寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

日産のかっこいい車ランキングBEST5!車の専門家イチオシの車種はどれ?

【最新版】日産のかっこいい車ランキングBEST5!車の専門家イチオシの車種はどれ?

スカイラインGT-Rをはじめ、日産ほど過去のクルマが賞賛されるメーカーはないでしょう。しかし、デザインは時代によって変化し、走行性能や安全性能も国産メーカーの中では独創的なシステムを採用するなどリードしている面もあります。2019年くらいから日産は新しいフェーズに入り、新しいデザイン、装備によって日産の新しいカッコ良さを表現し始めています。今回は新たな道を歩み始めた日産車の中から、自動車評論家の萩原文博さんがチョイスしたかっこいい5車種を紹介しましょう。

むかしは昔、いまは今。そのギャップこそが新しい日産のかっこよさ

むかしは昔、いまは今。そのギャップこそが新しい日産のかっこよさ1

過去のクルマが賞賛されるというのは、熱狂的なファンが多いからこそです。そういった人たちの日産車像と現在メーカーが提供するクルマに違いがあるのは仕方がありません。

むかしは昔、いまは今。そのギャップこそが新しい日産のかっこよさ2

このギャップが日産の新しいかっこよさと考えた方が良いでしょう。しかし先進性や優れた走行性能は、元々日産が提供してきた日産の凄さとそれほど変わっていないと思います。

萩原さん認定!かっこいい日産現行車ランキングTOP5

1位 ノート
2位 GT-R
3位 スカイライン
4位 キックス
5位 ルークス

日産の技術力を示すe-POWERを進化させ、新しいデザインを搭載したボディを採用した新型ノート。高いユーティリティと優れた走行性能に期待大なので第1位としました。

むかしは昔、いまは今。そのギャップこそが新しい日産のかっこよさ3

第2位は圧倒的な走向パフォーマンスを誇るGT-R。そして第3位は最新の運転支援システム「プロパイロット2.0」を搭載し「技術の日産」を示したスカイライン。第4位は売れ筋のコンパクトSUVで存在感を示すキックス。第5位は軽自動車の主力車種であるスーパーハイトワゴンで最もかっこいいスタイリングと性能をもつルークスとしました。

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大

●205.48〜218.68万円 ●全長4045 mm、全幅1695 mm、全高1505 mm

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大1

2020年11月、3代目となる現行型ノートが登場しました。現行型ノートのパワートレインは先代モデルで人気を博したe-POWERだけとなり、しかもこのe-POWERがさらに進化しています。

外観デザインは2021年に発売される予定のEV、アリアの流れを汲んだフロントグリルと一体化した薄型のヘッドランプが特徴です。

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大3

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大5

コンパクトカーとして初搭載となる運転支援技術「プロパイロット」はナビリンク機能を搭載。さらに全方位の360°せーフティサポートなど、幅広い年齢層が使用する量販車だからこその充実した安全装備を実現しました。安全性能に高級車と軽自動車に差があってはいけないという日産の姿勢はカッコイイと言えます。

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大2

1位「日産ノート」デザインはもちろん、走りも安全性能も期待大4

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者

●1232.99~2420.0万円 ●全長4710 mm、全幅1895 mm、全高1370 mm

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者1

「日本独自のカルチャーを反映させた初のスーパーカーが日産GT-Rである。」と開発担当者が語る日産GT-Rは2007年12月に登場しました。

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者2

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者3

現行型GT-Rは、「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフを楽しめる」というコンセプトに基づいて開発されたマルチパフォーマンス・スーパーカー。

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者4

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者5

現在では最高出力600ps(NISMO)を発生するエンジンをフロントに搭載し、クラッチ、トランスミッション、トランスファーを車両後方に移動させ、リアファイナルドライブと一体化した独立型トランスアクスル4WDを採用。FM(フロントミッドシップ)パッケージを進化させたプレミアムミッドシップパッケージで重量バランスの最適化を図っています。

2位「日産GT-R」有無を言わせない王者6

組み合わされるミッションは新開発のGR6型デュアルクラッチトランスミッションと呼ばれる6速AT。タイヤにはGT-R専用に開発されたランフラットタイヤを装着し、公道からサーキットをまで安定した走行性能を発揮します。

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた

●435.38~644.49万円 ●全長4810 mm、全幅1820 mm、全高1440 mm

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた1

13代目となる現行型スカイラインは2014年2月より販売されています。現行型は海外ではインフィニティQ50として日本市場より先に導入されたこともあり、当初はインフィニティのエンブレムを装着して登場しました。しかし2019年のマイナーチェンジで日産バッジへと変更、外観でもテールライトに伝統の丸型を復活させるなど、スカイラインはかつての日産車のイメージへの回帰が顕著です。

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた2

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた3

搭載されているパワートレインは3.5L V型6気筒ガソリンエンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステム、そしてダイムラー社が開発した2L直列4気筒ターボでしたが、2019年のマイナーチェンジで2L直4ターボは廃止され、自社開発の3LV6ツインターボへと変更。さらに400Rというスカイラインらしいスポーティモデルを設定しました。この400Rに搭載される3Lツインターボエンジンは最高出力405psまで高められています。

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた4

3位「日産スカイライン」日産バッチへの回帰、400Rの登場でスカイラインらしさが戻ってきた5

運転支援システムは、ハイブリッド車には最新鋭のプロパイロット2.0を搭載。3D高詳細地図データを採用し、自車位置を正確に把握でき高速道路などにおいて時速80km以上で走行中にハンズオフが可能となるなど、話題を集めました。

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ

●275.99~286.99万円 ●全長4290 mm、全幅1760mm、全高1610 mm

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ1

国産コンパクトSUVブームの立役者となったジューク、その後継車にあたるのが2020年6月に販売を開始したキックスです。ノート、セレナに続く日産独自の電動パワートレインの「e-POWER」を搭載したコンパクトSUVとして人気を集めています。

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ2

外観デザインは日産車のアイコンである「ダブルVモーショングリル」をはじめ、特徴的な「フローティングルーフ」により、力強さとスタイリッシュさを表現。一方のインテリアはドライバーだけでなく、乗員の気分も高めてくれる上質なデザインを採用しています。

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ3

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ4

搭載されるパワートレインは1.2Lガソリンエンジンで発電し、その電力でモーターを駆動させ走行するe-POWERの1種類。駆動力を発生するモーターの最高出力129ps、最大トルクは260Nmを発生。従来のe-POWERに比べて最大出力を約20%向上させたことにより、中高速域のパワーが向上しました。

4位「日産キックス」丸いジュークから四角いキックスへ5

運転支援システムは、高速道路での「長距離運転」と「渋滞」という2大ストレスを軽減する運転支援システム「プロパイロット」を全車標準装備。単眼カメラに加えてミリ波レーダーを採用することで、より遠くを走行する先行車を検知し、スムーズな制御を行えるようになりました。

5位「日産ルークス」激戦区は2つの個性でスマートに勝負

●141.57~206.69万円 ●全長3395mm、全幅1475mm、全高1780 mm

5位「日産ルークス」激戦区は2つの個性でスマートに勝負1

2代目となる現行型ルークスは、2020年3月19日より販売開始されました。先代モデルはデイズルークスと名乗り、デイズファミリーに属していましたが、現行型では独立したモデルとなっています。

5位「日産ルークス」激戦区は2つの個性でスマートに勝負2

先代モデル同様にルークスは標準モデルとハイウェイスターの2モデルを用意。新プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせる広い室内空間を確保しています。特にリアシートのニールームは795mmもあり、大人でもゆったりと座ることができます。

5位「日産ルークス」激戦区は2つの個性でスマートに勝負3

またリアスライドドアに「ハンズフリーオートスライドドア」を採用。キーを持っていれば、片足を車体の下にかざすだけで、ドアを自動で開閉可能です。荷物で両手が塞がっていたり、お子さんを抱っこしていたりしている時に非常に便利な機能です。

5位「日産ルークス」激戦区は2つの個性でスマートに勝負4

搭載されているエンジンは、660cc直列3気筒DOHCと660cc直列3気筒DOHCターボの2種類。両エンジンには最高出力2kWを発生するモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用しています。組み合わされるミッションはCVTで、駆動方式は全グレードに2WDと4WDを設定。

安全装備は日産お得意の全方位の先進安全技術を搭載。前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合に警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載するなどトップレベルです。

番外編!車の専門家イチオシの歴代日産のかっこいい車

番外編!車の専門家イチオシの歴代日産のかっこいい車1

クルマ選びをする際に、エンジンの最高出力や燃費性能といったスペックにこだわる筆者ですが、そのスタイリングに一目惚れして購入したクルマが1台だけあります。それが2003年〜2007年に販売されたV35型スカイラインクーペ。この世代のスカイラインはこれまでの直列エンジンからV型エンジンへと変わり、従来のスカイラインファンに背を向けられたクルマです。

番外編!車の専門家イチオシの歴代日産のかっこいい車2

しかしスカイラインクーペとして登場する前にインフィニティG35クーペとして海外に導入され、インターネットで見て、その艶やかなスタイリングに一目惚れして購入しました。セダンとはアウターパネルを一切共用しないオリジナルのデザインで、特にリアから見た姿がかっこよく、お気に入りでした。スカイラインGT-Rも所有していましたが、どちらかというとスカイラインGT-Rは体育会系のカッコ良さで、スカイラインクーペはエレガントなカッコ良さという違いがありました。

ノートから始まった新しい日産の巻き返しに期待

【最新版】日産のかっこいい車ランキングBEST5!車の専門家イチオシの車種はどれ?

社内でいろいろな問題があった日産ですが、現行型ノートから新しい日産の幕開けを感じられます。ノートを皮切りにすでに発表されているEVのアリア、そしてフェアレディZなど日産の得意とする高い技術力と新しいデザインによって巻き返してもらいたいです。

メルマガ登録

<ここからは編集部からのお知らせです>

かっこいい日産車にお得に乗る方法

近年人気を集める、車の新しい持ち方があるのをご存知ですか。自分が選んだ車に毎月定額の料金を支払って乗る、車の「サブスクリプションサービス」「カーリース」と言われる方法です。
カーリースなら、初期費用が不要な上に、残価設定によって車両価格が抑えられるので、カーローンでは手が届かなかった車に手が届くことも。
カーリースを検討するなら、業界最安水準の料金に加えてサービスが充実している「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。

専門家が選ぶカーリース_3冠

<定額カルモくんをおすすめする理由>
●国産メーカーの全車種・全グレードを取扱い
●車がもらえるプランも
●専門家が選ぶカーリースで「コストパフォーマンスが高い」と思う(1)、「サポートが充実している」と思う(2)、「納得価格」と思う(3)、の3つでNo.1を獲得*

定額カルモくんについて詳しくはこちらのページで確認できます。
資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ。

カルモくんを資料で詳しく

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

※記事の内容は2020年12月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード