ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ホンダのワゴン車一覧を紹介!特徴と価格は?

ホンダのワゴン車一覧をご紹介。「N BOX」「オデッセイ」「ステップワゴン」といった人気車、「シャトル」「アコードツアラー」といった中古車の特徴を見てみましょう。また、車両本体価格、定額カルモくんで乗る場合の月額料金もご紹介します。
ホンダのワゴン車一覧をご紹介。「N BOX」「オデッセイ」「ステップワゴン」といった人気車、「シャトル」「アコードツアラー」といった中古車の特徴を見てみましょう。また、車両本体価格、定額カルモくんで乗る場合の月額料金もご紹介します。

ホンダのワゴン車は、その多彩なラインナップと高い信頼性から、多くのユーザーに愛されています。現行モデルでは最新の安全技術、運転サポートが搭載され、快適で安全なドライブが楽しめます。一方、中古市場でも、「シャトル」などがあります。

現行のホンダワゴン車と、中古車市場で注目されるホンダのワゴン車について、詳しくご紹介します。

  • 現行車種は「N BOX」や「オデッセイ」など、軽自動車から高級ワゴンまである
  • 中古車も「シャトル」から「アコードツアラー」まで幅広いラインナップ
  • ホンダのワゴンは安全性能や経済性がメリット

現行のホンダワゴン車

ホンダの現行ワゴン車は、多様なニーズに応えるラインナップを揃えています。軽自動車の「N BOX」や「N WGN」は、狭い道が少なくない都市部での使い勝手が良く、ファミリー層に人気です。また、「フリード」や「オデッセイ」、「ステップワゴン」などのミニバンは、広い室内空間と優れた安全性能が特徴で、長距離ドライブや家族旅行にも最適です。

これらの現行モデルは、最新の技術とデザインを採用し、快適で安全なドライブを提供します。

「N BOX」日本で最も売れている軽自動車

車両本体価格:164万8,900円~
定額カルモくんの月額料金:19,750円〜

「N BOX」は、ホンダの軽自動車ワゴンの代表的なモデルです。広々とした室内空間と使い勝手の良いシートアレンジが特徴で、ファミリーでの使用に最適です。最新モデルでは、安全装備や燃費性能も向上しており、軽自動車ながらも快適なドライブが楽しめます。さらに、独自のデザインと豊富なカラーバリエーションも特徴的です。

2015年度から2023年度まで、一般社団法人全国軽自動車協会連合会が集計する「軽四輪車通称名別新車販売確報」で販売台数トップを走り続けているのがN BOXです。一度、試乗するだけでもその人気の理由を実感できるでしょう。

「N-WGN」後部座席の足元がゆったり

車両本体価格:131万7,800円〜
定額カルモくんの月額料金:16,780円〜

「N-WGN」は、「N BOX」と並ぶホンダの軽自動車ワゴンシリーズの1台です。優れた燃費性能とコンパクトなボディが特徴で、日常の通勤や買い物にぴったりの一台です。室内空間も広く、特に後部座席の足元スペースが広いため、長時間のドライブでも快適です。

最新モデルでは、ホンダセンシングが標準装備されており、安全性も抜群です。

「フリード」小型のミニバンながら最大7人乗れる

車両本体価格:233万900円〜
定額カルモくんの月額料金:33,500円〜

「フリード」は、ホンダの小型ミニバンで、ファミリー層に高い人気があります。5人、6人、7人乗りのバリエーションがあり、大家族で乗りたい、荷物を多く載せたい、といった用途に応じて選べるのが魅力です。スライドドアを採用しており、狭い駐車スペースでも乗り降りがしやすい設計となっています。

ハイブリッドモデルもラインナップされており、燃費性能も優秀です。

「オデッセイ」現行車種の中で最も高級感あるミニバン

車両本体価格:480万400円~
定額カルモくんの月額料金:59,350円〜

「オデッセイ」は、ホンダのミニバンの中でも高級感と快適性を兼ね備えたモデルです。広々とした室内空間と高級感のある内装が特徴で、長距離ドライブや家族旅行に最適です。また、先進の安全装備や運転支援機能も充実しており、ドライバーの負担を軽減します。

エレガントなデザインと優れた走行性能が、幅広い層から支持されています。

「ステップワゴン」ホンダのロングセラーミニバン

車両本体価格:305万3,600円〜
定額カルモくんの月額料金:42,190円〜

「ステップワゴン」は、ホンダの代表的なミニバンで、多彩なシートアレンジと広い室内空間が魅力です。旧モデルでは「わくわくゲート」と呼ばれる横にも縦にも開くリアドアが特徴で、大きな荷物の積み下ろしが非常にスムーズとなっています。そのため、現行モデルも中古車もどちらも注目です。

家族連れやアウトドア愛好者に人気があり、快適な長距離ドライブをサポートするための機能が充実しています。

中古車で注目のホンダのワゴン車

中古市場でもホンダのワゴン車は根強い人気を誇ります。バモスやシャトル(フィットシャトル)、アコードツアラーなど、過去の名車がラインナップに並んでいるからです。

これらのモデルは、現行の新車とは異なる魅力を持ち、特に予算を抑えたい方やクラシックなデザインを好む方におすすめです。中古車ならではの価格帯と、ホンダの高い信頼性が組み合わさり、コストパフォーマンスの高い選択が可能です。

「バモス」軽ワンボックス車でレジャー・ビジネスに利用できる

中古車価格相場:50,000~190万円

バモスは、軽自動車サイズのワンボックス車です。中古車市場では、レジャー用途や商業用途で購入されるケースがあります。コンパクトなボディに広い荷室を備え、多目的に使用できるのが魅力です。四輪駆動モデルもあり、アウトドアや雪道での走行も安心です。

「シャトル(フィットシャトル)」フィットの派生車

中古車価格相場:10万~280万円

「シャトル(旧フィットシャトル)」は、フィットをベースにしたワゴン車で、使い勝手のいい荷室と優れた燃費性能が特徴です。特にハイブリッドモデルは、経済性を重視するユーザーに人気があります。中古市場でも安定した人気があり、ファミリーカーとしても評価が高いです。

「アコードツアラー/アコードワゴン」ロングドライブにも向いたステーションワゴン

中古車価格相場:10万~420万円

「アコードツアラー」および「アコードワゴン」は、ホンダのステーションワゴンとして知られています。スタイリッシュなデザインと高い走行性能が特徴で、特に長距離ドライブや高速道路での安定感が優れています。中古市場では、その信頼性と耐久性から高評価を得ています。

「エアウェイブ」大容量の荷室空間

中古車価格相場:10万~230万円

「エアウェイブ」は、コンパクトカーとステーションワゴンの中間的なモデルです。473Lの荷室空間は、販売当時の同クラスのステーションワゴンとしては最大規模のものでした。中古市場では、その独自のデザインと機能性から一定の人気があります。

「アヴァンシア」ステーションワゴンでも前後席の通り抜け可能

中古車価格相場:30万~290万円

「アヴァンシア」は、ホンダのステーションワゴン(ホンダのコンセプトとしては「4ドアクラブデッキ」)です。運転席・助手席と後席との間は通り抜けられるなど広い室内空間を備え、乗り心地と走行性能が両立されています。特にアウトドアやレジャー用途に適しており、中古市場では、その多目的性から注目されています。

「オルティア」スポーティなデザインに注目が集まる中古車

中古車価格相場:60万~220万円

「オルティア」は、「シビック」をベースにしたステーションワゴンで、コンパクトながらも広い荷室が特徴です。スポーティなデザインと販売時のガソリン車としては高い燃費性能が魅力で、中古市場でもそのバランスの良さから一定の人気があります。

「シビックシャトル」シビックの実用性が盛り込まれたワゴン

中古車価格相場:115万~150万円

「シビックシャトル」は、生産停止後に「フィットシャトル」「シャトル」として復活した、ホンダの歴史あるワゴン車の一つで、「シビック」の実用性とワゴン車の荷室を融合させたモデルです。中古市場では、そのクラシックなデザインと信頼性から、根強いファンがいます。

業界最安水準カーリースの「お試し審査」はこちら

ホンダのワゴンは安全性能やハイブリッドによる経済性がメリット

ホンダのワゴン車は、現行モデルから中古車まで、多彩なラインナップと高い信頼性が魅力です。各モデルの特徴や用途に応じて、自分に最適な一台を見つけることができます。特に家族連れやアウトドアを楽しむ方には、ホンダのワゴン車は非常におすすめです。

安全性能、快適さ、ハイブリッドによる経済性を兼ね備えたホンダのワゴン車で、充実したカーライフをお楽しみください。

※この記事は2024年5月27日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン