられるでしょう。
しかしカーリースの契約満了後の選択肢には、返却だけでなく、買取りや同じ車にそのまま乗り続ける再リース、新車への乗り換えなど、さまざまなものがあります。また、カーリース会社によっては、オプションに加入することで、契約満了後、そのまま車をもらえることもあります。
ここでは、カーリースで借りた車を返却せずに乗り続ける方法を、詳しくご紹介しましょう。

カーリース契約満了後にそのまま車がもらえるカーリースを今すぐ知りたい方はこちらのバナーをチェック

車がもらえる

【この記事のポイント】
✔カーリースの契約満了後の選択肢には、返却・買取り・再リース・乗り換え・もらうがある
✔契約満了後はカーリース会社に車を返却するだけで完了
✔定額カルモくんなら契約満了後に車がもらえる!

カーリース契約満了後は返却するのが原則。返却時の方法は?

カーリースとは?

車のサブスクリプションサービスともいわれるカーリースでは、契約満了後は車を返却するのが前提です。手続きは特に必要なく、車をカーリース会社に返却するだけで完了するため、ディーラーや販売店で購入した車を手放すときのように、いろいろな手続きに追われたり、書類を用意したりする必要はありません。

カーリースで契約満了後に返却するのはなぜ?

カーリースは車を長期間貸し出すサービスなので、車の所有権はカーリース会社にあります。利用者は利用料を支払って契約期間中の使用権を得るしくみであることから、契約満了後は車を返さなくてはいけません。
その代わり、車の購入時に発生する手続きは、所有権を持っているカーリース会社が負担します。保険料や税金が月々のリース料金に含まれていることで、大きな出費が発生しないのも特徴です。

カーリースでは車の所有権は得られないものの、自分が乗りたいと思える車を自由に選ぶことができ、必要なときにマイカーのような気軽さで車を利用できるのはメリットだといえるでしょう。

返すだけなので所有車と違って簡単

車を購入した場合、手放すときにはディーラーに下取りに出すのか、車の買取店に見積りを依頼するのか、または廃車にするのかなど、車の処分方法を考えなくてはいけません。
さらに売却する場合には、自動車検査証や自動車納税証明書、リサイクル券など必要な書類を用意する必要があり、手間と時間がかかります。
一方、カーリースの契約満了後は、車をカーリース会社に引き渡すだけで完了です。面倒な手続きもありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

リース期間満了後に返却以外の方法は選べる?

リース期間終了後に選べる返却以外の方法とは?

カーリースの契約満了後には、返却以外にも買取りや再リース、車をもらう、新車に乗り換えるなどさまざまな選択肢が用意されています。カーリース会社によって選べる方法は異なるため、それぞれの特徴を理解して、自身が利用したい方法を用意しているところを選ぶことが大切です。

1. 買取り

契約満了時に利用していたリース車を買い取り、マイカーにする方法です。契約時に設定した残価を支払うことで、同じ車に乗り続けることができます。
ただし、所有権を変更するための手続き費用などが別途必要になる場合があります。

2. 再リース

これまで乗っていた車に乗り続ける方法には、再リースもあります。再リースでは、契約満了時に改めてリース契約を結んで契約期間を延長します。
この方法であれば買取りのための費用を負担することなく、引き続き定額料金の支払いだけで慣れた車に乗り続けることができます。

3. 新車に乗り換える

再リースのもうひとつの形として、新車への乗換えがあります。引き続きカーリースを利用したいけれど、ほかの車に乗りたかったり、新車に乗り換えたかったりする場合は、満了後に別の車で契約を結ぶことができます。
一般的に、車の乗換えはお金がかかりますが、カーリースであれば、頭金不要で、法定費用や保険料も月額料金に含まれているので、大きな出費を抑えて新車に乗り換えられます。

4. もらう

一部のカーリース会社では、契約満了後に車をもらえるオプションが用意されています。このようなプランを契約していた場合、残価の支払いもなくそのままリース車を自分の所有車にできます
もちろん、契約満了後はリース料金の支払いもなくなり、車の名義も自分に変わります。カーリースの定額カルモくん では、月額500円で、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションを用意しています。

車がもらえる

このように、カーリースの契約期間が満了した後は、さまざまな選択肢の中から希望の方法を選ぶことができます。なお、いずれマイカーを持ちたいと思っているのであれば、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」の「もらえるオプション」のように、将来車をもらえるリース契約を利用するのがおすすめです。

カーリースの契約満了後は結局どうするのがいいの?

カーリース契約満了後の選択肢についてご紹介しましたが、自分にはどの方法が一番合っているのかわからないという方もいるでしょう。ここでは、それぞれの選択肢を選ぶとどのようなメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

買取りのメリット

買取りのメリットは、乗り慣れた車をそのまま使い続けられることです。カーリースではメンテナンスをしっかり受けられるので、整備された安全な車に乗り続けられるという安心感もあります。また、所有権がカーリース会社から自分に変わるので、売却することも可能になります

再リースのメリット

再リースでは、乗り慣れた車を使い続けられることのほかに、月々のリース料金がそれまでよりも安くなる点が大きなメリットといえるでしょう。契約満了を迎えたものの、あと1、2年だけ車が必要といった場合にも助かる選択肢といえます。

新車に乗り換えるメリット

新車に乗り換えるメリットは、少ない負担で性能やモデルが最新の車に乗れることでしょう。

購入した車で新車に乗り換える場合、それまで乗っていた車を売却し、新しく車を購入するための手続きや費用が必要になります。特に費用は、まとまった金額を用意しなければなりません。

一方、カーリースであれば契約満了後に車を返却して新車に乗り換えるだけなので、面倒な手続きが一切ありません。初期費用が不要で車を買い替えるよりもコストが抑えられるため、お金はかけたくないけれど、できれば新車に乗り換えたいという方におすすめです。

もらうメリット

カーリースでは、車を返却する際に原状回復をしなくてはいけません。傷やへこみがあれば費用を出して修理する必要があり、改造していた場合は元に戻さなければなりません。
しかし、車をそのままもらえるプランなら、原状回復の必要がなくなります。また、買取りのようにまとまった費用を支払う必要もないので、経済的な負担もありません。

契約満了後に返却したいときはどうするの?

返却するときはどうするの?

契約満了後に車を返却する場合、基本的にはそのまま車をカーリース会社に渡すだけで完了となります。マイカーを手放すときのような廃車や下取りなどの手続きも不要です。
しかし、返却時にはいくつかルールがあり、カーリース会社によって異なるため、きちんと確認していないとトラブルになることもあります。
返却時に困ったことにならないように、契約満了後の返却について知っておきたいことを見ていきましょう。

走行距離制限に注意

カーリースでは、契約時に設定した残価に見合う車の価値を担保するために、走行距離の上限を定めている場合がほとんどです。返却時の走行距離が上限を超えている場合は、別途費用を請求される可能性があります。
走行距離の上限はカーリース会社によって異なるため、車の利用頻度などから自身に適した走行距離を確認して、超える心配がなさそうなカーリース会社を選ぶことをおすすめします。

なお、一般的な1ヵ月の平均走行距離は1,000kmほどといわれています。定額カルモくんでは、走行距離制限の上限を1ヵ月あたり1,500kmに設定しているため、日常的に車を利用したり、たまに遠出をしたりしても、オーバーする心配はほとんどありません。また、7年契約以上なら、走行距離制限自体がなくなります
車の利用頻度が高い場合や、長距離の利用が多い場合は、定額カルモくんのようなカーリースを選ぶと安心です。

原状回復が必要

カーリースの返却時には、借りたときの状態に戻す「原状回復」をしなければいけません。
原状回復では、後から取り付けたカバーやカーナビ、車に貼ったステッカーなどをすべて外すほか、ステアリングなど交換していたパーツがある場合は、それらも借りたときの物に戻す必要があります。
なお、リース期間中に付いた傷などについては、基本的には元の状態に戻して返却、もしくは返却時に別途費用を支払う形になりますが、それぞれのカーリース会社によって対応が異なります。契約しているカーリース会社の規定を確認しておきましょう。

傷などの状態によっては修理費用が心配かもしれませんが、定額カルモくんでは、通常利用時の軽微な傷などは原状回復の対象になりません。また、メンテナンスプランを付けておけば原状回復費用が補償されるので、返却時の負担を抑えることが可能になります。

残価精算で高額な費用が必要になることも

カーリースには2種類の契約方式があり、どちらの方式かで契約満了時の費用負担が変わります。
おもな違いは契約満了時の残価精算の有無で、残価精算が必要な契約方式のカーリースでは、返却時の車の価値が残価を下回った場合に、差額を請求されることがあります。

契約満了時の費用負担を抑えたい場合は、残価精算のないカーリースを選びましょう。

残価分がかからない

法人契約の返却時はどうすればいい?

カーリースは社用車として使うことができるので、法人契約で利用する場合もあるでしょう。法人契約の場合、個人で契約したときと返却方法などに違いはあるのでしょうか。
ここでは、法人契約が満了したときの返却について、法人契約ならではのチェックポイントと併せて、詳しく解説します。

法人カーリースの返却方法

法人契約であっても、契約満了後の返却方法は個人カーリースと違いはありません。
車をカーリース会社に渡すだけですので、面倒な手続きなどは一切不要です。

法人カーリースで返却前に確認しておくこと

カーリースは車の所有権がカーリース会社にあるため、固定資産として帳簿に記載する必要がなく、減価償却といった面倒な処理を行わずに車を使用できます。また、月々支払うリース料金の全額を経費に計上でき、節税効果が期待できます。
社用車を購入するとなると、頭金など初期費用が必要ですが、カーリースなら、頭金などの初期費用が不要で、税金などの維持費も月々のリース料金に含まれていることから、経費削減にもつながります
しかし、車を返却すれば節税効果や経費削減効果が期待できなくなるので、契約満了後の収支や、乗換えの場合は社用車の関連費用などをあらかじめ確認しておきましょう。

定額カルモくんなら、法人の方でもおトクにカーリースを利用できます。

一本化 法人

定額カルモくんなら、車がもらえるオプションなど返却時の選択肢が豊富

カルモくん_new

契約期間満了後に車をもらえるカーリース会社があることはすでにお伝えしたとおりですが、日本一安い*定額カルモくんにも、契約満了後に車がもらえる「もらえるオプション」が用意されています。
また、定額カルモくんには、メンテナンス費用まで定額にできるメンテナンスプランもあります。
もらえるオプションとメンテナンスプランをはじめ、定額カルモくんの特長について詳しく見ていきましょう。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値(2021年3月カルモ調べ)

契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」

定額カルモくんでは、7年以上の契約の場合、月々500円の「もらえるオプション」に加入することで、契約満了後に乗っていた車をそのままもらうことができます
また、7年以上の契約であれば、契約期間中も走行距離制限がありませんので、思う存分、車を活用することができるでしょう。

もらえるオプションについて詳しくはこちら

原状回復費用も含まれているメンテナンスプラン

定額カルモくんには、メンテナンス費用も定額にできるメンテナンスプランが用意されています。メンテナンスプランでは、車検基本料や一部消耗部品の交換費用が定額になるほか、原状回復費用も補償されるので、返却時の追加料金が心配という方でも、安心して利用することができます。

メンテナンスプランについて詳しくはこちら

残価精算がないから最後まで安心!

定額カルモくんでは、契約満了時の残価精算がない契約方式を採用しています。そのため、市場価格を基にした高額な請求をされる心配がありません。最後まで安心して乗り続けることができるでしょう。

契約方式の違いについて詳しくはこちら

車種が豊富で新車への乗換えも楽しい

車選びのポイントは人それぞれです。契約満了後に新車に乗り換えたい場合でも、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っている定額カルモくんなら、購入するのと変わりなく、自由に車を選ぶことができます。
乗りたい車種が決まっている方は、こちらから定額カルモくんの月額料金をチェックしてみましょう。

カーリース満了後に選べる手段は複数ある

カーリースの契約期間が満了した後は、買取りや再リース、乗り換えといった選択肢の中から希望の方法を選ぶことができます
なお、「将来的にはマイカーが欲しい」と思っているのであれば、定額カルモくんの「もらえるオプション」のように、将来、車をもらえるリース契約を利用するのがおすすめです。

定額カルモくんには、車種が決まる前でも契約可能かどうかがわかる「お試し審査」があります。入力時間は5分程度、結果は通常翌営業日にわかるので、契約までスピーディーに進めることができます。
審査通過後にゆっくりと車選びができ、キャンセルも可能。まずはこちら から気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:カーリースでは返却が必須?

A:返却以外の方法もあります。カーリース会社によって選択肢は異なりますが、買取りや再リース、そのまま車がもらえるなど、さまざまな方法があります。そのため、契約満了後も同じ車に乗り続けたいという要望も叶えることができます。

Q2:返却時はどうすればいい?

A:基本的には、車をそのままカーリース会社に渡すだけで大丈夫です。自分で購入した車を手放すのと違って、面倒な手続きは必要ないので、時間や手間がかかりません。

Q3:返却時に気をつけることは?

A:契約内容によっては、原状回復が必要になったり、追加精算が発生したりすることがあります。そのため、走行距離や傷をチェックしておくと安心です。また、自分で取り付けたカバーやステッカーなども外しておきましょう。

Q4:契約満了後の選択肢が多いリース会社はどこ?

A:定額カルモくんには、返却や再リースのほか、月額500円で契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」という選択肢があります。契約満了後も同じ車に乗り続けたいと考えている方におすすめです。

※記事の内容は2021年7月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

車がもらえる