ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの審査が甘い会社はどこ?甘さの判断基準やおすすめ5社を紹介

カーリースの審査が甘い会社はどこ?甘さの判断基準やおすすめ5社を紹介

カーリースの審査基準は、それぞれの会社によって異なります。そのため、審査が不安な方はさまざまなカーリース会社を比較して、審査が甘い傾向があるカーリース会社を選んで申込みをしましょう。

ただし、カーリースの審査基準は公表されていないため、甘いところを見つけるには、見分けるポイントを知っておく必要があります。そこで、カーリース会社の審査が甘いかどうかを判断する基準や、審査に通るか不安な方向けの対処法をご紹介します。

審査に通るか不安なときに事前に審査結果を確認する方法はこちら

  • 審査基準を公表しているカーリース会社は基本的にない
  • 月額料金の安さや契約可能期間で審査が甘いか測ることはできる
  • 審査が不安な方は事前に審査結果がわかるカーリース会社がおすすめ

カーリースで審査が甘い会社はある?

カーリースで審査が甘い会社はある?

カーリースを提供している会社は数多くあり、審査基準はそれぞれの会社が独自に決めています。そのため、他社と比べて審査が甘い会社もあれば、反対にきびしい会社もあります。

ただし、審査が一切ないカーリース会社はありません。どこの会社が提供しているカーリースであっても、必ず審査は行われます。なぜ、カーリースには必ず審査があるのか、その理由を見ていきましょう。

カーリースで審査が必要な理由

カーリースは、毎月一定の料金を支払いながら、カーリース会社が購入した車を借りることができるサービスです。月額料金は、車両本体価格から契約満了時の下取り想定価格である残価を差し引いた上で算出されるため、利用者は購入するよりも負担する車両本体価格が安くなり、お得に新車に乗ることができます。

しかし、このようにあらかじめ残価を設定し月額料金を算出していることから、中途解約やプランの変更は原則不可能で、あらかじめ決められた月額料金を契約期間満了まで支払い続ける必要があります。

カーリース会社は利用者に代わって新車を購入しているため、確実に約束を果たしてくれる方でなければ、貸し出しリスクが高くなってしまいます。そのため、契約期間中のあいだ問題なく月額料金を支払い続けられるかどうかを審査の際に確認するのです。

たとえ個人間であっても、信用できるかわからない相手に大切な車を貸す方はいないでしょう。カーリース会社も同様で、車を貸すにあたって信用できる相手かどうかを審査で判断しています。

カーリースの審査が甘い会社の見分け方

カーリースの審査が甘い会社の見分け方

カーリースの審査基準は公表されていないため、審査が甘いかどうかを客観的な視点から厳密に比較することはできません。ただし、カーリース会社が定める条件をチェックすることで、ある程度の傾向を把握することは可能です。
どのような点を確認すればいいのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額料金が安い

月額料金が安いカーリースは、以下のように審査対象となる金額を下げられるため、その分審査に通る可能性が高まります。

(例)
・月額30,000円で5年契約の場合
30,000円×12ヵ月×5年=180万円について審査される

・月額25,000円で5年契約の場合
25,000円×12ヵ月×5年=150万円について審査される

審査が甘い会社かどうかを見分ける際には、このように月額料金の安さに着目することがポイントです。

自社リースを提供している

カーリースの審査は信販会社を通して行われるのが一般的ですが、中には自社で独自審査を行っている場合もあり、このような形態を「自社リース」といいます。

自社リースの会社は信販会社を通さない分、審査に通りやすいといわれていますが、月額料金や保証料が高額なケースが多く、また選べる車種が中古車のみで、契約期間も短いといったデメリットもあるため注意が必要です。

カーリースはカーローンよりも審査に通る可能性が高い

カーリースはカーローンよりも審査に通る可能性が高い

車に乗る手段は、カーリース以外にもカーローンを組んで購入する方法もありますが、カーローンを組む場合も当然ながら審査があります。

しかし、カーリースとカーローンで同程度の価格の車に乗ろうとした場合、カーリースのほうが審査に通る可能性が高いといわれています。その理由は以下のとおりです。

残価が設定されるため、審査対象金額が少ない

フルローンで車を購入する場合、車両本体価格の全額に対して審査が行われます。一方、カーリースで審査対象となるのは、車両本体価格から契約期間満了時の残価を差し引いた金額です。車両本体価格のすべてが審査対象になるわけではないため、その分審査の際に有利になります。

長期契約で「返済負担率」を下げられる

カーリースは、カーローンに比べて長期の契約ができる分、月々の支払額を下げられます。カーリースやカーローンの審査では、年収に対して年間の返済総額が何割なのかを示す「返済負担率」が3割程度になっているかどうかを確認されるケースが多いため、長期契約で月々の支払額を抑えることで、審査の際にプラスに働きます

所有者がカーリース会社であることがプラス要素になる可能性がある

カーリースの場合、車の所有者は利用者ではなくカーリース会社になります。そのため、審査会社は、万一利用者からの支払いが滞っても、カーリース会社からの返済が見込めると考えます。このことから、カーローンよりも審査に通りやすくなる可能性があるといわれています。

審査対象金額を下げられるから有利!業界最安水準のカーリースはこちら

審査が不安な方におすすめのカーリース会社5選

審査が不安な方におすすめのカーリース会社5選

審査が不安な方には、審査対象額を抑えられる「月額料金が安いカーリース」がおすすめです。ここでは、数あるカーリース会社の中から、リーズナブルな月額料金で利用できる5社をご紹介します。

なお、カーリース会社のホームページに記載されている月額料金が非常に安い場合、ボーナス払い併用の可能性が高いので注意しましょう。月額料金を比較する際は、「ボーナス払いなし」など、同じ条件で比較することが大切です。

また、返済負担率は年間の収入と返済額のバランスで見るため、ボーナス払いを併用して月々の負担が減ったとしても、審査に通りやすくなるわけではありません。

おトクにマイカー 定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準のカーリースです。最長11年契約が可能で、頭金・ボーナス払い不要、月額10,000円台から利用できます。また、国産メーカー全車種・全グレードから好きな新車を選べる上、オプションも好みに応じて選択可能です。

さらに、メンテナンスプランへの加入で、車検代やメンテナンス費用も定額化できます。車にかかるほとんどの維持費を一本化して、リーズナブルにカーライフを送ることができるでしょう。

コアラクラブ

「コアラクラブ」は、ボーナス払いも併用できるカーリースです。そのため、その分だけ月々の支払額を安く抑えることが可能です。ただし、後からボーナス払いをなしに変更することはできないため、万一ボーナスが出なくなったり、ボーナスの金額が下がったりしたときの対処法については、あらかじめ検討しておきましょう。

リースナブル

「リースナブル」は、ボーナス払いを併用でき、車検代もコミコミにできるカーリースです。一般的なカーリースではできない中途解約ができる点も大きな特徴でしょう。ただし中途解約した場合、実費負担が発生することもあるので、条件についてはあらかじめ十分確認しておく必要があります。

ニコノリ

「ニコノリ」も、ボーナス払いを併用できるカーリースです。月額料金の安さをウリにしていて、「大切に乗ること」を条件にした値引きを行っている点も特徴です。ただし、この条件に合致するためには、定期点検を受けることや走行距離制限を設定する必要があります。

カーコンカーリースもろコミ

「カーコンカーリースもろコミ」は、車の残価設定がないのが特徴のカーリースで、契約満了時に追加料金なしで車をもらうことができます。また、契約開始から一定期間が経過すると、車の乗換えや返却もできるため、途中で乗っている車に飽きた場合や車が必要なくなった場合も安心です。

カーリース会社の甘い審査に落ちたときの対処法

カーリース会社の甘い審査に落ちたときの対処法

カーリース会社の審査に落ちてしまったときは、いくつかの対処法をとることが大切です。1社に落ちてしまったからといってあきらめず、できることを探していきましょう。

車種やグレードを変える

申し込む車種やグレードを下げることで、審査対象となる金額を減らすことができます。許容できる範囲で、審査対象額を減らせるように調整してみましょう。

また、年収に対する年間の返済負担率が高い状態で申込みをした方は、契約年数を長くするのもおすすめです。契約年数が長くなれば、その分月々の支払額が減り、返済負担率を下げられるため、審査に通る確率を上げることができるでしょう。

保証人をつける

保証人とは、月々の支払いが滞った際に、本人に代わって支払いを行う人のことです。審査を行う会社からすれば、保証人がいるということは、それだけ料金の回収ができなくなるリスクを下げられるということなので、保証人をつけることで審査に通る可能性を高められるでしょう。

ただし、保証人には安定した収入があることが求められる上、気軽に依頼すると相手との関係を悪化させる原因にもなります。親族などに保証人になってもらうよう相談する際は、十分な配慮が必要です。

ほかの借入れを返済する

年間の収入と返済額のバランスをチェックする返済負担率は、カーリースの支払額だけでなく、そのほかのローンなどの返済額もすべて合算した上で算出されます。カードローンやクレジットカードのキャッシング、リボ払いなども審査に影響するため、繰上返済できるものについては、あらかじめ清算しておきましょう。

信用情報を問い合わせてみる

信用情報とは、過去から現在にかけてのローンやキャッシング、クレジットカードなどの利用履歴のことで、おもに以下の信用情報機関に一定期間保存されています。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

カーリースの審査では、これらの機関に保存された信用情報も確認されるため、信用情報に不安がある方は情報開示請求を行ってみましょう。もし過去の未払いなど審査の際に不利になる情報が記録されていた場合は、すみやかに清算を行う必要があります。

カーリース会社を変える

カーリース会社の審査基準はそれぞれの会社によって異なるため、たとえ1社で審査に通らなくても、工夫をすれば他社の審査に通過できる可能性があります。より利用料金が安いカーリース会社や、審査の通りやすさをウリにしているカーリース会社を選び直して、再度申し込んでみるのも有効です。

審査が不安なときは審査に通るか確認できるカーリースがおすすめ

カルモくん_new

カーリースの審査が不安なときや、一度落ちてしまったときにおすすめなのが、事前に審査に通るかどうか確認できるカーリース会社に申し込むことです。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、希望の条件に近い車を選んで「お試し審査」が受けられます。ネットから所要時間5分程度で申し込めるので手間がかからず、審査結果も通常翌営業日(最大3営業日)にはわかるため急いでいる方でも安心です。

また、定額カルモくんは月額10,000円台から新車に乗れる業界最安水準のカーリースです。契約月数も最長11年まで設定可能なので、月々の支払い負担を大幅に減らすことができ、審査の際に有利な点もメリットでしょう。

お試し審査はたとえ審査に通ったとしてもキャンセル可能な上、自身が乗れる車の価格帯を教えてもらうこともできるため、審査が不安な方は積極的に活用しましょう。

カーリースの審査が甘い会社でも、通るかどうかは受けてみないとわからない

多くのカーリース会社には、カーローンの仮審査のようなシステムがありません。そのため、審査が不安な方は、最初からできるだけ審査が甘いカーリース会社を選んで申し込む必要があります。

しかし、審査が甘いからといって絶対に通るとは限りません。事前に審査結果を確認して確実に手続きを進めたいという方は、キャンセル可能で審査通過後のプラン変更もできる定額カルモくんの「お試し審査」をぜひ試してみましょう。

簡単5分_お試し審査

よくある質問

Q1:カーリースの審査が甘い会社はある?

A:カーリース会社によっては、他社よりも審査が甘いといわれるところもあります。これは、カーリースの審査基準がそれぞれの会社によって異なるためです。ただし、具体的な審査基準はどの会社も公表していません。

Q2:カーリースの審査が甘い会社の見分け方は?

A:カーリース会社の審査基準は公表されていないため、審査が甘いかどうかを客観的な視点から厳密に比較することはできません。ただし、カーリース会社が定める条件をチェックすることで、ある程度の傾向を把握することは可能です。例えば、「月額料金が安い」「自社リース」「長期契約が可能」といった会社は、審査に通る確率が他社より高いといえるでしょう。

Q3:カーリースの審査に落ちたらどうすればいい?

A:カーリースの審査に落ちてしまったときは、リースを希望する車のグレードを下げて、審査対象となる金額を抑えましょう。契約期間を延ばして月額料金を下げたり、ほかの借入れを繰上返済して返済負担率を下げたりするのも効果的です。その上で、定額カルモくんのように先に審査結果を確認できるカーリース会社を選ぶことをおすすめします。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
お試し審査_読了後