ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
自動車ライター
矢田部明子やたべあきこ

全車種網羅!「スライドドアのSUV」おすすめランキング

【最新版】全車種網羅!「スライドドアのSUV」おすすめランキング
【最新版】全車種網羅!「スライドドアのSUV」おすすめランキング
貯金ゼロでも

国産車のみならず輸入車までも、新車で登場するのはSUVばかりというほど空前のSUVブーム。スーパーへの買い物など普段使いだけではなく、アウトドアまでさまざまなシチュエーションで大活躍してくれるクルマです。今回はそんなSUVの中でも、スライドドア装備の車種をご紹介していきます!

スライドドアの魅力は?スライドドア装備のSUVは少ない?

開口部が広く、狭い場所でも乗り降りのしやすいスライドドア。小さな子供をチャイルドシートに乗せる時などに便利なので、ファミリー層に特に人気が高いです。便利なスライドドアですが、SUVにはあまり装備されていません。というのも、設計上やデザイン的な問題&スライドドアの需要が少ない海外で販売することを見越しているからというのが理由としてあげられます。数は少なくなってしまうのですが、希少な(!?)スライドドア装備のSUVを全車紹介し、おすすめをランキング形式で発表していきます。

1位「三菱デリカD:5」長い伝統、ミニバンの常識を越える走行性能

●240.84〜405.54万円 ●全長4800 mm、全幅1795 mm、全幅1875mm

1位「三菱デリカD:5」長い伝統、ミニバンの常識を越える走行性能1

これがスライドドアの車?と思えるほど、本格派クロカン四駆顔負けのタフな走りを見せてくれるのがデリカD:5。急斜面の上り下り&林道という悪路もぐいぐい進んでくれます。

いざというときに安心なのは、4輪のグリップ力を制御して、どんな道でも安心して曲がることができる三菱ご自慢の「AWC」。こういった機能が搭載されていると、滑りやすい雪道でも心強いです。さらに4WDは走行シーンに応じて“2WD”“4WDオート”“4WDロック”からモードを選ぶことができます。

1位「三菱デリカD:5」長い伝統、ミニバンの常識を越える走行性能2

利便性にも優れていて、荷物を両手に抱えている時&子供を抱っこしている時に便利なワンタッチ電動スライドドアが装備されています。デザインは、フロントの特徴的なヘッドランプ、大迫力のフロントデザイン&グリルが、力強さを醸し出していてカッコいいです。

1位「三菱デリカD:5」長い伝統、ミニバンの常識を越える走行性能3

2位「三菱eKクロススペース」小さくても、しっかり走れる!

●165.55〜185.9万円 ●全長3395 mm、全幅1475mm、全幅1780~1800mm

2位「三菱eKクロススペース」小さくても、しっかり走れる!1

軽自動車スーパーハイトワゴンのeKスペースのSUV版。スライドドアの最大開口幅が650mmと、大きくて乗り降りしやすいのが◎。両手がふさがっていてもキーレスオペレーションキーを携帯している状態だと、助手席側スライドドアの下に足先をスッと入れてサッと引くだけで、ドアが自動で開閉するという便利さもgood。

2位「三菱eKクロススペース」小さくても、しっかり走れる!2

2位「三菱eKクロススペース」小さくても、しっかり走れる!3

彫刻的で立体感のあるキャラクターラインや、ブラックのサイドシルガーニッシュなどは精悍な雰囲気で男らしさを感じます。

2位「三菱eKクロススペース」小さくても、しっかり走れる!4

アウトドアシーンで頼れる電子デバイスも搭載されていて、雪道やぬかるんだ路面で走行をアシストしてくれるグリップコントロール機能&険しい傾斜でクルマがブレーキを制御してくれるヒルディセントコントロール機能など、悪路走行をする際にうれしい機能が充実しています。

3位「スズキスペーシアギア」レジャーにはもってこいな1台

●168.74〜188.43万円 ●全長3395 mm、全幅1475mm、全幅1800mm

3位「スズキスペーシアギア」レジャーにはもってこいな1台1

こちらも人気の軽スーパーハイトワゴン、スペーシアの派生モデルであるスペーシアギア。ルーフやフロントフェイス&ホイールなど、随所にガンメタリック塗装が施してあり無骨な雰囲気がワイルド。アウトドアウォッチを感じさせるメーターはアクティブでSUVらしいデザインです。

3位「スズキスペーシアギア」レジャーにはもってこいな1台2

スライドドアにはドアが閉まり切るのを待たずに携帯リモコンでドアロックを予約できる機能が備わっているので、目的地についたら早く遊びたい人も大助かり! 車内は天井が高くてフロアが低いので、小さな子供も乗り降りしやすく日常使いには最適です。

3位「スズキスペーシアギア」レジャーにはもってこいな1台3

悪路走行性能が優れているというよりは、車中泊もOKな車内&シートに防水処理が施されているなどアウトドア大好きな人におすすめ。坂道や高速道路などへの合流時に力強い加速力を発揮するなど、キャンプや海に遠出するのも安心です。

4位「ホンダフリードクロスター」賢く使える広さがうれしい

●238.04〜304.04万円 ●全長4265~4295 mm、全幅1695mm、全幅1710~1735mm

4位「ホンダフリードクロスター」賢く使える広さがうれしい1

ホンダのコンパクトミニバンであるフリードには、SUVテイストを盛り込んだフリードクロスターが用意されています。フロント&リアの下にアンダーガード風のパーツを装着、ボディサイドの下にサイドシルガーニッシュを装着するなどSUVらしいデザインを楽しむことができます。

4位「ホンダフリードクロスター」賢く使える広さがうれしい2

大開口のスライドドア&フラットな低いフロアは乗り降りしやすく、普段使いにピッタリです。リモコンや運転席のスイッチ操作のほか、ドアハンドルを少し引くだけでリアドアが自動開閉するのも◎。

4位「ホンダフリードクロスター」賢く使える広さがうれしい3

路面や走行状態を検知し、状況に応じて瞬時に4WD走行に切り替える電子制御式を採用しているので、登り坂の雪道の発進などでも安心です。悪路走行性能が高いというよりは、ミニバンの利便性とSUVっぽい雰囲気を楽しみたい人におすすめしたい1台です。

スライドドアSUV トヨタTjクルーザーに期待大

スライドドアSUV トヨタTjクルーザーに期待大1

2017年に開催された第45回東京モーターショーでトヨタ自動車が発表したトヨタTjクルーザー。この車はモーターショー以降、市販化がずっと噂されるモデルです。

スライドドアSUV トヨタTjクルーザーに期待大2

Tj クルーザーは、角ばったボディ&大径タイヤなどSUVならではの力強いデザインと、近未来的な雰囲気が話題のスライドドアSUVです。

スライドドアSUV トヨタTjクルーザーに期待大3

スライドドアSUV トヨタTjクルーザーに期待大4

ミニバンとSUVの良いところを組み合わせたとのことで、運転席と助手席のヒンジドアに助手席側スライドドアなど使い勝手のよい家族向けの車として期待できそうです。

カーリースならスライドドアのSUVに低い金額で乗れるかも(カルモくんからのお知らせ)

さて、ここでカルモくんからのお知らせです。ここまで紹介してきたスライドドアのSUVの中には、デリカD:5のように300万円を超える車もありました。しかしそんな高額な車でもカーリースを利用することで、思ったよりも低い月々の支払いで乗ることも可能になるかもしれません。

カーリースは、リース会社が所有する車を定額制で利用できる新しい車の利用方法です。リース料には各種税金や手数料などが含まれているので、頭金も初期費用も必要なく、定額料金だけで車に乗ることができます。

数あるリース会社の中でも、月額10,000円台から新車に乗れるカーリースの「定額カルモくん」なら、次のようなメリットでよりお得にカーライフを楽しめます。

〈定額カルモくんのメリット〉

  • 国産全車種全グレードから自由に選べる
  • メーカーオプションやディーラーオプションも新車購入と同様に選択可能
  • 車選びから申込みまでオンラインで完結
  • 納車時は自宅まで届けてくれる
  • 時には3ヵ月ほどかかる納車期間が、車種によっては最短4週間の即納が可能
  • 契約期間は1年から業界最長の11年(2020年3月、定額カルモくん調べ)のあいだで、1年単位で好きに選べる
  • 安心のクローズドエンド方式で、返却時に追加料金の心配もナシ
  • 全国30,000店舗以上の提携大手事業者でメンテナンスが受けられる
  • 毎年の自動車税(種別割)、車検時の法定費用や自賠責保険料なども定額料金にコミコミ
  • メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用も定額にできる
  • メーカー保証と同程度の延長保証や返却時の原状回復費補償のついたプランもアリ
  • 一定条件を満たせば、契約満了時に車がもらえる
  • 電話やメール、LINEなどでマイカーコンシェルジュに気軽に相談できる

おトクにマイカー 定額カルモくん」を利用すれば、乗り始めの費用や維持費を抑えながら、お気に入りの車に乗ることも可能になります。

キャンペーン準備中

自分に合ったSUVスタイルをセレクトしてみて

自分に合ったSUVスタイルをセレクトしてみて

スライドドア装備のSUVをご紹介しましたが、お気に入りの1台は見つかったでしょうか?

本格派からSUVテイストを加えた車種など、一口にSUVといえども個性さまざまです。1番大事なのは、自分のライフスタイルにぴったりの1台を見つけることだと思うので、ぜひ参考にしてみてください!

クルマ診断

※記事の内容は2020年12月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
買い方診断