ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ベンツの人気車種の売却相場とは? 高く売却する方法を解説

ベンツの人気車種の売却相場とは? 高く売却する方法を解説
ベンツの人気車種の売却相場とは? 高く売却する方法を解説
貯金ゼロでも

今乗っているベンツの車を売って、新しい車を買いたいときに、自分の車がいくらで売れるのか、またどうしたら高く買い取ってもらえるのでしょうか

この記事では、車の買取りのしくみや高く買取りしてもらうコツ、ベンツの人気車種の買取相場などを解説。さらに、購入よりもお得に車に乗れる方法をお教えします。

  •  ベンツのGLBは高値がつきやすい
  •  車を高く買取してもらうには、車の状態を保ち、価格が上がる時期に売るのがポイント
  •  定額カルモくんなら車売却後に頭金不要で好きな新車に乗れる

車の買取査定とは?

車の買取査定とは?

車を乗り換える際には、今乗っている車を売却して、新しい車を購入するのが一般的です。車の買取査定とは、車を買取専門店や中古車販売店などに売却する際に必要な手続きです。買取査定は、実際に店舗で行ってもらったり、オンラインの買取査定シミュレーションを活用したりして、簡単に行えます。

ベンツの人気車種、買取相場をチェックするならこちら

車の買取りにはどのような方法があるのか

車を売却する方法には、ディーラーや中古車販売店に下取りに出して車の購入費用を安くする方法や、買取業者に買取りを依頼する2つの方法があります。それぞれについて紹介します。

ディーラーや中古車販売店で下取りする

車の下取りでは、売却することで得た代金を、新たに購入する車の資金にあてることができます。一般的には、各販売店によって下取りの価格表が作成されており、これにより下取りの価格が決定されます。

また、車を下取りに出した店では、そのまま次の車が購入できます。下取りの段階から担当者と密にコミュニケーションを取っていれば、その後の車購入の際に値引き交渉なども行いやすくなるため、お得に新しい車を手に入れられることもあります。

一方、下取りのデメリットとして、売却によって得た資金を自由に使えない点が挙げられます。下取りと車の購入はセットであることが多く、新たな車の購入を検討していない場合は、買取りの依頼がおすすめです。

買取専門業者に買取りを依頼する

買取りを専門としている業者では、車の状態やカスタマイズの内容を基にして、総合的に査定して買取価格を決定します。

買取専門業者に依頼するメリットとして、同じ車種でも査定額が大きく上がる可能性がある点が挙げられます。例えば、カーナビやエアロパーツなどが搭載された車の場合、パーツの内容も踏まえて査定額が決定されるため、同じ車種でも査定額が上がることが多いです。

そして、買取りで提示された金額は基本的に現金で受け取ることになります。車を手離して別の用途に資金をあてたい場合や、ほかの販売店で新しい車の購入を検討している場合は、下取りではなく、自由にお金の使い道を選択できる買取りをおすすめします。

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格は、年式やモデルなど多くの要素から決まります。何が、どのように査定額に影響するのでしょうか。できるだけ高く買い取ってもらうため、また提示された査定額を見極めるためにも、買取価格を決める要素について、確認しておきましょう。

年式

車は、基本的に年式が新しいほうが買取価格も高くなります。1年型落ちするごとに価格が下がっていくため、買取りに出す時期が早ければ早いほど、高い金額で買い取ってもらえるといえます。

年式が古すぎる場合は、人気が高い車でも価格がつきにくくなるため、買取りを依頼する場合は購入してから5年以内で査定依頼するようにしましょう。

モデル

一般的に同一車種でも、新型モデルのほうが旧モデルの車よりも査定額が高くなります。車は定期的にモデルチェンジが行われており、モデルチェンジされた3年後を目安に買取相場も変動する傾向があります。

少しでも高く査定してもらうなら、新しいモデルが販売される前に買取りを依頼するのがおすすめです。

走行距離

走行距離によって、査定額は大きく変動します。基本的に、車は走行距離が長いほど内部の部品なども消耗するため、走行距離は車の状態を見るための数値として重要な指標となっています。

走行距離の目安として、1年で8,000~10,000km程度であれば妥当とされています。この目安以上に、年式に対して走行距離が長い場合は査定額が下がる可能性を考慮しておく必要があります。

ボディカラー

車のボディカラーも、査定額を決める要素のひとつです。同じ車種であっても、ボディカラーによって人気に差があり、当然人気のボディカラーのほうが高く買い取ってもらえます。

自分の車と同じボディカラーの車が、同車種のほかのボディカラーの車よりも価格が安い場合、自分の車の買取査定も低くなる傾向があるため注意が必要です。

修復歴などのダメージ

修復歴とは、過去に交通事故などで車体の骨格部位を損傷した際に、修正や交換をした履歴を指します。修復歴がある車は、ほかの車と比べて、安全性の問題や今後の修理発生確率が高いと考えられることから、査定額が安くなる傾向があります。

標準装備・オプション

標準装備やオプションによって、査定額が変動することがあります。カーナビは純正の大画面HDDの人気が高く、今後は安全運転機能が搭載される車に高値がつきやすくなるといわれています。また、度を超えた自分好みの改造などを行っている車の場合は、査定額が下がることもあるため、カスタマイズする際には注意が必要です。

店舗のある場所

買取価格は、店舗エリアによって異なることがあります。店舗側が出張買取を行う際に、距離が遠ければ店舗の業務負担が増えることになるため、車の買取査定額から人件費や手数料が差し引かれることがあります。その結果、買取相場よりも安く査定されてしまうケースも考えられます。

買取価格を下げたくない場合は、自分で車を持ち込むといった対応も可能なため、買取店がどこにあるのかも含めて判断することが重要です。

もう買い替えで悩みたくないなら「新しい乗り方」にしませんか。知りたい方はこちらへ

車買い替えローン

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうためには、事前に買取相場を把握しておくことや、高く売れる時期に売ることが大切です。後悔しないためにも、高額査定につなげる方法について見ていきましょう。

買取相場を知っておく

買取依頼する際には、依頼する車の相場を事前に知っておくことが大切です。相場を知ることで、業者から提示された査定金額が適切かどうか判断でき、交渉を優位に進めることができるようになります。

ディーラーや買取専門業者のサイトを利用すれば、車名、年式、モデル、グレードごとにリアルタイムでの買取相場を知ることができます。

高く売れる時期に売る

車には高く売れる時期が存在します。一般的に、新生活に備えて車を購入したいと考える方が増える1〜3月頃と、販売業者が決算期を迎える9月頃は、高く売却できる時期といわれています。

一方で、車の買取価格は時間とともに下落していくため、高く売れる時期に固執することなく、買取依頼のタイミングを判断することが大切だといえます。

車の状態を良くしておく

車の買取りをしてもらう際には、できるだけ良い状態で査定を受けることが重要です。車内が清潔なだけでも良い印象を与えることができるため、査定に出す前には汚れや匂いがないように掃除しておくことがおすすめです。

また、保証書や点検記録簿を用意することで、車が点検やメンテナンスを受けていたことを証明して評価を上げることができます。

複数の買取業者へ査定依頼する

買取りの査定は複数の業者へ依頼することをおすすめします。1社に絞らず査定依頼を出すことで、最も高く売れる業者を見つけることができます。

しかし、複数業者に査定依頼を出すことで時間がかかってしまうことも事実です。査定依頼を簡単に済ませたい場合は、1回の登録で複数社にまとめて査定依頼を出せる一括査定サービスの利用も検討し、効率よく査定を行いましょう。

ベンツ車はどう評価されている?メーカーとしての特徴

どう評価されている?メーカーとしての特徴

「メルセデス・ベンツ」は、創業者が世界で最初に自動車を発明した人物だという説もあるほどに歴史が古く、当初から徹底しているユーザーファーストの車づくりが今もなお息づいています。

元来は「Sクラス」、「Eクラス」、「Cクラス」といったセダン系を中心としていましたが、時代とニーズの変化に合わせてコンパクトカーやSUV、そしてクーペといった、さまざまなバリエーションをリリースしている点も、日本において輸入車のブランドとして不動の地位を確立し続けている理由といえるでしょう。また、近年は比較的安価な料金設定となっているFFモデルのシェアが増えてきていることから、従来よりも幅広い層の需要が拡大しているという特徴もあります。

ベンツ車の売却相場の特徴

ベンツ車の特徴は上質なフォルムと「MBUX」による高性能ドライバーサポートであり、創業以来多くの根強いファンを獲得しており、特に新世代メルセデスと称される「Aクラス」、「Bクラス」、Cクラスなどは高く売却できる可能性があります。そこで、より高く売却するために、ベンツ車の買取相場の特徴を見ていきましょう。

新世代メルセデスは値崩れしにくく高値つきやすい

ベンツ車の特徴は高級感あふれる内装と洗練されたフォルム、そして馬力を体感できるエンジンであり、そのどれもが自動車業界において高い品質を維持しています。近年のベンツ車の販売台数はFFモデルを採用したAクラス、Bクラス、Cクラス、そして「GLA」といった新世代メルセデスが大きなシェアを誇っています。

当然、そういった車種は中古車市場においても需要があり、全体的に値崩れしにくい車として人気が高くなっています。一方、Sクラスハイブリッドといった最高級ランクの車種は、登録済み未使用車であっても20%程度価格が下落するケースもあります。

大ヒット車種のGLBも高値がつきやすい

近年、大ヒットとなった新型SUVである「GLB」は、シティーユースでも取り回しの良いコンパクトセグメントに分類されながらも、7人乗りの広々とした車内スペースを確保しています。また、クローム仕上げの「フロントアンダーガード」や車体下部を覆うプロテクターが、より重厚感を際立たせています。

GLBはベンツ特有のMBUXも搭載しているため、Sクラスと同等のドライバーサポートが利用できることも大きな魅力といえるでしょう。そして、SUVの特性であるパワフルな走破性も備えていることから、中古車市場においても高値で販売されています

ベンツの人気10車種の売却相場はいくら?

ベンツの人気車種がそれぞれどれほどの売却相場になるのでしょうか。CクラスやEクラスをはじめとしたベンツの人気10車種の特徴や売却相場について整理していきたいと思います。

Cクラス

メルセデスベンツ_Cクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「C 200 AVANTGARDE(ISG搭載モデル)」

ベンツの中でも人気車種であるCクラスは、1993年に初代がリリースされて以降、高い人気を維持しています。そして高級感にあふれる仕様はもちろん、ブレーキ付き後方衝突警告システムや、自動補正ブレーキといった安全性能も高水準であることから、売却価格に関しても高値がつくケースが多くなっています

平均査定価格は174.7〜240.2万円、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては55,000km程度のものが平均的です。

Cクラスステーションワゴン

メルセデスベンツ_Cクラスステーションワゴン出典:メルセデス・ベンツ日本「C 200 Stationwagon AVANTGARDE(ISG搭載モデル)」

積載量などの実用性を追求しがちなワゴンタイプですが、Cクラスステーションワゴンは、そういったイメージを打ち崩した車種といえるでしょう。「COMANDシステム」を搭載することで、タッチパッドによる近未来的な操作が可能となり、ベンツ特有のラグジュアリー空間もしっかり維持しています

平均査定価格は179.1〜246.3万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては60,000km程度のものが平均です。

Eクラス

メルセデスベンツ_Eクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「E 200 Sports」

Eクラスはフロント部にメルセデス・ベンツのロゴがあしらわれた、ベーシックな車種です。ステアリング周りや操作パネルの先端的なセンスも魅力ですが、Eクラスプラグインハイブリッドで生み出される力強い走行性と燃費性能も人気の理由となっています。

平均査定価格は293.0〜402.9万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は65,000kmです。

Aクラス

メルセデスベンツ_Aクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「A 180」

Aクラスはベンツ車の中でもコンパクトな部類に入りますが、シャープに装飾されたフロントランプと大型のグリルは、実際より大きなサイズであるような印象を与えてくれるでしょう。また、メーター部に取り付けられた「マルチファンクションディスプレイ」は、ドライバーの注意力低下を知らせる機能などを搭載した高性能システムとなっています。

売却時の平均査定価格は、174.4〜239.8万円程度、3~4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては55,000km程度が平均となっています。

Sクラス

メルセデスベンツ_Sクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「S 400 d 4MATIC」

1972年の初代モデルリリースから、長らく高級車の代名詞として人気を博しているSクラスは、重厚感のある雰囲気を醸し出しており、ほかの車種とは一線を画した品質となっています。そして、スマホと接続するだけで車外にいながら駐車ができる機能など、ハイクラスの恩恵がふんだんに散りばめられています。

平均査定価格は、509.1〜700.0万円程度、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては75,000km程度が平均です。

Bクラス

メルセデスベンツ_Bクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「B 180」

ベンツのBクラスはハッチバックタイプとなっており、488Lのスペースを備えたラゲッジルームは、分割可倒シートを倒すことで約3倍の1,547Lまで拡張することが可能です。また、アウトドアやレジャーで遠出する際に利便性が高いことはもちろん、優雅な外観がシティーユースにもマッチしている有用性も魅力のひとつです。

平均査定価格は、124.1〜160.6万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は60,000km程度です。

CLSクラス

メルセデスベンツ_CLSクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「CLS 220 d Sports」

「CLSクラス」はEクラスの車体をベースとしていながら、クーペタイプのような流線型のフォルムが特徴となっています。そして、最大の魅力はエンジンパワーを活かしたスポーティーな走行性であり、高品質なエアサスペンションを採用することで、悪路における安定性も確保しています。

平均査定価格は、307.8〜423.2万円程度であり、3~4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては70,000km程度のものが平均的だといえます。

SLKクラス

Cクラスの車体をベースにした「SLKクラス」は、2016年の時点で生産を終了していながらも、いまだベンツのスポーツカーとして知名度があります。ルーフを開けばオープンカーになる仕様は高い人気を獲得しており、現在においても高額査定が期待できる車種です。

買取時の平均査定価格は、156.1〜202.0万円程度であり、6〜7年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては65,000km程度のものが平均的です。

Eクラスステーションワゴン

メルセデスベンツ_Eクラスステーションワゴン出典:メルセデス・ベンツ日本「E 200 Stationwagon Sports(BSG搭載モデル)」

Eクラスステーションワゴンは、ベンツの持ち味である高級感を維持しつつ、最大限に装飾を排除したフォルムが魅力の車種です。そして、広い開口部は荷物の積み下ろしが容易であり、後部座席をすべて倒せば1,820Lまで容量が拡張するラゲッジルームも利便性が高くなっています。

買取時の平均査定価格は、256.2〜352.3万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては85,000km程度のものが平均的です。

Gクラス

メルセデスベンツ_Gクラス出典:メルセデス・ベンツ日本「G-Class」

「Gクラス」はベンツのクロスカントリーモデルとして人気があり、直列6気筒のターボエンジンは悪路においても力強い走行を可能にします。広々としたラゲッジルームは利便性が高く、車間距離の保持や車線逸脱防止機能といった安全支援システムの充実度も市場価値を高めるポイントといえます。

査定価格は、729.9万〜1,003.6万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては45,000km程度のものが平均的となっています。

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

車の買取りの手続きには事前調査が必要になるため、面倒くさいと感じる方が多いでしょう。このような方にはカーリースの利用がおすすめです。

カーリースであれば、初期費用不要で好きな車を利用できる点に加え、諸費用が定額の月額料金に含まれます。毎月決まった金額を支払うだけなので、家計が立てやすく、安心して車を利用できます。

また、カーリースは契約満了時の車の価値として「残価」を設定した上で、車両本体価格から残価を引いた金額を、契約期間中に月額料金として支払うことになります。例えば、200万円の車を残価設定50万円とした場合、差額の150万円を基に月額料金が算出されます。車両代金の全額を支払う必要はありません。

自分が乗りたい車を乗りたい期間だけ、お得に利用できるという点がカーリース最大のメリットとなります。

車の売却後は頭金不要で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

売却した資金で新たに車を手に入れるなら、初期費用0円、ボーナス払いなし、毎月定額で好きな新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。税金や車検費用込みで月額1万円台から新車に乗ることができる定額カルモくんの魅力について見ていきましょう。

国産全車種取り扱い&日本一安い*

定額カルモくんは、国産の全車種・全グレードを扱っています。また、日本一*月額料金が安いカーリースなので、買うのをあきらめていた車種や手が届かないと思っていたグレードの車にも、乗れる可能性があります。

また、ディーラーで車を購入する場合と同じようにオプションをつけられるので、自分好みのカスタマイズをした上で利用できます。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

車の買取業者を紹介してくれる

車を買取りに出すなら、安心して査定を依頼できる業者を見つける必要がありますが、定額カルモくんでは、車の買取業者も紹介してもらえます。今ある車の買取りと、次の車の準備が同時に進められるので、手間なく乗り換えられます。

また、カーリースは契約満了時には車を返却するだけで済むため、次の車への乗り換えもスムーズです。

定額カルモくんについて、詳しく知りたい方はこちらのバナーからどうぞ

専門家も認めるカーリース

買取相場やポイントを理解した上で計画的に車を売却しよう

業界でも高い品質を誇るベンツ車は、買取りの際に高値がつくことも少なくありません。しかし、より良い条件で売却するためには、買取相場やポイントを理解した上で計画的に進めることが大切といえるでしょう。

そして、初期費用ゼロ、車検代もコミコミの定額プランにできるカーリースの定額カルモくんであれば、よりお得に新しい車が手に入るため、現在ベンツ車の買取りを検討している方は、ぜひ参考にしてみましょう。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:高値で買い取ってもらえるベンツ車は?

A:新世代メルセデスといわれるAクラスやBクラス、そしてCクラスといった車種の買取相場が高い傾向にあります。また、スポーツワゴンタイプ、そしてSLKなどのスポーツタイプも、ベンツが販売している車の中で特に人気が高い車種であり、中古車でも購入したいと考える方が多いことから買取相場も高くなっています。

Q2:ベンツの車で高価売却する方法は?

A:車の状態をきれいに保ち、高く売れる時期を見極めることが重要です。例えば、走行距離は短いほうが高値がつきやすく、車骨格部分に関する修復歴は大幅な減額となってしまうため、普段から運転には注意しましょう。そして、新生活に向けて車の需要が増加する1〜3月頃に査定に出すことで、より売却価格が高くなる可能性があります。

Q3:車の売却後に頭金や初期費用なしで新車に乗る方法は?

A:「定額カルモくん」でカーリースを利用するのがおすすめです。定額カルモくんなら、税金や自賠責保険料などの初期費用はすべてリースの月額料金に含まれているため、別途用意する必要がありません。定額カルモくんなら、まとまった資金がなくても希望の新車に乗れる可能性があります。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台