ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの車を返却するときの注意点は?トラブル例や回避する方法を解説

カーリースの車を返却するときの注意点は?トラブル例や回避する方法を解説
カーリースの車を返却するときの注意点は?トラブル例や回避する方法を解説
貯金ゼロでもマイカー持てる

カーリースの利用を検討してみるものの、契約満了時の車の返却について「トラブルはないのか」「簡単に返却できるのか」といった点が気になり、いまひとつ踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

しかし、カーリースは返却時の注意点や会社の選び方を事前に押さえておくことで、最後まで快適に利用可能です。

ここでは、カーリースの車を返却するときのトラブル例と、その回避方法を解説します。また、一般的な返却方法や最後まで安心して利用できるカーリース会社の選び方も見ていきましょう。

  • カーリースの返却時は残価精算や原状回復でトラブルになるケースが多い
  • 残価精算がなく走行距離制限もなくせるカーリースならトラブルを防げる
  • 車をもらえるカーリースなら返却不要なため原状回復の心配もない

申込者数20万人を突破!デメリットを抑えたおすすめのカーリースをみる

カーリースの返却時によくあるトラブルとは?

カーリースの返却時によくあるトラブルとは?

カーリースは定額制で車に乗れるサービスですが、車の状態や使用方法によっては、返却時に追加で費用がかかることがあります。また、次の車の手配が間に合わなかったり、リース期間を延長できなかったりといったケースも返却時のトラブルとして取り上げられがちです。

まずは、カーリースの車の返却時によくあるトラブル例を見ていきましょう。

残価と返却時の車の価値との差額を請求された

カーリースは、契約方式によっては車を返却する際に「残価精算」を行います。残価精算とは、契約時に設定した契約満了時の車の下取り想定価格と、返却時の実際の車の価値とに差が生じた場合に、差額を精算するというものです。

残価精算ありのカーリースでは、想定残価を実際の残価が大きく下回った場合、高額な差額を請求される可能性があり、費用の精算をめぐってトラブルになるケースは少なくありません。

残価精算トラブルを回避する方法はこちら

走行距離制限の超過料金が発生した

通常、カーリースでは月間の走行距離制限が設けられます。車の価値は走行距離の影響を大きく受けるため、契約時に設定した車の想定残価が返却時までに下回ることのないよう、走行距離に制限を設けるのです。

設定された走行距離を超過すると、車の返却時に超過分の追加料金を請求されるケースがあります。超過分の料金の算出方法は、超過距離に応じて決められたり、下がった残価分をそのまま請求されたりと、カーリース会社によって異なります。

走行距離制限トラブルを回避する方法はこちら

カスタマイズをしたら返却時に原状回復費用がかかった

カーリースでは、元に戻せないようなカスタマイズやドレスアップは原則禁止されており、契約者は返却時に車を元の状態に戻す「原状回復」の義務を負うことになります。そのため、契約期間中にカスタマイズや改造を行った場合、原状回復費用が発生してしまい、これがトラブルのもとになるケースも少なくありません。

なお、取り外し可能なカーナビなど、元に戻せる範囲ならカスタマイズしても問題ないケースもありますが、取り外し時に車に傷をつけたり汚したりすると原状回復の対象になることもあるため注意が必要です。契約内容によっても変わってきますが、傷などの修理費用も原則として契約者が負担するのが一般的です。

原状回復トラブルを回避する方法はこちら

案内が不十分で返却までに次の車の手配が間に合わなかった

あらかじめ契約期間を設定するカーリースは、返却期限が決まっています。そのため、返却後も車が必要な場合は次の車の手配が間に合うように手続きをしなければなりません。

新車をリースする場合、一般的には納車まで1~3ヵ月程度かかります。余裕をもって申込みをしなければ、前の車を返却してから次の車に乗れるようになるまで車を使えない期間ができてしまいます

原状回復トラブルを回避する方法はこちら

返却時にリース期間の延長をお願いしたが応じてもらえなかった

契約満了時の選択肢が返却のみのカーリースで契約した場合、基本的にリース期間を延長することはできません。カーリースの月額料金は、返却時の車の残価を差し引いた車両本体価格や、契約期間中の各種税金や自賠責保険料なども含めて契約月数で割って算出されるため、原則として契約期間中にプランを変更することは不可能です。

そのため、返却時にリース期間の延長を希望しても認めてもらえず、トラブルに発展してしまうケースもあります。

リース期間の延長トラブルを回避する方法はこちら

カーリース返却時のトラブルを回避する方法

カーリース返却時のトラブルを回避する方法

カーリースの返却時に見られるトラブル例をご紹介しましたが、こうしたトラブルはカーリース会社やプランを選ぶ際に注意することで回避できます。最後まで安心して利用できるように、ここで確認しておきましょう。

残価精算のないカーリースを選ぶ

カーリースの中には、契約満了時の残価精算が不要の会社もあります。残価精算のないカーリースなら、契約満了時の車の価値が契約時の想定残価を下回っていたとしても、その差額を請求される心配はありません

残価精算の有無はカーリース会社ごとに異なるため、申込前に確認しておきましょう。また、残価精算ありのカーリース会社と契約する場合は、設定される残価が適正かどうかを確認しておくことも大切です。

利用頻度に合った走行距離を設定する

車の利用頻度や遠出する回数なども踏まえて、適正な走行距離を設定することも大切です。

走行距離の上限や設定できる距離はカーリース会社ごとに異なりますが、あらかじめ自身に必要な走行距離を算出しておくことで、それを基準に会社選びを進めることもできるでしょう。

なお、走行距離を設定する場合は、少し余裕を持たせておくことをおすすめします。また、長距離利用が多い方や、走行距離を気にせず乗りたいという方は、走行距離制限をなしにできるカーリース会社を選ぶのもひとつの方法です。

原状回復の対象を事前に確認しておく

車を返却時に元の状態に戻す原状回復ですが、通常の利用でついた微細な傷などは、原状回復の対象とならないケースもあります。

どのような傷が原状回復の対象となるのか、カスタマイズの可否などと併せて事前に確認しておくと、原状回復の負担を大きく軽減することにつながるでしょう。また、取り外した部品は写真に残しておくと原状回復時の備えになります

サポートが充実しているカーリースで契約する

カーリース会社の中には、車の返却時期が近づくと案内をしてくれるところもあります。このようにサポートが手厚い会社なら、次の車も忘れず手配できるでしょう。

また、サポートデスクに相談しやすいかどうかも大切なポイントです。返却のことだけでなく、さまざまな疑問に関して気軽に相談でき、丁寧に答えてくれるカーリース会社なら、安心して利用することができます。

返却時の選択肢が豊富なカーリースを選ぶ

カーリース会社の中には、契約満了時の選択肢として「再リース・乗換え・買取り・もらう」など、返却以外の選択肢も複数用意しているところがあります。リース期間を延長する可能性がある場合は、こうした返却以外の方法を選べるカーリース会社を選ぶことをおすすめします

加えて、返却時期に間に合うように、次の車の準備について案内をしてくれる親切なカーリース会社なら、ストレスなく利用できるでしょう。

カーリースに向いているかいないかでもトラブルの可能性は変わる

カーリースに向いているかいないかでもトラブルの可能性は変わる

カーリースの利用が向いているのか、そうでないのかによっても、返却時にトラブルが起こる可能性は変わってきます。そこで、カーリースはどのような方に向いているのか、また向いていないのか、その特徴を見ていきましょう。

カーリースの利用が向いている方

以下のような方は、不便を感じることなくカーリースを利用でき、車が必要な期間もある程度決まっていることからトラブルに発展するリスクも低いといえるでしょう。

  • 車のカスタマイズやドレスアップは不要
  • 走行距離を超過する心配がない
  • 車が必要な期間がある程度決まっている
  • 短期間で違う車種に乗り換えたい
  • 手続きなどに手間をかけたくない

カーリースの利用が向いていない方

次のように車を自由にカスタマイズしたい方や、車が必要な期間が明確に決まっていない方は、カーリースには不向きかもしれません。

  • すぐに自分の車がほしい
  • 自由にカスタマイズやドレスアップを楽しみたい
  • 長距離運転の機会が多く、走行距離制限を超過する可能性がある
  • 車が必要な期間が決まっておらず途中で車が必要なくなる可能性がある

これらは、カーリースのデメリットといわれることもありますが、いずれもカーリース会社選びによっては解決可能です。上記すべてを解決して、不便なくお得にカーリースを利用したい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

カーリース(車のサブスク)のさまざまなデメリットを解決する方法はこちら

カーリースの返却時の流れ

カーリースの返却時の流れ

カーリースの返却時に起こりうるトラブルは、あらかじめ返却時の流れを押さえておくことでも回避できます。ここでは、カーリースの定額カルモくんの場合を例に、車を返却する際の流れを見ていきましょう。

1. 車の返却日時と場所の決定

契約満了日のおおよそ6ヵ月前を目安に、カーリース会社から契約満了時の返却について説明する連絡が入ります。

その際、返却希望日や返却場所のほか、乗換えや再リースなどの意向確認もあるため、希望する場合は伝えるようにしましょう。もちろん、まだはっきりとわからない場合は、相談するだけでも問題ありません。

予定どおり返却を希望した場合は、車の引き取り業者から後日連絡が入り、返却日と場所を決定します。なお、返却時に提出する書類などは特にありません。

※連絡時期はその時点での車業界の状況により変わる場合もあります

2. 車を返却する準備をする

返却日までにフロアマットやプロテクター、携帯灰皿など契約期間中に自身で取り付けたものは、すべて取り外しておきましょう。なお、履いているタイヤやカーナビなど自身で取り外しが困難なものは、付けた状態のまま返却することも可能です。

ただし、車の価値を下げるようなパーツを付けたまま返却すると、原状回復費用が発生する可能性もあるため注意が必要です。判断に迷った際は、サポートデスクに連絡をして相談してみましょう。

3. 車を返却する

返却を希望した日に、指定した場所まで業者が車を引き取りにきます。車を引き渡した後、書類に署名捺印を求められるので、返却時は認印を用意しておきましょう。

4. 返却した車の確認が行われる

カーリース会社にて返却した車の確認が行われます。万が一、原状回復費用が発生した場合は、費用について案内があるため指示に従いましょう。原状回復費用は、基本的に振込にて一括払いとなります。

カーリースの返却時に知っておくべきこと4つ

カーリースの返却時に知っておくべきこと4つ

カーリースで乗っていた車をスムーズに返却するためにも、いくつか押さえておきたいポイントがあります。費用負担を軽減したり、手間を省いたりできることにもつながるため、ここで確認しておきましょう。

精算金の支払い方法は現金一括になるケースが多い

残価精算があるカーリース会社の場合、精算金は現金一括払いとなり、まとまった金額が必要になるケースもあります。一度に支払うのが難しいときはローンを組める場合もありますが、金利がかかる分支払総額は大きくなってしまうため、注意が必要です。

このような残価精算による費用負担のリスクを抑えるためには、残価精算のないカーリース会社を選んだほうが良いでしょう。

原状回復費を支払ったほうが安いケースも有る

返却時に発生する原状回復費用を心配して先に自分で修理をしてしまうと、かえってそのほうが高くついてしまう場合があります。修理した痕跡で本来不要な原状回復が発生し、さらに費用がかさんでしまうリスクもあるため、傷があるからといってすぐに修理することは避けましょう

傷の程度によっても取るべき対応は異なるため、原状回復について迷ったときは、まずカーリース会社に相談することをおすすめします。

返却時は自宅まで車を取りに来てくれるカーリース会社もある

車を返却するにあたり、カーリース会社によっては自宅まで車を引き取りにきてくれるところもあります。そのような会社なら、店舗などへ車を運転していく手間もかかりません

そのほか、契約満了が近づいたタイミングで契約期間を延長して再リースするか、乗り換えるか、そのまま返却するか、意思確認の連絡をしてくれるカーリース会社もあります。

車がもらえるプランなら返却時の手間もトラブルもなし

カーリース会社の中には、契約満了時に車をもらえるプランを用意しているところもあります。所定の条件を満たすことで、契約満了時にリースしていた車をそのままマイカーにできるので、原状回復や残価精算が不要となり、走行距離も無制限となる点がメリットです。

いずれはマイカーが欲しいと考えている方は、このようなプランのあるカーリース会社を選ぶと、返却時の手間もトラブルも回避しながら、自分の車も手に入れられるでしょう。

契約中から返却時まで安心して利用できるカーリースはどこ?

カルモくん_new

カーリースの返却時のトラブルを回避するためには、トラブルを回避できるしくみやプランがあり、サポート体制も充実したカーリース会社を選ぶことが大切なポイントです。

ここでは、数あるカーリース会社の中でも独自のサービスが豊富で、顧客対応満足度98.9%*を達成している「おトクにマイカー 定額カルモくん」の特徴についてご紹介します。

*¹2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

メンテナンスプランの選択で原状回復費用が補償される

返却時の原状回復費用が不安な方には、定額カルモくんのメンテナンスプランへの加入がおすすめです。メンテナンスプランは補償範囲に応じて3種類用意されていますが、いずれのプランでも原状回復費用がカバーされます。

メンテナンスプランに加入すると、ほかにも車検代や消耗品の交換費用なども月額料金に組み込むことができて、車の維持費の大半を定額化することが可能です。

7年契約以上なら全車で走行距離制限なし!車をもらう選択も可能

定額カルモくんでは、7年以上の契約で車種を問わず走行距離が無制限となります。毎日の運転や長距離運転時も、走行距離制限を気にせず快適にドライブを楽しむことができるでしょう。

さらに、月々500円の「もらえるオプション」を付けることで、契約満了時に車を返却せずにそのままもらうことも可能です。契約満了後もマイカーとして乗れるため原状回復は不要で、カスタマイズに関する制限も気にせず自由にカーライフを継続できます。

カルモが人気の理由

返却時の手間やトラブルは選び方次第で抑えられる

返却時の手間やトラブルは選び方次第で抑えられる

カーリースの返却時のトラブルは、カーリース会社やプランの選び方次第で回避することができます。また、車を自宅まで引き取りにきてくれるカーリースなら、返却の手間もかかりません。

快適なカーライフを送るためにも、料金の安さだけではなく、残価精算の有無やメンテナンスプラン、走行距離制限なども比較しながら、契約満了時まで安心して利用できるカーリース会社を選びましょう。

なお、カーリースを利用する際は審査に通過する必要があります。定額カルモくんなら、先に審査に通るか確認できる「お試し審査」を受けることができるため、まだ利用するか迷っているという方も気軽に試してみてはいかがでしょうか。

お試し審査では、自身が利用できる車の価格帯も確認できるため、今後カーリースの利用を検討する際の判断材料にもなるでしょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:カーリースの返却時に起こりやすいトラブルは?

A:カーリースの返却時のトラブルとしてよく見られるのは、最初に設定した残価と返却時の車の価値との差額を請求された、走行距離制限の超過料金が発生した、カスタマイズをしたら返却時に原状回復費用がかかった、リース期間の延長が返却時にできなかった、といったケースです。ただ、いずれもカーリース会社やプラン選びで回避することができます。

Q2:カーリース返却時のトラブルは回避できる?

A:残価精算がない契約方式で、利用頻度に合う走行距離を設定できるカーリース会社なら、返却時の追加費用のリスクを軽減できます。また、事前に原状回復の対象を確認しておくことも大切です。さらに、サポートが充実しており、返却時の選択肢も豊富なカーリース会社なら、最後まで不便に感じることなく利用できるでしょう。

Q3:カーリース返却時の手順を教えて!

A:定額カルモくんの場合、あらかじめ決めた日時に、指定した場所まで専門業者が車を引き取りにきてくれます。返却日までにフロアマットやプロテクター、携帯灰皿など契約期間中に自身で取り付けたものは取り外し、当日車を引き渡し後、書類に署名捺印することで返却完了となります。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる