車のオイル交換時期は?費用や選び方からセルフ交換手順まで徹底解説

車のオイル交換時期は?費用や選び方からセルフ交換手順まで徹底解説
カルモくんなら新車が

車のオイル交換は重要なメンテナンスのひとつですが、交換するタイミングやオイルの違いなど、車に乗っていてもオイルのことは意外とわからないものです。そこで、オイルの基本的な役割や種類と選び方から、交換時期の見分け方やセルフ交換の方法、オイルの豆知識まで、オイル交換に欠かせない知識を徹底解説します。

【この記事のポイント】
✔エンジンオイルには5つの役割があり、エンジン性能を維持するために定期的な交換が必要
✔オイル交換のタイミングは、走行距離やエンジンオイルの状態から知ることができる
✔エンジンオイルの種類はベースオイルや粘度、規格によって分類され、自車に合ったオイルを選ぶことが大切

車のオイル交換はなぜ必要なの?

車のオイル交換はなぜ必要なの?

車で使用されているオイルにはいくつかの種類がありますが、メンテナンス時の「オイル交換」はエンジンオイルの交換を指すのが一般的です。

エンジンオイルは、エンジンの内部を循環してエンジンを正常に動かす役割を担っています。エンジンを車の心臓と例えるなら、エンジンオイルはいわば車の血液です。それだけに、エンジンオイルの状態は車の走行にも大きな影響を及ぼすため、定期的に交換して、最適な状態を維持する必要があるのです。

エンジンオイル5つの役割

車を動かすために必要不可欠なエンジンオイルには、おもに次に挙げる5つの役割があります。

1.潤滑
車のエンジンは回転やピストン運動をくり返すことでエネルギーを生み出し、車を駆動させています。エンジンが動くときに金属部分がこすれて摩耗しないよう、油膜を張ることでパーツを保護し、動きを滑らかにするのがエンジンオイルの大きな役割です。エンジンオイルが正常に働かないと、燃料が燃えた際に出るすすやほこり、金属が摩耗して出る粉末などがエンジン内部に溜まり、燃費性能の低下や、エンジン異常を招きやすくなります。

2.冷却
エンジンを動かすと、燃焼や摩擦によってエンジン各部が非常に高温になります。エンジンオイルはエンジン内部を循環しながらエンジンの熱を吸収し、エンジン下部にあるオイルパンに溜まって冷却されます。こうしたオイルの冷却効果によって、エンジンのオーバーヒートを防いでいます。ピストンの先端にオイルを吹きつける機能や、オイルクーラーを装着する場合もあります。

3.密封
エンジンは、内部でピストンが高速回転することで燃料を爆発させて、駆動エネルギーを生み出しています。ピストンとエンジン内部のシリンダーはわずかな隙間を保つことで、スムーズなピストン運動ができるようになっています。隙間が広すぎると気密性が下がり、燃焼によって作られたエネルギーが逃げやすくなり、エネルギー効率が下がってしまいます。エンジンオイルは、ピストンとシリンダーの隙間を埋めて、燃焼による圧力を逃がさないよう密封する役割も果たしています。

4.洗浄
エンジン内部には、燃焼や回転運動によって発生するスラッジと呼ばれるオイルの燃えカスや、摩耗で出る粉末などが混ざった泥状の汚れがこびりつきます。このような汚れを放置すると、エンジンの内壁に堆積してエンジンの働きを低下させてしまいますが、エンジンオイルが循環する際にスラッジを吸着することで、汚れを分散させています。

5.防腐
エンジン内部が燃料の燃焼によって高温な状態が続くと、外との温度差によって内部に水蒸気が起きやすくなります。内部に溜まった水分は、そのままにしておくと金属の錆を引き起こす原因になってしまいます。エンジンオイルの油分には、金属をコーティングするだけでなく、エンジン内部に発生した水分を取り込んで錆を防ぐ働きもあります。

エンジンオイルを交換しなかったらどうなる?

エンジンオイルはエンジンが摩耗や錆などで劣化しないように保護し、効率よくエネルギーが作り出せるように汚れや水分を取り込みながら循環しています。そのため、エンジンを動かすほどオイルは劣化して、そのままにしているとエンジン本来の性能を発揮できなくなってしまいます。その結果、燃費が下がったり、オイルの循環が滞ってエンジンの焼き付きが起こり、最悪の場合は車両火災が起きたりする危険性があります。

オイル交換のタイミングを知る方法

オイル交換のタイミングを知る方法

車のコンディションを良好に保つためには、エンジンオイルが劣化してエンジン性能が低下する前に、定期的なオイル交換を行うことが大切です。オイル交換のタイミングは、ディーラーやガソリンスタンドなどの業者で確認してもらったり、各自動車メーカーが提示するオイル交換の目安を参考にしたりするほか、走行距離と使用期間でおよその交換時期を判断することもできます。

・一般ガソリン車は走行距離15,000kmが目安
普通車や軽自動車といった一般的なガソリン車の場合は、走行距離が15,000kmを超えた時期、または1年に1回がオイル交換の目安となります。一般的なガソリン車はターボ車やディーゼル車に比べてエンジンオイルの劣化が緩やかなため、交換ペースも比較的遅くなります。

・ターボ付きガソリン車は5,000kmが目安
ターボ付きのガソリン車は走行距離が5,000kmを超えた時期、または半年に1回がオイル交換の目安となります。ターボエンジンは強いエネルギーを生み出すため、一般的なエンジンよりも冷却作用に負荷がかかる構造になっています。冷却にはエンジンオイルが使われるため、ターボ車は一般車よりエンジンオイルが早く劣化します。

・ディーゼル車は10,000kmが目安
ディーゼルエンジンを搭載した車は、走行距離10,000kmを超えた時期、または1年に1回がオイル交換の目安とされています。エンジンオイルは、ディーゼルエンジンの燃料に使われる軽油に含まれた硫黄分が酸素と結びついて発生する硫酸を中和する役割を担っています。さらに、ディーゼルエンジンは稼働中にすすが出やすいこともあり、エンジンオイルの劣化は一般車に比べて早くなります。

オイル交換のタイミングがわかるセルフチェック方法

オイル交換のタイミングがわかるセルフチェック方法

より適切なオイル交換時期を知りたいときは、エンジンオイルを直接チェックするのが一番です。エンジンオイルの状態は、エンジンに付属するオイルレベルゲージで知ることができます。次に挙げるチェックポイントに沿って、エンジンから引き抜いたオイルレベルゲージに付着したオイルの状態を確認してみましょう。

・エンジンオイルの量
エンジンオイルの量をチェックすることが、オイル交換のタイミングをはかる最も簡単な方法です。オイルレベルゲージには、上限を示す「F」と下限を示す「L」という2つのマークが刻印されています。オイルの跡がFとLのあいだにあればエンジンオイルの量が足りている状態ですが、Lに近い場合や、Lを下回っている場合はオイル交換が必要となります。

・エンジンオイルの汚れ
オイルレベルゲージについたオイルをウエスなどで拭き取り、オイルレベルゲージをオイル内に戻します。再度ゲージを引き出して、白いウエスやキッチンペーパーなどにオイルを垂らします。オイルが黒いスラッジ(汚れ)の混じったどす黒い色をしている場合はオイルが劣化しているため、オイル交換を行いましょう。

・エンジンオイルの漏れ
車の下にオイルが染み出していないか、エンジンの周辺もチェックしましょう。オイルが溜まっている場合は漏れている可能性があります。なお、異常がないように見えても、オイルの減りが早い場合はオイル漏れを起こしている可能性があります。そのような状況を判断するためにも、定期的にオイルの状態を確認する習慣をつけておきましょう。

エンジンオイルをチェックするときは、必ずエンジンをストップして、エンジンが冷めるのを待って行いましょう。動いているエンジンは非常に高温なため、冷える前に点検するとやけどをする危険性があります。

シビアコンディションではオイル交換のタイミングが早まることも

シビアコンディションではオイル交換のタイミングが早まることも

車についている取扱説明書や点検・整備時の内訳などに「シビアコンディション」という言葉を目にすることがあるかもしれません。シビアコンディションとは悪路や急坂など、一般的な使われ方より厳しい環境での走行を指します。自動車メーカーが独自に定めたシビアコンディションの条件下で走行する機会が多い場合は、一般的なコンディションでの走行と比べてエンジンオイルが早く劣化するため、早期の交換が必要になります。

〈シビアコンディションのおもな条件〉

悪路運転時に衝撃を感じる荒れた路面、石の跳ね上げや轍などで下回りをあてる機会の多い路面、ホコリが多い路面
雪道
走行距離20,000km以上/年
山道、登降坂路登り下りが多くブレーキの使用回数が多い
短距離の繰り返し運転8km/回
氷点下での繰り返し運転
低速走行30km/時間以下
アイドリング2時間/日

 

シビアコンディションでのオイル交換時期は、メーカーや車種によっても異なりますが、走行距離15,000km、または1年に1回ペースのオイル交換が推奨される一般ガソリン車の場合、シビアコンディションでのオイル交換タイミングは走行距離7,500km、または6ヵ月ごとになるなど、一般的なコンディションで走ったときのおよそ半分が目安となるケースが多いです。

シビアコンディションはエンジンにかかる負荷が大きく、エンジンオイルの寿命を縮めやすくなります。シビアコンディションで運転する機会が多い方は、コンディションに合わせてエンジンオイルを選ぶことでエンジンへの負担を軽減することができます。

エンジンオイルの種類と、車に合うオイルの選び方

エンジンオイルの種類と、車に合うオイルの選び方

シビアコンディションに適したオイルをはじめ、エンジンオイルにはたくさんの種類があります。配合や添加物などで差をつけたメーカー独自のオイルも多数開発されていますが、いずれも「ベースオイル」「オイルの粘度」「オイルの規格」の3点から種類を分類できます。自身の車に最適なオイルを選ぶためには、エンジンオイルの種類と特徴を理解した上で、重視する要素から選ぶのが望ましいでしょう。

ベースオイルで選ぶ

ベースオイルはエンジンオイルのベースとなる成分のことです。ベースオイルがどのような成分由来かでエンジンオイルの性能が大きく左右されるため、エンジンオイルで最も重要な要素といえます。ベースオイルはおもに鉱物油、化学合成油、部分合成油の3種類があり、値段の安さで選ぶなら鉱物油、品質で選ぶなら化学合成油、バランスの良いものを選びたいなら部分合成油というのが基本的な考え方です。

〈ベースオイルの特徴〉

ベースオイル特徴メリットデメリット
鉱物油・一般的なベースオイル
・原油から不純物を除去して精製されたもの
値段が安い耐熱性、耐久性が劣る
化学合成油・最高性能のベースオイル
・不純物が少ない
性能が高い
冬場に強い
値段が高い
部分合成油・鉱物油と化学合成油をブレンドしたベースオイル
・揮発性が高い
性能とコストのバランスがいい化学合成油より性能が劣る

 

・鉱物油
ベースオイルのうち最も一般的に使われているのが鉱物油です。原油を蒸留・精製して不純物を取り除いたもので、粘度や流動性、安定性といった性能はほかのオイルに劣りますが、値段は安めです。

・化学合成油
炭化水素を化学合成して作ったオイルで、不必要な成分を極力取り除き、エンジン性能を高めるために開発された高品質のオイルです。オイルの流動性に優れ、冬場の寒さにも強いため、レーサーなどプロが愛用するケースが多いようです。高性能である反面、値段が高い傾向があります。

・部分合成油
鉱物油に化学合成油を混ぜ合わせたのが部分合成油です。化学合成油には劣りますが、より近い性能の高さがありながらリーズナブルな値段を実現した、バランスの良いオイルです。

オイルの粘度で選ぶ

エンジンオイルによって粘度に違いがあり、粘度が高いほど固く、粘度が低いほどサラサラとした柔らかいオイルになります。オイルの粘度は「10W−50」といったように数字とアルファベットの組み合わせで表記され、左はエンジンの始動に差し支えない外気の温度、右は油膜切れを起こさないエンジンオイルの温度を表しています。
なお、左にのみ表示されたWはWinterの頭文字で、5Wは-30℃、10Wは-20℃など、数字に対応する外気温を示しています。

〈オイルの粘度による違い〉

オイル粘度← 低粘度オイル                      高粘度オイル→
粘度指数(低温)0W5W10W15W20W
粘度指数
(高温)
2030405060
特徴低温時・冷間時でも素早く動く
燃費がいい
高温時に油膜切れを起こしやすい
エンジン音が大きくなる
低温時・冷間時の始動性が悪い
燃費が悪い
高温時でも油膜をキープできる
エンジン音が静か

 

・低粘度オイル
粘度の低いオイルはさらさらしていて、低温時でもすばやく燃焼してエンジンを稼働させることができます。エンジンの動きも軽くなり、燃費も向上します。その反面、エンジンの保護性能や気密性は低くなります。

・高粘度オイル
粘度の高いオイルは高温時でも効率よく燃焼できるため、エンジンが高温になるターボ車やスポーツカーなどの車種に適したオイルです。低粘度のオイルに比べると冬場の動きは遅くなりますが、夏と冬の両方に対応でき、環境を選ばない品質の高いオイルといえます。しかし、抵抗が大きいことで燃費が悪くなったり、始動性が悪くなったりします。

オイルの規格で選ぶ

エンジンオイルには、高回転、高出力なエンジンに耐えうる品質かどうか、各自動車団体が独自の基準に応じて規格を定めています。オイルの規格には、おもに「API規格」「ILSAC規格」「JASO規格」の3つがあり、それぞれ燃費性能や蒸発性、耐摩耗性、酸化安定性などの審査項目によってグレードを定めています。基本的には数字が大きいほど新しく開発されたもので、品質も高くなります。

・API規格
APIはAmerican Petroleum Instituteの略で、米国石油協会(API)、アメリカ材料試験協会(ASTM)、アメリカ自動車技術者協会(SAE)の3社が定めるエンジンオイルの規格で、「SH」など2文字のアルファベットで表記されています。1つ目のアルファベットは車のタイプ(ガソリン車はS、ディーゼル車はCなど)を指し、2文字目のアルファベットはAからはじまり、後に進むほどオイルの燃費性能や蒸発性、酸化安定性などの性能が高くなります。

・ILSAC規格
日米自動車工業会(ILSAC)が定めた規格で、API規格に省燃費性能を加えたものです。グレードはGF-1〜GF-5の5つで、数字が大きいほど高性能オイルになります。なお、GF-1はAPI規格のSHに相当し、以降も順に対応しています。

・JASO規格
国産クリーンディーゼルエンジンに対応したディーゼルエンジン専用オイルの日本独自規格です。乗用車に適したオイルはDL-1と表記されています。

エンジンオイルの交換方法と費用の目安

エンジンオイルの交換は、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンド、整備工場などに依頼するのが一般的です。依頼先を選びやすいように、それぞれの料金の相場やメリットとデメリットを知っておきましょう。

〈オイル交換を依頼できる業者の特徴〉

 工賃の目安作業時間の目安メリットデメリット
ディーラー1,000〜2,000円20〜30分・純正オイルを使用する
・安心して依頼できる
・交換工賃が高め
・予約が必要
カー用品店500円20〜30分・取り扱うオイルの種類が豊富
・会員だと工賃が無料になることがある
・休日は混みやすく待ち時間が長くなる
・店内商品のオイルから選ぶ必要がある
ガソリンスタンド1,000円30分以内・比較的遅めの時間まで対応してくれる
・作業時間が短め
・整備士の技術力にばらつきがある
・交換工賃が高め
整備工場整備工場による20〜30分・なじみの工場があれば気軽に相談できる・希望するオイルを置いていないことがある

 

・ディーラーで交換する
自動車メーカーの特約店であるディーラーでは、自社の車に精通した専門の整備士が、メーカー純正のオイルを使用して作業を行ってくれるため、車に最適なオイルを安全に交換できる安心感があります。
作業時間は20〜30分ほどで終了することが多く、工賃はおよそ1,000~2,000円程度。ほかの業者と比べて、交換用のオイル、作業工賃ともに高くなる傾向があります。また、事前予約が基本のため、予約をしていない場合は待ち時間が発生することがあります。

・カー用品店で交換する
カー用品店はピットサービスでオイル交換を受け付けています。交換用のエンジンオイルを多数取り扱っており、店内から好きなオイルを選ぶことができます。作業時間はおよそ20〜30分で、作業工賃の相場も500円ほどと安めな上、会員登録などで無料になることもあります。
予算や好みに応じてオイルを選べ、迷ったときはスタッフに相談できるというメリットがありますが、土日などは待ち時間が長くなりやすいほか、店舗によっては取り扱うオイルの種類が限られることもあります。

・ガソリンスタンドで交換する
ガソリンスタンドでは、給油のついでにオイル交換が可能です。作業時間は予約なしでも30分以内に終わるケースが多いですが、工賃の相場は1,000円以内とカー用品店より少し高めです。また、店舗によって整備士の知識や技術力にばらつきがあるため、信頼できるところを選びましょう。なお、24時間営業の店舗などでは比較的遅めの時間までオイル交換に対応してくれるので、自分のペースで依頼しやすい点がメリットです。

・整備工場で交換する
街の整備工場は、さまざまな車種に対応できる技術力を持つ整備士が作業してくれるので、安心して車を預けられます。オイル交換の作業時間は20〜30分ほどで、工賃は整備工場によってまちまちですが、長年の付き合いがあるような場合は無料で交換してくれることもあります。
なお、整備工場は少人数で経営している店舗が多いため、予約をしておく方が安心です。また、小さな整備工場では在庫が限られるため、使用したいオイルが決まっている場合は事前に確認しておきましょう。

エンジンオイルを自分で交換するには

オイル交換は、ディーラーやガソリンスタンドなどに依頼するほか、自分で交換することも可能です。
エンジンオイルを自分で交換するには「上抜き」と「下抜き」という2つの方法があります。それぞれの作業手順を確認して、自身に合った方法で行いましょう。

・上抜き
オイルタンクの中にたまった古いエンジンオイルを、オイルチェンジャーと呼ばれる専用ポンプで吸い上げる方法です。ジャッキアップなどのリフト作業がないため効率がよく、古いオイルもきれいに抜けるやり方ですが、オイルチェンジャーなど専用の道具を購入する必要があります。

・下抜き
車体の底部にあるドレインボトルを開くことで、古いエンジンオイルを抜き出す方法です。車種によっては上抜きができない場合がありますが、下抜きは車種を選ばず、オイル交換といっしょにオイルフィルターや車の下回りのチェックができるメリットもあります。ただしジャッキアップで作業を行う必要があるほか、専用の工具も用意する必要があります。

準備する物

準備する物

  • 新しいエンジンオイル
  • オイルフィルター(オイル交換2回に1回の交換が目安)
  • 廃油処理箱
  • めがねレンチ
  • トルクレンチ
  • オイルジョッキまたはじょうご
  • パーツクリーナー
  • 軍手
  • ウエス
  • オイルチェンジャー(上抜きのみ)
  • ドレンボルトの交換ワッシャー(下抜きのみ)
  • ジャッキとリジッドラック(下抜きのみ)

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)1

1.エンジンを切ってジャッキアップする。

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)2

2.廃油処理箱をセットし、オイルキャップとドレンボルトを外して古いエンジンオイルを抜く。

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)3

3.古いオイルがすべて抜けたら、ドレンボルトに新しいワッシャーをはめ込んで強めに締める。

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)4

4.ジャッキを下ろして車を戻し、じょうごやオイルジョッキを使って新しいエンジンオイルを入れる。

エンジンオイルのセルフ交換手順(下抜き)5

5.オイルレベルゲージをチェックして適量になったかどうかを確認する。

エンジンオイルのセルフ交換手順(上抜き)

1. エンジンオイルを暖気運転して温めて、オイルを吸い上げやすくする。

2. 暖気運転後しばらくしてエンジンが落ち着いたら、ボンネットを開け、オイルチェンジャーのノズルをオイルパンの底に届くまでしっかり差し込む。

3. オイルチェンジャーで古いエンジンオイルをポンプアップする。

4. じょうごかオイルジョッキを使って、新しいオイルを注ぐ。

5. オイルレベルゲージをチェックし、オイルが適量まで入ったか確認する。

自身でエンジンオイルを交換する際の注意点

ディーラーなどの業者に依頼せず、エンジンオイルを自分で交換する場合はいくつかの留意点を知っておく必要があります。安全を確保した上で作業を行わないと、事故の原因にもなりますので注意しましょう。

エンジンオイルの入れ過ぎに注意!

セルフ交換で失敗しがちなのが、オイルの入れすぎです。オイルレベルゲージのF(上限)より多くオイルが入った場合、そのまま車を走行すると未燃焼の混合気であるブローバイガスが増えてエアクリーナーが汚れやすくなります。また、オイルがエンジン内にあふれてしまい、マフラーから白煙が出たり、エンジンが回りにくくなって燃費性能が低下したりする可能性もあります。オイルを入れすぎた場合はポンプなどを使って吸い出すか、車両底部から抜きましょう。ディーラーなどに持ち込んで抜いてもらうことも可能です。

古いエンジンオイルは正しく廃棄処理を

オイルタンクから抜き出した古いエンジンオイルの処分方法は、自治体によって異なります。廃油パックを利用すれば普通ゴミとして捨てることができますが、廃油をゴミに出せない地域の場合はガソリンスタンドやオイル購入店に持ち込んで処分してもらいましょう。料金は店舗によって異なるほか、販売店によっては新しいオイルの購入が条件になることもあるので、購入時に確認しておくと安心です。

知っておきたいオイル交換の豆知識

オイル交換に付随して知っておきたいエンジンオイルを長持ちさせる方法や、オイル交換時に知っておくと便利な豆知識をまとめてみました。

「近所へお買い物」はエンジンに悪い?

「近所へお買い物」はエンジンに悪い?

意外と知られていないのが、近所のスーパーや駅まで車を使う「ちょい乗り」も、エンジンオイルの寿命を縮めるシビアコンディションに該当するということです。1回の走行距離が約8km以下の短距離走行は、オイルや冷却水など車の各部が適温まで上がらないまま運転するため、負荷がかかりやすくなります。なお、渋滞が多い道でアイドリングをくり返す場合も同様です。短距離走行が多い場合は、目安よりも早めにオイル交換を行いましょう。

外国車は国産車よりオイル交換のスパンが長い?

外国車は国産車よりオイル交換のスパンが長い?

外国車、特にヨーロッパの自動車メーカーでは、オイル交換のタイミングを長めに取っているケースが多くあります。例えばBMWでは、純正オイル使用で走行距離25,000〜30,000kmと、国産一般車の倍近い走行距離をオイル交換の目安としています。
これには運転環境の違いが影響しています。ヨーロッパでは各国を車で行き来するなど長距離移動が多く、一般道でも高速走行が可能です。このようなオイルへの負担がかかりにくい環境を前提にしているため、交換スパンが長くなります。環境意識が高く、廃油はできるだけ出さないという考え方が根付いている点も関係しているでしょう。
とはいえ、外国車で日本国内を走行する場合は、エンジンオイルにかかる負担は国産車と同じになります。そのため、国産車と同様のサイクルでオイル交換を行うのが望ましいでしょう。

エンジンオイルは高ければいいというわけではない?

エンジンオイルは高ければいいというわけではない?

エンジンオイルはベースオイルや粘度、規格などによって値段や品質が変わり、高い機能が備わったオイルほど値段は高くなります。値段の高いオイルはエンジンを保護する働きも強いため、オイル交換のサイクルがゆるやかになる傾向がありますが、エンジンを動かす以上どんなオイルも必ず劣化していきます。安いオイルをまめに交換することで、常にエンジンをきれいな状態に保つというのもひとつの方法です。
また、季節や地域によっては安いオイルのほうが適している場合もあるので、必ずしも高いオイルがいいとは限らないのです。

エンジンオイルは混ぜてもいいの?

エンジンオイルは混ぜてもいいの?

オイル交換をする際に、オイルタンクに残った微量の古いオイルと新しいオイルが混ざる分には問題ありません。ただ、古いオイルが多量に残った状態で新しいオイルを補充すると、劣化したオイルがブレンドされて効果が落ちる可能性があります。オイル交換の際は、できる限り古いオイルを抜いてから新しいオイルに交換することをおすすめします。

なお、未使用の新しいオイル同士であれば、グレードの異なるオイルを混ぜても問題ないとされています。ただし、粘度の違うオイルを混ぜると成分のバランスが崩れてしまい、オイルの性能が発揮されない可能性があるので、避けた方が無難でしょう。

オイル交換と一緒に行いたいメンテナンス

オイル交換をするときには、エンジン周辺の状態もチェックして、いくつかのメンテナンスも併せて行うと、オイルの寿命を延ばすだけでなく、運転性能を高めて維持費を抑えることができます。

・エンジンフラッシング

エンジンフラッシング

フラッシングとは汚れ落としという意味で、オイル交換をする際に一緒に行われることの多いメンテナンスです。古いエンジンオイルに洗浄剤を混ぜてエンジンを回す方法と、古いオイルを抜き出した後に専用のフラッシングオイルを入れてエンジンをかける方法があります。ドロドロになったスラッジ(汚れ)はエンジンオイルで吸着することができないため、エンジンフラッシングを行うことでエンジン内がリフレッシュできます。エンジンフラッシングをしてから新しいオイルを入れると、エンジンオイルをきれいな状態で長く保つことができます。

・オイルフィルター交換

オイルフィルター交換

オイル交換と一緒に行うことが多いのが、オイルフィルターの交換です。オイルフィルターはオイルが取り込んだ汚れやにおいを濾過して、オイルをきれいな状態に保つ働きをしています。濾紙はアコーディオン状になっているため、固形の汚れをキャッチしやすい反面、詰まりやすくもあります。フィルターの目が詰まると性能が下がるので、定期的な交換が必要です。オイルフィルターの交換は、オイル交換2回につき1回のサイクルが目安とされています。

カーリースならオイル交換が定額で任せられる!

カルモくん_new

オイルやフィルターなど、定期的な交換が欠かせないエンジン周りのメンテナンスは、手間も費用も負担になりがちです。しかし、月々の定額料金だけでマイカー感覚で車を持てるカーリースの定額カルモくんなら、メンテナンスプランをつけることで、オイル交換やオイルフィルターの交換費用を定額にすることができます。
定額料金には各種税金や自賠責保険料が含まれている上、メンテナンスプランでは、オイル交換以外にも、一部の消耗品の交換費用や工賃、車検基本料などが定額にできるので、大きな出費の心配なくマイカーライフを楽しめます。

また、メンテナンスは提携する全国30,000店舗以上の大手事業者から自由に選べるため、最寄りのカー用品店などを利用することも可能です。オイル交換をはじめ、さまざまなメンテナンスを任せられるので、少ない負担で常に安全で快適な状態をキープできます。

メンテバナー

エンジンオイルは定期的に交換しよう

エンジンオイルは車の血液ともいわれるほど重要な存在です。車の走行や燃費などを大きく左右するだけに、車種や車の使い方に合わせて適正なオイルを選び、定期的にオイル交換を行って、快適なカーライフを楽しみましょう。

よくある質問

Q1:エンジンオイルの交換はなぜ必要?

A:エンジンオイルは、エンジン内において、潤滑、冷却、密封、洗浄、防腐といった5つの役割を担っています。使い続けることで汚れが溜まるなどして劣化し十分な役割を果たせなくなるため、エンジンの機能を維持するためにも、定期的な交換が必要になります。

Q2:オイルの交換時期を知る方法は?

A:セルフチェックでオイル交換の時期を知りたいときは、走行距離や使用期間、オイルの状態が目安になります。一般的なガソリン車のオイル交換時期の目安は、走行距離15,000km、または1年に1回です。オイルの状態で見るときは、オイルの残量や汚れ具合をオイルレベルゲージで確認します。

Q3:オイルの種類はたくさんあるけどどれを選べばいい?

A:エンジンオイルの種類は、主成分であるベースオイルや粘度、規格によって分類されています。それぞれに性能や適した環境、価格などが異なるため、特徴を理解して、自身の車や走行環境に合ったものを選びましょう。

※記事の内容は2020年10月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー