ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ガソリンスタンドでの空気入れ 料金と利用方法は?

ガソリンスタンドでタイヤの空気を入れる場合に料金が必要なのかを解説する記事であることを示す画像
ガソリンスタンドでタイヤの空気を入れる場合に料金が必要なのかを解説する記事であることを示す画像

車を安全に運転するためには、タイヤの空気圧管理が重要です。しかし、ガソリンスタンドで空気入れにかかる料金について知らない方も多いでしょう。

実は、多くのガソリンスタンドでは無料でタイヤの空気入れをすることができるため、料金はかかりません。ガソリンスタンドで自分で空気入れをし、空気圧を調整する方法を解説しましょう。

  • ガソリンスタンドでの空気入れは無料でできる場合がある
  • ガソリンスタンドでの空気入れはセルフでやることが多い
  • ガソリンスタンドでの空気入れには空気圧調整機(エアチャージャー)を使う

ガソリンスタンドでの空気入れ料金がかからないことが多い

ガソリンスタンドでのタイヤ空気入れの料金は多くの場合、無料です。ただし、基本的にセルフで空気入れをする必要があります。

また、有料のガソリンスタンドもあります。有料の場合、料金が100円から300円程度で設定されていることが多いようです。また、空気圧調整サービスを受ける際、整備費用が別途かかることもありますので、事前に確認しておきましょう。

ガソリンスタンドで空気入れの料金が発生するケースとは

ガソリンスタンドによってはタイヤの空気入れに料金が発生することがあります。これは設備の維持費や運営コストをカバーするためです。

また、精度の高いエアゲージが取り付けられた設備や、スタッフによる空気圧調整サービスを提供しているスタンドでは、空気入れの料金が発生することがあります。タイヤの空気圧調整だけでなくタイヤの点検や整備も含めたサービスとして提供している場合もあります。

ガソリンスタンドでセルフで空気入れする方法

ガソリンスタンドに設置されている据え置き型空気圧調整機(エアチャージャー)には、大きく分けてデジタル式とダイヤル式があります。それぞれの使い方は、以下の通りです。

デジタル式空気圧調整機の使い方

  • 車をホースが届く位置まで移動させます。
  • デジタル表示をメーカーの推奨空気圧に合わせます。
  • ホースの先をタイヤのバルブに押しあてて空気を入れます。
  • 音が鳴り止んだり「END」という文字が表示されたりしたら終了です。

ダイヤル式空気圧調整機の使い方

  • 車をホースが届く位置まで移動させます。
  • メーターの針がメーカーの推奨空気圧になるまで機械の横にあるダイヤルを回します。
  • ホースの先をタイヤのバルブに押しあてて空気を入れます。
  • 音が鳴り止んだら終了です。
  • 終了後はエアバルブのキャップを付け忘れないようにしましょう。

車のタイヤ空気圧を管理するコツ

タイヤの空気圧管理を適切に行うことで、空気入れの頻度を減らすことができます。以下のポイントをチェックしておきましょう。

これらの管理ポイントを守ることで、タイヤの性能を長期間にわたり維持することができ、ガソリン代の節約にもつながるでしょう。

  • 定期的な点検:タイヤの空気圧は自然に低下するため、1ヶ月に1回は点検しましょう。
  • タイヤが冷えた状態で調整:走行後のタイヤは温まって空気圧が高くなります。走行前などタイヤが冷えている状態で空気圧をチェック・調整することが基本です。
  • エアゲージの活用:自分専用のエアゲージを持ち、空気圧を定期的に確認するようにしましょう。
  • スペアタイヤも確認:スペアタイヤの空気圧も点検し、低下していないか確認しておきましょう。
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる