ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

RAV4の買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!

RAV4の買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!
カルモなら新車_目次上

RAV4の買取価格は、状態や年式、走行距離などによって異なります。それだけに、見積りを取ったとしても、金額が適正なのか判断するのは難しいでしょう。ただ、相場を知っていれば、実際の価値よりも安い価格で売却してしまう可能性を下げられます。
そこで、高く売却するコツと併せて、RAV4のモデル別に買取相場を解説します。

なお、買取額を頭金などにして乗換えを検討している場合、査定額が想定よりも低ければ、乗換えの車種のグレードを下げるなど、今後の車選びに影響することも考えられます。そのような場合でも、欲しかった車種をあきらめることなく手にする方法もご紹介します。

その方法を先に知りたい方はこちらをご覧ください

予算を気にせず新車に乗る方法
  • RAV4の買取相場は、99,000円~2,299,000円程度
  • 5つのコツを押さえることで買取額を上げられる可能性がある
  • 定額カルモくんならワンランク上の新車に乗り換えることもできる

トヨタ「RAV4」の特徴

RAV4

1994年に登場したトヨタ「RAV」は、現在SUVの主流となっているクロスオーバーSUVのパイオニアといえるモデルです。それまでSUVといえばトヨタ「ランドクルーザー」やスズキ「ジムニー」のような本格的なオフロード走行が可能なクロスカントリー車のことを指し、走破性や耐久性が何よりも重視されていたという背景があります。

初代RAV4はモノコック構造を採用し、オンロードにもオフロードにも対応できる、シティユースを想定した新しいジャンルのSUVとして誕生しました。快適性や扱いやすさ、コマーシャル効果もあってRAV4は大ヒットを記録し、クロスオーバーSUVを代表するモデルとなったのです。

なお、RAV4はこれまで4回のフルモデルチェンジが実施され、現行型は5代目となっていますが、4代目モデルは日本市場には導入されていません。

モデル別RAV4の買取相場

ここでは、RAV4の買取相場をモデル別に見ていきましょう。RAV4は初代の登場から四半世紀を経たモデルであり、初代や2代目は一般的な中古車としての買取相場は高くありませんが、人気の高いモデルであったこともあり、極めて状態の良いものはマニア向けに100万円を超える高額な取引が行われるケースも存在するようです。

初代RAV4

1994年に登場した初代RAV4は、5ナンバーサイズのコンパクトRVとして誕生しました。アウトドアでも街なかでもフレキシブルに楽しめる4WDとして、幅広い層から高い人気を集め爆発的なヒットを記録したモデルです。

販売チャネルの違いによりカローラ店では「RAV4 L」、オート店では「RAV4 J」と名称を変えて販売されましたが、両者の違いはグリルのデザインのみで、車の基本コンポ―ネントは共通です。

デビュー当時は3ドアモデルのみでしたが、1995年には5ドアモデルが追加されました。

初代RAV4の買取相場は、99,000~199,000円程度です。

2代目RAV4

初めてのフルモデルチェンジは2000年に実施されました。2代目に移行したRAV4は海外市場を重視し、ボディサイズが拡大され3ドア車・5ドア車ともに3ナンバーサイズになっているのが特徴です。先代モデルの弱点といわれた室内空間にはゆとりが生まれ、居住性が向上しました。

また、21世紀という新時代を意識し、プラットフォームからエンジン、サスペンションまで一新し、SUVに求められる走破性、快適にドライブが楽しめる静粛性や時代が求める環境性能を確保しています。

2003年のマイナーチェンジでは、よりスポーティーさを強調したスタイルにエクステリアデザインを刷新するとともに内装にも手を加え、質感を高めました。

2代目RAV4の買取相場は16万4,000~22万5,000円程度です。

3代目RAV4

2005年に登場した3代目モデルは新開発のプラットフォームによる高剛性ボディ、新設計のサスペンション、電動パワーステアリング・ブレーキなどを採用し、車の基本である「走る・曲がる・止まる」をきびきびと軽快にこなす走行性能を実現しました。また、4WD車には状況に応じて最適なトルク配分を行うアクティブトルクコントロール4WDを採用し、走破性も確保しています。

スーパーチルトダウン機構を採用した6:4分割可倒式リアシートの採用により、簡単に座席アレンジができるため、室内の使い勝手も向上。左右独立温度コントロール式のオートエアコンなどの快適装備も搭載されました。

3代目RAV4の買取相場は22万5,000円~120万2,000円程度。3代目モデルは日本では2016年まで販売されたためモデルライフが非常に長く、前期型と後期型では相場の差が生じています。

5代目RAV4

RAV4の4代目モデルは北米・欧州に2013年に販売が開始され人気を博しましたが、日本では当時それほどSUV人気が高くなかったこと、また3代目となるハリアーの導入時期とも重なったことから日本市場への導入が見送られたという経緯があります。そのため3代目モデルが2016年まで販売されていましたが、その後いったん日本市場からRAV4は姿を消しました。

そして2019年、約2年半の空白期間を経て5代目が日本市場にも導入されます。現行型の5代目モデルは世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」や4WD統合制御技術「AWD Integrated Management」などの採用により、走行環境を問わず安心して走れる高い走行性能と燃費性能を両立させています。

加えて最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」やコネクティッドサービスが利用できる車載通信機DCMの全車標準装備、クラストップレベルの荷室空間など、ユーティリティも大幅に向上させているのが魅力です。

現行型の5代目RAV4の買取相場は210万2,000~229万9,000円程度です。

車買い替えローン

車を高値で売却する5つのコツ

車を高値で売却する5つのコツ

車種ごとに相場はあるものの、車の状態によって実際の査定額は異なります。少しでも高値で買い取ってもらうためには、次に挙げる5つのコツを押さえておきましょう。

1. 整備記録や修理歴を提示する

見積りの際、定期点検記録簿のほか、修理やメンテナンスの履歴がわかるものを提示すると、きちんと整備されてきた車であることをアピールできて査定アップが見込めます。特に車検や12ヵ月点検を正規ディーラーで受けていた場合は、査定アップの可能性も高まります。

2. メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする

メーカーオプションやディーラーオプションをつけている場合は、その分が査定額に上乗せされる可能性があります。取扱説明書などは大切に保管しておき、見積りの際に一緒に提出しましょう。

3. 相見積を取る

買取額は買取店によって異なります。それぞれで見積りを取って比較するのはもちろん、見積書を基に大手買取店と地元のお店などを競合させると、査定額アップの可能性が高まります。少なくとも3店くらいの見積りは取っておきましょう。

4. 新車に買い替えるときは下取りに出す

高年式の車から同じメーカーの新車に乗り換える場合は、下取りのほうが買取店への売却よりも高値が付く可能性があります。また、決算前の2〜3月はメーカーから販売店に下取り対策金などが出る場合もあるので、その時期はよりチャンスといえるでしょう。

5. 高く売れる時期を狙う

中古車の需要が高まる直前の1〜2月は、販売店側は在庫を多く確保したいことから、高値で買い取ってくれる傾向があります。また、SUVは冬前、オープンカーは春など、ボディタイプ特有の高く売れる時期も狙い目です。
なお、モデルチェンジ前は値が下がるため、モデルチェンジの可能性がある場合はメーカーから発表がある前に売却するのがポイントですが、モデルチェンジ情報を正確につかむのは難しいでしょう。

買取額が低くても、定額カルモくんなら憧れの新車に乗れる!

カルモくん_new

5つのコツを取り入れることでRAV4の買取額を高められる可能性がありますが、売却で得たお金を乗り換える車の資金にしようと考えていた場合、金額によっては希望の車種を購入できないこともあるでしょう。
しかしカーリースの定額カルモくんであれば、RAV4の買取額に関係なく、予算内で乗りたい車に乗ることも可能です。その理由を見ていきましょう。

初期費用不要!維持費も込みの定額料金で新車に乗れる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月定額制で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。月額料金には車両本体価格のほか、契約期間分の各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金はもちろん、登録諸費用もボーナス払いも不要。乗り続ける上で発生する維持費の負担も抑えて新車に乗れます。
しかも月額10,000円台から。買取額が思いのほか低くなっても、憧れの車種をあきらめずに済むでしょう。

国産メーカー全車種・全グレードから自由に選べる定額カルモくんで、欲しい車の月額料金を見る

1万円台から乗れる車

乗り始めから手放すときまで、ずっと手間がかからない

定額カルモくんでは、車選びから審査申込みまでオンラインで完結するので、店舗に出向く必要がありません。
納車時も自宅まで届けてもらえる上、契約満了時はリース会社に車を返却するだけなので、売却のために見積りを取ったり、高額買取の店を探したりする手間もかかりません。
なお、現在乗っている車を売却して定額カルモくんを利用する場合は、買取店を紹介してもらうことも可能です。

契約満了時に車がもらえる

カーリースは契約満了時に車を返却する必要がありますが、定額カルモくんで月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車がもらえます。7年契約以上の全車種が対象なので、いずれマイカーにしたいとお考えの方にもおすすめです。

定額カルモくんについて詳しくはこちら

RAV4からの乗り換えにおすすめの3車種

月額定額制で新車に乗れる定額カルモくん。では、実際にいくらくらいで乗れるのか、RAV4からの乗換えにおすすめの3車種で実際の金額を見てみましょう。

ホンダ「ステップワゴンスパーダ」

ステップワゴンスパーダ

ホンダ「ステップワゴンスパーダ」は、スポーティーで洗練されたスタイリングが魅力のミニバンです。テールゲートに設定された横開き式のサブドア「わくわくゲート」が特徴で、ファミリー層に高い人気を誇ります。

ステップワゴンスパーダの車両本体価格は271万4,800円から。対して定額カルモくんでは、月々36,790円から新車のステップワゴンスパーダに乗ることができます。

トヨタ「ハリアー」

ハリアー

エレガントで都会的、洗練されたスタイルのクロスオーバーSUVといえばトヨタ「ハリアー」でしょう。街乗り中心で、上質さやプレミアム感のあるSUVに乗り換えたい方におすすめの1台です。

ハリアーの車両本体価格は299万円からと安いモデルではありませんが、定額カルモくんなら月々39,540円から新車のハリアーが利用できます。

トヨタ「ランドクルーザー」

ランドクルーザー

SUV好きの方ならばあこがれるであろう、世界トップレベルの走破性と信頼性を持つ本格オフローダーがトヨタ「ランドクルーザー」です。

ランドクルーザーの車両本体価格は最も安いグレードで510万円。高額なグレードは800万円するため購入をためらうこともあるかもしれませんが、定額カルモくんなら月々64,290円からの定額料金の支払いでランドクルーザーに乗れるため、RAV4からの乗換えも可能になるかもしれません。

そのほかの車種の月額料金はこちらから確認できます。

料金をチェック

高値で売却してカーリースで乗り換えれば、ワンランク上の車に乗れる可能性も

売却前に相場を把握することは、RAV4を適正な価格で買い取ってもらうためにも大切です。高値が付くようにポイントを押さえて売却の準備をするとともに、カーリースのようにより少ない負担で乗り換えられる方法を検討しておけば、買取額に左右されることなく憧れのカーライフをスタートできるでしょう。
月額10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんなら、ワンランク上の車種に乗り換えることも夢ではありません。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:RAV4の買取相場はどれくらい?

A:RAV4のモデル別買取相場は、初代が99,000~199,000円、2代目が16万4,000~22万5,000円、3代目が22万5,000円~120万2,000円、現行型の5代目が210万2,000~229万9,000円程度です。なお、4代目モデルは海外市場で展開されており、日本には導入されていません。

Q2:買取額を高くするためのコツは?

A:買取額アップを狙うコツは、見積時に点検や修理の履歴を提示する、メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする、相見積を取って競合させる、高く売れる時期を狙う、高年式車両から同じメーカーの新車に乗り換える場合は下取りに出すなどの方法があります。

Q3:RAV4売却後の乗換えにおすすめの車種は?

A:スタイリッシュなデザインが魅力のミニバン、ホンダ「ステップワゴンスパーダ」や都会派のプレミアムSUVであるトヨタ「ハリアー」、卓越した走破性と信頼性を持つトヨタ「ランドクルーザー」がおすすめです。なお、定額カルモくんであればステップワゴンスパーダに月々36,790円、ハリアーに月々39,540円、ランドクルーザーに月々64,290円から乗ることができます。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
頭金ゼロで新車_読了後