車の乗り換えに最適なタイミングとは?乗り換えの手続きや注意点を解説

車の乗り換えに最適なタイミングとは?乗り換えの手続きや注意点を解説
5万円キャンペーン_目次上

車を乗り換える理由は、車が古くなったりライフプランの変更があったりなど人によってさまざまです。
しかし、車を乗り換えるベストタイミングについてはどんな方にも共通するポイントがあります。このポイントを押さえることで、乗り換え費用を節約することができるでしょう。

そこで、車を乗り換えるおすすめの時期やお得に乗り換える方法についてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔ 車の乗り換え平均年数は8.7年
✔ お得に車を乗り換えるには、車検時期や税率が上がる前に手続きを済ませる
✔ カーリースなら手続きが簡単で初期費用をかけずに新車に乗り換えられる

Group 19

車を乗り換える平均年数とは

車を乗り換える平均年数とは

車を乗り換えるタイミングは、乗っている車の状態やライフプランの変更など人によって異なりますが、一般財団法人自動車検査登録情報協会によると平均買い替え年数は8.7年といわれています。

8.7年とは新車で購入した場合、4回目の車検前のタイミングです。また、一般的に車の年間平均走行距離は8,000~10,000kmといわれており、10年乗ると10万kmに近づきます。中古車市場では走行距離が10万kmを超えると価値がぐっと下がるので、乗車年数が10年に到達する前は乗り換えのタイミングといえます。

車を乗り換えるメリット・デメリットとは

車を乗り換えるメリット・デメリットとは

車を乗り換えることで、今までより性能の良い車に乗れたり車検費用を浮かせられたりといったメリットがありますが、デメリットについても考慮するべきでしょう。ここでは車を乗り換えるメリットとデメリットについてそれぞれご紹介します。

車を乗り換えるメリット

車を乗り換える時期を車検前にすれば、今乗っている車の車検費用を節約できるメリットがあります。タイミングとしては、3年、5年、7年の車検前となりますが、特に新車購入から3年目の車検前に売却すれば査定で高値がつきやすいため、乗り換えの購入資金にすることができます。

費用面以外でのメリットとしては、安全性能や燃費性能が向上した新しいモデルを選べる点にあります。新しい技術が搭載された車を選ぶことで、事故のリスクを軽減したり燃料費を抑えたりすることが可能です。

車を乗り換えるデメリット

今乗っている車のローンの返済が済んでいない場合、完済して自身の名義に変更しなくては車を売却することはできません。完済するための金銭的な負担に加えて、繰上返済の手続きを行う必要があるため、時間がかかることも想定しておきましょう。

また、車を乗り換える際は購入資金が必要です。乗車年数によっては買取価格が期待できず、購入資金を一から用意しなければならないので、乗り換えの必要性と家計の負担の両方を考慮して検討しましょう。

乗車年数による乗り換えのメリット・デメリットとは

乗車年数による乗り換えのメリット・デメリットとは

新車購入から3年経過すると1回目の車検が来て、それ以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。
車検費用は大きく分けて「車検基本料」と「法定費用」の2種類あります。自動車重量税、自賠責保険料、印紙代(検査手数料)の3つからなる法定費用はどこで受けても一定額ですが、車検基本料は依頼した業者や車の状態によって異なり、50,000円~10万円くらいが相場といわれています。

ここでは、「3年」「5年」「7年」と車検費用が必要になる前の乗り換えのメリット・デメリットを、乗車年数ごとにご紹介します。

車の購入から3年経って乗り換えるメリット・デメリット

新車購入から3年目は初回の車検を迎えることになります。初回の車検前に乗り換えると、場合によっては10万円以上かかる車検費用を支払わなくてもよくなり、面倒な手続きを行う必要もなくなります。また、人気車種であればリセールバリューが高くなるため、売却する際の買取価格も期待でき、新しい車を購入する際の経済的な負担を抑えられるでしょう。

一方、ローンを組んでいる方は3年目だと返済中の可能性もあるため、一度完済して名義変更をするか、新しい車のローンに上乗せして返済する必要があります

また、年式が新しくリセールバリューが高いといっても、新車と同様の価格で売ることはできないので、費用はそれなりに用意しなければなりません。維持費や購入金額も含めて考えると、長く乗っている場合に比べて元が取れない可能性が高いといえます。

車の購入から5年後に乗り換えるメリット・デメリット

新車購入から5年目は2回目の車検を行うタイミングです。一般的に、5年経つと部品の劣化や摩耗が比較的進んでいるケースが多く、修理や部品交換の費用負担が1回目の車検に比べて増加します。そのため、2回目の車検前に乗り換えればそれらのコスト削減が可能です。また、車の状態にもよりますが新車購入時の4~3割程度で売れる見込みがあります

さらに、新車購入から5年目では、ローンを完済している場合も多いことから、車の売却にも支障がなく、次のローンも組みやすいといったメリットがあります。

一方、車は5年ほどで新しいモデルがリリースされることが多く、もしモデルチェンジのタイミングと重なってしまうと車の市場価値が下がる可能性があります。さらに、走行距離が50,000kmを超えている場合も売却価格が下がる傾向があるため、注意が必要です。

車の購入から7年後に乗り換えるメリット・デメリット

3回目の車検を迎える7年目は、5年目よりさらに車の故障箇所が増える時期ともいえます。故障箇所が多くなれば修理費用がかさみ、車検費用が高額となるのを避けられません。

したがって、7年目の車検前に車を乗り換えればそれらのコストを削減することにつながります。7年目の車検前は、乗り換えのボーダーラインともいえるでしょう。また、車の維持費や購入金額を考えると元は取れているといえます。

一方、7年以上経過した車は走行距離が長く、車体や部品の劣化が進んでしまっていることが多いため、査定額は期待できません新しい車の購入代金にあてる売却資金が少なくなるのがデメリットです。

車を乗り換える最適なタイミングとは?

車を乗り換える最適なタイミングとは?

車の故障やライフスタイルの変化など、車を乗り換える理由やタイミングにはさまざまなものがあります。ここでは、車の乗り換えを検討するのに最適なタイミングについてご紹介します。

車検を受けるタイミング

車検を受けるタイミングは初回が3年目、それ以降は登録年数にかかわらず2年ごとに受ける必要があり、回数を追うごとに部品交換や故障箇所の修理が必要なことから、車検費用の負担も増えていく傾向があります。1回あたり10万円以上の高額な出費になってしまうことも少なくありません。

したがって、車検の有効期限が切れる前に乗り換えればその分コストの削減が可能となります。7年以上が経過すると修理箇所が増えて車検費用がかさむため、3回目の車検を前に乗り換える方が多いでしょう。

修理費用が高くなるタイミング

安心して車に乗り続けるためには定期的に部品交換や修理を行う必要があります。メーカー保証は一般保証が「新車登録から3年間または走行距離60,000kmまで」、特別保証が「新車登録から5年間または走行距離10万kmまで」が一般的で、それが切れると修理費用がかかります

例えば、エンジンの駆動に必要不可欠なタイミングベルトの寿命は、走行距離10万kmが目安となり、交換費用はおおよそ30,000~50,000円が相場です。一般的に年間の平均走行距離は10,000kmといわれているため、利用年数が10年を迎える車は乗り換えを検討するとよいでしょう

走行距離が長くなったり、年式が古くなったりすると修理に必要な費用も高額になる傾向があるため、そのまま車を維持するよりも新しい車に乗り換えたほうがコストを削減することにつながります。

ライフスタイルが変わるタイミング

ライフスタイルに変化があった場合も乗り換えを検討するタイミングといえるでしょう。例えば、結婚を機に趣味で乗っていたスポーツカーをファミリーカーに乗り換える、子供が生まれて家族が増えたのでより大きな車に乗り換える、引越しや職場環境の変化に伴い通勤距離が長くなったので燃費の良い車に乗り換える、などといったケースが考えられます。

ライフスタイルに合わない車に乗り続けるのはストレスの原因になるだけでなく、維持費の面でも無駄が生じやすくなります。身の回りの環境に変化が訪れたら、環境に合わせた車への乗り換えが必要と考えましょう。

税率が上がる前のタイミング

自動車税(種別割)や軽自動車税(種別割)は利用年数に応じて税率が上がるしくみのため、その前に買い替えるのがおすすめです。11年を超えるディーゼル車は約15%上乗せとなり、ガソリン車の場合は13年で約15%上乗せされます。また、軽自動車はさらに高い20%が課されてしまうため、税率の上がる年を目処に乗り換えを検討しましょう。

〈自動車税(種別割)と軽自動車税(種別割)の税率が上がるタイミング〉

自動車の種類増加率
新車登録から11年を経過しているディーゼル車約15%重課
新車登録から13年を経過しているガソリン車・LPG車
新車登録から13年を経過している軽自動車約20%重課

 

また、自動車重量税は普通車・軽自動車に関係なく新車登録から13年と18年が経過したタイミングで税額が上がります。自動車税(種別割)や軽自動車税(種別割)と併せて考えると、新車登録から13年で一気に税率が上がることを把握した上で、車の乗り換え計画を立てましょう。

メーカー保証がなくなるタイミング

新車を購入した際に付帯するメーカー保証は、車に不具合が発生した際の修理費をカバーできるサービスです。メーカー保証は2種類あり、一般的な部品の交換・修理を補償する一般保証の場合は利用年数3年、または走行距離が60,000kmに到達した時点で終了となります。

エンジンやステアリング、エアバッグといった走行や安全に関する重要パーツの交換・修理を補償する特別保証に関しては、5年間または走行距離10万kmまでに設定されているのが基本です。
それぞれの保証期間が終了するタイミングで乗り換えると、その後のメンテナンス費用を削減できます。

今が乗り換えのタイミング!でも身動きがとれない場合は、こちらをチェック!

高く売って安く買うためにおすすめの乗り換えタイミングとは

高く売って安く買うためにおすすめの乗り換えタイミングとは

車の乗り換えは、古い車を高く売って、新しい車を安く買うのが理想といえます。車の売買において、高く売れる時期と安く買える時期がわかっていれば、納得のいく結果が得られるでしょう。ここでは車の売却で高値がつく時期と安く購入できる時期について詳しく解説します。

車が高く売れる時期

車を高く売るには中古車市場の需要が拡大する時期を狙いましょう。例えば、1月~3月、9月~10月は、新生活のスタートや企業の決算期、またボーナス時期などと重なりやすいため、車の需要が高まる傾向があります。中古車販売店ではこの時期に在庫を確保したいと考えるため、多少高値をつけてでも積極的に買い取ってくれる可能性が高いといえるでしょう。

特に3月は、中古車販売店の売上が最も伸びる繁忙期ともいわれています。各社が売上強化に乗り出し競争が激化するため、その時期を狙えば高価売却が実現しやすいでしょう。

車を安く買える時期

車を安く購入するには、中古車販売店や新車を取り扱うディーラーが決算セールを開催する3月か9月を狙うのがおすすめです。決算月前には販売目標達成のために値引き交渉に応じてくれるケースもあります。

また、ボーナス時期にあたる7月や12月もセールを実施する可能性が高く、安く車を手に入れるためにおすすめの購入時期といえます。特に12月は1年の締めくくりとなるため、ほかの月よりも売上目標を高く設定していることがあるため、狙い目としては間違っていないでしょう。

車の乗り換えで今の車を売る場合

車の乗り換えで今の車を売る場合

車の乗り換えが初めての方や久しぶりの方は、必要な手続きや流れを把握しておくことで、計画的に乗り換えができるようになります。ここでは、車を売却するときの流れや必要な手続きについてご紹介します。

1.車が売却できるかを確認

車の乗り換えを検討する際は、まず現在の車が売却できる状態かどうかを確認することが重要です。例えば、自動車税の滞納がある場合は業者に買い取ってもらえないため、先に支払いを済ませる必要があります

また、税金を納付した証拠となる自動車税納税証明書が手元になければ車の売却ができません。なくしてしまった場合は、管轄の自動車税事務所で再発行の手続きを行いましょう。

その他、カーローンの支払いが終わっていない場合は、車の所有権がローン会社のものになっていることがほとんどのため、所有権の解除や繰上返済の手続きなどを忘れずに行う必要があります

2.現在の車の価値を確認

今乗っている車が売却できることが確認できたら、次はどの程度の価格で売却できるのかを確認しましょう。まずは本格的な査定前にウェブの一括査定に申し込むのがおすすめです。ウェブの一括査定サービスを使えば、走行距離や年式、車種といった情報を入力するだけで簡単に相場が確認できます

相場を確認したら、高い見積もりが出た買取店舗で本格的な査定を行います。仕事の都合などで車を店舗に運ぶ時間が確保できない場合は、自宅や指定場所まで査定士に出張してもらうことも可能なので、自分に合った査定方法を選びましょう。

3. 車の売却手続き

車の査定額が決定したら、売却の手続きをするために以下の書類を準備しておきましょう。普通車と軽自動車では必要書類が若干異なるため注意が必要です。

●普通車の必要書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税の納税証明書
  • 振込口座情報
  • リサイクル券の預託証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

●軽自動車の必要書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 軽自動車税の納税証明書
  • 振込口座情報
  • リサイクル券の預託証明書
  • 実印(認印でも可能)

このほかにも、もしも車検証に記載の苗字、あるいは住所が変わっている場合は戸籍謄本か住民票も必要となります。また、買取店舗が関わらない任意保険の車両入替手続きは忘れがちな部分なので注意が必要です。

4. 車両の引き渡し

売却の手続きが完了したら、現在の車を引き渡す前に車内に私物が置かれたままになっていないかを確認しておきましょう。トランクやダッシュボードは見落とす可能性が高い所なので念入りに見直しをすると安心です。

また、ドライブレコーダーの記録映像やカーナビに登録されている自宅、あるいは親類の住所などを削除し、個人情報が漏れないように注意しましょう。

5. 入金確認

無事に車の引き渡しが済んだら、売却代金が口座に振り込まれるのを待ちましょう。手続きが早い業者であれば2~4営業日以内に振り込まれるのが一般的ですが、業者によっては1週間前後かかる可能性もあります。予定の期日が過ぎても入金されない場合は早めに買取店舗に連絡してください。

入金スケジュールは売却手続き中に説明されるのが一般的です。もし事前の案内がなかった場合は、自分から入金に関して確認したほうがいいでしょう。

車の乗り換えで新たに車を買う場合

車の乗り換えで新たに車を買う場合

古い車の売却の流れを見てきましたが、売却と並行して乗り換える車の購入についても流れを押さえておく必要があります。ここでは候補車の選定から納車までの流れを解説します。

1.購入する車の候補を選定

乗り換えの際の車選びでは、用途や予算など明確な基準を定めておくことが失敗しないポイントになります。まずは以下の要点を押さえて候補を絞っていくとよいでしょう。

  • 売却価格と収入を基にした購入代金の予算
  • 使用目的(買い物、レジャーなど)
  • 使用目的に沿った積載量
  • 最大乗車定員数
  • 新車or中古車

このほかにも、維持費を削減したい場合は燃費性能を見たり、事故のリスクを軽減したければ安全性能の高い車種を選んだりと、自分の求めている要素を明確にすることが大切です

2.販売店舗を訪問し見積もりをもらう

欲しい車が絞れたら、販売店舗で見積もりを出してもらいましょう。その際、購入予定の販売店舗に行く前にライバル店舗で同じ車種の見積もりを取っておくと、値引き交渉がしやすくなります

見積もりは販売店のホームページからでも取ることはできますが、その中には手数料や交渉により値引きできる金額が反映されていません。おおよその相場を確かめて、実際に販売店で価格交渉する際の資料として活用するといいでしょう。

3.必要書類の準備

購入したい車と見積金額が明確になったら、次は以下のとおり必要書類の準備を始めましょう。

普通車を購入する場合

  • 印鑑登録証明書(市区町村の役所)
  • 実印
  • 車庫証明書(警察署または代行可)
  • 車検証(販売店舗が準備)
  • 自賠責保険証(販売店舗が準備)
  • 委任状(販売店舗が準備)

軽自動車を購入する場合

  • 住民票(市区町村の役所)
  • 印鑑(実印または認印)
  • 車庫証明書(警察署または代行可)
  • 車検証(販売店舗が準備)
  • 自賠責保険証(販売店舗が準備)
  • 委任状(販売店舗が準備)

車庫証明書の取得には1週間ほどかかる上に必要な書類も多いため、早めに準備しておくと安心です。都道府県によってはインターネット上で書類をダウンロードできるところもあるので、事前に確認しておきましょう。

4.購入手続きをする

必要書類が準備できたら購入手続きに進みましょう。このとき、販売店舗が準備した契約書は署名と押印をするだけで問題ありませんが、約款の内容や金額、契約者の情報に相違がないかをしっかり確認してください

また、これまで乗っていた車の任意保険(自動車保険)に関しても購入のタイミングで確認する必要があります。任意保険を継続する際は、納車日に合わせて車両入替手続きを忘れずに行うようにしましょう。
車の乗り換えで任意保険を切り替える際は、新旧両方の保険会社で手続きが必要なので、購入日が来る前に余裕を持って必要書類の確認をしておくことが重要です。

これらを事前に押さえた上で、購入手続きを完了させませしょう。

乗り換えは手続きが大変だ!そう思ったら簡単に新車に乗れる方法をチェックしてみましょう

車を乗り換えるときの注意点

車を乗り換えるときの注意点

車を乗り換えるには、いくつか注意点があります。車が手元にない期間ができたり、査定額から減額されたりといったトラブルが生じることがあるため、事前にどんなことに気を付ければいいのか、注意点を把握しておきましょう。

新車の場合には納車に1~3ヵ月程度かかる

新車の納車には、在庫がある場合でも最低1週間は必要です。注文してから製造する場合はさらに時間がかかります。特に、人気車種やオプション装備を多く取り付ける場合は3ヵ月程度かかるケースもあるため、納車までのスケジュールを逆算して、計画的に車の乗り換え計画を立てましょう。

もし、納車よりも車を売却するタイミングが早く、移動手段がなくなってしまった場合は、購入店舗や買取店舗に相談すると代車サービスを利用できる場合があります

引き渡し直前まで車に乗ると査定額に影響する場合がある

査定が終了した車は、新しい車が納車されるまでのあいだ、そのまま乗り続けることもできます。しかし、査定から引き渡しまでのあいだに傷や故障が発生すると、提示された査定額から減額される可能性が高いため、慎重な運転を心掛ける必要があります。

また、走行距離についても注意が必要です。査定時よりも走行距離が増えることで車の価値が大幅に下がってしまうケースも考えられます。査定後の運転は必要最低限に抑えることも重要なポイントです。

任意保険の手続きをする

車を乗り換える際は、現在の車にかけている任意保険の継続手続きを忘れずに行う必要があります。納車の時期がわかったタイミングで保険会社に連絡して車両入替手続きを済ませましょう。

任意保険の継続は新しい車が納車された翌日から30日以内が申請の猶予期間とされています。その間に車検証を提出すれば、車両の条件によって算出された保険料の差額を支払うだけでいいので、できるだけ早い段階で継続手続きを行うことをおすすめします。

また、もし任意保険をほかの会社に切り替える場合は、保険満期日の翌日から7日以内に手続きをしましょう。基本的に前に入っていた保険の等級を引き継ぐことができますが、この期間を過ぎてしまうと等級が引き継げなくなるので注意が必要です。

一番の注意点は、任意保険の手続きが完了するまでは無保険となってしまう点です。車の乗り換えが完了しても、任意保険の手続きが終わるまでは乗車しないようにしましょう。

カーリースなら頭金も初期費用も不要で車を乗り換えられる

ずっと定額

通常車を乗り換えるにはまとまった購入資金が必要になりますが、カーリースならば頭金も初期費用も不要で、毎月定額料金を支払うだけで車を保有できます。ここではカーリースの特徴について解説します。

毎月定額払いで車に乗れる

車を乗り換える際は、車を登録する際に発生する費用や、税金、保険料などの初期費用を準備する必要があります。また、ローンの返済が残っている場合には、繰上返済をしたり、ローンの上乗せが必要になったりと、家計管理が複雑になりがちです。

しかし、カーリースの月額料金には、自動車税(種別割)をはじめとする各種税金や自賠責保険料、登録諸費用などが含まれています。毎月定額払いで車に乗れるため、家計にも優しいサービスといえるでしょう。

そもそもカーリースとは

カーリースとは、利用者が選んだ車をリース会社が代わりに購入し、月々定額の料金で貸し出してくれる、車のサブスクリプションサービスです。レンタカーやカーシェアリングとは特徴が異なり、中長期的に車を借りられて、そのあいだはマイカー同様に自分で管理することができます

申込みもオンラインで行えるカーリースが多いため、乗り換えの際に店舗まで足を運ぶ必要がありません。手続きも簡単なため、時間も手間も省いて新しい車に乗り換えられるでしょう。

残価を差し引くから負担を抑えて新車に乗れる

カーリースは初期費用がかからないだけでなく、月々の支払いが抑えられるという点も特筆すべき特徴といえるでしょう。カーリースの月額料金の算出方法には独自のしくみがあります。

契約が満了するとリース車を返却するのが前提のカーリースですが、この時点でも車には価値が残っています。いわゆる下取り価格にあたる「残価」といわれる価値です。カーリースの月額料金は、この残価をあらかじめ車両本体価格から差し引いた上で算出されます。つまり、差し引かれた残価の分だけ月額料金が抑えられるというわけです。

乗り換えの時期を迎えて、その必要性に迫られたとしても、購入費用がすぐに用意できずに身動きが取れない場合はあります。そのようなときはカーリースの検討をおすすめします。

日本一安く*新車に乗れるカーリースの定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

最近のカーリース人気に伴い、多くの会社がカーリースサービスを提供するようになりました。その中でも特におすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の精算も不要の日本一安い*カーリースです。選べる車種も豊富で、月額10,000円台からとリーズナブルな料金で新車に乗ることができます各種税金や自賠責保険料、登録諸費用もコミコミの定額料金なので、初期費用がかからず毎月の支払いも抑えられます。

また、定額カルモくんでは買取店舗も紹介してくれるため、お店探しの手間を省くことができます

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々10,000円台で好きな新車に乗れる

定額カルモくんなら、車を購入するときと変わらず、国産メーカーの全車種・全グレードから新車を選ぶことができますグレードやカラーはもちろん、オプション装備なども自分好みに組み合わせることが可能です。

初期費用がかからず月額料金も抑えられるため、あきらめていた車に乗れる可能性もあり、グレードアップやオプション品の追加にお金をかけることもできるでしょう。

走行距離制限がなくなる

カーリースでは、契約満了時に返却される車の価値(残価)を下げないために、走行距離に制限を設けるのが一般的です。しかし定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離が無制限になります。仕事で毎日車を使う方や、遠出のドライブが趣味の方はもちろん、何かと生活の足に車を利用するといった方にはうれしいサービスです。

契約満了時には車がもらえる

定額カルモくんでは、7年以上の契約で月額500円の「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時にそれまで乗っていた車がそのままもらえます。返却の必要がないので、車を自分仕様にカスタマイズすることも可能です。何よりも、乗り慣れた車にずっと乗り続けたいと考える方には、おすすめのオプションサービスとなります。

「お試し審査」で簡単チェック!欲しい車も見つかる

定額カルモくんでは、カーリースの利用を決める前でも審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」のサービスを無料で利用できます。申込みはオンラインで必要事項を入力するだけ。手続きは5分ほどで完了します。

乗りたい車種やプランが決まっていなければ、3つの車種から希望の月額料金に近い車種を選んで審査が受けられます。審査結果に応じて申込み可能な範囲の車やプランも紹介してもらえるため、その後の車選びがスムーズになります。

まずは審査_キャプションあり

車の乗り換えはメリットやデメリットを理解して計画的に

車をお得に乗り換えるためには、今乗っている車の中古車市場での価値や売却するタイミングを正しく把握することが大切です。また、乗り換えには買取店舗の選定や手続きに時間と手間がかかる上、購入費用の準備も必要となります。今が乗り換えのタイミングだとわかっていても、すぐに行動に移せるとは限りません。

乗り換えのタイミングを逃さず、費用面での負担を抑えて新車を手に入れたいのなら、カーリースの利用をおすすめします。カーリースなら簡単な手続きで、初期費用もかからずに新車に乗ることができるでしょう。

中でも定額カルモくんは走行距離が無制限になったり、車がもらえたりといったうれしいサービスが用意されています。カーリースといったら、日本一安い*定額カルモくんがおすすめです。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

よくある質問

Q1:車の乗り換えの平均は何年?

A:一般財団法人自動車検査登録情報協会によると平均買い替え年数は8.7年といわれています。この年数は4回目の車検を迎える時期であることに加えて、市場価値が下落する10万kmに達する直前とも考えられるため、乗り換えのタイミングとしては妥当といえます。

Q2:車を乗り換えるときの注意点は?

A:車を乗り換える際は納車期間に注意が必要です。新車を購入した場合は1~3ヵ月かかるケースもあるので、車が必要な時期を逆算して購入準備を進めましょう。また、査定した車に納車まで乗り続ける場合、走行距離が増えたり傷がついたりして査定額が減額されるリスクが発生します。

Q3:手続きや購入費用の負担を抑えて車に乗る方法は?

A:カーリースなら、手続きが簡単な上、月額料金に税金や保険料、各種登録諸費用などが含まれているため、初期費用がかかりません。中でも定額カルモくんは、取り扱う車種が豊富で、日本一安い*カーリースなので、購入ではあきらめていた車に乗れるかもしれません。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

5分ください_読了後