ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
ライター
福嶌弘ふくしまひろし

オープンカーかわいいランキングベスト5+2

オープンカーこそキュートでカラフルな車がおすすめ!  2020年最新版オープンカーかわいいランキングベスト5+2

開放感抜群のオープンカー。風を感じながらのドライブは格別で、ついついお出掛けしたくなっちゃいますよね。オープンカーというとスポーツカーのようなシャープなデザインの車ばかりと思いがちですが…実はかわいらしいデザインの車もたくさんあるんです。そんなオープンカーなのにかわいいモデルの車を紹介します。

オープンカーでもかわいいモデルはある?

オープンエアーで風を感じて爽快にドライブできるオープンカー。風を感じながらのドライブはまさに格別で一度体験したら病みつきになること間違いなしですが…オープンカーというとスポーツカーみたいにシャープなデザインの車が多く、かわいい感じのオープンカーはあまりないように思えます。

しかし、さまざまなデザインの車があるように、オープンカーにも丸みを帯びたフォルムのものや、クリクリとしたヘッドライトを備えたもの、そしてコンパクトサイズな車など、かわいらしいデザインの車が存在します。今回は「フロントマスクがかわいらしい」「丸みを帯びたボディライン」「キュートなコンパクトサイズ」のかわいらしいオープンカーを紹介します。

1位 「ダイハツ コペン」ミニカーみたいな愛らしさ♡

●188.6~244.6万円 ●全長3395㎜、全幅1475㎜、全高1280㎜

1位 「ダイハツ コペン」ミニカーみたいな愛らしさ♡1

かわいいオープンカーと言えば、やっぱり外せないのがコペン。2014年にフルモデルチェンジされた現行型はそれまでとは一転してシャープなデザインに替わりました、

1位 「ダイハツ コペン」ミニカーみたいな愛らしさ♡2

しかしローブをベースに追加されたセロは先代と同じ丸型のヘッドライトを採用して、フロントマスクが優しい顔立ちに。ボディも全体的に丸みを帯びているのでどこかミニカーのような愛くるしさがあります。

1位 「ダイハツ コペン」ミニカーみたいな愛らしさ♡3

コペンは軽自動車としては初めて電動油圧ポンプの開閉式ルーフを採用したモデルとしても知られ、手軽にルーフの開閉ができるのがうれしいポイント。ボディカラーは通常は7種類の設定ですが、セロならブリティッシュグリーンマイカをはじめ9種類用意されているので、自分好みのカラーにすることもできます。

2位 「ホンダ S660」ビビッドなカラーバリエーションで爽快感up!

●203.1~304.2万円 ●全長3395㎜、全幅1475㎜、全高1180㎜

2位 「ホンダ S660」ビビッドなカラーバリエーションで爽快感up!1

S660は1位のコペン同様、軽自動車のオープンカー。ヘッドライトが切れ長なデザインなのでフロントマスクはややシャープな顔つきに映りますが、軽自動車規格に収まるボディはコンパクトでキュート。コペンが一般的な横置きFFレイアウトなのに対してS660はスポーツカーの王道のミッドシップを採用しています。

2位 「ホンダ S660」ビビッドなカラーバリエーションで爽快感up!2

ボディカラーは軽快なイエローをはじめ、ライトグリーンやレッドなどビビッドな色合いのカラーバリエーションが豊富に用意されています。

2位 「ホンダ S660」ビビッドなカラーバリエーションで爽快感up!3

また、インテリアに目を向けると運転席と助手席にはシートヒーターや専用のフルオートエアコンが完備。どんな季節の時でも車内で快適に過ごせるよう工夫されているのはうれしいですね。ルーフトップは巻いて車内に収納できるので、簡単にオープンエアーを体験できますよ。

3位 「マツダ ロードスター」グラマラスなリア部に注目♪

●260.1~333.4万円 ●全長3915㎜、全幅1735㎜、全高1235㎜

3位 「マツダ ロードスター」グラマラスなリア部に注目♪1

国産オープンスポーツカーの代表格であるロードスター。これまでのモデル以上に切れ長になったヘッドライトと魂動というデザインテーマを採用されたことでシャープさに磨きがかかり、一見するとかわいい要素があまりないように見えますが……

3位 「マツダ ロードスター」グラマラスなリア部に注目♪2

注目したいのはリア。鋭い印象のあるフロントと比べるとちょっとムチッとした感じのお尻のようで、とってもキュートなデザインに。フロントとは異なり、テールランプが丸目タイプなのもポイントが高いです。

3位 「マツダ ロードスター」グラマラスなリア部に注目♪3

また、デザイン時から人が乗った時にドライバーの姿が引き立つようなプロポーションとしているので、運転時に映えるのは間違いなし。マツダの代名詞である人馬一体の乗り味で気持ちのいいドライブが楽しめることでしょう。

輸入車のオープンカーで専門家イチオシのかわいい車2選

オープンカーの本場はやはり欧州や米国。スポーツカーだけではなく、普通のセダンやコンパクトカーなどにも設定されています。そんな輸入車の中からかわいいオープンカーを紹介しましょう。

「ミニ コンパーチブル」これぞかわいいオープンカーの代表格

●381.0~542.0万円 ●全長3835㎜、全幅1725㎜、全高1415㎜

「ミニ コンパーチブル」これぞかわいいオープンカーの代表格1

丸目のヘッドライトにコロンとしたフォルム、それでいてサイズはコンパクト…と、かわいい車の要素を兼ね備えたミニ。

「ミニ コンパーチブル」これぞかわいいオープンカーの代表格2

オープンカータイプのコンパーチブルはZ型フォールディング機構を備えた電動ルーフが特徴で、アップ、ダウン、サンルーフの3段階に調節可能。開閉にかかる時間はわずか20秒程度で、しかも時速30km/h程度なら走りながらでも操作できます。

「ミニ コンパーチブル」これぞかわいいオープンカーの代表格3

そのフォルムからもかわいさはあふれていますが、ミニ コンパーチブルはボディカラーのバリエーションが13種類と豊富で、さらにルーフやミラー部分にユニオンジャックのデザインを加えることも可能。自分だけの一台にカスタマイズしたいという方にはピッタリです。

「フィアット 500C」ルーフの色も選べちゃうのがうれしい!

●266.0~295.0万円 ●全長3570㎜、全幅1625㎜、全高1505㎜

「フィアット 500C」ルーフの色も選べちゃうのがうれしい!1

丸くてキュートなスタイリング、モダンなクロームパーツ、そしてリアライトの真ん中がボディと同色になっているなど湖西満点の可愛さを誇るのがフィアット 500C。ルーフはスイッチひとつで半開から全開まで操作できるので、その日の転向や気分次第で自由自在にアレンジできます。

「フィアット 500C」ルーフの色も選べちゃうのがうれしい!2

ボディカラーは2種類のホワイトとレッドの3パターンとカラーバリエーションはやや少なめですが、ルーフの色がアイボリーとレッドから選択できるというのが大きなポイント。スポーツタイプながらコンパクトサイズの車なので日常的な街乗りにもうってつけです。

「フィアット 500C」ルーフの色も選べちゃうのがうれしい!3

過去のオープンカーで専門家イチオシのかわいい車2選

いまでは生産中止となってしまった国産オープンカーの中にも、忘れがたいかわいいオープンカーがありました。気に入ってしまった人は中古車で探してみてください。

「スズキ カプチーノ」キュートな顔立ちと本格派の走りのギャップに萌える

「スズキ カプチーノ」キュートな顔立ちと本格派の走りのギャップに萌える

1990年代前半、このころに販売されていた軽自動車のスポーツカー3車種はABCトリオと称され人気を博していましたが、その中でもかわいいルックスで根強い支持を集めたのが「C」ことカプチーノ。ロングノーズ&ショートデッキというクラシカルなフォルム、そして丸っこい感じのヘッドライトとほっぺのようなウインカーランプで形成する布団とマスクでどこか愛らしい表情を形成しています。

キュートな顔立ちが印象的なカプチーノですが、足回りは軽自動車ながらサスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式で、ブレーキも四輪ディスクと超本格派。それでいて総重量も700kgと軽量なので見かけによらずスポーティな走りも楽しめます。

「日産 フィガロ」クリクリとしたヘッドライトが超キュート♪

「日産 フィガロ」クリクリとしたヘッドライトが超キュート♪

フィガロはかつて日産から販売されていた「パイクカーシリーズ」のひとつ。レトロ調にデザインされたかわいい外観のデザインで人気を博しました。

屋根の開閉は手動で行いますが、ルーフはアクリルコーティングが施されたホワイト革仕上げでキュートな雰囲気に仕上がっています。クリクリとした丸目のヘッドライトはまるで赤ちゃんみたいなかわいさを誇り、もう30年近く前に販売された車ですが海外には熱狂的なファンもいるほどです。

内装はステアリング、インパネのデザインは白を基調にしたオリジナルでスイッチやメーター類にはメッキが施されるというこだわりぶり。現在のコペン セロ以上に愛らしい表情を持つ車なのでかわいい車を探している方なら、チェックしてみる価値ありです。

さて、ここまで紹介してきたかわいい車の中には、見た目と裏腹にお値段はかわいくない車もありました(?!)。しかしカーリースを利用することで、かわいい車にかわいい月々の支払いで乗ることも可能になるかもしれません。

個性満点なオープンカーを堪能しよう!

個性満点なオープンカーを堪能しよう!

丸みを帯びたフォルムがかわいらしいコペンをはじめ、乗車時の快適さも追及したS660、そしてお尻が意外とキュートなロードスターなど国産車の現行モデルはもちろん、ボディカラーのバリエーションが豊富に用意されているミニ コンパーチブルやルーフカラーまで選べるフィアット500Cなど、輸入車でもかわいいオープンカーはたくさん販売されています。カーリースならリーズナブルな価格で乗れるので、ぜひオープンカーならではの爽快な走りを体験してみてください!

<ここからは編集部からのお知らせです>

かわいいオープンカーにおトクに乗る方法

近年人気を集める、車の新しい持ち方があるのをご存知ですか。自分が選んだ車に毎月定額の料金を支払って乗る、車の「サブスクリプションサービス」「カーリース」と言われる方法です。
カーリースなら、初期費用が不要な上に、残価設定によって車両価格が抑えられるので、カーローンでは手が届かなかった車に手が届くことも。カーリースを検討するなら、業界最安水準の料金に加えてサービスが充実している「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。

専門家が選ぶカーリース_3冠

<定額カルモくんをおすすめする理由>
●国産メーカーの全車種・全グレードを取扱い
●車がもらえるプランも
●専門家が選ぶカーリースで「コストパフォーマンスが高い」と思う(1)、「サポートが充実している」と思う(2)、「納得価格」と思う(3)、の3つでNo.1を獲得*

定額カルモくんについて詳しくはこちらのページで確認できます。
資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ。

カルモくんを資料で詳しく

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

LINEクルマの買い方診断

※記事の内容は2020年11月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード