車のバッテリー交換にかかる費用は?安く抑える方法やセルフ交換手順を解説

車のバッテリー交換にかかる費用は?安く抑える方法やセルフ交換手順を解説
カルモくんなら新車が

車のバッテリー交換にかかる費用は、バッテリー本体の価格や車の種類、依頼する業者によって異なります。バッテリー交換費用を抑えるためには、それぞれの価格の違いを知り、正しく選ぶ必要があります。そこで、バッテリー交換にかかる費用の目安や、総額を抑えながら自身の車に適したバッテリーを選ぶ方法などを解説します。

【この記事のポイント】
✔バッテリー交換にかかる費用は、バッテリー本体代、工賃、廃棄料の3つ
✔バッテリー交換費用の総額は選ぶバッテリーや業者で大きく変わる
✔新しいバッテリーの購入時は「バッテリー形式」に注意

Group 19

車のバッテリー交換にかかる費用の目安は?

バッテリー交換にかかる費用は、おもに次の3つで構成されています。

  • バッテリー本体代
  • 工賃
  • 廃棄料

費用はバッテリーの種類や交換作業を依頼する業者、車種などによって異なり、総額の目安も4,500~45,000円ほどと開きがあります。バッテリー交換の費用をできる限り抑えるためには、それぞれの価格の違いを把握しておくことが大切です。バッテリー本体代、工賃、廃棄料それぞれを詳しく見ていきましょう。

バッテリー本体代の目安

バッテリー本体代の目安

新しいバッテリー本体の価格は4,000円~40,000円程度と幅があります。この価格の差には、バッテリーの種類やサイズ、性能、製造国などの違いが関係しています。
中でも、自動車メーカーの純正品やアイドリングストップ車対応バッテリー、ハイブリッド車や電気自動車の専用バッテリーは価格が高くなる傾向があります。
一般的には、高価なものほど始動性や充電能力が高く、長く使用できる傾向があります。ただし、近年は低価格のものでも性能が上がってきており、国産大手メーカーのバッテリーであれば、それほど高価なものでなくても品質に問題ないケースが多いです。

バッテリー交換工賃の目安

バッテリー交換工賃の目安

バッテリー交換を業者に依頼する際に必要な工賃の目安は、1,000~3,500円程度です。工賃は業者が各自で設定しているため、依頼する業者によって変わっていきます。また、同じ業者でも、車種によって価格が異なることがあります。一般的に、外国車のバッテリー交換工賃は高めで、国産車でもハイブリッド車や電気自動車はガソリン車より高くなる傾向があります。

〈車種別の工賃の目安〉

  • 普通自動車(ガソリン車):1,000円程度
  • ハイブリッド車:3,500円程度
  • 電気自動車:1,500円程度
  • 外国車:国産車よりも割高

外したバッテリーの廃棄料の目安

外したバッテリーの廃棄料の目安

車のバッテリーには人体に有害な物質が含まれているため、取り外したバッテリーは適切に処分する必要があります。バッテリー交換を業者に依頼した場合は処分も請け負ってもらえますが、廃棄料がかかります。
とはいえ、業者の中には無料で廃棄してくれるところもあるので、廃棄料の目安は無料~3,000円程度となります。
なお、自身でバッテリー交換を行った場合は、新しいバッテリー本体を購入した店舗や不用品回収業者に引き取ってもらう必要があります。廃バッテリーは粗大ゴミに該当しないため、自治体の回収に出せない点には注意が必要です。

費用も内容も納得のバッテリー交換を行うポイント

バッテリー交換費用の総額は、どのバッテリーや業者を選ぶかで大きく変わってきます。ただ、価格だけで選んでしまうと、交換時期が早まったり、故障などのトラブルを招いたりする可能性があり、かえって出費が増えてしまうおそれがあります。
バッテリーや業者を選ぶ際は、次のポイントを押さえておくと満足度の高いバッテリー交換ができるでしょう。

〈満足度の高いバッテリー交換を行うポイント〉

  • バッテリーは、製造国やメンテナンスのしやすさなど求める性能を明確にしておく
  • 業者に求める質やサービスも明確にしておく
  • 業者の工賃はバッテリー本体代や廃棄料も含めて比較する
  • バッテリーの種類など条件をそろえて数社から見積りを取る

バッテリーと業者、それぞれの特徴と選び方や費用の目安

バッテリーと業者、それぞれの特徴と選び方や費用の目安

バッテリー交換費用の総額を抑える上でも重要になるバッテリーと業者を選ぶときは、特徴や費用の違いを把握した上で総合的に判断することが大切です。
バッテリーと業者それぞれを詳しく見ていきましょう。

バッテリー選びに必要な情報と選び方

バッテリーには数字とアルファベットの記号で書かれた「バッテリー形式」が記載されています。バッテリーを購入するときは、このバッテリー形式を見て自身の車に適合するか確認する必要があります。

なお、ハイブリッド車やアイドリングストップ車のバッテリー形式は、一般的なバッテリーの形式と異なるため、事前に確認しておきましょう。

・一般的なバッテリーの場合
一般的なバッテリーの記号の意味と見方は次の表のとおりです。「60B24L」を例に解説します。

〈バッテリー形式の記号と意味 例:60B24L〉

バッテリー形式の記号60B24L
記号の意味バッテリーの性能ランクJIS規格で決められた幅×高さの区分バッテリーの横幅端子の位置
記号の見方数字が大きくなるほど性能も高くなるアルファベットが大きくなるほどサイズも大きくなる単位はcmバッテリーを上から見た状態で
R:プラス端子が右側
L:プラス端子が左側

 

交換用のバッテリーを選ぶときは、現在搭載されているバッテリーと同じ形式のものを選びます。特に、サイズや端子の位置を間違えると交換できなくなることがあるため注意が必要です。
なお、端子の位置は、端子がついていない長側面を前にした状態で左右を確認しましょう。

・ハイブリッド車の場合
ハイブリッド車のバッテリーは特殊な構造をしているため、形式の頭に、に排気構造が制御弁識バッテリー(VRLA)であることを示す「S」がつきます。S以降の記号と意味は一般的なバッテリーと同様です。

例:S60B24L

・アイドリングストップ車の場合
アイドリングストップ車専用のバッテリーは、新しい企画で表示されています。

〈アイドリングストップ車専用バッテリー形式 例:Q-85R〉

記号Q85R
記号の意味外形寸法の区分バッテリーの性能ランク端子の位置

 

端子の位置が表記されていないものは「L」タイプになります。

業者選びに必要な特徴と費用の目安

バッテリー交換を行っている業者は、ディーラーや整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどのほか、指定の場所まで来てくれる出張交換業者があります。

〈バッテリー交換費用の目安〉

業者バッテリー本体代工賃の目安廃棄料の目安
ディーラー純正品価格1,000~3,000円無料~500円
整備工場定価に近い無料~3,000円無料~500円
カー用品店定価より安め無料~1,000円無料~3,000円
ガソリンスタンド定価に近い無料~3,000円無料~3,000円
出張交換業者定価に近い8,000~14,000円無料

 

・ディーラー
ディーラーのバッテリー交換工賃は1,000~3,000円程度、廃棄料は無料~500円程度で、ほかの業者とそれほど変わりません。しかし、純正品を使用することでバッテリー本体代が15,000~30,000円ほどかかり、総額が高くなる傾向があります。

バッテリー本体代は高めですが、純正品の安心感があります。また、自社の車に詳しい整備士が作業を行うため、信頼度も高く、全般的に安心して任せることができるでしょう。店舗によっては、工賃を値引きしてくれたり、廃棄料が無料になったりするところもあります。

・整備工場
整備工場のバッテリー交換工賃は無料~3,000円程度、廃棄料は無料~500円程度となります。バッテリーは工場で用意しているものから選ぶケースが多く、価格は定価に近い金額になります。なお、整備工場でバッテリーを購入すると工賃が無料、もしくは割り引かれることがあります。

整備工場は、地方運輸局長に許可を受けた民間の工場で、プロの整備士が常駐しています。また、日頃からさまざまなメーカーの車を扱っているので、ディーラーが近くにないときなどにも安心して任せられます。
バッテリーは純正品以外も用意しており、予算や好みに合わせて選べますが、取り扱っているバッテリーの種類が限られる整備工場もあるため、使用したいバッテリーが決まっている場合などは事前に確認しておきましょう。

・カー用品店
カー用品店のバッテリー交換工賃は無料~1,000円程度、廃棄料は無料~3,000円程度です。バッテリーは店内商品から選ぶケースが大半で、価格は定価に近いですが、セールやポイントなどを利用して安く購入することが可能です。

大手のカー用品店なら幅広いラインナップの中からバッテリーを選ぶことができます。また、営業時間が長めで、時間の都合がつけやすい点も魅力でしょう。一方で、一般的に持ち込み交換に対応していないので、希望するバッテリーを取り扱っているか事前に確認しておくと安心です。

・ガソリンスタンド
ガソリンスタンドでのバッテリー交換工賃は無料~3,000円程度、廃棄料は無料~3,000円程度が目安となります。バッテリーは用意されたものから選ぶことが多いですが、価格は定価に近く、用意している種類も少なめです。

ガソリンスタンドは店舗数も多く、給油のついでに依頼できる利便性の高さがあります。無料でバッテリー点検を行っているところもあり、バッテリーを交換するか迷っているときにも相談しやすいでしょう。ただし、すべての店舗でバッテリー交換を行っているわけではないため、事前に確認しておきましょう。

・出張交換業者
出張交換業者では、古いバッテリーを無料で引き取ってもらえることが多いものの、バッテリー交換工賃には出張料が加わって、8,000~14,000円程度と高めになります。また、依頼時間や出張場所によっては追加料金がかかります。バッテリー本体代は、持参してもらう場合、定価近い価格であることが多いです。

出張交換業者は指定の場所まで来てくれる上、24時間対応している業者も多いため、持ち込む時間がないときや、バッテリーが上がって急遽交換が必要なときなどに便利です。ただし、工費が高いので、利用は車が動かないなどトラブルに遭った場合に限られるでしょう。
なお、工賃と出張料をまとめて表記する業者と分けて表記する業者があるため、「工賃無料」と提示されている場合でも内訳と総額をしっかり確認しましょう。

バッテリー交換の費用を安く抑える方法

バッテリー交換の費用を安く抑える方法

バッテリー交換は、車の維持費の中でも大きな出費を伴います。ただ、次の方法を利用することで、バッテリー交換費用を抑えることが可能になります。

自分でバッテリーを調達して業者に持ち込む

インターネット通販などを利用して自身でバッテリーを安く調達し、交換してくれる業者に持ち込めば、バッテリー本体代を節約できます。ただし、持ち込みができない業者や、持ち込みの場合は工賃が高くなる業者もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

ほかの作業と一緒に依頼する

車検や定期点検など、ほかの作業と併せてバッテリー交換を依頼することで、工賃を安く抑えられることがあります。バッテリー交換やオイル交換、フィルター交換などをセットにすることで工賃を割り引いている業者もあります。

バッテリーをセルフで交換する

自身でバッテリーを用意して交換すれば、費用をかなり抑えることができます。ただし、バッテリー交換は感電などの恐れがあるほか、接続や固定の強度といった取り付けが正しくできていないと、車両火災などを引き起こす可能性もあります。また、一時的に電力の供給が途切れることで電子機器や電装品の設定が消えるため、再設定も必要です。車に関する知識に自信がない場合は、業者に依頼した方が安心です。

なお、自身で交換する際はいくつか注意点があるため、次項で交換手順と併せてご紹介します。

バッテリー交換を自身で行うときの手順

セルフのバッテリー交換は、費用を節約できる半面、危険を伴います。事前に手順や注意点をしっかりと理解して、細心の注意を払って行いましょう。
〈準備する物〉

  • バッテリー端子を外すためのスパナ
  • 体を守る保護メガネとゴム手袋
  • 新しいバッテリー
  • ワイヤーブラシ
  • サンドペーパー

1. バッテリー端子を外す

1. バッテリー端子を外す

車のエンジンを止めてキーを抜き、端子カバー、マイナス端子、プラス端子の順に取り外します。端子が汚れている場合は、ワイヤーブラシやサンドペーパーで汚れを落とします。
なお、端子に触れると感電するおそれがあるため、接触しないよう注意しましょう。

2. ステーを取り外す

2. ステーを取り外す

スパナを使い、バッテリーの固定金具であるステーを外します。
新しいバッテリーを取り付ける際に間違えないよう、ステーがどのように装着されているか確認しながら外しましょう。写真に収めておくと安心です。

3. 新しいバッテリーを取り付ける

3. 新しいバッテリーを取り付ける

古いバッテリーを取り出し、新しいバッテリーを置いてステーで固定します。
バッテリーの極性を間違えないよう注意しましょう。

4. 端子を取り付ける

4. 端子を取り付ける

設置したバッテリーに、プラス端子、マイナス端子の順で端子を取りつけます。バッテリーを取り外すときと逆になる点に注意が必要です。
スパナでしっかりと固定したら、端子カバーを取り付けて交換は終了です。

5. 外したバッテリーを正しく処分する

5. 外したバッテリーを正しく処分する

古いバッテリーは、購入店舗や不用品回収業者などに依頼して正しく処分しましょう。

バッテリー交換を自身で行うときの注意点

バッテリーのセルフ交換自体は簡単ですが、感電や漏電をはじめさまざまな危険も伴うため、注意点もしっかり理解した上で作業を行いましょう。

部品の接触や感電に気を付ける

硫酸を含むバッテリー液が目に入って失明するのを防ぐ保護メガネと、感電を防ぐゴム手袋を必ず着用して作業を行いましょう。金属と端子の接触を防げる絶縁処理された工具を使うと安心です。

プラス端子とマイナス端子を間違えない

プラス端子とマイナス端子は、接触するとショートを起こし、最悪の場合は爆発するおそれがあります。取り外しや取り付けの際は、順序を間違えないように注意しましょう。また、端子同士が接触しないよう、外したバッテリーは絶縁体を被せて離れた位置に置いておくなど、細心の注意を払って扱いましょう。

火気のある場所や密閉空間では行わない

バッテリー液に使われている硫酸は引火性の水素ガスを発生させます。そのため、交換作業は火気がない場所で、密閉空間にならない状態で行ってください。静電気が発生しやすい化繊の服を着たり、タバコを吸ったりしながらの作業は大変危険です。

バックアップ電源を使用する

車のバッテリーはオーディオやカーナビゲーションシステム、パワーウィンドウなどの車内機器にも電気を供給しているため、機器によってはバッテリーを取り外した際に設定などが消えてしまう可能性があります。データを残しておきたい場合は、一時的に電力を供給できるバックアップ電源を使いましょう。
ただし、バックアップ電源をつなぐことで交換作業中も電気が流れた状態になる点に注意が必要です。

バッテリー交換費用を抑えるならカーリースがおすすめ!

バッテリー交換は数年に1度の作業ですが、一度にかかる費用が高額になりやすいため、タイミングによっては家計を圧迫しかねません。
費用の負担を気にすることなく、常に快適なカーライフを送るためには、カーリースの利用を検討してみるのもひとつの方法です。

カーリースは、リース会社が購入した車を月々定額制で利用できる車のサブスクリプションサービスです。頭金や登録諸費用などが不要で、維持費も抑えながら新車に乗れる新しい車の利用方法として、近年注目を集めています。

ずっと定額

特に、カーリースの定額カルモくん なら、メンテナンスプランをつけることで、バッテリー交換をはじめとした一部消耗部品の交換費用や工賃を定額にできるので、大きな出費の心配なく車に乗り続けることができます。
メンテナンスが受けられる業者も全国30,000店舗を超える大手指定事業者の中から自由に選べるため、信頼できる業者を探す手間が省ける上、自宅近くで車検やメンテナンスを受けることも可能になります。

バッテリーは状態に合わせて適切に選ぼう

バッテリーは車に乗り続けるためには欠かせない部品のひとつです。バッテリーの性能や依頼する業者、予算などを考慮して、自身の車に適したバッテリーに交換しましょう。

よくある質問

Q1:バッテリー交換にはどんな費用が必要?

A:バッテリー交換では、交換用の新しいバッテリー本体代のほか、業者へ依頼する際の工賃と、取り外した古いバッテリーを処分する廃棄料が必要になります。選ぶバッテリーや業者によって総額は大きく変わるため、バッテリーの性能や業者の質、予算などから総合的に判断しましょう。

Q2:バッテリー交換費用を抑えるには?

A:バッテリー交換費用を抑えるには、バッテリーをインターネット通販などで安く購入して持ち込み対応をしてくれる業者で取り付けてもらう方法や、ほかの作業と併せて依頼することで工賃が割り引かれる業者に頼む方法などがあります。なお、持ち込みの場合は工賃が高くなる業者もあるので、事前に確認しておきましょう。

Q3:バッテリー交換はセルフでできる?

A:バッテリーのセルフ交換は可能です。ただし、感電などの恐れがあるほか、取り付けが正しくできていないと、車両火災などを引き起こす可能性もあります。また、一時的に電力の供給が途切れることで電子機器や電装品の設定が消えるため、再設定も必要です。車に関する知識に自信がない場合は、業者に依頼した方が安心です。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー