ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラアクシオの人気の理由は?特徴やグレード、中古車価格を徹底検証

トヨタ「カローラアクシオ」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像
トヨタ「カローラアクシオ」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像

トヨタ「カローラアクシオ」は、2006年に登場した5ナンバーサイズのセダンで、国内専用モデルです。

現行モデルは2012年5月に登場した2代目で、10年を超えるロングセラーモデルとなっています。ここでは、カローラアクシオの特徴やグレードごとの装備の違い新車や中古車の価格についてご紹介します。

  • カローラアクシオは、流行に左右されない使いやすい1台
  • カローラアクシオは、1グレードのみ
  • カローラアクシオの新車は、163万9,600円から

カローラアクシオの特徴まとめ3つ

カローラのセダンタイプは世界的に知名度の高いカローラシリーズの中核をなすボディタイプです。

カローラセダンはグローバルモデルであり従来はグローバルと国内で共通のプラットフォームでしたが、世代を経るにつれて北米市場などに合わせて大型化してきました。

そのため、2006年のカローラの10代目への切り替えのタイミングでグローバル仕様とは設計を変え、日本の道路市場に適したサイズの国内専用モデルとしてカローラアクシオが誕生した、といういきさつがあります。

特徴1:セダンながら小さめのサイズ

カローラアクシオは、「5ナンバーサイズのコンパクトなセダンである」ということそのものが大きな特徴といえます。

セダンは近年のSUV人気に押され、国内市場から次々と姿を消しています。新車で手に入る国産セダンはトヨタ「クラウンセダン」といった大型でラグジュアリーなタイプか、日産「スカイライン」やスバル「WRX S4」といったスポーツセダンなどが目立ちます。

比較的スタンダードなセダンといえばトヨタ「カローラ」やマツダ「マツダ3セダン」がありますが、いずれも3ナンバーです。

日本の道路事情に適した、狭い路地などでも運転しやすいサイズのコンパクトな新車のセダンとなると、現状ではカローラアクシオしか選択肢がありません。

特徴2:セダンの王道デザイン

カローラシリーズならではの、オーソドックスなデザインを維持しているのもカローラアクシオの魅力のひとつといえます。

今ではセダンといっても斬新で押し出しの強いデザインを採用していることも少なくありません。細目のヘッドランプなどを使用した先進性あふれるスマートなデザインのモデルも目立ちます。

カローラアクシオは「車の基本形」といわれるセダンによく似合う、流行り廃りを感じさせないデザインです。改良でヘッドランプがハロゲンからデザインの自由度の高いLEDに変更された際も、フロントデザインは大きく変更されませんでした。

ビジネスシーンでも通用する、主張の激しくないエクステリアデザインはカローラアクシオならではです。

特徴3:広い荷室

セダンは、SUVやミニバンのようなシートアレンジはできないのが一般的です。ただし近年の一部モデルでは、リアシートの一部を倒してトランクスルーにできる車種もあります。

その点カローラアクシオのリアシートは一体固定式であり、シートアレンジはまったくできません。ただし、カローラアクシオはカローラアクシオと同世代の5ナンバーサイズのステーションワゴンである「カローラフィールダー」の通常時の荷室容量を超える、461Lもの容量を確保しています。

9.5インチのゴルフバッグなら4個積載できるので、5ナンバーのセダンとしてはかなりのゆとりがあり、ビジネスはもちろん、プライベートでの旅行なども十分対応可能です。

カローラアクシオにはどんなグレードがある?違いを比較

カローラアクシオのグレードは「EX」のみで、ガソリン車とハイブリッド車の設定があります。パワーユニット以外で若干異なる部分があるので、それぞれのおもな装備をご紹介します。

基本の「EX」グレード

カローラアクシオは2012年に登場したモデルであり、登場から10年以上が経過していますが、改良を重ねて快適性や利便性、安全性を向上させています。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や、運転席・助手席のサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグは標準装備です。

また、2022年8月の改良では、LEDヘッドランプや充電用USB端子(Type-C)、車内の空気環境を快適な状態に導くナノイーXが標準装備されました。エアコンはマニュアル式です。

ガソリン車では、CVT車とMT車で異なる部分があります。メーターがCVT車では3眼メーターでマルチインフォメーション付であるのに対し、MTははドライブモニター付きの単眼メーターです。

またルームミラーがCVT車は手動の防眩タイプですが、MT車は自動防眩対応という違いがあります。

利便性が増す「EX」グレードのハイブリッドモデル

元々同じグレードであることから多くの装備がガソリン車と共通ですが、ハイブリッドモデルではエアコンがオートエアコンになるのが最も大きな違いです。

また、メーターが2眼で、視認性の良いTFTマルチインフォメーションディスプレイ付になります。

カローラアクシオの新車と中古車はそれぞれいくらで買える?

最後に、カローラアクシオの新車の販売価格と、中古車の相場をご紹介します。

カローラアクシオ新車の価格

カローラアクシオの新車の車両本体価格は、以下のとおりです。

【ガソリン車】
・EX 2WD MT:163万9,600円
・EX 2WD CVT:176万8,900円
・EX 4WD CVT:191万3,000円

【ハイブリッド車】
・EX 2WD:220万5,600円

※2024年5月30日時点の金額

カローラアクシオ中古車の価格

カローラアクシオの現行型の初期型と2度目のマイナーチェンジ後、そして比較的近年のモデルの中古車の相場をまとめました。

・2013年式:40~60万円程度
・2018年式:80~100万円程度
・2021年式:140万円程度

※2024年5月30日時点の相場

カローラアクシオは、典型的なセダンタイプの車

カローラアクシオはモデルライフが長くなったとはいえ、最新モデルにはかなわないまでも装備をアップデートしているので、不便さを感じることはないでしょう。

5ナンバーの扱いやすいサイズ感にオーソドックスなデザインとなっており、今となっては希少なスタイルを維持しているモデルといえます。

※この記事は、2024年6月時点の情報で制作しています

トヨタカローラアクシオの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラアクシオの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る