ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

トヨタ「C-HR」はどのような特徴の車?中古車の価格相場も紹介

トヨタ「C-HR」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像
トヨタ「C-HR」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像

トヨタ「C-HR」は2016年12月に登場したクロスオーバーSUVで、それまでのトヨタ車の概念を覆すようなデザインと走りで人気を博していたモデルです。

現在は日本での展開はありませんが、直接の後継といえるモデルが不在であるため、中古車市場においての注目が高い1台といえます。ここでは、C-HRの特徴や、中古車価格の相場などをご紹介します。

  • トヨタ「C-HR」はデザインや走行性能に優れた車種
  • 日本仕様車では、「S」と「G」が基本的なグレード構成
  • 生産が終了しているため、購入は中古車となる

C-HRの3つの特色

車種画像バナー

特徴1:ドライバーの思い通りの走りを実現

C-HRは、開発コンセプトである「我が意の走り」を追求しているのが特徴です。世界各国のさまざまな道や欧州の一般道で走行テストを繰り返したことに加え、難コースとして名高いニュルブルクリンクでの24時間耐久レースで、徹底的に足回りを鍛え上げました。

C-HRの登場前年にデビューした4代目プリウスで導入された新しいトヨタの車づくりの概念TNGA(Toyota New Global Architecture)を反映した新プラットフォームをC-HRでも採用。車としての基本性能を向上しているうえ、低重心パッケージとすることで高いレベルの走行性能を実現しています。

特徴2:斬新で独創的な外観

SUV市場にはデザイン性を重視する傾向が高いことを受け、内外装のデザインにも徹底的にこだわっています。

ダイヤモンドをモチーフにした、彫刻的で斬新なエクステリアデザインは、当時大きな話題になりました。街なかで見かけると遠くからであっても「C-HRである」と認識できる独創的なデザインはC-HRが爆発的な人気を得た理由のひとつといえるでしょう。

生産終了の際には、C-HRのようなデザイン性が高いSUVが後継として設定されることが期待されましたが、現段階ではC-HRユーザーの乗り換え時の受け皿となるのはオーソドックスなデザインのカローラスポーツです。

特徴3:販売当時はハイブリッド車トップクラスの燃費性能

C-HRは燃費性能を前面に押し出したモデルではありませんでしたが、それでもハイブリッド車は当時のクラストップレベルである30.2km/L(JC08 モード)を実現しています。これは現在であっても十分な燃費性能であり、さすがはハイブリッドのトヨタ、ということろでしょう。

車は年々技術が進化していることに加え、排ガス規制も厳しくなっていることから新しい車ほど燃費性能が高い傾向がありますが、C-HRは今でも通用する燃費性能を有していることが中古車市場で人気を集めている一因といえるのではないでしょうか。

購入するよりもお得にC-HRに乗る方法を見る

C-HRのモデル遍歴

ここでは、C-HRのグレードとモデル遍歴について見ていきましょう。日本仕様車では、べースグレードの「S」、上位グレードの「G」が基本的なグレード構成であり、それぞれにNAエンジンモデルとtターボエンジンモデルが設定されました。

S:2016~2023年モデル

ベースグレードであっても予防安全パッケージを標準装備し、スマートエントリー&スタートシステム、電動パーキングブレーキなどデビュー当時としてはかなり充実した装備内容になっています。

また、2019年のマイナーチェンジでは、スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオが追加されました。さらに「S」とターボエンジン搭載の「S-T」にスポーツモデルといえる「GR SPORT」が新設されたのも特筆ポイントといえます。

G:2016~2023年モデル

上位グレードとなる「G」「G-T」では18インチアルミホイールやLEDフロントフォルランプを追加。さらに登場から2年後の2018年の改良では1灯の光源でハイビームとロービームの切り替えができる「Bi-Beam LEDヘッドランプが標準装備されました。

マイナーチェンジでは洗練されたカラーリングの「オーキッドブラウン」を内装色に採用、本革とキルティング表皮を組み合わせたシートでスポーティーさの中にも上質さを演出しています。

C-HRの現在の中古車価格相場

C-HRの中古車の相場価格は、以下のとおりです。

・2017年式(登場翌年):140~180万円程度
・2020年式(マイナーチェンジ後):200~260万円程度
・2023年式(最終モデル):220~300万円程度

お得にC-HRに乗る方法を利用できるか確かめてみる

C-HRは中古車市場で注目のSUV

C-HRは2016年12月にデビュー、2019年10月のマイナーチェンジを経て2023年7月に日本国内での生産を終了しました。フルモデルチェンジは1度も行われておらず、日本国内において現状では1世代限りのモデルとなっています。

ただし、2023年には欧州トヨタが2代目となる新型C-HRを発表し、2024年に入ってからデリバリーが開始されていますが、現在のところ日本への導入アナウンスはありません。そのため、今後も中古車市場での注目度は高いといえるでしょう。

※この記事は、2024年5月時点の情報で制作しています

トヨタC-HRの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタC-HRの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る