ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スバルの人気車種の買取相場とは? 高く買取りしてもらう方法を解説

スバルの人気車種の買取相場とは? 高く買取りしてもらう方法を解説
スバルの人気車種の買取相場とは? 高く買取りしてもらう方法を解説
貯金ゼロでも

今乗っているスバルの車を売って、新しい車を買いたいときに、自分の車がいくらで売れるのか、またどうしたら高く買い取ってもらえるのでしょうか

この記事では、車の買取りのしくみや高く買取りしてもらうコツ、スバルの人気車種の買取相場などを解説。さらに、購入よりもお得に車に乗れる方法をお教えします。

  •  スバルのフォレスターは高値がつきやすい
  •  車を高く買取してもらうには、車の状態を保ち、価格が上がる時期に売るのがポイント
  •  定額カルモくんなら車売却後に頭金不要で好きな新車に乗れる

車の買取査定とは?

車の買取査定とは?

車を乗り換える際には、今乗っている車を売却して、新しい車を購入するのが一般的です。車の買取査定とは、車を買取専門店や中古車販売店などに売却する際に必要な手続きです。買取査定は、実際に店舗で行ってもらったり、オンラインの買取査定シミュレーションを活用したりして、簡単に行えます。

スバルの人気車種、買取相場をチェックするならこちら

車の買取りにはどのような方法があるのか

車を売却する方法には、ディーラーや中古車販売店に下取りに出して車の購入費用を安くする方法や、買取業者に買取りを依頼する2つの方法があります。それぞれについて紹介します。

ディーラーや中古車販売店で下取りする

車の下取りでは、売却することで得た代金を、新たに購入する車の資金にあてることができます。一般的には、各販売店によって下取りの価格表が作成されており、これにより下取りの価格が決定されます。

また、車を下取りに出した店では、そのまま次の車が購入できます。下取りの段階から担当者と密にコミュニケーションを取っていれば、その後の車購入の際に値引き交渉なども行いやすくなるため、お得に新しい車を手に入れられることもあります。

一方、下取りのデメリットとして、売却によって得た資金を自由に使えない点が挙げられます。下取りと車の購入はセットであることが多く、新たな車の購入を検討していない場合は、買取りの依頼がおすすめです。

買取専門業者に買取りを依頼する

買取りを専門としている業者では、車の状態やカスタマイズの内容を基にして、総合的に査定して買取価格を決定します。

買取専門業者に依頼するメリットとして、同じ車種でも査定額が大きく上がる可能性がある点が挙げられます。例えば、カーナビやエアロパーツなどが搭載された車の場合、パーツの内容も踏まえて査定額が決定されるため、同じ車種でも査定額が上がることが多いです。

そして、買取りで提示された金額は基本的に現金で受け取ることになります。車を手離して別の用途に資金をあてたい場合や、ほかの販売店で新しい車の購入を検討している場合は、下取りではなく、自由にお金の使い道を選択できる買取りをおすすめします。

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格は、年式やモデルなど多くの要素から決まります。何が、どのように査定額に影響するのでしょうか。できるだけ高く買い取ってもらうため、また提示された査定額を見極めるためにも、買取価格を決める要素について、確認しておきましょう。

年式

車は、基本的に年式が新しいほうが買取価格も高くなります。1年型落ちするごとに価格が下がっていくため、買取りに出す時期が早ければ早いほど、高い金額で買い取ってもらえるといえます。

年式が古すぎる場合は、人気が高い車でも価格がつきにくくなるため、買取りを依頼する場合は購入してから5年以内で査定依頼するようにしましょう。

モデル

一般的に同一車種でも、新型モデルのほうが旧モデルの車よりも査定額が高くなります。車は定期的にモデルチェンジが行われており、モデルチェンジされた3年後を目安に買取相場も変動する傾向があります。

少しでも高く査定してもらうなら、新しいモデルが販売される前に買取りを依頼するのがおすすめです。

走行距離

走行距離によって、査定額は大きく変動します。基本的に、車は走行距離が長いほど内部の部品なども消耗するため、走行距離は車の状態を見るための数値として重要な指標となっています。

走行距離の目安として、1年で8,000~10,000km程度であれば妥当とされています。この目安以上に、年式に対して走行距離が長い場合は査定額が下がる可能性を考慮しておく必要があります。

ボディカラー

車のボディカラーも、査定額を決める要素のひとつです。同じ車種であっても、ボディカラーによって人気に差があり、当然人気のボディカラーのほうが高く買い取ってもらえます。

自分の車と同じボディカラーの車が、同車種のほかのボディカラーの車よりも価格が安い場合、自分の車の買取査定も低くなる傾向があるため注意が必要です。

修復歴などのダメージ

修復歴とは、過去に交通事故などで車体の骨格部位を損傷した際に、修正や交換をした履歴を指します。修復歴がある車は、ほかの車と比べて、安全性の問題や今後の修理発生確率が高いと考えられることから、査定額が安くなる傾向があります。

標準装備・オプション

標準装備やオプションによって、査定額が変動することがあります。カーナビは純正の大画面HDDの人気が高く、今後は安全運転機能が搭載される車に高値がつきやすくなるといわれています。また、度を超えた自分好みの改造などを行っている車の場合は、査定額が下がることもあるため、カスタマイズする際には注意が必要です。

店舗のある場所

買取価格は、店舗エリアによって異なることがあります。店舗側が出張買取を行う際に、距離が遠ければ店舗の業務負担が増えることになるため、車の買取査定額から人件費や手数料が差し引かれることがあります。その結果、買取相場よりも安く査定されてしまうケースも考えられます。

買取価格を下げたくない場合は、自分で車を持ち込むといった対応も可能なため、買取店がどこにあるのかも含めて判断することが重要です。

もう買い替えで悩みたくないなら「新しい乗り方」にしませんか。知りたい方はこちらへ

車買い替えローン

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうためには、事前に買取相場を把握しておくことや、高く売れる時期に売ることが大切です。後悔しないためにも、高額査定につなげる方法について見ていきましょう。

買取相場を知っておく

買取依頼する際には、依頼する車の相場を事前に知っておくことが大切です。相場を知ることで、業者から提示された査定金額が適切かどうか判断でき、交渉を優位に進めることができるようになります。

ディーラーや買取専門業者のサイトを利用すれば、車名、年式、モデル、グレードごとにリアルタイムでの買取相場を知ることができます。

高く売れる時期に売る

車には高く売れる時期が存在します。一般的に、新生活に備えて車を購入したいと考える方が増える1〜3月頃と、販売業者が決算期を迎える9月頃は、高く売却できる時期といわれています。

一方で、車の買取価格は時間とともに下落していくため、高く売れる時期に固執することなく、買取依頼のタイミングを判断することが大切だといえます。

車の状態を良くしておく

車の買取りをしてもらう際には、できるだけ良い状態で査定を受けることが重要です。車内が清潔なだけでも良い印象を与えることができるため、査定に出す前には汚れや匂いがないように掃除しておくことがおすすめです。

また、保証書や点検記録簿を用意することで、車が点検やメンテナンスを受けていたことを証明して評価を上げることができます。

複数の買取業者へ査定依頼する

買取りの査定は複数の業者へ依頼することをおすすめします。1社に絞らず査定依頼を出すことで、最も高く売れる業者を見つけることができます。

しかし、複数業者に査定依頼を出すことで時間がかかってしまうことも事実です。査定依頼を簡単に済ませたい場合は、1回の登録で複数社にまとめて査定依頼を出せる一括査定サービスの利用も検討し、効率よく査定を行いましょう。

スバル車はどう評価されている?メーカーとしての特徴

どう評価されている?メーカーとしての特徴

1958年にリリースされた「スバル360」から乗用車市場に参入したスバルは、その後の派生車種でもある「スバル・サンバー」もヒットを記録したことから、一定以上の評価を得るのに時間はかかりませんでした。

「ポルシェ」と同じ水平対向エンジンをメインに採用して人気を呼び、運転感覚に重きを置くドライバーからは特に支持されています。

なお、スバル独自の安全支援システムである「アイサイト」が登場して以降は、安全性が重要となるファミリー層の獲得に成功しており、単なるオプション装備ではなく全車共通の標準装備に移行する動きもあることから、中古車市場においても高い需要を維持しています。

スバル車の買取相場の特徴

スバル車の特徴は4WDの力強い駆動と優れたエンジン性能であり、多くの根強いファンを獲得しています。特に「レヴォーグ」や「フォレスター」、「インプレッサ」などは高く売却できる可能性がありますが、スバルは他社と比較して生産台数自体が少ない傾向があり、それぞれの車種によっても違いがあります。そこで、より高く売却するためにスバル車の買取相場の特徴を見ていきましょう。

良質なエンジン機構と機能性を持つスバル車は高値がつきやすい

スバル車の魅力は、世界的な高級車として名高いポルシェと同じ「水平対向エンジン」を標準装備している点であり、独特な駆動音と力強い馬力は多くのドライブ好きの心をつかんでいます。また、その要素に4WDの走破性を組み合わせたレヴォーグやインプレッサといった代表車種は特に買取相場が高く、「WRX」、「XV」に関しても同様に高値で売却できることに期待が持てるでしょう。

そして、「ぶつからない車」ということで話題性を生んだスバルのアイサイトは、運転に自信のない方やファミリー層からの需要も獲得しており、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

大ヒット車種のフォレスターも高値がつきやすい

スバルの大ヒットシリーズであるフォレスターは、1997年に「インプレッサ グラベルEX」の実質的な後継モデルとしてリリースされたクロスオーバーSUVです。EJ20型水平対向4気筒ターボエンジンの力強さと、4WDの走破性が作り出す運転感覚は根強いファンを獲得しており、広々とした車内スペースによって実用性もしっかり備えている点も魅力といえるでしょう。

スバル独自の安全支援システムであるアイサイトも搭載していることから、中古車市場においても高値で販売されることが多く、購入する際も型落ちモデルを狙えばお得に手に入れることが可能です。

スバルの人気10車種の買取相場はいくら?

スバルの人気車種は、どれくらいの買取相場になるのでしょうか。レヴォーグやフォレスターをはじめとしたスバルの人気10車種の特徴や買取相場について整理していきたいと思います。

レヴォーグ

スバルの大ヒット車種である「レガシィツーリングワゴン」の実質的な後継車であるレヴォーグは、流線型を意識した独特なフォルムを持つステーションワゴンです。また、開放感のあるサンルーフや荷室高770mm、開口部幅1,115mmのカーゴルームは高い実用性を備えており、優れた走破性と相まって、中古車市場においても高値で販売されることが多くなっています

平均査定価格は151.2〜195.7万円、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては50,000km程度のものが平均的です。

カーリースの定額カルモくんなら「レヴォーグ」に月額40,640円から乗れる

インプレッサ

インプレッサスポーツ

リリース当初から高い人気を獲得しているインプレッサは、快適な車内空間をもたらす内装、そして足元や肩回りを広く取った座席空間が魅力となっています。2016年のモデル以降に採用されている「スバルグローバルプラットフォーム」は、悪路でも安定した走行が可能となり、振動や騒音の抑制も実現しました。

平均査定価格は124.2〜160.7万円程度であり、7〜8年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては80,000km程度のものが平均です。

カーリースの定額カルモくんなら「インプレッサスポーツ」に月額28,210円から乗れる

フォレスター

フォレスター

スバルのクロスオーバーSUVであるフォレスターは、スポーティーな走行性能はもちろんのこと、広々とした車内空間で実用性も兼ね備えた人気車種です。また、SUVだからといってアウトドアや長距離走行だけに特化しているわけではなく、洗練されたボディラインやシンプルな操作部は日常利用でも利便性は高いといえるでしょう。

平均査定価格は151.6〜196.2万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は20,000kmです。

カーリースの定額カルモくんなら「フォレスター」に月額37,890円から乗れる

レガシィツーリングワゴン

レガシィツーリングワゴン出典:スバル「レガシィツーリングワゴン」

レガシィツーリングワゴンは、レヴォーグの誕生に伴い、現在は生産終了しています。4WDと水平対向エンジンが生み出す走行性は、当時のワゴンブームを作り出すきっかけとなったことから、今もなお根強い人気を誇っています。したがって、車の状態によっては高値で売却できる可能性も高いといえるでしょう。

買取時の平均査定価格は67.8〜93.3万円程度、7〜8年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては40,000km程度が平均となっています。

BRZ

BRZ

トヨタ自動車と共同開発された「BRZ」は、徹底的に走りを追求したスポーツカーとなっており、FR方式を採用していることからステアリング性能が高く、コーナリングもスムーズに走行可能です。BRZは中古車市場においても特に人気があり、状態によっては高額査定が見込めるでしょう。

平均査定価格は169.4〜219.2万円程度、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては50,000km程度が平均です。

※時期やメーカー等の事情により掲載していない場合があります。ご希望の場合はフォームよりお問い合わせください。

レガシィ アウトバック

10106_レガシィアウトバック

レガシィの派生車種として誕生した「レガシィ アウトバック」は、ステーションワゴンとSUVの中間を意識した仕様となっており、利便性と走行性という両方の利点を備えた車種となっています。荷室高824mm、559Lの容量を持つカーゴルームは、アウトドアだけでなくショッピングにも有用性の高いことが魅力といえるでしょう。

平均査定価格は178.0〜230.3万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は85,000km程度です。

※時期やメーカー等の事情により掲載していない場合があります。ご希望の場合はフォームよりお問い合わせください。

サンバーディアス

サンバーディアス

サンバートラック/バンに続いて常用モデルとしてリリースされた「サンバーディアス」は、ボディサイズが大型化されつつも、最小回転半径は3.9mを維持しており、使い勝手に優れた車種として現在においても人気があります。また、シャシーフレームつき新環状力骨構造ボディによって安全性も確保しています。

平均査定価格は10.7〜23.4万円程度であり、10年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては95,000km程度のものが平均的だといえます。

※時期やメーカー等の事情により掲載していない場合があります。ご希望の場合はフォームよりお問い合わせください。

ステラ

ステラ

優れた走行性と力強いエンジンが魅力のスバル車ですが、「ステラ」のような快適性重視のトールワゴンもリリースしています。丸みを帯びた外見はどこかかわいらしさを演出しており、軽自動車でありながら広々とした車内スペースもドライバーにとっての利便性を高めるポイントといえるでしょう。

買取時の平均査定価格は50.2〜69.1万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては80,000km程度のものが平均的です。

※時期やメーカー等の事情により掲載していない場合があります。ご希望の場合はフォームよりお問い合わせください。

エクシーガ

エクシーガ出典:スバル「エクシーガ」

スバルのミニバンとして2008年にリリースされた「エクシーガ」は、2015年のモデルチェンジを機にSUVタイプに姿を変え、オーストラリアなどの海外においても需要を獲得しています。ベーシックな外観を持ちながら、スポーティーな走行性も備えており、多人数でも乗車できる使い勝手の良さがあります。

買取時の平均査定価格は87.3万〜113.0万円程度であり、7〜8年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては100,000km程度のものが平均的だといえます。

※時期やメーカー等の事情により掲載していない場合があります。ご希望の場合はフォームよりお問い合わせください。

プレオプラス

プレオプラス

「プレオプラス」はスタンダードタイプのワゴンですが、室内長2,025mm、室内高1,240mmという広々とした車内スペースを確保しており、前後乗員間距離に関しても910mmに設計されていることから、楽に座ることができます。また、シンプルなステアリング周りと操作部は、ドライバーの使い勝手の良さにも寄与しています。

査定価格は29.8〜54.7万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては50,000km程度のものが平均的となっています。

カーリースの定額カルモくんなら「プレオプラス」に月額13,470円から乗れる

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

車の買取りの手続きには事前調査が必要になるため、面倒くさいと感じる方が多いでしょう。このような方にはカーリースの利用がおすすめです。

カーリースであれば、初期費用不要で好きな車を利用できる点に加え、諸費用が定額の月額料金に含まれます。毎月決まった金額を支払うだけなので、家計が立てやすく、安心して車を利用できます。

また、カーリースは契約満了時の車の価値として「残価」を設定した上で、車両本体価格から残価を引いた金額を、契約期間中に月額料金として支払うことになります。例えば、200万円の車を残価設定50万円とした場合、差額の150万円を基に月額料金が算出されます。車両代金の全額を支払う必要はありません。

自分が乗りたい車を乗りたい期間だけ、お得に利用できるという点がカーリース最大のメリットとなります。

車の売却後は頭金不要で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

売却した資金で新たに車を手に入れるなら、初期費用0円、ボーナス払いなし、毎月定額で好きな新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。税金や車検費用込みで月額1万円台から新車に乗ることができる定額カルモくんの魅力について見ていきましょう。

国産全車種取り扱い&日本一安い*

定額カルモくんは、国産の全車種・全グレードを扱っています。また、日本一*月額料金が安いカーリースなので、買うのをあきらめていた車種や手が届かないと思っていたグレードの車にも、乗れる可能性があります。

また、ディーラーで車を購入する場合と同じようにオプションをつけられるので、自分好みのカスタマイズをした上で利用できます。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

車の買取業者を紹介してくれる

車を買取りに出すなら、安心して査定を依頼できる業者を見つける必要がありますが、定額カルモくんでは、車の買取業者も紹介してもらえます。今ある車の買取りと、次の車の準備が同時に進められるので、手間なく乗り換えられます。

また、カーリースは契約満了時には車を返却するだけで済むため、次の車への乗り換えもスムーズです。

定額カルモくんについて、詳しく知りたい方はこちらのバナーからどうぞ

専門家も認めるカーリース

買取相場やポイントを理解した上で計画的に車を売却しよう

業界でも高い品質を誇るスバル車は、買取りの際に高値がつくことも少なくありません。しかし、より良い条件で売却するためには、買取相場やポイントを理解した上で計画的に進めることが大切といえるでしょう。

そして、初期費用ゼロ、車検代もコミコミの定額プランにできるカーリースの定額カルモくんであれば、よりお得に新しい車が手に入るため、現在スバル車の買取りを検討している方は、ぜひ参考にしてみましょう。

クルマ診断

よくある質問

Q1:高値で買い取ってもらえるスバル車は?

A:レヴォーグやインプレッサ、フォレスターといった車種になります。いずれも特に人気が高い車種で、中古車でも購入したい方が多いことから買取相場も高くなっています。また、サンバーなどの軽自動車、BRZといった流通量の少ないスポーツタイプも人気があり、中古車市場における買取価格は全体的に高い水準といえるでしょう。

Q2:スバルの車で高価買取してもらう方法は?

A:車の状態をきれいに保ち、高く売れる時期を見極めることが重要です。例えば、走行距離は短いほうが高値がつきやすく、車骨格部分に関する修復歴は大幅な減額となってしまうため、普段から運転には注意しましょう。そして、新生活に向けて車の需要が増加する1〜3月頃に査定に出すことで、より買取価格が高くなる可能性があります。

Q3:車の売却後に頭金や初期費用なしで新車に乗る方法は?

A:「定額カルモくん」でカーリースを利用するのがおすすめです。定額カルモくんなら、税金や自賠責保険料などの初期費用はすべてリースの月額料金に含まれているため、別途用意する必要がありません。定額カルモくんなら、まとまった資金がなくても希望の新車に乗れる可能性があります。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台